転職で成績証明書、卒業証明書が必要になる?

転職コラム

転職活動が実り、中途採用が認められた時、卒業した学校の「成績証明書」や「卒業証明書」の提出を求められることがあります。

転職において「成績証明書」は必ず必要なものなのか?

成績証明書や卒業証明書はなんのために提出するのか?

そして、成績証明書や卒業証明書の発行方法を、今回は調べていきたいと思います。

転職で必要な書類とは?

まず、改めて転職、中途採用にて必要になる書類の種類を調べておきましょう。

必要になるのは今回提出を求められた「成績証明書」や「卒業証明書」のほか、企業によっては中途採用時「健康診断書」や「身元保証書」、卒業資格のほか「必要資格の証明書」の提出が求められることがあります。

企業も、確固たる理由で書類の提出を求めているわけですから、またあとでも説明しますが「提出の拒否」をしてしまうと、悪いイメージからせっかく内定が出た企業から「内定取消し」なんてことにもなりかねないのです。

卒業証明書=卒業証書ではない

そしてよくある勘違いとして、卒業証明書を卒業証書だと思っていた…。

なんてことがあります。

しかし、卒業証書と卒業証明書は別物です。

卒業証明書は、生徒の卒業を証明する書類です。

対して卒業証書は、生徒に対して、校長が授与する証書のこと。

どちらが中途採用において公的な効果を持つかは、考えるまでもなく明らかですよね。

中途採用で卒業証明書を求めるのは一般的ではない?

中途採用において、卒業証明書と成績証明書の提出は必要なのか?

という観点からあらゆる情報を多角的に考えていますが、実は中途採用時、卒業証明書や成績証明書の提出を求める企業は少数派です。

そういった企業は、以前中途採用を行った際に学歴詐称があった…などの被害を受けたのでしょう。

一般的な企業への中途採用で、卒業証明書に関して心配する必要はありません。

なぜ企業は成績証明書や卒業証明書の提出を求めるのか?

では、そもそもどうして中途採用社員を受け入れる企業は、成績証明書や卒業証明書の提出を求めるのでしょうか?

履歴書には、しっかりと学歴を書く欄があるのに、あらためて個人の学業について確認する必要があるのでしょうか?

成績証明書を提出する理由

成績証明書を提出することで、企業はその人が「学んだ内容を改めて確認する」目的があります。

また、個人の能力を成績証明書で確認して今後のキャリア形成についても考えます。

いくら面接などでできることを本人が言っても、その能力を裏付ける記録を見るほうがはるかに手っ取り早いですからね。

卒業証明書を提出する理由

卒業証明書を提出する理由は明らかです。

履歴書に書いた経歴に嘘がないか、卒業証明書で確認するためですね。

成績証明書、卒業証明書の発行方法

それでは続いて、企業に提出を求められた卒業証明書や成績証明書を発行するための方法を知っておきましょう。

卒業後は基本的に電話して発行してもらう

学校を卒業してしまうと、基本的にもう生徒ではないので、自由に事務室から発行…とはいかないことがほとんどです。

学校に電話して、以前生徒だったこと、現在成績証明書や卒業証明書が必要になっていることを事務員に伝えてください。

その電話口にて、成績証明書や卒業証明書の発行手続きに進むことができます。

直接書類を受け取るのがおすすめ

成績証明書、卒業証明書を発行すると、発行した書類を自宅に郵送してもらうことができますが、直接書類を受け取りにいくのがおすすめです。

その場で発行した成績証明書、卒業証明書を見ることで、事務員に直接内容を確認することができるからです。

成績証明書、卒業証明書の提出を行う際チェックしておくこと

成績証明書、卒業証明書を発行して、転職先企業に提出する際確認しておくことがあります。

提出をスムーズに行って、転職活動もスムーズに進めましょう。

間に合わなそうなら企業に相談する

転職先企業から「成績証明書」「卒業証明書」の提出を求められたものの、発行が間に合わず提出できない…というケースは結構あるはずです。

特に自宅から遠くの学校に通っていた場合なんかは、発行から書類の提出が遅れてしまう場合が多いでしょう。

その場合は、提出を求められた際「間に合いそうにない」という旨を伝えてください。

企業だって無理は言わないはず。

代わりの書類提出、もしくは提出まで猶予をくれることでしょう。

発行費用を準備しておく

成績証明書、卒業証明書の発行には、500円ほど費用がかかってきます。

あとで戸惑ってしまわないように、前もって発行に必要な費用を準備しておきましょう。

代理で発行するならしっかり準備しておく

成績証明書や卒業証明書は代理発行が可能です。

実家から出ており、卒業した学校が実家近くなら、家族に代理発行してもらうなんて人も多いのではないでしょうか。

この代理発行を行うためには、委任状、代理人の身分証明書、書類の証明書申請書が必要です。

代理発行のためには学校によって、独自の手順を設定していることもあるので、代理発行前にしっかり確認しておきましょう。

「成績証明書、卒業証明書の提出が本当に必要か?」と感じても反論はリスキー

Yahoo!知恵袋などで、「転職先企業に書類の提出を求められたが、提出の必要があるのか?」と言っている人がいますが、ここで企業の方針に背くメリットは見当たりません。

繰り返すようですが、企業は明確な理由で「成績証明書」「卒業証明書」の提出を求めています。

ここで企業に書類の提出を拒否すると、企業としては「採用しても会社の方針に背く」と印象を抱くので、悪い印象をいだきます。

成績証明書、卒業証明書の提出を求められたなら、素直に書類を発行して企業へ書類の提出を行ってください。

成績証明書、卒業証明書の提出まとめ

いかがだったでしょうか。

転職先への成績証明書、卒業証明書の提出について、今回は詳しく説明していきました。

成績証明書の提出必要性から、書類の発行方法までわかっていただけたでしょうか。

企業が中途採用を行った際に、個人へと成績証明書、卒業証明書の提出を求めることは珍しくありません。

素直に、正しい手順にのっとって、成績証明書、卒業証明書の発行を行って書類を提出してください。

コメント