SEから異業種へ転職可能?転職成功のためのポイントを徹底解説

エンジニア転職コラム

SEの仕事を辞めたいと思い、転職について悩んでいる人へ。

同じSEとして転職するのではなく、思い切って異業種への転職を目指すことも、選択肢の1つだと言えます。

ただし、状況によっては異業種への転職をおすすめしません。

本記事では、SEから異業種への状況別における転職状況と、おすすめの異業種や転職を成功させるためのポイントも解説します。

SEから異業種へ転職したい人にとって、役立つ内容を掲載しているため、ぜひお役立ていただければ幸いです。

総合商社に転職する方法とは?仕事内容や転職に必要なスキルを紹介!
就活をしたことがある方であれば、一度は総合商社に入社をしたいと考えたことがあるのではないでしょうか? しかし、転職をして、中途で総合商社に入社したということはあまり聞かないですよね。 そこで今回の記事では、総合商社に転職する方法...

SEから異業種への転職は「年齢」と「業種選び」が重要!

SEから異業種への転職は、自分の「年齢」と、選ぶ異業種の「業種選び」が重要だと言えます。

以下に詳細を解説します。

【20代】完全な異業種への挑戦もアリ

20代であれば、SEから異業種への挑戦はアリだと言えます。

企業は20代に対して、新しい物事への柔軟性があると考えるため、未経験の人に対しても、採用の間口を広く取る傾向にあります。

つまり未経験であっても、やる気や適応能力を示すことができれば、SEから異業種への転職は可能だと言えるでしょう。

【30代前半】異業種への挑戦に対してハードルが上がる

30代になると、ポテンシャルを重視した20代とは異なり、異業界への転職に対してハードルが上がります。

とは言え30代でも前半の年齢であれば、SEから異業種への転職について、可能性はまだまだあると言えます。

また企業は、30代前半に対しては以下の面をチェックします。

  • 柔軟性
  • マネジメント力

以上のことから、新しい仕事への柔軟性を示しつつ、経験によって培ったマネジメント力をアピールすることで、異業種への転職を目指すと良いでしょう。

【30代後半~】経験がいきる業種であれば転職は可能

30代でも後半になると、異業種への転職に対するハードルはぐっと上がります。

その理由は、以下の通りです。

若い人の方が優先的に採用される
異業種への転職をする際に、自分の他にも応募をしている「ライバルの存在」があるものです。
ライバルの年齢が20代や30代前半であれば、若い人の方が優先的に採用されやすいため、30代後半という年齢がハンデになります。
経験が重視される年齢である
30代後半は一般的に見れば若いですが、転職という目線で見ると、若いとは言えない部分があります。そのため若さをウリにすることは厳しく、経験が重視されると言えます。
30代後半で異業種を目指すことに疑問を持たれる
30代後半という年齢は、将来の方向性も定まり、目標に向かって突き進んでいる段階だと捉えられます。
そのため、30代後半で異業種を目指していると、そのこと自体に疑問も持たれる可能性があるでしょう。

以上のことから、30代後半で異業種を目指す場合には、SEの経験がいきる業種を選ぶことが大切です。

SEが転職を考える5つの理由

転職の文字を持つ女性

SEが転職を考える際には、必ず理由があると言えます。

ここでは、SEが転職を考える際に、よく挙げられる5つの理由を紹介します。

納期が厳しい

SEをするうえで、厳しいという一言で表現できないような、無理な納期を突き付けられるケースも多いと言えます。

事前に聞いていたスケジュールだと、納期の1カ月前に仕事が引き渡されるハズだったのに、実際には1週間前に回ってくることもあるでしょう。

こうした事態になると、残業・徹夜も覚悟で業務に取り組むため、心身共に疲弊すると言えます。

またSEの納期が厳しくなりがちな理由は、以下の通りです。

プロジェクトの調整に問題がある
SEに仕事が回る前に、営業やプロジェクトマネージャーで調整をします。

その段階で、きちんと調整ができていないことで、しわ寄せがSEに回ってくるのです。

自社とクライアントの間に距離がある
IT業界の特性として、自社とクライアントの間に、何社かが入るケースがあります。

そのため、やり取りをする際にタイムラグが生じることから、納期に影響が出てきます。

IT業界自体の人手が足りない
IT業界自体の人手は、常に足りないと言えます。

プロジェクトの遂行中に、関係者が退職することもあるため、納期に影響が出やすくなります。

以上のように「納期が厳しい」ことは、SEの転職理由でトップに挙げられます。

とにかく激務である

前述の通り、SEは納期が厳しいがゆえに、激務であると言えます。

その理由は以下の通りです。

クライアントありきの仕事である
SEが主体ではなく、基本的には「クライアントを中心」に仕事が回ります。

そのため、SEは振り回されやすい仕事だと言えます。

イレギュラー対応が多い
システムを扱っている特性上、バグの発生や、仕様の変更などが発生します。

こうしたイレギュラー対応が多いことも、激務の要因であると言えます。

属人化しやすい
仕事ができるSEには、さまざまな仕事が集まりやすく、属人化しやすいと言えます。

さらにSEは慢性的な人手不足であるため、1人に多くの仕事が集中しやすいです。

以上の要因から、SEは常に激務な傾向にあるため、心身共に疲弊することで転職を考えるケースも多いと言えます。

給与が割に合わない

SEの給与は、一般的な仕事と比較すると、高めだと言えます。

とは言え仕事内容を踏まえると、給与が割に合わないと思う人も多いでしょう。

具体的に言うと、以下の理由から「給与が割に合わない」と感じます。

  • 膨大な業務を抱えながら、常に厳しい納期に追われる
  • 残業が当たり前である
  • 時には休日も返上し、プライベートの時間すらままならない
  • 常に誰かのスケジュールに合わせるため、SE主導で動けない
  • 終わりが見えない

常に新しい技術が出てくる

IT業界の進歩は目覚ましく、常に新しい技術が出ていると言っても、過言ではありません。

SEに関しても、こうした新しい技術を知識としてアップデートする必要があり、常に勉強が必要だと言えます。

通常の勤務時間では、忙しく業務に追われているため、定時後や休日に勉強をする必要があります。

ただでさえ残業が多く、休日出勤をすることも多いのに、さらにプライベートの時間を潰して勉強をせざるを得ないことに対して、嫌気をさす人も多いでしょう。

周囲に独特な人間が多い

SE業界の「よくある話」になりますが、周囲にはクセのある独特な人間が多いと言えます。

勉強はできるがコミュニケーション能力が低い人や、オタク気質の変わった人など、他の業界ではあまり見られない人に会うことも多いです。

こうした独特な人間の多さから、円滑なコミュニケーションが取りにくいと感じ、普通の人がいる場所に転職したいと考えることもあるでしょう。

SEが異業種を選ぶうえでのポイント

転職のポイントを指す女性

SEが異業種を選ぶ際には、ポイントを押さえて活動することが大切です。

ここでは、押さえるべき4つのポイントを紹介します。

過去の経験・スキルを整理する

SEを通じて得た経験・スキルを整理することで、自分の強みや特性が分かると言えます。

異業種を選ぶ際には、こうした「強み」や「特性」をもとにし、自分に合った業種を選ぶことが大切です。

過去の経験・スキルを整理する際には、以下の流れで実施すると良いでしょう。

1.1日のスケジュールを書く

毎日同じことを行うとは限りませんが、1日の「およそのスケジュール」を書きだします。

2.1のスケジュールに対し、努力した点や結果を書く

各業務を行ううえで、達成するために努力したことや、取り組んだ姿勢について書きます。
これらに対して、得られた結果も記載しましょう。

3.1→2の流れを、過去のキャリア分において実施する

上記の1→2の流れを、経験した社歴やプロジェクト数に応じて、同じように実施します。

将来の目的を明確にする

SEから異業種へ転職するためには、将来の目的を明確にすることが大切です。

目的にそった業種を選ぶことで、異業種への転職が成功できるからです。

目的を明確にするために、下記を意識すると良いでしょう。

  • 転職をすることで、叶えたいこと
  • 1年後、3年後、10年後のなりたい自分像
  • 業務を行ううえで、大切にしたいこと

目的を明確にすることが難しい場合には、転職エージェントなどのプロを利用することも、1つの方法だと言えます。

異業種の調査をきっちりと行う

異業種は未知の世界であるため、業種の内情やメリット・デメリットについて、分からない点もあるでしょう。

不明点を整理しないまま、転職を行うと「こんなハズじゃなかった」と思う可能性が高まります。

また状況によっては「SEを続けた方が良かった」と後悔する可能性もあります。

そのため、しっかりと異業種の調査を行い、納得したうえでの転職を意識しましょう。

経験がいかせる異業種を選ぶ

特定の業種に対する「強い憧れ」があるケースは別ですが、基本的には、SEの経験がいかせる異業種を選ぶことをおすすめします。

その理由は、以下の通りです。

採用で有利に働く

企業が採用をする際に、同じ条件の「未経験者」と「経験者」がいれば、迷わずに後者を選ぶでしょう。

異業種への転職でも、経験がいかせる人に対しては、採用で有利に働くと言えます。

高く評価される可能性がある

新しい職場でSEの経験がいかせる場合には、過去の経験を高く評価してくれることがあります。

給与や待遇面において、目に見える形で反映されることも、少なくありません。

仕事に取り組みやすい

経験がいかせる仕事は、業務に取り組みやすいと言えます。

慣れない環境下でストレスを感じる中、取り組みやすい仕事でスタートを切れることは、メリットだと言えるでしょう。

次項で、SEの経験がいかせる業種を紹介するため、ぜひ参考にしてください。

SEにおすすめの異業種を紹介

転職エージェント

ここでは、SEにおすすめの異業種を4つ紹介します。

社内SE

SEは「社外」の人を相手にしますが、社内SEは「社内」を相手にし、自社のネットワークに関するあらゆる仕事を行います。

そのため、SEと社内SEは、親和性が高いと言えるでしょう。

下記のような業務を行うことから、会社のネットワーク関連の「何でも屋」のような存在だと言えます。

  • 自社内でのIT開発
  • 社内のインフラ回りの整備
  • 社員の「パソコンの不具合」や「ネットワークトラブル」への対応

以上のことから社内SEには、コミュニケーション能力や臨機応変さが求められます。

社外の人を相手にしないため、厳しい納期が課せられるケースは少なく、残業や休日出勤も少ない傾向にあります。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、顧客の抱えている悩み・問題に対して、IT技術を使って解決をする専門家だと言えます。

さまざまな事象に対応することから、ITに関する多くの知識が必要であり、臨機応変さも求められます。

そのため、SEの経験を活かすことが可能です。

多くの専門的な知識が必要なことから、給与は高めの設定だと言えます。

しかし企業によっては、ITコンサルタントで募集をしていても、実質上の仕事内容はSEと変わらないケースがあります。

SEから異業種への転職を目指す人は、こうした点に注意する必要があるでしょう。

webエンジニア

webエンジニアは、web上のシステムに関して、プログラミングを実施します。

SEもプログラムを扱うため、webエンジニアとの親和性は高いと言えます。

また勤務先は「web制作会社」になることから、ベンチャー企業が多く、自由な雰囲気で働きたい人にも向くと言えるでしょう。

SEと異なる特徴として、webエンジニアとして働く場合には、最初に決めた要件定義から、内容が変わることも珍しくないということです。

こうした点にも抵抗が無い人は、webエンジニアに挑戦するのも良いでしょう。

IT会社の営業

SEから異業種への転職をする際に、IT会社の営業として、自社の製品やサービスを販売する方法があります。

顧客に対して、商品の利用方法や操作の手順などを説明するため、SEとしての知識が活きるでしょう。

ただし、あくまで営業であるため、コミュニケーション能力が高い人に向いています。

また給与は成果主義のケースが多いため、自分の営業成績が良い場合には、さらに給与に反映される可能性があります。

SEが異業種への転職を成功させるポイント

オススメのエージェント

SEが異業種への転職を成功させるためには、以下のポイントを押さえると良いでしょう。

明確なキャリアプランを立てる

SEに限りませんが、異業種への転職を目指す人は、明確なキャリアプラン立てることが大切です。

キャリアプランを立てずに進むことは、壊れたカーナビを使用するようなもので、いつまでたってもゴールにたどり着くことができません。

そのため、異業種への転職を成功させたい人は、何となくではなく「明確な」キャリアプランを立てましょう。

以下の順番に沿うと、キャリアプランを立てやすいと言えます。

将来のビジョンを思い描く

まずは、将来において、自分がどうなりたいかを考えましょう。

大まかな状態から、きちんと言葉で表現すると、具体的なビジョンを思い描けます。

現状の自分を見つめなおす

今までの経験や、保持する資格などを洗いだします。

この段階を経ることで、将来のビジョンに向かうまでの距離が見えるでしょう。

ビジョンを達成するために、どう動くかを整理する

将来のビジョンを達成するために、今後においてどう動くかを考え、ゴールから逆算した計画を立てます。

強み・弱みを把握する

転職を成功させるにあたり、自分の強み・弱みを把握することは、重要だと言えます。

なぜなら、以下のメリットがあるからです。

能力を客観的に判断できる

強みと弱みが分かると、自分の得意・不得意が見えてきます。

そのため「何をアピールすると採用で有利になるか?」や「弱い部分をどう克服するか?」などが、分かると言えます。

自分に合った業種が分かる

強みをいかせる業種は、自分に合っていると言えます。

こうした業種を選ぶことにより、採用の可能性が高まることでしょう。

ブラック企業を避ける

せっかく転職ができたとしても、入社した企業がブラック企業であれば、成功したとは言えないでしょう。

特に異業種を選ぶ場合には、未知の業種であるため、ブラック企業か否かの見極めが難しいと言えます。

下記などのポイントをチェックし、ブラック企業を避けることを意識しましょう。

離職率の割合
離職率とは、一定期間のうちに退職者が出た割合を示します。

数値が大きいほど、なんらかの事情で退職する人が多いと言えます。

ブラック企業を避けるためには、離職率が低い職場を探すことが大切です。

ハラスメント・事件などの有無
パワハラ・セクハラなどのハラスメントの噂や、過労死などの事件が無いかを確認します。事例があった場合には、ブラック企業の可能性が高いです。
相場との給与額を比較
給与額が相場よりも、かなり「高い」か「低い」場合には、ブラック企業かもしれません。

高い場合には、その給料を出さないと、誰も来ないような職場である可能性があります。

低い場合には、社員を安く使い倒しているケースがあります。

転職エージェントを活用する

SEから異業種への転職を成功させたい人は、転職エージェントを活用すると良いでしょう。

異業種に対しては、知らないことが多いと言えます。

こうした時に、自分で情報収集をすることには、限界があります。

一方で転職エージェントを活用すると、異業種に関する情報を持っているため、転職活動がスムーズに進む可能性が高いです。

利用者が選ぶ!おすすめの転職エージェントランキング
「転職活動は転職エージェントを使ったほうが効果的」 なんて意見をネット上では多く目にします。 実際転職エージェントには、求職者を助ける多くのメリットがあります。 しかし、転職エージェントの種類は多く、どれに登録して転職活動...

まとめ

SEから異業種への転職は可能ですが、成功させるためには、自分の状況に合わせた行動が大切だと分かりました。

また、特定の職種への強い希望がない場合には、SEの経験をいかせる仕事を選ぶ方が、スムーズに転職活動が進むと言えます。

本記事で紹介したポイントを踏まえ、希望の異業種への転職を目指すと良いでしょう。

転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?
転職サイト・転職エージェントを求人数、サポート内容などで比較して、優秀なサイトごとにランキング形式で紹介しています。記事内のランキングを参考にすれば、きっと転職活動の強い助けとなるはずです。

コメント