楽天への転職は難易度が高いのか?楽天社員の年収は?

大企業への転職

国内のIT企業大手「楽天」。

業務の幅は広く、あらゆる職種で仕事のやりがいが強い企業です。そのため、転職先の企業として根強い人気を誇っています。

企業の業績も年々右肩上がりで先、転職先企業として理想的だと言えます。

楽天市場と名付けられた国内最大級のECモールを中心に、売上を好調に伸ばしています。楽天市場関連の金融事業(保険など)が好調で、楽天カード会員数も増えており、今後も楽天の収益は上がり続けていくでしょう。

この収益を上げ続けている成長性こそ、楽天が転職先企業として人気の秘訣なのですが…。

そんな成長著しい人気企業楽天へ転職するには、どんなポイントに気を付けながら転職するべきなのか?

楽天の基本情報

まずは「楽天」という企業がどんな会社なのか。

楽天の基本情報から学んでいくことにしましょう。

楽天創立者三木谷浩史社長について

まず楽天を語る上で避けて通れないのが、三木谷浩史社長です。

日本を代表する会社経営者であり、起業家です。

三木谷浩史社長は一橋大学を卒業後、銀行で働きはじめます。銀行員時代に米ハーバード大で学んだ経験を元に、楽天を立ち上げます。

他の銀行員のような固い頭を持っていなかった三木谷浩史社長は、Eコマース事業を大当たりさせます。

Eコマースの将来性を見抜いていた

銀行員というお硬い職業についていた三木谷浩史社長ですが、Eコマース事業が日本に根づく前から、Eコマースが日本で発展する未来にいち早く気づいていました。そして狙い通り、楽天市場で大成功を収めます。

しかし三木谷社長は楽天市場の運営のみに留まらず、事業を多角化して広げます。それは楽天、日本というより「ビジネスのあり方」にしっかり目が向いていたからこそではないでしょうか。

多角化経営を維持するのは簡単なことではありません。楽天の経営を軌道に乗せて、事業が発展し続けていることからも、三木谷社長の経営手腕を推し量ることができますよね。

楽天の事業内容

「エコシステム」とも呼ばれる楽天の多角化経営の内容を詳しく調べていきましょう。

インターネットサービス

インターネットサービスでは主に、運営サイトでの広告収益が利益の大部分を占めます。

しかし楽天の収益は広告収益にとどまりません。ECサイト代表楽天市場や、楽天トラベル(旅行予約サイト)、ポータルサイトにデジタルコンテンツサイトが、インターネットサービス事業で挙げられます。

海外展開も積極的で、EC事業で海外進出を果たしています。

Fintech

楽天はFintech事業の発展にも積極的です。Fintechとは、financialとTechnologyを組み合わせた造語。

楽天のFintech事業とは、楽天銀行や楽天証券など、IT技術を利用した金融事業のことです。

かの有名な「楽天カード」もここに含まれます。

楽天の社風

楽天の社風を説明する上で必ず出るのが「スピード感」という言葉です。

進歩、変化が早いIT業界のトップを走る楽天の事業は常にスピード感が求められるのです。

大企業は風通しが悪いなどの理由で、社員が動きにくいなど言われがちですが、楽天は常にスピード感が求められる職場だと言うことですね。

また、楽天は「数字のコミット」が求められる職場でもあります。特に数字が求められるのはやはり、楽天市場の出店案内を担う営業担当でしょうか。

楽天社員について

続いて、楽天で働いているのはどんな社員なのか。

楽天社員の基本情報についてご説明します。

平均年齢

楽天社員の平均年齢は、2016年段階で「33.7歳」でした。

さすが先進的な企業は、社員の平均年齢も若いですね。

平均勤続年数

楽天社員の平均勤続年数は、「4.6年」です。

外国人の比率が高い

楽天が他企業と少し違うのは、「外国人労働者の割合が多い」ことです。

2012年収系の「外国人従業員数ランキング」でも、8位にランクインする実績があります。

特に外国人の割合が大きいのは開発職、つまりエンジニアです。2014年に入社したエンジニアは、約100人中8割が外国人でした。

外国のエンジニアには優秀な人材がゴロゴロいるため、楽天が積極的に採用したい気持ちも納得です。

楽天の採用職種

現在楽天で募集されている、職種を調べておきましょう。

営業・コンサルタント

営業・コンサルタント職では、楽天および楽天グループの各事業の営業・コンサルタント業務を担当します。

どのポジションに就くかで業務内容は異なりますが、主に企業、事業者、施設、官公庁向けの新規提案営業、企画提案営業などを行います。

アプリケーションエンジニア

楽天、もしくは楽天グループ各社のアーキテクチャ及び、テストアプリケーションの計画・設計・開発・テスト・デバック・実装まで担います。

他にも既存のアプリケーションを更新、改善するなど、アプリケーションエンジニアの業務は広くて多いです。

人事・総務・コーポレートコミュニケーション

楽天及び楽天グループ各社における、スタッフのビジネスゴール達成を人事、採用、労務、総務、後方などの側面からアピールします。

また、楽天は現在事業フェーズをグローバルの舞台へ成長させる取り組みを行っています。それをコーポレート部門から支援できる人材が求められているそうです。

入社にはTOEIC800点以上必要?

よく楽天の中途採用における噂で「TOEICのスコアが800以上必要」と言われています。

確かに楽天は社内公用語でも英語を設定するなど、グローバル化が進んだ企業です。上でも述べたように、外国人従業員が多く働いている企業でもあります。

社員同士が呼びやすいように、日本人社員も外国人風のあだ名が付けられるほどです。

TOEIC800点の条件は、ほとんどの社員に求められるそうです。

スコアが800点に届くまでは、契約社員扱いになり、社員食堂も自由に使えないそうです。

楽天への転職はどれくらい難易度が高いのか?

楽天が世界的な成長企業で、そこで働く社員は強いやりがいのもと働いているというのはしっかり伝わったはず。

では実際に楽天へ転職するためには、どれくらい難しい基準をクリアしなくてはならないのか。

楽天へ転職する難易度について、より詳しく調べていきましょう。

楽天の入社難易度は高い

まず言うまでもなく、楽天の入社難易度は高いことは言っておきます。

日本だけでなく世界各国に支部を持つ楽天は、世界中から多くの応募が入ります。

転職するにあたって、そのライバルとなる人物は日本人だけではないのです。

採用情報をみれば、採用するのは経験者のみで、未経験者の採用は行っていないそうです。

楽天の中途採用試験内容と難易度

楽天に転職して中途採用されるまでには、中途採用試験を無事クリアする必要があります。

必ず行われるのかはわかりかねますが、一例として、面接が三度行われた例を聞いています。

ここでは、希望した部門のリーダーなどと会話を重ねて、実際に楽天で働いている像をより具体的にしていきます。

この面接でリーダーから「一緒に働きたい」と思われないと、楽天へ転職できないことを考えると、楽天へ転職する難易度はやはり高いといえるでしょう。

また、職種によっては高い語学スキル必須なのも、楽天の入社難易度の高さを裏付ける要因でしょう。

営業職

営業職は、楽天で募集している職種の中では比較的採用難易度は低めです。

エンジニア職やハイレイヤー職の採用では、高い専門スキルと経験が求められるなか、営業職で求められるのは主に人間性や過去の営業経験です。

現在楽天は特にグローバル化を掲げていることもあり、営業職は高い英語スキルこそ求められるものの、他職種に比べればまだ採用難易度は低いです。

経営企画や新規事業開発職

経営企画などのハイレイヤー職は、各職種の高いスキルを求められます。

それまですでにデータサイエンティストとして働いた経験があり、その経験を楽天に認められることでようやく採用となります。

また、高い英語スキルが求められるポジションも多いので、転職難易度は高いです。

エンジニア職

楽天のエンジニア職への転職難易度は高いです。

過去のエンジニア経験と高いスキル、英語力も求められる職種です。

世界中のエンジニアの憧れでもある楽天のエンジニア職。

多くの人が楽天への転職を希望していることからも、その転職難易度もわかるはず。

楽天が求める人物像

楽天の経営理念は「人々と社会をエンパワーメントする」というもの。

そのために楽天は、日々様々なサービスを運営しています。

楽天が求める人材は、この楽天の経営理念に共感して、共にこの目標を達成するための努力ができる人物です。

世の中を支えながら、自分の成長も実感したいという、未来への強い意志を持っている人材こそ楽天が求める人材です。

各分野のプロフェッショナルが求められる

現在楽天の採用は主に専門職。

各職種とも同じく、それぞれの分野でのプロフェッショナルが集まっています。

そして楽天は外資系企業などと同じく、「実力主義」の世界です。

この社風に馴染めない時点で、楽天で働くのは難しいと思った方が良いでしょう。

この実力主義な社風は、キャリア採用だけでなく新卒採用の社員も同じです。

とにかくスピード感のある人材が求められる

楽天はインターネット業界に強い企業。

ネット業界は特に移り変わりが激しい業界なので、サービス運営にとにかくスピード感が求められます。

考え方、仕事にもスピード感がある社員を、楽天は求めているのです。

楽天への入社難易度を下げるための方法

さて、具体的に楽天への転職について考えていきましょう。

楽天へ転職するにはどんなことを意識するべきなのか。

楽天に転職するのに役立つ転職エージェント

楽天ほどの大企業への転職でも、やはり役立つのは転職エージェントです。

ハッキリ言って楽天への転職は、かなり難しいです。成長著しい企業で、転職の希望者も多いので、競争率がかなり高くなってしまうのです。

転職エージェントを使って、自分にあった求人をキャリアコンサルタントに提案してもらい、コンサルタントと共に楽天へ転職するために対策を凝らすのが大切です。

JACリクルートメント

楽天ほどの大企業への転職ともなると、ハイクラス求人を扱う転職エージェントを利用するのがおすすめです。

JACリクルートメントは、ハイクラス求人を扱う、ハイキャリア転職が得意な転職エージェントの中でも実績が最も多い転職エージェントです。

技術職やグローバルポジションの人は特に、JACリクルートメントを使った転職にむいています。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

リクルートエージェント

転職エージェント最大手、リクルートエージェントの何がすごいと言っても、やはりその「求人数」です。

膨大な求人の中には、数々の求人があり、キャリアコンサルタントから紹介、提案してもらえるはずです。

ぜひ、まずはリクルートエージェントへの登録から初めてください。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

パソナキャリア

サービス、キャリアコンサルタントの質に高い定評があるのは、このパソナキャリアです。

相性の良いキャリアコンサルタントとめぐりあうためにも、評判の良いパソナキャリアへの転職を行っておくのはおすすめです。

パソナキャリアの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職サイトや転職エージェントへの関心が一段と高まる中、パソナキャリアもその一角として人気があります。業界内でも、その歴史の長さには定評があり、これまでにも多くの転職希望者の求めに応えてきた実績があります。 パソナキャリアの詳細 求人...

キャリトレ

楽天は若い会社です。

たとえ20代のキャリアが乏しい人材でも、入社するのに見合ったスキルがあれば、問題なく転職可能です。

キャリトレはハイキャリア転職を主に扱う転職サイト。

常に、というわけではないでしょうが、キャリトレなら楽天ほどの優良企業でも求人を扱っているはず。

キャリトレに登録して、楽天の求人を検索してみてください。

キャリトレの口コミ・評判サービス内容はどうなのか?求人、サポート内容も調査
AIのレコメンドなど、独自のサービスを展開しているのが、この「キャリアトレック」です。利用し続ければ続けるほど精度の上がるレコメンド機能、上手に活用してください。

楽天社員の年収相場

続いて、楽天社員の年収相場について調べてみましょう。

楽天全体の平均年収は「661万円」。

売上に対して少し平均年収が低い気もしましたが、これは楽天のグループ企業の多さ、そしてそれに伴う社員数の多さによるものでしょう。

楽天社員は半年に一度、AAAからBまでの9段階で評価され、その評価に応じて月給が決まる制度のようです。

年代別の平均年収

年代別に、楽天社員の平均年収を調べていきましょう。

年代年収
20~24歳460万円
25~29歳475万円
30~34歳530万円
35~39歳550万円
40~44歳610万円
45~49歳690万円
50~54歳745万円

職種によってはインセンティブ報酬が上乗せ

楽天社員は、年代が同じでも月給に大きな差が出ます。

その理由はその評価制度、そして何より多額のインセンティブ報酬でしょう。

すべての役職で、インセンティブ報酬が発生するわけではないですが、営業職などでインセンティブ報酬が出るようです。

インセンティブ報酬が出ると、社員の年収はかなり大きくなります。

楽天の福利厚生

続いて、楽天社員として働いていると受けられる、福利厚生の制度も調べておきましょう。

朝・昼・晩と無料で利用できるカフェテリア

やはり福利厚生で目を引くのは、社員が朝昼晩利用できる「カフェテリア」でしょう。

このカフェテリアですごいのは、「無料」で利用できること。一般的な社員食堂とは違い、無料でいつでも利用できるのが、その特徴です。

社内フィットネスジム完備

有料とはなりますが、社内のフィットネスジムを使うことができます。

社員の健康を考える企業らしい福利厚生ですよね。

社内託児所も完備

楽天は女性でも働きやすいと言われる理由がこの「社内に託児所完備」であるポイントです。

楽天は育児休暇後復帰する女性社員が多いのは、この託児所があるからこそでしょう。

マッサージ・鍼サロンも

社内にはマッサージ・鍼サロンも完備。

エンジニアが多い楽天では、社員の健康に気遣った福利厚生が整っていますよね。

楽天の休日休暇

楽天社員は、繁忙期を除いてカレンダー通り休暇が取れるようです。

繁忙期には、土日祝日の出勤が求められるようですが、その分しっかり代休が取れるようです。

残業は長い?

社員にとて気になる残業ですが、残業時間について一概にこうだと言えないのが実際のところです。

業務量が多い、エンジニアや営業職はどうしても月の残業時間が長めになってしまいます。

しかしその分、残業代はしっかりと支給されます。「残業はどうしても困る」という人は、楽天への転職をするべきではないのかもしれません。

まとめ 楽天へ転職するには

楽天は毎年成長の著しい優良企業。

転職先企業としても人気が高いです。楽天へ転職するには、楽天の求人を多く扱う転職エージェントを活用する必要があります。

しかし楽天への中途採用は、TOEICのスコアが800求められるなど、転職にはかなり厳しい条件が課せられることも覚悟しておきましょう。

コメント