円滑な転職活動のためにはリクルートエージェントのアプリが必須

リクルートエージェント

転職先探しにエージェントを利用する人も多いですが、その中にリクルートエージェントも含まれます。

丁寧なサービスときめ細やかなサポートで有名なリクルートエージェントに登録者専用アプリがあります。

このアプリを利用すれば、円滑な転職活動ができるようになるのです。

その登録者専用アプリの概要と利用方法について解説しましょう。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

リクルートエージェントの登録者専用アプリとは

リクルートエージェントには、転職を考えている人の専用のパソコンサイトが用意されています。

Personal Desktopと言います。

このページのスマホ版が登録者専用アプリです。

円滑に転職活動を進めるためのアプリ

リクルートエージェントの登録者専用アプリに登録すると、転職活動が円滑に運ぶようになります。

パソコンのPersonal Desktopの利用も便利ですが、パソコンをいちいち持ち歩くのは大変です。

それがスマホアプリなら、いつでもどこでも利用できるので、大変便利です。

リクルートエージェントのアプリの機能

リクルートエージェントのアプリには、パソコン版のPersonal Desktopと同じような機能が用意されています。

その機能には次のようなものがあります。

  • 応募後の選考状況の確認
  • 職務経歴書の作成
  • 詳細な条件を入力しての求人検索
  • 履歴書・職務経歴書チェックサービス
  • 転職活動のサポート情報の入手

いずれの機能も転職活動においてはとても有益です。

選考状況の確認

リクルートエージェントのアプリの機能に、応募後の選考状況の確認があります。

企業の求人情報に応募した場合、意外にその選考状況を知るのは難しいものですが、リクルートエージェントのアプリではいち早く情報が示されるのです。

したがって、選考状況についてあれこれ心配する時間が少なくなります。

特に複数の企業の求人情報に応募している人にとっては、その状況が早く分かればかなり助かるでしょう。

職務経歴書の作成

企業の求人情報に応募する際に提出する職務経歴書の上手な書きかが分からないという人がいます。

職務経歴書には、これまでに行ってきた仕事の内容、積んできたキャリア、磨いてきたスキル、今後それらをどう生かせるかなどを記入するのですが、初めての作成では意外に苦労することがあります。

自分自身を振り返ってみても、これらの項目をうまくまとめられない場合があるのです。

職務経歴書の書き方については、ネット上にもいくつか記事があります。

それらを参考にすればいいのですが、それでも難しい場合もあるでしょう。

そんなときに便利なのがリクルートエージェントのアプリです。

職務経歴書の作成が容易にできるようになっています。

アプリが履歴書作成の補助をしてくれる

その際、「共通」「営業」「ITエンジニア」の3種類の項目を選び、次の4項目を簡単な文章でまとめます。

  • 職務要約
  • 活かせる経験・知識・技術
  • 持っている資格
  • 自己アピール点

それほど長い文章を書くわけではないので、うまくまとめられるでしょう。

しかし、それでも難しければ、サンプル文章が用意されているので、それを参考にできます。

細かい条件での求人検索

リクルートエージェントのアプリでは、細かい条件を指定したうえでの求人検索が可能です。

その条件とは、勤務地、職種、業界、年収(○○円以上など、指定しないこともできる)、キーワードなどです。

求人情報をチェックするとなると、その情報量が膨大となり大変ですが、これらの条件を絞り込めばかなり範囲が狭められ、自分に合った情報の検索がしやすくなります。

また、アプリ版のPersonal Desktopでもパソコン版でも、検索内容に差はありませんから、安心して使えるでしょう。

それから、検索した情報の中で気に入ったものがあれば、それを保存しておいて、後でまた閲覧ができます。

履歴書、職務経歴書チェックサービス

履歴書や職務経歴書を作成し終わっても、これを見た担当者が本当に自分を採用してくるかどうかはわかりません。

いくらうまく履歴書や職務経歴書を作成したつもりになっても、第三者の目で見ていい内容かどうかはつかめないのです。

したがって、客観的な立場から批評してくれる人がいれば、とても助かるのですが、普通はそのような人を見るけることができません。

家族に見てもらっても正しいコメントが貰えるとは限らず、友人に見せるというわけにもいかないでしょう。

そこで利用したいのがリクルートエージェントのアプリの履歴書、職務経歴書チェックサービスです。

自分で作成した履歴書や職務経歴書をリクルートエージェントの担当者が添削指導をしてくれるのです。

使い方は簡単で、作成した書類をメールに添付して送信します。

後は、数日待っていると、担当者から指導内容が返信されてきます。

これで安心して、応募企業に履歴書や職務経歴書を送れるでしょう。

転職活動のお役立ち情報

求人情報を検索していけば、自分に合いそうな企業の情報を見つけられるでしょう。

しかし、自分で合いそうだと判断しても、その企業に関する正確な情報がわからなければ、早合点という場合もあります。

そのようなことにならないためにも詳細な企業情報を入手しておきたいのですが、そんな時はリクルートエージェントのアプリが役に立ちます。

というのは、このアプリで、リクルートエージェントが独自ルートで取得した企業情報が確認できるようになっているからです。

また、面接時に有用な情報も提示されます。

これで、企業の求人情報に応募がしやすくなるでしょう。

リクルートエージェントのアプリ利用の流れ

パソコン版のPersonal Desktopの場合は、パソコンを開いて、リクルートエージェントのページの「リクルートエージェント登録者専用サイト」から登録手続きをしますが、アプリ版の場合は少しだけ手順が違います。

まず、アプリのダウンロードが必要です。

アプリダウンロード

リクルートエージェントのアプリには、iPhone用とAndroid用があるので、それぞれの入手先からダウンロードをします。

iPhone用はApple Store、Android用はGoogle Playからダウンロードするのですが、リクルートエージェントのヘルプページにもそれぞれのリンク先に飛ぶ項目があるので、そこをタップしてもいいでしょう。

推奨端末については、iOSの場合8以上、Androidの場合4以上となっています。

ダウンロードができたらすぐ使えるわけではありません。

次の手順があります。

アプリ登録

リクルートエージェントのアプリ登録もパソコン版と同じですが、入力項目がかなり多くなっています。

まず、転職希望の場合は、次の項目を入力します。

  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • メールアドレス

それぞれの内容については特に難しいことはないので、スムーズに運べるでしょう。

次にプロフィール・職務経歴を記入しますが、こちらがかなり項目多めです。

  • 氏名や住所などの基本情報
  • 経験社数
  • 現在の就労状況
  • 業種
  • 雇用形態

代表的なものだけで以上のものがあります。

両方の項目を含めると、全部で20程度になりますが、多くは選択式の入力内容となっているので、それほど手間はかかりません。

Personal Desktopログイン

リクルートエージェントのアプリのダウンロードと登録が終わったら、Personal Desktopでログインします。

その方法ですが登録後に「専用マイページ(Personal Desktop)のご案内」というメールが送信されてくるので、そのメールに記されたIDと仮パスワードを使って、Personal Desktopのページに入力します。

万一、メールを削除したり、パスワードがわからなくなったりした場合は、ログインページの「ID・パスワードを忘れた方はこちら」をタップし、eメールアドレスや名前、生年月日などを入力して、仮パスワードの再発行を待てばいいです。

なお、Personal Desktopには自動ログインという機能があります。

この機能を入れておくと、90日間ログイン状態が続くので便利です。

利用開始

Personal Desktopでアプリにログインできたら、いよいよ利用開始です。

マイページ、おすすめ求人、メール、求人検索、提出書作成などさまざまなページが用意されています。

マイページには目安応募数や選考中の求人・申込済みセミナーなどが、おすすめ求人には、すべての求人情報が示されていますが、絞り込みも可能です。

また、メールでは、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーからのメール、新規求人情報、重要なお知らせなど見逃せないページとなっているので、チェックを忘れないようにしましょう。

そのほかのページも大事なので、それぞれ用途に応じて利用してください。

リクルートエージェント アプリまとめ

スマホを持っている人は、リクルートエージェントのアプリをぜひ利用しましょう。

パソコン版よりも手軽で、どこでも使えます。

仕事の合間でも帰宅途中でも、お好きな時間を活用して、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

また、アプリ版もパソコン版もデータは共有されています。

したがって、外出時にスマホのアプリでチェックした項目は、後でパソコンのPersonal Desktopでも確認ができます。

スマホアプリの場合は文字が小さくて読みにくいという面があります。

そのような場合は、簡単なチェックだけをスマホだけで行い、細かい作業をパソコンですれば、特に問題は起こりません。

それぞれを使い分ければ、より便利になるでしょう。

コメント