プログラマーに転職するためには?未経験でも転職できるのか解説

職種別転職エージェント

「プログラマーとして働いてみたいけど、未経験でも転職できるのかな?」
「未経験がプログラマーに転職するなら何歳まで?」

プログラマーに転職しようと考えている方の中には、このような悩みを抱えている方も多いです。

求人サイトを見てみると、「未経験可」の求人が多いことがわかりますが、それでも本当にやっていけるのか、そもそも採用されるのかと不安になってしまいますよね。

実際に、プログラマーに転職するとなれば、どのようなことをしていかなければいけないのかわからない方もいますよね。

そこで今回の記事では、未経験がプログラマーに転職することができるのか、転職をする際のポイントについて紹介します。

これから、プログラマーに転職したいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

未経験でプログラマーに転職することはできる?

ではさっそくですが、未経験でプログラマーに転職することができるのか、解説します。

結論から言えば、未経験でプログラマーに転職することは可能です。

冒頭でもいいましたが、プログラマーの求人には「未経験可」の求人が多く、実際に未経験が採用されることがあります。

プログラムに対する意欲があり、今後も成長していけるかどうかを確認されるので、未経験でも問題ないです。

ただ、未経験でプログラミングをできるようになるのか、不安に思っている方もいますよね。

こちらも、お話をしておくと、未経験でもプログラミングができるようになります。

実際に、大手企業の新卒採用では、約半数がプログラミング未経験者を採用しています。

研修や現場でしっかりと勉強することになるので、未経験でもプログラミングができるようになれますよ!

近年では、企業と提携したプログラミングスクールもあり、そこを卒業することで内定が確約されるようなものもあります。

そのため、さまざまな方法を利用して、未経験からプログラマーに転職することができることを覚えておきましょう。

SEの転職は未経験でもできる?必要なスキルや仕事内容について解説
「未経験でSEに転職できるのかな…?」 「未経験でSEに転職することに不安しかない…」 このように考えている方はとても多いです。 将来性のある仕事に就きたいと考えて、SEを選ぶ方が多いのですが、「やめたほうがいい」や「SEはきつす...

未経験がプログラマーに転職するときに必要なポイント

先程も伝えたとおり、未経験がプログラマーに転職することは可能です。

しかし、誰でも簡単に転職ができるわけではありません。

そこで、ここからは、未経験がプログラマーに転職するときに必要なポイントについて解説します。

解説するポイントは以下のとおりです。

  • プログラミング以外の知識も必要
  • プログラマーとして働く覚悟が必要
  • 最新の情報に興味があるか

どれも重要なポイントなので、しっかりと確認しておいてくださいね。

プログラミング以外の知識も必要

プログラマーと聞くと、プログラミングさえできればいいのではないかと思ってしまうかもしれません。

しかし、プログラマーにとって、プログラミングというのは、仕事の中の1つでしかないのです。

また、プログラマーは、個人でやる仕事かと思われてしまうかもしれませんが、チームで連携しておこなうことがほとんどです。

チームで連携してプログラミングをおこない、お客さんとの打ち合わせをすることもあります。

後ほど詳しく解説しますが、プログラマーの仕事は以下のような流れになっています。

  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • プログラミング
  • テスト

これだけ見ても、プログラミングというのは、仕事の一部でしかないことがわかりますね。

お客さんのニーズや課題を見つけて、それをわかりやすく伝える必要もあるため、コミュニケーション能力は必須です。

このように、プログラマーの仕事はプログラミングだけではないということを覚えておきましょう。

プログラマーとして働く覚悟が必要

当たり前のことではありますが、プログラマーとして働いていく覚悟が必要です。

プログラマーは、専門性が必要で、ミスが許されない仕事です。

そのため、未経験で転職に成功したとしても、現場で働き始めるまでには時間がかかります。

そのため、未経験として転職する場合、どれだけ働き続ける気があるのかを重要します。

面接でもよく聞かれる部分なので、しっかりと覚悟があることを伝えられるようにしましょう。

本気でプログラマーになりたいということを伝えるのであれば、以下のようなこと面接で話すといいですよ。

  • 独学で勉強をしてみて、実際にプログラミング設計をしてみました。
  • 最近のアップデートを確認しているのですが、将来的には〇〇のような変化がありそうですね。

このようなことを伝えられれば、やる気があることを証明できます。

一方で、以下のようなことを伝えてもあまり意味がないことを覚えておいてください。

  • Java,SQL,PHPの本をすべて読みました
  • 勉強会に参加してプログラミングを勉強しています。

これは、誰でもできて当たり前のことなので、やる気があるのかわかりません。

しっかりと具体的にやったことを伝え、覚悟を見せるためにも、実績を作ることが大事です。

最新の情報に興味があるか

プログラミングは、一度勉強すれば一生使えるスキルではありません。

一定期間ごとに、アップデートがあったり、新しいプログラミング言語が出てきたりと、日々勉強や情報を追わなければついていくことは難しいです。

勉強が好きな方であれば、プログラマーを続けることは容易だと考えられますが、好奇心や言語の勉強を苦に感じているのであれば、プログラマーは辞めたほうがいいでしょう。

最新の情報を常に集めていて、それらを業務に落とし込めるように勉強できる方が、プログラマーになれることを覚えておいてくださいね。

未経験がプログラマーに転職するための方法

続いては、未経験がプログラマーに転職するための方法について解説します。

未経験でもプログラマーになることはできるのですが、全く知識がないのであれば、さすがに転職できません。

少しでも知識を付けるためにできることを紹介しますね。

未経験がプログラマーに転職するための方法は以下のとおりです。

  • 独学で勉強する
  • プログラミングスクールに通う
  • 未経験可能の求人に応募する

これらの方法についてそれぞれ解説します。

独学で勉強する

プログラマーを目指す方の中で最も多いのが、独学で勉強する方でしょう。

プログラミングの勉強は、独学でもすることが可能です。

しかし、とても効率的とは言えません。

なぜなら、そもそもプログラミング用語がわからなかったり、プログラミングをする環境を整えたりするのが難しいからです。

また、プログラミングの勉強をするとなれば、確実に壁にぶつかります。

そこで、質問できる相手がいないと無駄に時間を使ってしまいますよね。

このような点から、独学で勉強することは効率的ではないです。

ただ、独学で勉強をしてプログラマーになることはできます。

本を購入して、インターネット上に書いてある情報をしっかりと勉強するだけなので、お金がかかりません。

お金を掛けずに転職がしたいという方には、独学で勉強して、転職活動をしてみましょう。

どうしても挫折をしてしまった場合には、プログラミングスクールに通うことがおすすめです。

プログラミングスクールに通う

続いておすすめする方法としては、プログラミングスクールに通うことです。

最近のプログラミングスクールでは、転職を確約してから入稿することができる場所があります。

もし、転職ができなかったら受講料を全額返金してもらえるので、とてもお得ですよね!

また、そうではなくても、インターネットでプログラミングを教えてくれるスクールがあるので、時間がない方にもおすすめです。

プログラミングスクールで勉強していた実績があれば、全くの未経験より優遇してもらえること間違いありません!

独学よりも効率的に勉強したいという方には、プログラミングスクールに通うことがおすすめです。

未経験可能の求人に応募する

いきなり未経験可能の求人に応募することも問題ありません。

未経験可能と書いてある求人であれば、入社後の研修が充実していると考えられますよね。

そのため、研修で勉強ができるので、未経験可能の企業を選んで応募をしてみましょう。

ただ、確実に研修があるわけではないので、求人をしっかりと確認し、研修があるか見てください。

また、転職サイトや転職エージェントを利用することで、ご自身が希望している条件のIT
企業を紹介してもらえます。

転職をする際のサポートもしてもらえるので、ぜひ利用してみてくださいね。

プログラマーの転職で選考に通りやすくするための方法

ここまで、未経験でプログラマーに転職する方法について解説してきました。

ただ、プログラマーに転職するとなれば、面接や書類選考に通らなければなりません。

そのため、ここからは実際にプログラマーの転職で選考に通りやすくするための方法について解説します。

プログラマーの転職で選考に通りやすくするための方法は以下のとおりです。

  • 自分で作成したプログラムの実績を提示する
  • プログラマーとしての目標を伝える
  • IT業界の知識を深めておく

これらの方法についてそれぞれ解説します。

自分で作成したプログラムの実績を提示する

最もおすすめの方法としては、自分で作成したプログラムの実績を提示することです。

実績というのは、プログラミングで実際にプログラムを作ってみることですね。

具体的に言えば、PHPを利用した掲示板を作成してみたり、HTMLやCSSを利用して、LPを1枚作ってみたりすることです。

実際にプログラミングができるということを、直で伝えられるので、採用される確率が格段にあがります。

実績を作ることのメリットは、プログラミングができることをアピールすることだけでなく、「プログラミングに対する意欲」もアピールできます。

そのため、実績を作ることで、転職できる可能性をとても高められると覚えておきましょう。

また、ソースコードを持っていくことも大事です。

成果物のURLだけでなく、ソースコードもすぐに表示できるようにしておきましょう!

プログラマーとしての目標を伝える

どんな業界でもそうですが、何らかの目標を聞かれます。

入社した後に、どれだけ向上心をもって仕事を進めてくれるのかを確認しているので、大きな目標を掲げておくといいでしょう。

ただ、入社したい会社の仕事内容とマッチしていないと、一発で落とされてしまうこともあるので注意してくださいね。

目標を伝える方法としては、以下の方法がおすすめです。

  • 5年後に〇〇という目標があります。
  • そのために3年以内に〇〇を達成。
  • そのために1年以内に〇〇をします。

このように、大きな目標のために小さな目標を掲げることで、目標に対する意欲を伝えることが出来ます。

細かく目標を設定することで、成長しそうだと印象付けられるので、面接で意識して伝えてみてくださいね!

また、目標自体がないという方は、入社が目標になっている可能性があります。

そうなると、入社後に勉強しなくなってしまうのではないかと思われてしまうので、気をつけてくださいね。

IT業界の知識を深めておく

プログラマーになるということは、ITに対する知識を深めて置かなければなりません。

プログラミングの知識だけでなく、IT業界全般の知識が必要です。

システムエンジニアやインフラエンジニアなど、さまざまな技術職がありますよね。

これらと、プログラマーの違いはわかりますか?

実際に、プログラマーといっても、どのようなことをするのか具体的に理解していない方も多いです。

それでは、面接時にボロが出てしまいますよね。

そのため、IT業界についてもしっかりと勉強することが大事です。

また、先程も言いましたが、IT業界はどんどん新しい技術が出てきます。

それらの知識を勉強しておかないと、話についていけなかったり、勉強についていけなくなってしまったりします。

そうなっては、プログラマー失格なので、最新の情報に目を光らせておきましょう!

未経験がプログラマーになれるのは何歳まで?

アラフォー 転職

ここからは、未経験がプログラマーになれるのは何歳までかについて紹介します。

プログラマーと聞くと、新しい技術を利用することになるので、若い人の方がいいのではないかと思われてしまいますよね。

結論から言えば、30代までなら転職できますが、若い人のほうが転職はしやすいです。

20代でも30代でも、転職することはできます。

しかし、年齢が高まるにつれてプログラマーに転職することは難しくなります。

これらを踏まえて、年代別でプログラマーに転職する方法について紹介します

未経験20代のプログラマー転職

プログラミング未経験の20代の場合には、比較的簡単に転職することができます。

なぜなら、まだまだ将来的に働いてくれる見込みがあるからですね。

加えて、20代のほうが知識の飲み込みが早いと考えられているからです。

プログラマーだけではありませんが、キャリアチェンジをするのであれば、若ければ若いほうがいいのです。

全くスキルも性格も人柄も同じ人で、24歳と29歳の方が面接にきたとします。

その場合には、24歳の方が採用されるでしょう。

このくらい年齢が若いほうが有利なのです。

そのため、20代とは言ってもできるだけ若いほうが、未経験転職に有利だということを覚えておきましょう。

未経験30代のプログラマー転職

30代の方が未経験でプログラマーに転職することはできます。

しかし、20代と比べて相当難しいことを覚えておきましょう。

単純に、20代の成長のほうがはやく、柔軟な思考をしていると思われている点が大きいです。

成長段階なので、どんどん新しいことを吸収してくれて、まだまだ伸びしろがあると考えられています。

将来性に賭けて20代を採用することもあるので、30代よりも有利ですね。

そして、30代以降が転職する理由は、より給料をあげるためというのが多いです。

そのため、ほとんどの企業では、30代以降の求人で即戦力になる方を募集しています。

このような理由から、30代の転職は未経験では難しいことがわかりますね。

ただ、20代と比べて難しいというだけでなので、不可能ということはありません。

しっかりと勉強をすることで、未経験での転職もできるので、諦めないでくださいね!

プログラマーとして転職が成功した後の仕事内容

プログラマー

続いては、プログラマーとして転職が成功した後の仕事内容について紹介します。

面接でも、入社後にやっていきたいことを言う場面がありますよね。

そこで、実際の仕事内容を知らなければ、恥をかいてしまうかもしれません。

ここで簡単に仕事内容をまとめているので、参考にしてくださいね。

プログラマーとして転職が成功した後の仕事内容は以下のとおりです。

  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • プログラミング
  • テスト

これらの仕事内容についてそれぞれ解説します。

要件定義

要件定義は、お客さんのニーズや要望をヒアリングすることです。

ヒアリングをした上で、システムで対応する範囲や必要な機能を明確にするフェーズです。

要件定義が一番重要なフェーズということを覚えておきましょうね。

基本設計

続いては、基本設計をします。

基本設計では、要件定義をもとに、開発するシステムの機能を設計します。

要件定義がしっかりと出来ていないと、基本設計ができないので、要件定義の部分が一番重要なフェーズという意味がわかりますね。

詳細設計

基本設計が完了したら、詳細設計があります。

詳細設計では、基本設計の情報を元に、チーム内でのプログラミングルールを設計します。

詳細設計をしなければ、チーム内でコードがバラバラになってしまい、わかりにくいコードになってしまいます。

それを避けるためにも、詳細設計が重要です。

プログラミング

ここまで終われば、ようやくプログラミングをします。

コードを書いて、要件定義でヒアリングした部分を再現していきます。

テスト

プログラミングが終われば、テストをします。

テストでは、プログラムした内容がしっかりと動くかどうか、機能が再現できているかを確認するフェーズです。

結合テストと呼ばれている、プログラミングのモジュールを結合させた状態でのテストもあります。

基本的には、動作確認をするフェーズだと覚えておきましょう。

プログラマーに転職するために利用するべき転職サイト・エージェント

最後に、プログラマーに転職するために利用するべき転職サイト・エージェントを紹介します。

現在未経験であっても、転職することは可能です。

転職サイトや転職エージェントを利用することで、比較的簡単に転職をすることができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

ここで紹介する転職サイト・転職エージェントは以下のとおりです。

  • マイナビエージェントIT
  • doda
  • レバテックキャリア

これらの3サイトについてそれぞれ紹介します。

転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?
転職サイト・転職エージェントを求人数、サポート内容などで比較して、優秀なサイトごとにランキング形式で紹介しています。記事内のランキングを参考にすれば、きっと転職活動の強い助けとなるはずです。

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントITは、大手転職サイトのマイナビが運営している転職エージェントです。

ITという名が入っているとおり、IT業界に特化した求人を取り扱っている転職エージェントです。

取り扱われているIT企業への求人数は業界トップクラスなので、未経験可の求人も多く見つけられます。

マイナビの転職サービスはとてもサービスが手厚いので、未経験でも安心して利用できますよ!

マイナビエージェント×ITのサポート内容・口コミ評判
マイナビエージェントITをご存知でしょうか。 人材業界でも大きな存在感がある株式会社マイナビが運営する、「IT・Web業界特化型」の転職エージェントです。 マイナビの会社規模はご存知国内有数の規模を誇ります。 マイナビだか...

doda

dodaでは、さまざまな業界の求人が多く掲載されています。

ITやプログラマー向けの求人も多く掲載されているので、未経験でも転職を成功させられるでしょう。

マイナビと同様に大手の転職サイトですので、非常に多くの求人が掲載されています。

加えて、dodaに登録すると、転職アドバイザーが2名付いてくれます。

転職者側と企業側の視点からアドバイスをもらえるので、自分の欠点がわかりやすくなります!

このようなサポートもあるので、dodaで転職することもおすすめです。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

レバテックキャリア

レバテックキャリア、プログラマーやIT企業への転職に特化した転職エージェントです。

業界経験者も多く利用している転職エージェントなので、未経験で気がひけるかもしれませんが、未経験用の求人もあるので安心してください。

レバテックキャリアは、応募書類の添削サポートがあるので、転職自体はじめてであっても手厚いサポートを受けられます。

応募書類が通らなければ、面接にもいけないのでとても重要ですよね。

応募書類によって転職が成功できるかどうか変わってきます。

レバテックキャリアでは、現役のエンジニアから書類の添削を受けることができるので、転職成功率も上がりますね!

レバテックキャリアの評判はやばい?真相と口コミの傾向を徹底解説
IT・WEBの転職サービスといえばレバテックキャリアですが、実際にりようするとなると評判も気になるところ。 しかし口コミサイトなどでは情報が古かったり、煩雑しており評判の傾向が分かり辛いことも多いです。 今回はレバテックキャリア...

【まとめ】プログラマーに転職するための方法

この記事では、プログラマーに転職するための方法についてまとめました。

もう一度結論をいうと、未経験でもプログラマーに転職することはできます。

未経験でもプログラマーに転職するためには、以下のようなことをしましょう。

  • 独学で勉強する
  • プログラミングスクールに通う
  • 未経験可能の求人に応募する

また、プログラマーに転職するのであれば、できるだけ若い年齢のほうが転職しやすいです。

そのため、転職したいと思っているのであれば、なるべく早く行動することをおすすめします。

転職サイトや転職エージェントを利用することで、サポートしてもらいながら転職を進められるので、とてもおすすめです!

プログラマーに転職したいけど、困っているという方はこの記事で紹介している転職サイトや転職エージェントを利用してみましょう。

未経験でプログラマー転職を目指す人が知っておきたいお役立ち情報!
未経験からプログラマーに転職する際には誰もが不安を抱くと思います。しかし現場に出たことがなくても、それが不利になるわけではありません。この記事では、現場未経験に不安を感じている方に役立つ情報をご紹介していきたいと思います。

コメント