ファーコスへの転職は難しいのか?ファーコスへ転職したいなら知っておくべき情報

ファーコス 大手調剤薬局への転職

ファーコス薬局はスズケングループが経営する調剤薬局です。

医薬品流通のリーディングカンパニーであるスズケングループの一員であるからこそ、高い知名度を誇っていて転職先として検討する人も大勢いるでしょう。

ファーコスに転職する難易度は高いのか、どのような魅力があるのかといった点の理解を深めておくと役に立ちます。

ファーコスってどんな会社?

まずはファーコス株式会社に関する基礎情報を集めておきましょう。

ファーコスはスズケングループの傘下にある企業であり、東京、大阪、名古屋に事務所を持っています。

本社の所在地の住所は「東京都千代田区神田練塀町68番地1 ムラタヤビル2階」です。

事業内容

ファーコスが行っているメインの事業は保険薬局チェーンの全国的な展開です。

超高齢社会に向かっている日本では保険診療を受ける人が飛躍的に増えている状況があり、病気の治療や予防に向けた施策を行うことが重要になっています。

入院から外来へ、外来から在宅へ、そして治療より予防へという考え方に基づき、外来処方せんに基づく調剤や在宅医療への貢献によって医療を充実に力を注いでいるのが特徴です。

国が目指す地域包括ケアシステムの実現に向けて多職種連携を進め、地域医療における医薬品のプロフェッショナルとして薬剤師がチーム医療に参画することを推奨しています。

特に在宅医療における貢献を創業当初から取り組んできていて多くのノウハウと実績を持っていて、ターミナルケアにも対応できるようにするための基本的な設備が整っているのも特徴です。

無菌調剤室や安全キャビネットを備えている薬局が2017年の時点で8ヶ所もあり、優秀な薬剤師を集めて高齢者のための貢献を目指しています。

その他事業

ファーコスでは基本的には調剤を中心とする保険薬局業務を行っていますが、居宅介護支援事業所も併設してさらに高齢者のケアを包括的に行えるように施策を立てています。

ケアマネージャーを独自に抱え、ケアプランを作成して介護を行える体制を整えているのが特徴です。薬剤師だけでなく介護福祉士、看護師、栄養管理士、歯科技師なども揃えて広く高齢者の医療と介護に対応できるようにしています。

この他、健康を促すための取り組みとして禁煙活動を行ったり、薬と健康の広場という血流測定や骨密度測定などを無料で行えるイベントを実施したりする事業も展開しているのが特色です。

店舗数

ファーコスでは20都府県にまたがる店舗展開をしています。全国で合わせると225もの店舗を持っている大手の調剤薬局です。

拠点となっている東京首都圏に店舗が多いものの、東北地方から九州地方まで店舗があります。

ファーコスの平均年収

ファーコスの経営する薬局で働くとどのくらい稼げるのかを知る上で重要なのが平均年収です。

ファーコスは単体での平均年収を公表していませんが、スズケングループ全体でのデータを開示しています。その場合の平均年収は2017年では683.6万円でした。

薬剤師は資格により高い待遇を与えられていることが多いため、これと同程度の水準にはあると推察可能です。

年代別の平均年収

年齢平均年収
25歳436万円
30歳521万円
35歳606万円
40歳683万円
45歳704万円
50歳690万円

ファーコスの上位にあたる会社であるスズケンの年代別での平均値集を見ると若くてもかなり稼げる待遇を与えられているとわかります。

これには薬剤師以外の職種が若いうちに必死に働いて稼いでいる影響もあるので一概に稼ぎやすいと断定することはできませんが、概して高い待遇を与えてくれる会社だと理解することが可能です。

他大手調剤薬局との平均年収比較

“社名 平均年収
ファーコス683.6万円
日本調剤 557.0万円
メディカルシステムネットワーク 607.0万円
ウエルシア薬局株式会社 451.0万円
総合メディカル株式会社 450.0万円
スギホールディングス 694.0万円

ファーコスの年収を他の調剤薬局と比較してみるとトップクラスの年収だとわかります。

全国展開をしていてドラッグストア経営による利益も上げているスギホールディングスに比べるとやや劣りますが、調剤薬局経営を主な事業としている日本調剤やメディカルシステムネットワークなどに比べると高い水準です。

高い年収で働けるようになりたい人にとって魅力的な転職先だとわかるでしょう。

ファーコスへの転職する方法

ファーコスに転職したいと思ったときにはどのような方法を選ぶと良いのでしょうか。

成功を勝ち取るためには戦略が重要になります。まずはどんな準備をして取り組むのかを考えることが必要です。

将来性とたった今を同時に考える

転職先としてファーコスを選ぶときには地域によってはかなりの数の店舗を選ぶことができます。

個々に求人が出ていることが多いので、応募するときにはどれにするかをよく吟味しなければなりません。

その際の考え方の一つとして重視した方が良いのが、たった今だけでなく将来も考慮して選ぶことです。

ファーコスでは基本的にはどの店舗でもほとんど同じ待遇を与えられるように基準を設けていますが、ひどく人材が不足している店舗を希望して転職すれば給与が高くなりやすいでしょう。

しかし、それから人材が増えない状況が続くと仕事が忙しくなってしまうリスクが高く、ワークライフバランスが崩れてしまいがちです。ところが、将来的に出世したいという場合には競争相手が少ないので有利な環境を手に入れることが可能です。

どちらが良いかは自分なりの価値基準で判断しなければなりません。今の働きやすさと将来性の魅力のバランスを考えて志望先を選ぶようにしましょう。

薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談する

転職を成功に導くための基本的なアプローチとして覚えておくと良いのが薬剤師転職サイトのコンサルタントを利用するのが効果的だということです。

薬剤師の転職について周辺事項まで詳細を熟知しているプロにコンサルティングを受けながら転職すれば、失敗するリスクを最小限に抑えることができます。

ファーコスに転職したいという枠組みの中で、このような将来像を描いているという話をすると、それに適した店舗がどれかを選び出してくれるでしょう。

また、他に選択肢がある場合には同時に示してくれるので安心です。最善の転職先を選び出せる可能性が高いため、独力で転職をしようと考えずにプロの力を借りましょう。

薬剤師転職サイトのコンサルティングサービスは無料で実施されているので、気軽に登録して利用することが可能です。

ファーコスの採用方針

ファーコスへの転職をする上で役に立つのが採用方針の理解です。どんな薬剤師をファーコスが求めているのかを知った上で面接に臨むと有利に話を展開させられます。

ファーコスの求める人材

ファーコスが求めているのは患者様が笑顔で生活できるように全力を尽くすという医療従事者としての基本精神を持っている薬剤師です。

そして、自分の将来性をよく考えてチャレンジを続けていく気概がある薬剤師を求めています。この二つがあることで患者様に対してプロフェッショナルとしてサービスを提供することができ、患者様のために行動する勇気を持つことが可能です。

そして、患者様の立場に立ってサービスをしていると自然に感謝する心も育まれていきます。

このような優秀な薬剤師として成長するためのポテンシャルとして、患者様を第一と考え、自分の成長によってさらに良いサービスを提供しようと考える気持ちを持っていることが必要とされているのです。

ファーコスの研修方針

ファーコスでは総合的な教育を行うことで高いレベルの人材としてサービスをて影響できるようにすることを目指しています。

教育体系として階層別教育、職種別食農教育、OJT教育の三種類があり、薬剤師として中途入社するとまず受けることになるのが中途入社時研修です。

管理職候補社研修も受講することができ、基本的には将来的にはマネジメント系の仕事にも従事できるようになることが求められています。

また、1、2、3年目には全体研修があって総合的な実力アップが目指され、それ以降も項目別に自由に研修を受けることが可能です。薬局長やブロック長を目指していくことも可能であり、キャリアアップ志向のある人にとって理想的な環境が整っています。

ファーコスで働く社員達について

実際にファーコスで働いている社員にはどんな人が集まっているのでしょうか。

働きやすいかどうかに影響し得る要素なので、働いている人の口コミも参考にしながら確認してみましょう。

ファーコスの社員平均年齢

ファーコスで働いている社員の平均年齢は2017年の時点で男性では38.2歳、女性では38.7歳でした。

一般的な調剤薬局に比べるとやや高めの年齢層になっていることがわかります。

ファーコスへ転職・入社した社員からの評判・口コミ

それではファーコスで働いている人の口コミを見てみましょう。どのような印象を持っている人がいるのでしょうか。

勤務薬剤師29歳男性正社員吉田英司

私はもともと総合病院の薬剤部で主に院内調剤とDI業務を行ってきました。年収が伸び悩んでいるのが気にかかったのと、夜の勤務が辛くなったのとが理由で転職を決め、選んだのがファーコスです。近隣に無菌調剤室なども備えていて高度な調剤を行える現場があり、自分が活躍できると考えました。病院での勤務経験を評価してくれたお陰で同世代に比べてもかなり高い年収で雇ってもらえて嬉しく思っています。

勤務薬剤師35歳男性正社員鈴木圭佑

転職のきっかけになったのはもう少しやりがいのある仕事をしつつキャリアアップを目指したいと考えたからです。中小の調剤薬局で働いていたのであまりスキルを磨くことができませんでした。大手で有名なファーコスなら教育体制も整っていると期待したのですが、想像していたよりはあまり研修制度が充実していません。むしろ研修を受けている時間があまりないほどに忙しく、もう一度転職しようかとも考えています。

ファーコスへの転職で役立つ転職サイト

ファーコスへ転職するのに有力なサポートになる転職サイトはどれなのでしょうか。

薬剤師専門の転職サイトはいくつもあるので、その中でも有意義なサイトを選んで使いましょう。

マイナビ薬剤師

安心してサポートを受けられる点で評価が高いのがマイナビ薬剤師です。

マイナビ薬剤師は転職業界の老舗企業として長い歴史を持っているマイナビグループが運営しているため、コンサルタントの質が全体的に高くなっているのが魅力でしょう。

マイナビ薬剤師は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

薬キャリ

薬キャリはサポートを受けるコンサルタントに悩んだときに活用すると良い転職サイトです。

三社同時にエージェントに申し込めるようになっているので、比較をしながらより良いサポートを受けられるコンサルタントを選び出せます。

薬キャリは使うべき?利用者の口コミから強みを解説
薬キャリはエムスリー株式会社が運営している大手薬剤師転職サイトです。 エムスリー株式会社はインターネットを利用した医療関連サービスを展開している会社ですので、薬剤師業界にも強くとても利用者の多い転職サイトになっています。 今回は...

ファーマキャリア

より良い待遇で働けるようになりたいという気持ちが強い人はファーマキャリアを利用するのが賢明です。

ファーコスで働きたいけれど、この程度の待遇は欲しいと具体的に伝えれば、各店舗と交渉して理想にできるだけ近い待遇で採用してもらえるように手配をしてくれるでしょう。

交渉力の高さで定評があるので、安心して任せられます。

まとめ

ファーコスはスズケングループの傘下にあって高い年収で雇ってもらえる可能性が高いのが魅力です。

将来的に成長したいという人にもうってつけな研修制度が整っています。

転職するときにはコンサルタントによるサポートを受けるのが大切ですが、自分なりに今と将来とをよく考え、薬剤師としてどのような待遇で働いていきたいかをよく考えた上で利用するようにしましょう。

コメント