パート保育士の働き方は?時給相場は?

お金を持つ保育士 保育士コラム

子供達の笑顔に囲まれて働ける夢のある仕事と思われがちな保育士ですが、夢と現実のギャップに悩まされる人も少なくないでしょう。

確かにやりがいはあります。ですが小さな子供達の世話や職場の人間関係などストレスを抱え込む要素もあります。保育士も立派なキャリアです。

仕事に悩みを抱いている保育士の人は、パート勤務で保育士をすることや転職サイトを利用することを考えてみてはいかがでしょうか。

保育士はパート勤務できる!

保育士というと正社員のイメージを持っている人も多いでしょう。

ですが実際は保育士不足にともないパートの保育士のニーズは高まっています。企業の勤務時間が多様化し、それに対応するため夜間保育などを行っている園も少なくありません。

そういった開所時間の長い園では、正社員の保育士だけですべての時間をカバーすることは難しいため、パート保育士の採用に積極的だったりします。

もちろん一般的な保育園でも雇用されることは十分あり得ます。保育士はパート勤務できる仕事なのです。

パート保育士のメリット

パート保育士には正社員保育士にはないメリットがいくつかあります。

最も大きなメリットは、働く時間を選べることでしょう。特に子供のいる主婦にとって勤務時間は気になるポイントかもしれません。

また他にも、責任が比較的軽くサポートする立場になることが多いこと、書類仕事があまりないこと、行事への参加が免除になりやすいことなど多数のメリットがあります。一言でまとめるとパート保育士は正社員保育士に比べて負担が少ないと言えます。

パート保育士のデメリット

パート保育士にデメリットが一切ないわけではありません。

一般的なパートタイマー同様、収入が安定しにくい傾向があります。また昇給やボーナスもあまり期待できません。

当然のことながら給与は正社員より少ないです。福利厚生についても正社員の方が良いです。具体的に言うと、社会保険に入れてもらえない可能性や交通費が支給されない可能性があります。

他にも住宅補助がまず認められないこと、有給休暇がほぼないことなどが挙げられます。

パート保育士の働き方

パート保育士の働き方は、扶養範囲内で働きたい人や子育て中の人に向いています。

また、プライベートを優先したい人などにも良いでしょう。主な仕事内容自体は正社員と変わりなく、子供達と接する機会の多い仕事です。

短時間労働者の性質上、一人でクラスを受け持つことはありませんが、複数担任制でクラスリーダーを務める正社員のサポートをすることはあります。書類仕事が少ないので、子供の世話をするのが好きな人に向いている働き方かもしれません。

パートは保育補助がメイン

パート保育士は正社員保育士と違い、保育補助がメインの仕事となります。

一人担任を任されることは滅多にありません。あくまで正社員保育士の補助的な立場としてサポートすることが多いです。例えば集団行動の時遅れている子供がいたらフォローしたりします。

ただし例外的に、正社員保育士が少ない時間帯はパート保育士が中心となって子供達の世話をすることもあるかもしれません。早朝や夕方などは正社員だけでは手が回らない可能性があるからです。

週1や朝だけ…など時短勤務可能

パート保育士という働き方の長所は、何と言っても時短勤務が可能なところでしょう。

週一回や朝だけなどという勤務は正社員保育士では許されません。パート保育士の中には、幼い子供がいて長時間働くのが難しかったり、出産で長いブランクが空いてフルタイムで働くのが困難だったりする人も多くいます。

そういった人達が上手く働けるのは時短勤務だからです。

パート保育士の時給相場は?

パート保育士の時給相場は、他の職業とそう変わりません。

ですが、勤務実績や経験、資格の有無などを考慮して、時給千円を超えることもあるでしょう。地域格差がありますし、保育園によっても違います。

一般的に、保育士資格を持っていて関東圏で仕事を探すなら時給千円以上はほぼ確実です。特に経験年数が長い人は、時給千五百円以上も望めるかもしれません。

その他にも、早番や遅番の際、別途手当がつくところもあります。一般的に公立の保育園に比べ、私立の保育園の方が時給が高い傾向があります。

パート保育士の社会保障

パート保育士の社会保障も、他の職種のパートと同じです。

つまり社会保険であれば、正社員保育士の四分の三以上働いていた場合加入対象となります。

もう少し詳しく説明すると一週間の所定労働時間および一ヶ月の所定労働日数が、正社員保育士の四分の三以上であることが条件です。

雇用保険の加入対象となる条件は、週に二十時間以上の勤務、かつ一年以上の雇用が見込める場合です。

パート保育士の口コミ

それでは、求人サイトを利用してパート保育士になった人達の生の声を見ていきましょう。

実際に求人サイトを利用した人の話は、これから転職する上で重要な情報源です。どんなふうに考えて、どのように行動し、どんな結果になったのかを知りましょう。

同じ保育士の転職を考える人同士、参考になる部分があるに違いありません。そして自分自身の転職活動に活かしてください。

東京都29歳Eさん

出産のために保育士を辞め、子供に手がかからなくなったのを機に、もう一度保育士の仕事をしたいと思うようになりました。残念ながら以前働いていた保育園での求人を聞いてみたところ募集はなく、困っていたところ転職サイトに巡り合いました。転職サイトを使い、無事転職できたのです。正直ブランクはマイナスの評価にしかならないと思っていました。ですが実際は子育ての経験もプラスに評価してもらえ、パート保育士なのに給料も以前働いていた頃とそれほど変わりませんでした。転職サイトでパート保育士の仕事を探してみて、本当に良かったと感じています。

大阪府26歳Kさん

子供達と接するのは好きなのですが、正社員保育士との人間関係に疲れ、転職を決意しました。少々人間関係に億劫になっていたこともあり、パートで保育士の募集はないかな、と何気なく転職サイトを利用した結果、いくつも「働いてみたい」と思える保育園の情報がありました。元々子供が好きだったこともあり、居ても立っても居られずすぐに転職活動に乗り出すことにしたのです。転職サイトの人は問い合わせにも丁寧に答えて下さり、大いに励まされました。今は職場でのストレスも少なく、パート保育士として子供達と過ごしています。

保育士パート求人の見つけ方

パート保育士の求人の見つけ方で、最も手軽で効果的なのが「保育士転職サイト」を利用することです。

近隣の保育園の情報だけなら、住んでいる市区町村のホームページに載っていることが少なくありません。

そこから保育園の公式ホームページにアクセスすれば、職員募集要項などを調べられることもあります。ただ、一つずつホームページを巡るのも大変です。探すなら転職サイトがおすすめです。

保育士求人サイトの活用

保育士転職サイトと一口に言っても様々です。保育士の求人専門の転職支援サービスもあれば、保育士以外の職業も扱うサイトもあります。

多くのサイトでは地域や給与などいろいろな条件を入れて検索することができます。こだわりたい条件を入力できることも少なくありません。一部のサイトでは職場の雰囲気などが伝わってくる情報もあります。

初めから一つのサイトだけを利用するのではなく、いくつかのサイトを利用しながら比較検討して、自分に合ったサイトを選んで利用するのが最も望ましいでしょう。

マイナビ保育士

マイナビ保育士は、人材サービス業界の大手企業マイナビが運営している信頼性の高い転職サイトです。

求人数が多く、キャリアコンサルタントのレベルが高く、欠点らしい欠点がありません。特に魅力的なのが、独自求人の充実度です。マイナビは毎日新聞社の関連会社であるため、質の良い求人を確保できる部分もあるのでしょう。

また、転職フェアなども積極的に開催しています。もちろん登録無料です。

保育のお仕事

保育のお仕事は、保育だけでなく、介護や福祉などの分野でも活躍している株式会社ウェルクスが運営しています。

保育士や幼稚園教諭のための転職サイトです。全国に対応していて、求人数は多く、その半分以上が保育士の求人です。正社員からパートまで幅広い求人が載せられているため、様々な人にとって便利です。

また、非公開求人も豊富に取り扱っているので、掘り出し物と思える求人が見つかるかもしれません。通常の求人情報ではなかなか伝わってこない職場の雰囲気などが伝わるように、情報をデータベース化しているところもポイントです。

登録後は、保育士の転職に精通したキャリアアドバイザーによる転職支援サービスが無料で受けられます。

ハローワークで探す

ハローワークまで行かないと登録できないので少々面倒ですが、全国の求人が調べられるという点は同じです。

ただハローワークの求人情報は、職場の雰囲気などはイメージしにくい文字ばかりの情報です。写真や動画などはありません。また、保育士専門の転職サイトと違い、当然ながら保育士の転職に詳しい職員は少ないでしょう。

しかしハローワークの職員は話を聞いてくれるのでいろいろと安心できるかもしれませんし、求人数も多いため、一度利用してみるのもいいかもしれません。

まとめ

パート保育士という働き方は今では珍しくありません。

保育士のパートの求人も多いため、探せばいくらでも見つかるでしょう。しかしそれと自分に合った保育園と巡り会えるかどうかは別です。良い保育士の求人を見つけるには、自分に合った転職サイトをまず探すことが大切です。

仕事に悩みを抱いている保育士の人やパート保育士という働き方に興味のある人は、保育士転職サイトを利用してみてはどうでしょうか。

コメント