終わらない転職活動に焦りを抱いた時の対処法

悩んでいるスーツ姿の若い男性 転職の悩み

転職活動をずっと行ってきたのに、いくら応募しても採用されずに月日だけが無為に過ぎ去っていくという人もしばしばいます。このままでは転職ができないのではないかと焦る気持ちが湧いてきたら発想を転換して対策するのが大切です。

業界調査をもう一度行ってみる

転職に成功しないのには必ず理由があります。

業界調査をもう一度行ってみて、転職先として候補に挙げてきた業界や職場がキャリアやスキルを生かせる場所かを考えてみるのが肝心です。業界によっては人材が飽和していてほとんど受け入れがない場合もあります。

それでも募集があるのは即戦力を求めているからであり、このような業界に転職するときには資格や技術などが求められるのが一般的です。

資格取得でスキルのアピール

求人に記載されていなくても戦力となるかが採用の判断基準になっていて、資格などがあれば有利になるということはよくあります。業界分析をした結果として資格やスキルのある人が求められている状況があるとわかったら、転職活動と並行して資格学校や専門学校に通って能力を高めるのが大切です。

ハローワークの訓練制度も利用できるため、金銭的に辛くなってしまっている状況でもスキルアップはできます。ただし、人材不足になっている業界を志望しているときや、業界内での転職を考えているときには他に理由があるのが一般的です。

自己分析をやり直してみる

人材が足りなくて求人が豊富な業界や、自分のキャリアが生かせるはずの業界を志望しているのに転職が成功しないときには、自己分析をやり直してみるのが肝心です。

適性がない職種を選んで志望してしまっているために採用されないケースは多々あります。面接官の方がその分析をする能力に長けていて、採用しても活躍してくれる見込みがないと判断されてしまっている可能性があるのです。

適性診断を受けてみる

適性診断を受けて客観的な指標で自分の適性について情報を得るのも重要となります。それと同時に自分が今まで従事してきた仕事で自分が優れていた面と他の人に比べて劣っていた面を考え直してみるのも大切です。

そもそもずっと適性のない仕事をしていたのが原因で転職をしているのに、転職先で同じ職種を希望してしまっているという人は珍しくありません。

キャリアがないと転職が難しいという視点から、転職活動が終わらないで悩む人ほど選んでしまいやすい方法ですが、仮に採用されても再度転職をしなければならなくなりがちです。まずは自分の適性を再考して応募する求人を別の種類のものに切り替えてみると良いと言えます。

転職の仕方を変更してみる

転職活動に失敗してきているのには職歴や学歴、面接での対応力などから判断して正社員として受け入れてもらうのが難しい状況になっているのが原因の場合があります。

何度も転職をしてきた人や面接の応答の様子から長く働いてくれそうもないと判断できるような人は正社員として採用してもらうのは困難になりがちです。そのときには転職の仕方を変更してみるのが良い方法であり、まずは希望している業界や職場で働けるようにするのを第一目標にすれば道を切り開ける可能性があります。

転職目標の下方修正も有効

パートやアルバイトの募集を探して応募し、まずは現場で働ける状況を作れば良いのです。そこで働きながら正社員になりたい気持ちがあることを上司に伝えるようにすると、パートであれば雇用形態を切り替え、アルバイトであれば登用制度を使って正社員になる機会を与えてもらえる可能性があります。

実際これを書いている私も、アルバイトから正社員に登用されました。

非正規雇用という選択肢

また、別の方法として派遣会社に転職してやりたい仕事のある職場に派遣してもらうという方法も選択可能です。業界によっては紹介予定派遣を利用できるため、派遣期間が満了したときに先方からの合意があれば正社員として雇用してもらえるようになります。

パートやアルバイト、派遣の方が一般的に転職しやすいので、まず働き始めてみるという発想に切り替えるのは重要なのです。

転職エージェントに相談してみる

自力で転職活動を行ってきたという人は転職エージェントに相談してみるのも良い解決策の一つです。エージェントに相談すると自分の希望に合った求人を紹介してくれますが、その際に企業側の意向も考慮しています。

そのため、紹介してくれた求人に応募すると採用される可能性が高いのが特徴です。また、書類の書き方や面接の受け方に問題があった場合にも指導を受けた上で臨めるサービスも提供されています。

コンサルティングサービスもあって自己分析も行いやすく、業界情報についても提供してもらえるので転職活動を進めやすくなるのもメリットです。

方針の変更をするのが肝心

転職活動が終わらずに心配になってきたら、同じようにして漫然と続けていくのではなく、方針の変更をするのが大切です。業界情報の収集や自己分析をきっかけにして志望先を変更するのが良い方法ですが、業界や職場にこだわりがあるのなら正社員以外の雇用形態でまずは転職を達成するのも重要になります。

困ったときには転職エージェントに相談してみると適切なアドバイスを受けながら自分を人材として求めている企業からの求人を探せるので、成功率を高めることが可能です。

コメント