沖縄県の看護師におすすめしたい求人&転職サイト

沖縄地域別看護師の転職

「沖縄の病院に就職をしたいけれど、どうしたらいいのか分からない」

「転職をしたい気持ちはあっても、転職がうまく成功するかどうかが不安で前に踏み出せない」

このような悩みを抱え、今の状況に不安や不満を抱きながらも、なかなか解決することができずにいませんか?
沖縄県は、言わずとしれた日本有数の観光地。

きれいな海や美味しい料理、年間を通して温かい気候は、旅行先としても移住先としてもとても人気がある県です。

そんな沖縄県での看護師の転職市場は、どのようなものになっているのでしょうか?
この記事では、沖縄県の看護師の求人の特徴を踏まえつつ、おすすめしたい求人や転職サイトなどをわかりやすく紹介します。

具体的には、

  • 沖縄県の主な看護師求人情報
  • 沖縄県の看護師平均年収
  • 沖縄県の看護師転職を失敗しないために必要なこと
  • 沖縄県に強い看護師転職サイトを活用する

といった内容をご紹介していきます。

5分程度で読める記事になっていますので、沖縄県で転職をご検討中の看護師の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 沖縄の看護師優良求人について
    1. 大学病院の求人
      1. 国立大学法人琉球大学医学部附属病院
    2. 沖縄の主要な病院の求人
      1. 那覇市立病院
      2. 沖縄セントラル病院
  2. 沖縄県の看護業界の特徴
    1. 沖縄県で働いている看護師の平均年収とは?
    2. 沖縄県内で働く看護師の勤続年数は長め
      1. 沖縄県の看護師の離職率
      2. 鹿児島県の看護師の勤続年数
  3. 沖縄での看護師転職を成功させるためにできること
    1. どうして今の職場を辞めたいと思い始めたのかを知る
      1. 転職理由がはっきりしていないと失敗する
    2. 沖縄の良い求人=自分に合った求人を徹底的に探す
      1. ハローワークがあまりおすすめできない理由
    3. 履歴書や職務経歴書の作成や面接対策をしっかりと行う
      1. 間違いない履歴書の作成は転職エージェントを賢く使おう
      2. 面接対策も転職エージェントがしてくれる
  4. 沖縄での転職に強い看護師転職サイトや転職エージェントを利用して転職活動をしよう
    1. 非公開の求人を紹介してもらうことができる
    2. 病院の内部事情を事前に詳しく教えてもらうことができる
    3. 履歴書の書き方から面接対策までをサポートしてもらうことができる
  5. おすすめの転職サイトや転職エージェント紹介
    1. 沖縄に特化している転職エージェント!「JTB沖縄人財バンク」
    2. 病院の口コミが掲載されている!「看護のお仕事」
    3. 沖縄県内の求人数が多い!「ナースパワー」
  6. まとめ

沖縄の看護師優良求人について

沖縄県内で優良求人として公表されているものについて、ひとつずつ見ていきましょう。

ぜひ、今の職場環境と比較しながら、読み進めてみてくださいね。

大学病院の求人

大学病院の求人を見ていきましょう。

国立大学法人琉球大学医学部附属病院

給与基本給

月額 192,57027,1110

日額 9,17012,910

各種手当時間外労働手当、夜勤手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当など(各種手当てには支給要件あり)
勤務時間【日勤】8002100

【夜勤】2000900(変形労働時間制)

※夜勤(月に45回程度)

勤務体制2交代制
休日週休2日制
各種保険完備(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)

引用:琉球大学医学部附属病院

「病気や怪我をしている人の立場に立ち、質の高い医療を提供するとともに、グローバルな人材を育成する」といった理念を掲げている大学病院です。

特に患者と医療者とのコミュニケーションはもちろんのこと、部署内や部署間などの医療者同士のコミュニケーションを重視しているところが特徴となっています。

休日は週休2日で、夜勤も月に4~5回ほどなので、人によっては高待遇に感じる人も多いのではないでしょうか。

沖縄の主要な病院の求人

那覇市立病院

雇用形態非常勤フルタイム職員
給料日額制(免許取得後の経過年数による)

1年未満 日額9,930

1年以上3年未満 日額10.360

3年以上5年未満 日額10,620

5年以上 日額10,890

賞与年2回

※ただし免許取得後の経験年数による(年44日分)勤務時間による割落とし有り

1年未満 年436,920

1年以上3年未満 年455,840

3年以上5年未満 年467,280

5年以上 年479,160

業務内容看護業務(病棟・手術室含む)

夜勤可能な方、大歓迎。</p><p>日勤のみでも相談可

勤務形態2交代制または3交代制

17時間44分/週5日(週38時間40分)

48

勤務時間2交代制

【日勤】8001645 【夜勤】1600845

3交代制

【日勤】8001645 【準夜】1600~0:45

【夜勤】0:45845

手当通勤手当あり(当院規程により支給)

夜勤手当あり

祝日勤務手当あり

福利厚生協会けんぽ、厚生年金、雇用保険、労災保険

引用:那覇市立病院

那覇市立病院は「和と奉仕」を理念に掲げ、市民が安心して利用できる病院を目指して運営されています。

その姿勢の表れとして、6つの「理念」と5つの「患者さんの権利」というものがホームページに掲載されています。

地域のことを考えながら医療を提供したい、という思いを大切にしている病院といえるでしょう。

夜勤なしの日勤のみの勤務も相談が可能なので、夜勤が難しいという人でも応募ができますね。

沖縄セントラル病院

募集職種医療療養病棟・回復期リハビリテーション病棟 看護師
給与基本給 180,000

技能手当 20,000

経験手当 ~50,000

通勤手当 6,00015,000

皆勤手当 3,000

夜勤手当 13,000円/1

扶養手当 2,0008,000

賞与2回 前年度実績 400,000600,000
昇給1
福利厚生雇用・労災・健康・厚生保険あり

単身者寮あり・育児施設あり

ボウリング大会・ハーリー・遠足・バレー・ビーチパーティー・各種文化活動(書道・外国語研修など)等のイベントあり

勤務体制

勤務時間

2交代制

【日勤】8:3017:30  【夜勤】17:309:00

※週40時間/シフト制

休日107
休暇年次有給休暇(6ヶ月後10日より毎年1日追加、20日上限)

育児・慶弔・介護休暇など 各種あり

退職金あり(勤続3年以上)

引用:沖縄セントラル病院

沖縄セントラル病院は福利厚生がとても充実しています。

ボウリング大会やビーチパーティー、外国語研修など、他の病院ではあまり見かけないような福利厚生があります。

また、育児施設もあるので、育児中のお母さんでも安心して働くことができる環境が整っているといえるでしょう。

沖縄県の看護業界の特徴

沖縄県で働いている看護師や看護業界にはどのような特徴があるのでしょうか?
ここでは、平均年収や勤続年数などのデータを確認しつつ、特徴を見ていきたいと思います。

沖縄県で働いている看護師の平均年収とは?

都道府県平均年収
全国479.9万円   
沖縄県421.6万円
福岡県472.3万円
熊本県432.7万円
佐賀県431.1万円
長崎県426.9万円
鹿児島県404.4万円
大分県419.2万円
宮崎県403.4万円

厚生労働省が発表した「2019年の賃金構造基本統計調査」によると、沖縄で働いている看護師の平均年収は、「421.6万円」でした。

全国平均よりも60万円弱ほど低く、沖縄では看護師として都市部のように稼ぐことが難しい現実があります。

とはいえ、沖縄における看護師の収入は他の仕事よりは高水準。

なかなか仕事が見つからないという人も多い沖縄県で、看護師は引く手数多で仕事も見つかりやすく、収入もこれだけもらえれるのであれば贅沢は言えないですね。

もちろん沖縄の看護師の年収は都道府県だけで決まるものではなく、働く病院の規模によっても大きく異なります。

やはり大きな規模の病院であれば、それだけ待遇も恵まれている傾向がありますので、このあたりを意識して転職先を選んでいくようにしましょう。
参照:平成30年賃金構造基本統計調査

沖縄県内で働く看護師の勤続年数は長め

沖縄県内で働く看護師の勤続年数はどのようになっているのでしょうか?
ここでは、2つのデータを基に実態を見ていきたいと思います。

沖縄県の看護師の離職率

2017年に行われた病院看護実態調査によると、正規雇用看護職員の離職率は全国平均で「10.9%」。

それに対し、沖縄県の離職率は「10.4%」と少しだけ低い値になっていました。

しかし、新卒看護職員の離職率を見てみると、全国が「7.6%」であるのに対して、沖縄県は「6.4%」と、こちらは大幅に良い数値になっています。

理由のディテールは不明ですが、沖縄県の看護師は比較的勤続年数が長く、特に新卒の勤続は全国と比べても長いため、職場環境はそれほど悪いものではないと言えるでしょう。

鹿児島県の看護師の勤続年数

今度は、勤続年数に関するデータを見て見たいと思います。

「厚生労働省 2017年賃金構造基本統計調査 」では、沖縄県の平均的な勤続年数は「7.2年」となっています。

全国平均の看護師の勤続年数が「7.9年」なので、比較すると沖縄県は若干早めに辞める人が多いようです。

ただ、数値はそれほど離れてはいないので、離職率と併せて見てみても、沖縄県の看護師は比較的長く勤務しているということがわかります。

地元で働いている看護師だけでなく、期間限定の移住者や、夫の転勤などについてきて働くケースもあることも考慮すると、就業環境が悪いことが原因での離職はあまり無いのではないかと推測されます。
参考:公益社団法人日本看護協会「2017 年 病院看護実態調査」
参考:厚生労働省 賃金構造基本統計調

沖縄での看護師転職を成功させるためにできること

沖縄での看護師転職を成功させるためには、4つのポイントを押さえる必要があります。

1つずつ詳しく解説していきます。

どうして今の職場を辞めたいと思い始めたのかを知る

まずは、自分の考えをまとめることから始めましょう。

今の職場のどういったところに不満などを抱き、もっとどんなことをするために転職をしたいと思っているのか、自分に向き合ってみるということです。

この時間は、後に面接でも役立つ内容になる可能性も大きいので、しっかりと自分の考えをまとめておくことをおすすめします。

転職理由がはっきりしていないと失敗する

看護師転職をしたいと思った理由がはっきりしているようであればいいのですが、そうではなく、ただ漠然と「他の職場で働きたい」と考えて転職をする看護師も少なくありません。

しかし、自分がどんな職場を望んでいて、今の職場とのギャップはどれほどあるのかを知ることはとても重要なこと。

なぜなら、真剣に自分と向き合わないまま転職をしても、同じような環境の病院を選んでしまう可能性が高いからです。

例えば、「年収が低い」という理由により看護師転職を考えたのであれば、収入の高い病院をメインに絞って選んでいくようにした方がいいです。

また、「長時間の勤務や夜勤の多さが苦痛だ」という理由なら、短時間勤務の病院または、夜勤の回数が少ない病院を選んで転職活動をすることにより、悩みは解決できます。

このように、自分が転職したいと思った理由を明確にし、それを軸にして転職活動をすることで、転職成功に大きく近づけるでしょう。

沖縄の良い求人=自分に合った求人を徹底的に探す

どのような病院がその人にとって良い求人であるのかは、人それぞれ異なってきます。

例えば、人によっては子育て中であることから、院内保育所や病児保育所が完備されていることが必須条件だという人もいるでしょう。

または、「年収を上げたいから」という理由によって、夜勤がある程度入っている職場をあえて選ぶ人もいると思います。

このように、自分の希望に合った求人を見つけるのが、看護師の転職を成功させるためには必要不可欠。

ハローワークがあまりおすすめできない理由

後で詳しくご紹介しますが、「自分にとって良い求人」を見つけるためには、紹介先の病院を熟知している転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめです。

ハローワークや病院の公式ホームページからでも応募はできるのですが、避けておいた方が無難。

なぜなら、ハローワークは紹介先の病院の現場のことをあまり知らないため、求職者は事前情報がないまま応募することになり、転職後にミスマッチが生じやすいから。

入植した後に、「こんなはずではなかった」となってしまうと、転職を繰り返してしまうことにもなりかねません。

看護師はどの病院でも人手不足な状態であり、転職しやすい市場ではあるものの、何度も転職を続けることは、職歴にとっても生活する上でもあまり望ましいことではありませんよね。

そのため、病院のリアルな情報に詳しい転職エージェントなどから、事前情報をしっかり得てから、その病院が自分に合っている病院かをしっかり判断した上で、応募するようにしましょう。

履歴書や職務経歴書の作成や面接対策をしっかりと行う

人手不足の沖縄県の看護業界といっても、履歴書がうまく書けていなければ、面接さえも受けることができずに書類選考の段階で落とされてしまうこともあります。

そのため、これら選考書類は手を抜かずにきっちり作成することがポイントです。

間違いない履歴書の作成は転職エージェントを賢く使おう

履歴書や職務経歴書を作成する際、何から手をつければいいのか分からないという人には、やはり転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめ。

このようないわば転職のプロからの指導は、転職を効率的に、スムーズに進めるためにはとても有益。

履歴書や職務経歴書の書き方は、自分でネットを調べながらでも書けないことはないですが、やはり時間がかかりますし、誰にも確認してもらえないとミスが発生する確率も上がります。

転職エージェントから、ポイントを絞って指導してもらうことで効率的な作成ができますし、完成品を確認してもらえば「魅力的なものになっているか?」「誤字脱字はないか?」などの確認もしてもらえます。

面接対策も転職エージェントがしてくれる

やっと自分の希望に合った病院を見つけても、選考に受からなければ元も子もありません。

面接は誰でも緊張するもの。

大丈夫と思っていても、緊張で頭が真っ白になってしまったり、アピール不足で後悔してしまったりした苦い記憶がある人も多いのではないでしょうか。

そうならないためには、面接の事前練習もみっちりと行うことが大切。

面接についても、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

面接は自分を客観的に見ることが重要になるため、自分ひとりではなかなか良し悪しを判断するのが難しいもの。

転職エージェントは今まで何人もの転職希望者を見てきて、アドバイスを施している達人です。

面接で後悔することのないよう、転職エージェントに指導を仰いで、きっちり面接対策をするようにしましょう。

沖縄での転職に強い看護師転職サイトや転職エージェントを利用して転職活動をしよう

看護師の転職で転職サイトや転職エージェントを強くおすすめする理由は、主に以下の3つとなります。

1つずつ、詳しくご紹介していきましょう。

非公開の求人を紹介してもらうことができる

転職サイトや転職エージェントの営業マンは、沖縄県内の病院へ求人情報を得るため、病院などに頻繁に足を運んでいます。

そして「欠員は出ていませんか?」「新しい看護師の採用を検討していませんか?」といったように声をかけ、病院の採用状況を把握しているのです。

そのため、まだ世間には公表されていない、いわゆる非公開求人の情報をいち早く手に入れることが可能になります。

そしてそのような非公開求人は、転職サイトや転職エージェントに登録をしている人のみに紹介してもらえる仕組みになっています。

病院の内部事情を事前に詳しく教えてもらうことができる

病院によく足を運んでいる転職エージェントは、病院の人事担当者と顔見知りであることも多く、看護師転職を希望している人には大きなメリットといえます。

応募する病院の職場環境や人間関係といった内部事情は、働いてみないと分からないことが多いです。

ですが、転職サイトや転職エージェントは病院と強いパイプをもっています。

そのため、転職希望の病院が「どのような職場の雰囲気なのか」「どのくらいの年齢のスタッフが多いのか」「人間関係は良好か」といった内部情報を教えてもらうことができるのです。

これはひとりで転職活動をしていては知ることができない、貴重な情報だといえるでしょう。

病院のリアルな内部情報を知ってから応募することで、入職後のギャップが軽減でき、ひいては自分にあった、長く働くことのできる職場が見つけやすくなるのです。

履歴書の書き方から面接対策までをサポートしてもらうことができる

転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の添削まで受けることができる手厚いフォローが人気の理由となっています。

志望動機ひとつをとってみても、採用されやすい評価が高い書き方と、評価が低くなりがちな書き方があるもの。

転職エージェントのキャリアカウンセラーは、転職のノウハウを知り尽くしているプロなので、あなたの魅力を引き出すような履歴書や職務経歴書が書けるようにサポートしてくれます。

また、面接対策では模擬面接を行い、的確なアドバイスをもらうことも可能です。

転職希望の病院の採用担当者が良く聞く質問なども教えてもらえることで、看護師転職を有利に進めることができるため、利用しない手はないと言っても過言ではないくらいです。

おすすめの転職サイトや転職エージェント紹介

転職サイトや転職エージェントは数多くありますが、ここでは沖縄の看護師転職に強い転職サイトや転職エージェントをご紹介します。

なかには沖縄県内に拠点がないものもありますが、電話などでサポートを受けることができるだけでも一人で転職活動をするのと結果は大きく違ってきますので、ぜひ利用してみてくださいね。

沖縄に特化している転職エージェント!「JTB沖縄人財バンク」

「JTB沖縄人財バンク」は、沖縄に拠点をもっている転職エージェントです。

大手旅行会社であるJTBが運営する転職エージェントで、沖縄の地域密着型の求人を紹介してもらえます。

そのため、直接キャリアカウンセラーと面談をする際も、沖縄県那覇市内のオフィスで行うことが可能です。

サポート力も高いと評判ですので、ぜひ利用してください。

病院の口コミが掲載されている!「看護のお仕事」

「看護のお仕事」は、なんと病院で実際に働いている人や入院患者からの口コミを見ることができる転職サイトです。

労働環境や職場の雰囲気を知ることができるので、転職をする際は非常に役立ちます。

「看護のお仕事」は、「友達に勧めたいランキング」や「コンサルタントの満足度」「サービスの満足度」で1位をとっているほどの安定した人気を誇る転職サイト。

地域選任のキャリアアドバイザーが在籍しており、病院との交渉などもしてもらえるため、働きながら転職活動をしている人は、交渉事が苦手という人にも利用価値の高いサイトでしょう。

沖縄県内の求人数が多い!「ナースパワー」

「ナースパワー」は、本社が熊本となるものの、沖縄県内の看護師向け求人を豊富に取り扱っている転職エージェントです。

正社員はもちろんのこと、パートの求人も派遣の求人も紹介してもらえるので、パートや派遣といったかたちでの勤務を希望している人にもおすすめです。

また、「応援ナース」という独自システムがあり、これを利用すれば、都市部や離島に6ヶ月間赴任をして収入を得ることも可能です。

この応援ナースには即戦力が求められるため、実務経験が1年以上必要とはなりますが、要件を満たしている人にとっては、気軽に転職を試すことができる面白い取り組みなのではないでしょうか。

まとめ

看護師の年収の現状や、転職前にしておくべきこと、そして転職サイトや転職エージェントがおすすめである理由をご紹介しました。

ここまでのポイントをまとめてみましょう。

  • どのような職場が理想なのかを明確にする
  • 沖縄県内の求人をできる限り多く見つける
  • 履歴書や職務経歴書、面接対策は転職エージェントのサポートを受けるべし
  • 看護師転職には転職サイトや転職エージェントを活用するのが懸命

不安も多い転職活動。

その不安を払拭するためにも、転職サイトや転職エージェントのサポートを受けることはとても効果的です。

転職を考えている看護師の方は、まずは気になる転職サイトや転職エージェントを、いくつか登録してみましょう。

転職サイトの持っているたくさんの求人情報に触れることで自分に合った求人をみつけて、受かるためのサポートを充分に受けることが成功への近道。

転職サイトや転職エージェントを賢く活用して、沖縄県での看護師転職を成功させてくださいね。

コメント