ナイキジャパンへ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

ナイキ 大企業への転職

世界的スポーツブランドであるナイキの日本支部であるナイキジャパン。

やはり世界的に知名度が高い企業なので、ナイキで仕事がしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

ただ、ナイキくらいの大企業となると、どのように転職活動を進めれば良いのかわからない方の方が多いですよね。

そこで、どこで求人を探せばよいのか、そもそもナイキジャパンはどんな会社なのか、ナイキジャパンへの転職活動に役立ちそうな情報をまとめました。

ナイキジャパンの企業概要

まずは、ナイキジャパンの企業概要から紹介します。

事業内容

ナイキはスポーツファッション関連事業を中心に様々な事業を行っています。

そこで全部は紹介しきれないので、ナイキの代表的な事業を紹介します。

スポーツ用品卸売販売

元々ナイキは創業者であるフィル・ナイトオニツカタイガー(現アシックス)の低価格・高品質を気に入り、オニツカタイガーのランニングシューズをアメリカで販売するために設立された企業です。

このようにナイキのスポーツ用品卸売事業は日本ととても結びつきが強い事業であり、現在も日本全国各地のナイキショップやスポーツ販売店にてナイキのスポーツ用品の卸売を行っています。

スポーツ用品のデザイン・マーケティング

ナイキは今やスポーツブランドとしてだけでなく、ファッションブランドとしても世界的に高い地位を得ています。

そんなナイキが世界中の人から愛されるために、快適かつオシャレなデザインを提供し、世界中に発信しています。

スポーツを通じた様々な分野における課題解決

ナイキジャパンでは、地方自治体と協力して運動を伴う遊びや運動など、人々の健康増進に関する支援を行っています。

幅広い層から愛されるブランドであるという強味を活かして、地域の刊行や文化活動にも協力をしています。

トップのメッセージ、企業理念

Nike’s mission statement is To bring inspiration and innovation to every athlete* in the world.

The legendary University of Oregon track and field coach, and Nike co-founder, Bill Bowerman said, If you have a body, you are an athlete.

Bowerman was a teacher who showed athletes the secrets to achievement. Nike invites you to experience all innovative and inspiring Nike products.

訳:
ナイキの企業理念は「世界中のすべてのアスリートに発想と革新をもたらす」です。
オレゴン大学の伝説的なトラック・フィールド競技のコーチでナイキの創設者であるビル・バウワーマンは、「もしお前に体があるならお前はアスリートだ。」と言いました。
バウワーマンはアスリートに成功のコツを教えてくれるコーチでした。ナイキは感動的・革新的なナイキの商品をお届けします。

会社概要

会社名ナイキジャパン
所在地〒107-6210 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー
資本金3億円
事業内容スポーツ用品卸売販売/スポーツ用品のデザイン・マーケティング/スポーツを通じた様々な分野における課題解決
従業員数370名

ナイキジャパンの採用職種・仕事内容

さて、現在ナイキジャパンではどのような職種の募集が行われているのでしょうか。

現在募集されている求人の一部を紹介します。

LEAD PRIVACY ANALYST,APAC

太平洋アジア地域のすべてのお客様のデータから消費者のデータ分析、使用したお客様のデータのプライバシー管理を任されるポジションです。

ナイキのデータ収集方法がプライバシーに関する原則や法律に則っているかどうかといった点の確認も行います。

それ以外には、他のチームやナイキの法務部門と連携して、ビジネスパートナーと良い関係を築くのもこのポジションの役目です。

この職種は以下が応募の条件となっています。

  • プライバシー・コンプライアンスに関する職務経験が5年以上あること
  • コンピュータサイエンス・エンジニアリングなどにおける学士号を取得していること
  • TOEIC800点以上の英語スキルを持っていること

また、情報技術チームで働いた経験、消費者向けアプリケーションの作成経験、ビジネスリーダー経験があるとなお良いでしょう。

給与

スキル・経歴に基づき支給

ACCOUNT MARKETING MANAGER,INTEGRATED RETAIL MARKETING

統合小売マーケティングチームにおいて、マネージャーとして販売プログラムを推進します。

このポジションは、日本のナイキユーザーや消費者動向からよりナイキ製品が売れるにはどのようにしたら良いのかを考える、ナイキのユーザーと企業を結ぶ役割とも言えます。

ナイキの様々なチームと協力して業務を行う必要があるため、オレゴン州にあるナイキ本部に年何回か出張があります。

この職種は以下の条件が応募の際に必要です。

  • マーケティング・ビジネス・経済学の学士号を持っていること
  • 小売業界にて5年以上の勤務経験があり、日本の小売業界を熟知していること
  • TOEIC800点以上の英語スキルが

給与

スキル・経歴に基づき支給

WAREHOUSE ANALYST,OPERATIONS

倉庫アナリストとして、3PLによるキャパシティ分析を行い、倉庫の運用を行います。

毎日日本全国にあるナイキショップやナイキ商品を取り扱うスポーツショップ、インターネットショッピングの利用者に定時で商品を送ることが出来るように管理するのが主な業務です。

これ以外にも、倉庫のコスト管理を行ったり、物流サービスを改善するためにステークホルダーとコミュニケーションをとって改善策を提案したり、様々な倉庫のマネジメント業務を行います。

この職種に応募をする際は以下の条件があることが必須です。

  • プロジェクト管理経験
  • ビジネスレベルの英語力
  • 問題なく日本語での会話が出来る程度の日本語力が
  • 調達業務の経験

給与

スキル・経歴に基づき支給

DIGITAL BUYER/MARKETING SPECIALIST,HURLEY

デジタルマーケティングスペシャリストとして、世界各国のチームと連携し、データ・ビジネス分析や電子メール・アフィリエイトなどのマーケティングキャンペーンの企画・実施を担当します。

時期に応じて商品のトレンドが変わるため、勤務地の気候をしっかり理解することが重要な業務です。

この職種は応募するにあたって以下の条件が必須です。

  • この業務に関連した業務を2年以上経験していること
  • Excelが使えること
  • TOEIC800点以上の英語スキルがあること

また、デジタルマーケティングやeコマースのパフォーマンス指標に関して深い知識を持っているとなお良いでしょう。

給与

スキル・経歴に基づき支給

MARKETING MANAGER,HURLEY

ブランドマネージャーとして、様々な社内スタッフと連携して、毎年ブランドが立てる戦略・目標を実現するための戦略・プログラムを立案します。

このポジションはカリフォルニアにあるハーレー本部に年数回の出張があります。

この職種は応募するにあたって以下の条件が必須です。

  • 学士号以上の学歴を所持していること
  • TOEIC800点以上の英語スキルを所持していること
  • ファッション・スポーツブランドで5年以上の実務経験があること

給与

スキル・経歴に基づき支給

PERFORMANCE MARKETING SPECIALIST

パフォーマンスマーケティングスぺシャリストとして、財務目標の達成のために、収益の最大化を図る業務です。

具体的にはソーシャルメディアやアフィリエイトの拡大や、新たなマーケティングチャネルに関する計画、分析チームと協力してレポートを分析、チーム最適化戦術の特定などといった戦略調整を行います。

この職種は、年に数回ナイキ世界本部への出張があります。

この職種は応募するにあたって以下の条件が必須です。

  • ビジネス・分析・マーケティング・経済・ITにおける学士号を取得していること
  • Web解析技術に関する知識を持っていること
  • デジタル・オンラインマーケティングで5年以上の実務経験があること
  • ビジネス英会話レベルの英語力があること

また、SEOなどデジタルマーケティングや投資回収率に関する深い知識があるとなお良いでしょう。

給与

スキル・経歴に基づき支給

ナイキジャパンの給与・年収

転職する上で一番知りたい情報は年収ではないでしょうか。

そこで、ナイキジャパンの社員の平均年収を調べました。

全体の平均年収

ナイキジャパンの社員全体の平均年収は「759万円」です。

世界的に知名度が高い企業の日本支部であるため、安定して高い給料が支給されています。

年代別の年収

年代平均年収
20~24歳350万円
25~29歳375万円
30~34歳675万円
35~39歳750万円
40~44歳800万円
45~49歳880万円
50~54歳1020万円
55~59歳900万円

ナイキジャパンの競合企業と平均年収比較

会社名平均年収
ナイキジャパン759万円
アディダスジャパン620万円
ダンロップスポーツ696万円
アシックス678万円
ミズノ625万円

ナイキジャパンと他のスポーツ関連用品企業で平均年収を比較してみます。

ナイキの競合としてはアディダスが有名ですが、アディダスとナイキでは100万円以上の平均年収の差があります。

他の競合よりも圧倒的に平均年収が高く、ナイキジャパンはかなり国内スポーツ関連用品を取り扱う企業の中で待遇が良いと言えるでしょう。

給与に関する口コミ・評判

外資系なので給与はかなり良いと思います。年棒制のため、前の年の業績がかなり給与に関わってくるため、不景気になると一気に給与が下がります。

ポジションによって待遇は異なりますが、外資系なのでどの職種も同業他社よりは年収が高いと思います。不景気でも年収はかなり高いので安心です。

入社までがかなり難しくて大変なので、年収が高めと言われていますが妥当だと思います。

日本にある企業でもトップクラスのスキルが要求される企業だと思っています。そのため、常に勉強は欠かせませんし、海外出張も多いので年収は妥当だと思っています。

ナイキジャパンの福利厚生制度

働く上で気になるのが福利厚生制度ですよね。そこで、ナイキの福利厚生制度をいくつかピックアップして紹介します。

従業員割引

ナイキの社員はナイキのシューズを割引料金で購入することが出来ます。

昔から世界的にファッションアイテムとしても人気の高いナイキのシューズは価格も高めなのでかなりお得な制度と言えるでしょう。

トレーニング施設の利用

社内にトレーニング施設が併設されており、社員であれば誰でも利用することが出来ます。

仕事で行き詰った時のリフレッシュに多くの社員が利用しています。

住宅手当

住宅手当は入社から4年間最大9万円まで支給されます。

住宅手当は国内企業でもかなりの金額を貰うことが出来るので、住宅手当を使ってランクが高めの家に住んでいる社員が多いです。

サークル活動

スポーツ用品を取り扱う会社ということもあり、スポーツが好きな社員が多く、サークル活動も活発です。

野球やサッカーなど様々なスポーツサークルがあります。

福利厚生に関する口コミ・評判

ナイキにかかわらず外資系企業はあまり福利厚生が充実していませんが、その中でもナイキは頑張っている方だと思います。特にジムが社内にあるのは仕事帰りに体を動かせてありがたいです。

基本的に外資系企業は福利厚生があまり整っていない分給料が良いと思っていますが、ナイキは社員割引や保養所もあって驚きました。特に社員割引は社員の家族でも利用できるので助かっています。

社員割引を使ってナイキ商品を格安価格で購入できるため、スポーツ用品を購入する時にとても助かっています。

サークルが色々あるので休日に社員とスポーツを楽しんでいます。サークルは色々な職種の人と関わる良い機会でもあり、楽しく交流できるのでよりサークル活動に関する制度を充実させてほしいです。

保養所など外資系企業にしては福利厚生は充実しています。ただ、あまり周知されていないので、もう少し福利厚生に関する説明が欲しいです。

勤務時間・休日休暇

1日の標準労働時間
7.5時間
コアタイム
11:00~15:00

※フレックス制

産前・産後・育児休暇制度

ナイキジャパンでは1年間の育児休暇を取得することが可能です。

実際に育児休暇を取得して1年後に職務に戻る女性社員も多く、育児と両立しながら仕事が出来る環境が整っています。

サマータイム

ナイキジャパンでは7~9月の3か月間、サマータイム制度を導入しています。

この制度によって、サマータイム期間は2週間に1回、金曜日を休日とすることが出来ます。

サバティカル休暇

ナイキジャパンでは10年間勤務を続けると、1ヶ月間のサバティカル休暇が付与されます。

長期の休暇なので、この期間に海外旅行に出かける人も多いです。

年次有給休暇

ナイキジャパンでは毎年勤務年数に応じて年次有給休暇が支給されます。

完全に年次有給休暇を消化することは難しいですが、繁忙期を避ければ自由に休暇を取得することが可能です。

海外出張がある職種の場合は、海外出張に年次有給休暇を組み合わせて海外で休みを過ごす人もいます。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

勤務時間に関しては仕事の出来具合によって異なります。仕事が出来れば問題ないので、出来る人は定時で帰っていますし、出来ない人は残業続きです。自分で仕事量を調節することが大切だと思います。

サバティカル休暇は外資系企業とだけあって国内企業よりも長期の休みを取得できます。かなりの長期なので1ヶ月間海外でバカンスを過ごしている人が多いです。

外資系とだけあって、仕事よりも家庭を大事にする社員が多く、フレックス制度を利用して早目の時間に出社して早めに退社し、子供の送り迎えをしている社員もいます。

フレックスタイム制を導入しているので、朝型の人も夜型の人も働きやすい職場だと思います。

社内の教育・研修制度

ナイキジャパンには「研修制度」という概念がありません。

制度という枠組みを持たずに、「今日を反省して明日はどうすれば良いのか」を常に意識し、業務を改善していくことで社員の育成を図っています。

ただ、不定期で資格取得講座など様々な講義を開いています。

教育・研修制度に関する口コミ・評判

ナイキに研修制度は基本的にありませんが、上層部にアメリカなどから来た社員が増えてきているため、英語力の養成には力を入れています。基本的に即戦力しか採用しないので研修制度は必要ないと思っています。

10年以上新卒採用をしておらず、ある程度経験を積んだ中途採用の社員しかいないため、研修制度はありません。基本的には業務を通じて上から学ぶスタンスで、常に業務を改善することを意識する必要があります。

研修制度が無く、仕事への取り組み方も個人の自由なので働きやすいです。業務に関してはわからないことがあったら上司に聞けば解決出来ます。

人とコミュニケーションを取ることや部下の世話を焼くことが好きな人が多いので、研修を受けなくてもしっかり学べる環境が整っています。

職場の雰囲気や社風

転職する上で、新しい職場がどのような雰囲気かと言う点はかなり心配なところですよね。

そこで、ナイキジャパンで実際に働く社員が感じる職場の雰囲気や社風に関する情報をまとめました。

上司との交流が盛ん

サークル活動が活発で、部長クラス以下の社員は全部署が同じフロアで仕事をしているため、上司に話しやすい雰囲気です。

特に、チーム間や席が近い人同士では積極的に情報共有を行い、社員間の親睦を深めています。

自主性が大事

自由な社風で、勤務年数やポジションに関係なく自分の意見を積極的に発信していく必要があります。

かなりの実力主義ではありますが、若手でも上を目指せる環境の職場です。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

とにかく積極性が大事な職場です。どれだけ声をあげることが出来るかで出世できるかどうかがかなり変わります。あまり淡々と一人で仕事がしたい人には向かないかもしれません。

常に新しいことが要求されるため、企画力・改善力が大事だと思います。外資系の自由な雰囲気もあり、少し変わった意見でもしっかり耳を傾けてくれる上司が多いです。

かなりの実力主義で年齢や勤務年数よりもどれだけ仕事が出来るかが重視されます。ただ、上司とのコミュニケーションが取りやすく、実力主義の企業特有のギスギス感はありません。

ナイキジャパンへの転職で役立つ転職サイトorエージェント

ナイキジャパンのようなハイレベルな人材が揃っている企業への転職はかなり難しいです。

そのため、転職エージェントを活用して、ナイキジャパンへの転職にはどのような対策が必要なのかなどといった情報を、在籍しているキャリアコンサルタントに教えてもらいながら転職活動を進める方が良いでしょう。

そこで、ナイキジャパンへの転職におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは国内外のハイクラス・専門職求人に特化した転職エージェントです。

外資系企業への転職サポート経験が豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍しており、ナイキジャパンのような大企業への転職を手厚くサポートしてもらうことが出来ます。

外資系スポーツ・ファッション関連企業への転職サポート実績もあり、ナイキジャパンへの転職サポート経験があるキャリアアドバイザーが在籍している可能性も高いです。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは外資系企業に特化した転職エージェントです。

国内だけでなく海外の求人もアジアを中心に多数取り扱っており、ナイキジャパンだけでなく、海外のナイキのポジションも紹介してもらうことが出来る可能性が高いと言えるでしょう。

ナイキ以外にも多数の外資系企業を取り扱っていて、グローバルに活躍したい方におすすめの転職エージェントです。

ロバート・ウォルターズの口コミ・評判サービス内容
外資系企業への転職を考えている方におすすめしたいのが、この「ロバート・ウォルターズ」です。外資系企業に特化しているため、それ相応のスキルが求められるものの、それに応える事ができる方には強い味方となります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内の転職エージェントの中でも転職成功率が最も高いと言われている転職エージェントです。

大手から中小まで様々な規模の企業の求人を取り扱っており、紹介してもらえる職種のレベルも難しめから易しめまで幅広く、契約社員などといったポストからナイキジャパンへの転職を目指している方におすすめと言えるでしょう。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

まとめ

ナイキジャパンへの転職に役立つ情報を紹介しましたがいかがでしたか。

ナイキジャパンへの転職は業務に関する専門的な知識に加えて、外国語のスキルも要求されるため、国内企業でもかなり難易度が高いと言えるでしょう。

ただ、しっかりとこれらのスキルを持って、転職エージェントを活用して転職対策を行えば、転職は不可能ではありません。

是非ここで紹介した情報を活かして、ナイキジャパンへの転職を成功させてくださいね!

コメント