日本調剤株式会社への転職は難しいのか?日本調剤へ転職したいなら知っておくべき情報

日本調剤 大手調剤薬局への転職

日本中で医療サービスを展開する大手企業、「日本調剤」への転職を考えている方も多いはず。

街の調剤薬局などではなく、キャリアアップも考えて大手企業が展開する調剤薬局への転職を考えて居る方のために、今回は業界ナンバーツーの大手企業、「調剤薬局株式会社」への転職で役立つ情報をご紹介します。

日本調剤ってどんな会社?

まずは、日本調剤という企業の基本情報から学びましょう。

日本調剤の本社所在地は「東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー37階」です。

事業内容

日本調剤の基本的な事業は、東京都を基点として全国への調剤薬局チェーンの展開です。調剤薬局を出店する地域に合わせたスタイルで薬局を出店します。

また、その薬局で働く薬剤師の教育にも力を入れており、体系的に教育するためのシステム作りがなされています。

その他の事業

日本調剤は、調剤薬局の展開以外にも事業を行っています。

まず、日本調剤を支える大きな事業の柱の一つが、「介護施設向けサービス」です。

介護施設向けサービスでは、日本中の介護施設と連携することで、依頼のあった薬をタイムリーで届ける事業です。提携した施設の数は年々増えており、今では2000を越える施設と提携しています。

店舗数

日本調剤が全国に展開している調剤薬局の数は553店舗にも登ります。

毎月のように店舗を増やしており、事業拡大の早さ、規模の広さは目をみはるものがあります。

さすが業界ナンバーツーと言ったところでしょう。北は北海道、南は沖縄まで、調剤薬局がカバーしていない地域はありません。

日本調剤の平均年収

日本調剤の平均年収も調べておきましょう。

日本調剤全体の平均年収は、平成28年のデータで「557万円」。

月給の平均で見ると「42万円」。さすが調剤薬局チェーンを展開する大手企業。一般企業と比べて平均年収は高めですね。

年代別の平均年収

年代平均年収平均月収
20代390万円26万円
30代490万円33万円
40代577万円500万円

年代別に見ると、全国の薬剤師平均年収帯で見ると若干低いか同じくらいでしょうか。

日本調剤で働く薬剤師の魅力は、年収よりも、「大手企業勤務ゆえの安心感」です。

他大手調剤薬局との年収比較

日本調剤の平均年収は、他大手調剤薬局と比べると高いのか低いのか、調べてみましょう。

社名平均年収
日本調剤557万円
アインホールディングス611万円
クラフト488万円
総合メディカル株式会社445万円

日本調剤の平均年収は「557万円」と、高い平均水準です。

業界ナンバーワンの「日本調剤」にはかなわないものの、さすが業界ナンバーツーの企業らしい、高い年収帯です。

他の東京本社の調剤薬局「クラフト」と比べても、年収額が大きく上回っています。福岡にある大手調剤薬局「総合メディカル株式会社」と比べるとその差はさらに顕著になりますね。

経験とやる気があれば日本調剤への転職は可能

それまでの薬剤師としての経験、転職するための確固たるスキル、そして何より「やる気」があれば、日本調剤への転職は可能です。

長年「薬剤師は人手不足」と嘆かれていますから、日本調剤ほどの大企業だったとしても、転職の難易度自体は高くないのです。

日本調剤へ転職するための方法は?

とはいえ、日本調剤への転職は、しっかりとした、決められた手順を踏み、適切な流れを汲んで初めて可能となります。

具体的に日本調剤への転職を行う際のコツを調べてみましょう。

現場に足を運んで空気感を掴んでおく

日本調剤の展開する薬剤師として働きたいならば、実際にその現場へ足を運んでみつのが一番です。

採用試験の流れで現場を下見するのではなく、実際に面接など採用試験が本格化する前に、現場を下見することが大切です。

本当になんでもない日の「勤務中」のメンバーを見ることで、ここで働くと自分はどのように仕事するのか、それを想像することができるはずです。

薬剤師転職サイトのコンサルタントにアドバイスを求める

転職活動を一人きりの力で行うのは、体力的にも精神的にも疲れます。

どの求人に応募するか決めて、企業の調査を行い、実際に応募して面接の日取りを決めて…。これらすべて一人で行うのは、あまりおすすめできません。

せっかく薬剤師転職サイトに、転職活動をアシストしてくれる「キャリアコンサルタント」がいるのですから、キャリアコンサルタントに助けを求めましょう。

キャリアコンサルタントに頼めば、求人の提案、書類作成の手伝い、面接対策、そして現在の職場を円満に退職するための手伝いを行ってくれます。

ここまでサービスがあって利用料はかかりません。ぜひとも、調剤薬局への転職を行う際にも薬剤師転職サイトの活用をおすすめします。

日本調剤の採用方針

日本調剤の採用方針も調べておきましょう。

日本調剤が求めている人物像を探ることで、日本調剤への転職をよりスムーズにすることができるはずです。

日本調剤の求める人材

新卒採用のデータはなりますが、リクナビで日本調剤の求める人材の条件を調べてみましょう。

  • 礼儀正しく、丁寧かつ迅速な対応ができる方
  • 明るく前向きに取り組める方
  • 医療業界に興味のある方

日本調剤の社員の多くは、アルバイトなどで接客業を経験している人が数多くいるそうです。

日本調剤の研修方針

日本調剤は若手を教育するための教育制度がしっかり整っていることで有名です。公式サイトを引用してみます。

従業員持株会、退職金制度(確定拠出年金)、財形貯蓄、社内預金、団体定期生命保険、定期健康診断、薬品使用料支給制度、慶弔見舞金、インフルエンザ予防接種補助、保養施設、JTB ベネフィット福利厚生サービス「えらべる倶楽部」、会員制リゾート施設、白衣(通常・マタニティ用)貸与、接遇(CS)表彰制度、産前産後・育児休業中のフォロー資料提供、育児短時間勤務制度 ほか

日本調剤はどんな人が働いているのか

日本調剤で働いている社員の特徴も調べておきましょう。

社員の平均年齢

日本調剤社員の平均年齢は「34.58歳」です。転職を判断するヒントにしてください。

日本調剤で働く社員からの口コミ・評判

日本調剤が働きやすいかどうか見定めるには、実際に日本調剤で働いている社員からの評判を調べてみるのが一番です。

日本調剤で働く社員の口コミ・評判を、公式サイトから引用してみましょう。

管理薬剤師主任 加治 孝博

わたしは調剤併設型ドラッグストア(50店舗程度のチェーン展開)に勤めていたのですが、薬剤師に対するフォローがあまりなかったんです。会社として薬剤師をバックアップするような部署もありませんし、仕事は全部現場の薬剤師に任せっきりでした。
その点、日本調剤には薬剤師をサポートする部署がありますし、横のつながりも強いですよね。薬の転出・転入(店舗間での薬品の移動)なんて前の会社ではなかったし、日本調剤に入るまでその言葉自体も知りませんでした。

勤務薬剤師 斉藤由香理

他社で研修が充実しているといっても「上が教えますよ」と言われた程度でしたが、日本調剤では体系化された教育プログラムが用意されていましたし、日本調剤には大きい病院の前の薬局が多く、最初からそういう店舗で勉強させてもらえるということで、「大病院の門前薬局で働きたい」という、わたしの希望にマッチしました。
あと、友人たちがいろんな調剤薬局に勤めているのですが、そのなかでも日本調剤で働いている友達はみんな続けていたので、「どうやら巷でいわれる厳しい企業ではないようだ」という安心感があったのも事実です(笑)。

日本調剤への転職で役立つ転職サイト

日本調剤への転職を決意した時、活用するべき転職サイトを紹介します。

日本調剤の求人対応度から、キャリアコンサルタントの質など、多角的に調べて、「日本調剤への転職」に向いているかどうか考えます。

マイナビ薬剤師

リクルートに次ぐ求人業界大手企業、「マイナビ」の運営する薬剤師転職サイトです。

利用者とキャリアコンサルタントとの「面談」に定評があり、コンサルタントが親身にアドバイスをくれることで有名です。

求人の豊富さも、薬キャリに次ぐ業界ナンバーツーであることもあり、「とりあえず利用しておく」というのもおすすめです。

薬キャリ

SONYグループが分社してできた「薬キャリ」は、数ある薬剤師転職サイトの中で、もっとも多くの求人数をほこる転職サイトです。

調剤薬局も大手企業の求人もまんべんなくカバーしており、誰でもおすすめできる転職サイトです。

利用者の多くが、薬キャリのサポートのスピーディさを褒めていることからも、「転職活動に時間をかけたくない方」にもおすすめです。

ファルマスタッフ

一番おすすめとも言えるのが、「ファルマスタッフ」です。

どうしておすすめかというと、ファルマスタッフを運営する会社が日本調剤だからです。当然日本調剤の求人を多く扱っていますが、それ以外の調剤薬局の求人、ドラッグストアの求人も広くカバーしています。

さすが調剤薬局チェーンナンバーツーの企業が運営する転職サイトなだけあり、「求人の質」には定評があります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

調剤薬局業界ナンバーツーの企業「日本調剤」への転職する際知っておくべき情報をまとめました。

全国に553店舗を展開する日本調剤は、社員の平均年収も高め、社員のワークライフバランスも取れた優良企業です。

日本調剤への転職を考えた際にはぜひ、転職するおんい適した転職サイトを活用してください。

コメント