日本銀行へ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

日本銀行 有名企業への転職

日本銀行は国から独立していますが、資本金の半分以上を国が出資しており、国が大きく経営に関わっているためかなり安定度の高い銀行です。

そのため、日本銀行への転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

ただ、日本銀行は国内の銀行の中でも経営の安定性が保証されているので、優秀な人材が集まっており、転職の難易度はかなり難しいと言えるでしょう。

そこで、日本銀行の企業情報やおすすめの転職エージェントなどといった日本銀行への転職活動を有利に進めるために必要な情報を提供します。

日本銀行の企業概要

まずは、日本銀行の企業概要から紹介します。

事業内容

日本銀行は日本の経済がしっかり循環するように様々な事業を行っています。そこで、全部は紹介しきれないので日本銀行の代表的な事業を紹介します。

金融政策

日本銀行は日本の中央銀行として、適正な価格で国民のもとにサービスやものを流通させるために物価の安定を目的とした金融政策の企画・立案・実行を行います。

金融政策は通貨や金融の調節を行う業務であるため、金融市場の金利に大きな影響を及ぼします。

金融システム

日本にはたくさんの銀行をはじめとする金融機関があり、お金の貸し借りを行う仕組みは年々複雑になっています。

金融システムは様々な銀行や市場においてお金の貸し借りを行う仕組みのことを言い、これが正常に機能した状態を維持することで国民が安心して金融サービスを利用することが出来ます。

銀行券・貨幣

普段私たちが使っているお金は日本銀行から発行されています。

日本銀行しか銀行券(紙幣)・貨幣の製造・発行を行うことは出来ないため、銀行券・貨幣の発行は日本銀行におけるとても重要な事業と言えるでしょう。

また、多くお金を作ってしまうとお金の価値が下がってしまいますし、逆に少なすぎると価値が高くなりすぎてしまうため、日本銀行ではお金の流通量の調整も行っています。

トップのメッセージ、企業理念

日本銀行の採用ホームページをご覧いただき、有難うございます。

ご覧になられている方の多くは、この春からの就職活動の対象として、日本銀行に関心をお持ちの方だと思います。

このホームページには黒田総裁と小谷真生子キャスターの対談をはじめ、日本銀行についての解説やそれぞれの分野で活躍する数多くの先輩職員の声など、日本銀行への就職を考えるうえで参考となる様々な情報が提供されています。

十分な情報収集をして悔いのない就職活動を展開していただければと思います。

既に皆様は日本銀行という組織の役割や仕事について、何らかのイメージをお持ちかもしれません。

お札(日本銀行券)の発行、金融政策の企画・立案やその前提となる内外経済・金融資本市場の調査・分析、G7やG20など国際会議での議論への参画などがその主なものでしょうか。

金融機関等が破綻に瀕した場合に発動される日銀特融などを思い浮かべる方もいるかもしれません。もっとも、実際の日本銀行の機能は、おそらく皆様が意識しているよりも相当幅広いものです。

金融機関に対する考査・モニタリング、決済システムの運営、国庫・国債に関する事務、金融規制等を巡る国際的な議論への参画、外国中央銀行等との取引、金融・経済・国際収支等にかかる統計の作成、金融知識の普及に向けた広報などなど、その全てをここに挙げることは到底不可能なほどです。

また、これらの機能は相互に密接に関連しています。

金融政策だけをとってみても、判断の基礎となる経済・金融の実態把握、政策の企画・立案、決まった政策を実現するための金融取引(オペレーション)の実行やその効果の検証、金融機関等への影響の調査、必要な対外広報など、実に多くの部署が連動し、秩序立って機能することにより、初めて所期の目的が達成されるのです。

私はこうした多種多様な仕事を、相互の関連性も意識しながら幅広く体感できることが、日本銀行という職場の最大の魅力であると感じています。

こうした機能の多くは、実は法令等による強制力に基づくものではなく、企業や国民の方々の任意の協力により支えられているものです。

例えば、皆様よくご存知の「日銀全国短観」は、個別企業の機微にわたる経営情報についての詳細なアンケート調査ですが、1万社以上の対象企業のうち毎回99%前後の企業に回答していただいています。

官公庁等が行う同種のアンケート調査などと比較しても驚異的な回収率ですが、そうした高い回収率を維持出来ているのは、企業や国民の方々が日本銀行の優れたリサーチ力を評価するとともに、厳格な情報管理を信頼し、それに応じることに意義を感じてくれているからに他なりません。

まさに日本銀行という組織が長年築き上げてきた評価、信頼が、現在の組織の円滑な運営の基礎になっている訳であり、世代を超えて確実に受け継いでいくべき財産であると思います。

日本銀行の機能、役割は、また、時代とともに変化、深化していくものでもあります。

戦後の復興期から高度成長時代、バブルの崩壊、その後の低成長低インフレと、日本経済がその姿を大きく変えていく中にあって、中央銀行の役割も刻々と変化してきました。

私が入行してからの30年余だけを取ってみても、金融政策の具体的手法の進化、発展はもちろんのこと、考査や金融機関モニタリングのあり方、提供する決済サービスの内容など様変わりです。

また、1990年代後半以降の金融システムの混乱期や2008年秋のリーマンショック時など、経済に大きなショックが加わった際には、その都度、過去に例のない様々な異例対応も行われてきました。経済・金融のグローバル化が進展し、海外当局との連携、調整が必要となる場面も、従来に比べて格段に増えています。

最近では、フィンテックなどの新たな金融技術への中央銀行の関与、取組みのあり方など、全く新しい課題にも取り組んでいます。このように世の中の変化や日々発生する様々な事象を敏感に感じ取りながら、必要な対応を機動的に行い、また、自らの機能のあり方さえも不断に見直していく。

そうしたダイナミックな対応が求められるのも、日本銀行の仕事の醍醐味と言えるように思います。

このように幅広く変化に富んだ仕事を担う人材として、日本銀行には約5000人の職員が在籍しています。

総合職、特定職(業務分野特定タイプ、専門分野特定タイプ)、一般職などの職種・コースに分かれてはいますが、共通して大切なことは、日本の経済、金融をしっかりと支える、あるいは少しでも良い方向に変えていく、そのために自分達がすべきことは何かを常に考え、実践していくという強い使命感だと思います。

130年超に及ぶ日本銀行の歴史の中で受け継がれてきた行動原則と言い換えても良いかもしれません。

分かり易い例を一つ挙げましょう。先般の東日本大震災の際には、本店や一部の支店にて、職員やその家族が数多く被災した訳ですが、そうした状況のもとでも日本銀行の機能はいささかなりとも揺らぐことなく、適切に維持されてきました。むしろ危機時においてこそ、日本銀行の機能は重要性を増し、津波や火災等により汚損したお札の引換えなど、通常とは異なる役割をも果たしていかなければなりません。こうしたことを一人一人の職員が自覚し、自らの行動を律しているのです。

最後にもう一つだけアピールさせていただくと、日本銀行は、女性を含む全ての職員が能力を十分に発揮できる環境を整備するとの観点から、様々な施策に積極的に取り組んでいます。

既に本店の多くの部署はフレックスタイム制度のもとで柔軟な働き方が可能となっていますし、近年の働き方改革の流れに先んじて長時間労働の抑制にも努めてきました。

また、育児や介護との両立に向けた制度の拡充や意識改革を通じて、女性職員の活躍を力強くサポートしており、昨年5月には女性活躍推進法に基づく優良企業認定の最高水準である「えるぼし(第3段階)」を獲得しています。

紙面の制約もあり、まだまだ日本銀行の魅力を十分に伝え切れていない気がしています。

皆様方におかれては、就職活動等で出会う先輩方からも活きた情報収集を重ね、日本銀行の仕事の魅力をしっかりと感じ取っていただきながら、最善の選択をしていただければ幸いです。

会社概要

会社名日本銀行
所在地〒103-8660東京都中央区日本橋本石町二丁目1番1号
資本金1億円
事業内容金融政策/金融システム/決済・市場/銀行券/国庫・国債/国際金融/調査・研究/統計/対外説明・広報
従業員数4,653人

日本銀行の採用職種・仕事内容

さて、現在日本銀行ではどのような職種の募集が行われているのでしょうか。

現在日本銀行で募集されている職種を紹介します。

金融・経済研究員

金融・経済分野の研究を行います。

具体的には、マクロ経済学・国際金融・計量経済学・ファイナンスに関する研究を担当するポジションです。

また、サーベイ論文を執筆したり、調査資料を作成したり研究した内容は対外的に何らかの形で公表されます。

このポジションに応募するにあたって海外・国内の大学院にて金融・経済に関連した博士号を取得する予定があるもしくはすでに取得して研究活動に従事していることが必須です。

また、応募に関しては個人での応募だけでなく会社等からの出向としての応募も出来ます。

給与

能力、経験、実績等を考慮の上、面談により決定

総合職

金融政策の企画立案・景気や金融機関の経営に関する分析、銀行券発行、決済システムの構築など幅広い中央銀行業務を担当します。

適性に応じて担当分野が変更になる可能性もあるポジションです。

このポジションは応募するにあたって4年制大学・短期大学・専門学校卒以上の学歴を持っていることと担当業務に関する知識・経験を有していることが条件となっています。

また、金融工学・リスク管理、公認会計士などの会計・税務関連スキル、マーケット関連実務、調査・分析実務、国際金融実務などの毛行けがあるとなお良いでしょう。

給与

当行規定による

技術員

日本銀行本店の機会電気設備などの管理業務を担当します。

具体的には熱源や水道・空調、弱電通信設備などの監視・操作・保守などの現場作業を任されます。

このポジションは応募するにあたって電気主任技術者(第3種以上)または建築物環境衛生管理技術者の資格、高校・高専卒業後、5年以上機械電気設備などの管理をはじめとする技術系職員としての実務経験が必須です。

給与

能力、経験、実績等を考慮の上、面談により決定

庶務職員

本店の庶務職員として、自動車運転業務を行います。

このポジションは普通・大型自動車を運転するため、大型自動車免許を取得していることが必須条件となっています。

給与

  • 月給:194,310円~244,910円
  • 想定理論年収:300~500万円
  • 月給:基本給、想定理論年収:月給、賞与、特別加算賞与を含む

システムエンジニア

日本銀行の金融政策や決済システムなど各事業に欠かせないコンピュータシステムのプロジェクトマネジメントを担当します。

具体的には、要件定義・設計・構築、ハード・ソフトウェアの調達事務、開発委託業務の入札・管理事務などを行います。

また、適性に応じてシステムの運行管理や情報セキュリティ管理等の業務を担当する場合もあります。

こちらのポジションは応募するにあたって、4年制大学・短期大学・専門学校卒以上の学歴、3年以上のシステム企画・設計・開発経験が必要です。

給与

当行規定による

海外の金融経済に関連する調査・分析担当者

日本銀行国際局にて海外の記入経済に関連する調査・分析を行います。

こちらの職種は応募するにあたって、大卒以上の学歴、海外の金融経済に関する調査・分析についての実務経験・専門的な知識が必要です。

給与

能力、経験、実績等を考慮の上、面談により決定

日本銀行の給与・年収

日本銀行へ転職した後の年収はおおよそどれくらいなのでしょうか。

そこで、日本銀行の社員の平均年収を調べました。

全体の平均年収

日本銀行の社員全体の平均年収は「816万円」でした。

国が出資している企業なので、年収が大きく変動することが滅多になく、安定して高い年収を誇っています。

年代別の平均年収

年代平均年収
20~24歳465万円
25~29歳554万円
30~34歳586万円
35~39歳674万円
40~44歳755万円
45~49歳852万円
50~54歳920万円
55~59歳916万円
60~65歳766万円

日本銀行の競合企業と平均年収比較

企業名平均年収
日本銀行816万円
三菱UFJ銀行812万円
静岡銀行767万円
三井住友銀行758万円
山口銀行737万円

日本銀行と他の国内銀行で平均年収を比較しました。

日本銀行は他の銀行と比べても平均年収が高めです。

貨幣・紙幣の印刷など日本銀行にしかできない業務が多いことから同業他社と比べて年収が高めであることがわかります。

給与に関する口コミ・評判

職種によって年収が異なります。

管理職や専門職であればかなり給与は良いです。

事実上国が運営している企業なので、給与が景気に左右されにくく安定しています。

同業他社は残業代で年収が高くなっていることが多いですが、勤務時間がしっかり管理されて残業がほぼ無い状態で高い給与を貰えているので給与面に関しては満足しています。

日本銀行の福利厚生制度

企業で働く上で気になるのが福利厚生制度ですよね。

そこで、日本銀行の福利厚生の一部を紹介します。

各種健康診断

日本銀行では各種健康診断費用の負担を企業で行い、社員の健康維持を図っています。

独身寮・社宅

日本銀行では社宅・独身寮を設置しており、一定の条件を満たしていれば誰でも利用することが出来ます。

保養施設

日本銀行鳥居坂分館をはじめとする保養施設を利用することが出来ます。

豪華なコース料理がお得な料金で楽しめたり、レジャーを満喫出来たりかなり充実していて社員からは好評です。

選べる倶楽部

様々なサービスを割引料金で利用できる選べる倶楽部というJTBベネフィットの福利厚生制度を利用することが可能です。

割引率が高いのでかなりお得にお買い物が出来ます。

福利厚生に関する口コミ・評判

福利厚生はしっかりしていると思います。手当なども充実していてかなり助かっています。

日銀関係者しか利用できない福利厚生施設もあり、休みを福利厚生施設で快適に過ごすことが出来ます。

カフェテリアプランに近い福利厚生制度があり、毎年お得な料金でホテルに宿泊したり旅行に出かけたり出来ます。ホテルがかなり安く、毎年激戦で抽選に滅多に当たらないのが難点ですが不満はありません。

勤務時間・休日休暇

8:50~17:20(原則)
部署によってフレックスタイム制あり

子育て支援

日本銀行は子育てしやすい職場環境づくりに力を入れており、2014年に「くるみん」の認定を受けています。

産前休暇(出産6週間前から)や産後休暇(産後8週間)はもちろん、子供が1歳になるまで育児休暇を取得することも可能です。

また、育児中は短時間勤務やフレックスタイム制などといった対応も行っています。

年次有給休暇制度

日本銀行では入社時に10日分の年次有給休暇が付与されます。

勤務年数に応じて最大21日分付与され、半日単位での取得も可能です。

リフレッシュ休暇

日本銀行では社員の長期雇用のために、日本銀行で指定した年数分勤務した社員に対してリフレッシュ休暇を付与しています。

ノー残業デー

日本銀行ではメリハリの効いた勤務が出来るように毎週水曜日をノー残業デーとしています。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

企業が5日連続で有給を取得することを推奨しているのでまとまった休みが取りやすく、家族で旅行に出かけたり、家でゆっくりしたり仕事から離れる時間を作れる点は良いと思います。

フレックス制度を採用していない事業所でも相談をすればフレックス勤務に対応してくれるので助かっています。

育児・介護中の社員が仕事も続けられるような支援制度が充実していると思います。

休業をした後も復職支援セミナーが受講できるのでスムーズに復職出来て良かったです。

社内の教育・研修制度

基本的に日本銀行の研修は中途採用の場合は自主的に受講するものであり、強制参加の研修はありません。

  • キャリア支援講座
  • 資格取得講座
  • 海外留学

教育・研修制度に関する口コミ・評判

研修制度に関しては入社時の基本的な研修のみでそれ以降はOJT研修を経て独り立ちをします。

どの業務も研修のような受け身の姿勢ではなく自分で業務から学ぶ姿勢でないとキャリアアップは難しいと思います。

TACの講師が来て簿記などの講座を行っています。通常ならかなり高価な講義が受けられるのでありがたいです。

業務で結果を出すことが出来ていれば海外留学もさせてくれます。

職場の雰囲気や社風

働く上で心配なのが職場の雰囲気や社風ですよね。

そこで、実際に日本銀行で働く社員が職場の雰囲気や社風をどのように感じているのか、口コミをまとめました。

雰囲気は和やか

日本銀行の業務は国に関わる仕事のため、公務員に近いようなお堅いイメージを持っている人も多いですがそんなことはありません。

チームで連携して助け合って仕事を進めることが出来ます。

専門的な知識を深められる

日本銀行は難関企業とだけあって高学歴な人が多いです。

そのため、専門職においてはかなり専門的な知識を追求している人が多く、自分の知識をより深めることが出来る職場環境と言えます。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

静かで穏やかな人が多い職場です。休憩時間もみんなで談話したり食事に出かけたり楽しく過ごせています。

頭が良い人が多いので業務がスムーズです。

上司は当たりはずれがあると思います。良い上司に当たれば出世のためのキャリア形成の方法なども手厚く教えてくれるので着実なキャリア形成が出来ます。

転職で役立つ転職サイトorエージェント

日本銀行のような有名企業はしっかり転職対策をした上で転職活動をしないとなかなか内定を取ることが難しいです。

そこで転職サイト・エージェントを利用すれば、転職活動のサポート経験が豊富なキャリアアドバイザーが在籍しているので、どのような点に気を付けて転職活動を進めれば良いのかなどといったアドバイスを貰うことが出来、転職活動を有利に進められると言えるでしょう。

ここでは日本銀行への転職におすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメントはミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントです。

大手銀行への転職サポート実績も多く、日本銀行への転職も手厚くサポートしてくれると言えるでしょう。

外資系企業への転職にも強い転職エージェントなので、海外支店で働きたいと考えている時にもおすすめです。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
転職エージェント大手「JACリクルートメント」。 利用者数はそれなりに多く、過去の実績もありますが、実際の使い勝手はいかほどのものなのか。それを知るには、過去の利用者が残した口コミ・評判です。 結論からいうと、JACリクルートメ...

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは世界各国に拠点を持つ外資系特化型の転職エージェントです。

日本銀行には海外の金融情勢の研究など英語を使うポジションが多数あります。

外資系をはじめとする英語を使う職種への転職に強いロバート・ウォルターズならそのようなポジションへの転職サポートもしっかりしてくれる可能性が高いです。

ロバート・ウォルターズの口コミ・評判サービス内容
外資系企業への転職を考えている方におすすめしたいのが、この「ロバート・ウォルターズ」です。外資系企業に特化しているため、それ相応のスキルが求められるものの、それに応える事ができる方には強い味方となります。

The Professional

The Professional

The Professionalは管理職に特化した転職エージェントです。

日本銀行で募集されている職種は基本的にある程度業務経験がある人を対象としており、管理職を目指すことも不可能ではありません。

日本銀行の上層部でマネジメントなどを担当したいと考えているのであればThe Professionalがおすすめと言えるでしょう。

まとめ

おすすめの転職エージェントなど日本銀行への転職活動に役立ちそうな情報を紹介しましたがいかがでしたか?

日本銀行は日本の経済を動かす中央銀行なのでかなり転職難易度は高いですが、しっかりとした経歴とスキルを持って、企業対策をした上で転職活動に臨めば転職は不可能ではありません。

そこで、ここで紹介した転職エージェントを利用して適切なアドバイスを貰って転職活動を成功させましょう!

コメント