NHK(日本放送協会)へ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

有名企業への転職

「転職するならやっぱりNHKに入社したい」

そう考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、NHKは大手テレビ局です。誰もが知っているキー局が中途採用しているのかと思っているかもしれません。

ところが、NHKでも転職は可能で、中途採用の募集情報があります。

そこで今回は、NHKはどんな事業を行っているのか、年収はどのくらい貰っているのかなど、気になるポイントを踏まえながらNHKへの転職情報について役立つ情報を詳しく紹介していきます。

NHKの企業概要

NHKは、日本政府から独立した受信料によって運営されている公共の福祉と文化の向上に寄与することを目的に設立された公共放送事業体です。

事業内容

NHKは、民間の放送局と違い、公共事業を目的とした公共放送として放送されています。

ここでは代表的な事業内容を詳しくご紹介していきます。

国内放送

NHKの最も代表的な事業内容は、「国内放送」ではないでしょうか。

NHKの国内放送は、総合テレビ・Eテレといった地上波放送、BS・BSプレミアムといったBS放送、ラジオ第1・第2・FMといったラジオ放送のことを指します。

「みんなのための放送局」と呼ばれるNHKでは、災害発生時や事件発生時など緊急事態にも急速に対応し、テレビを見ている皆さんにいち早く情報を提供できるように地上波・ラジオ放送では迅速な対応が行われているのが特徴です。

さらに、最近ではバラエティー豊かな番組も広がり、NHKのドラマやバラエティー番組の人気が高いのも特徴です。

放送と受信の進歩発達に必要な調査研究

一例として、最近では、4Kや8Kの映像、ハイスピードカメラで撮影した映像に力を入れています。

NHKスペシャルといった番組で、鳥が飛ぶシーンやサメが獲物を捕まえるシーンをハイスピードカメラで撮影した映像を見たことはありませんか?

通常のカメラでは見ることができない迫力のある映像を提供できるようにカメラ技術の研究、実験放送を行った後の視聴者の反応などを調査しています。

国際放送

NHKワールドJAPANという名前で、テレビ・ラジオ・インターネットにて日本やアジアの情報を海外に発信しているサービスです。

NHKでは相撲中継がされますが、海外の人には相撲といった日本文化に興味がある人が非常に多く相撲番組はハイライトとして海外へ発信されています。

さらに、このサービスでは、日本の情報を海外に発信するだけではありません。

実際にアメリカ・イギリスで放送されているニュースや番組をテレビ・ラジオ問わず私たちが視聴することができます。

例えば、BS放送では、「ワールドニュース」といった番組で海外の報道番組を放送しています。

今、海外ではどんなニュースが話題になっているのか、日本では放送されない海外ニュースが見られるのも面白みの一つです。

トップのメッセージ、企業理念

NHKは、全国にあまねく放送を普及させ、豊かで良い番組による放送を行うことなどを目的として、放送法の規定により設立された法人です。

現在のNHKは、1925(大正14)年3月22日にわが国で初めて放送を行った社団法人東京放送局などを母体として設立された社団法人日本放送協会が、1950(昭和25)年に放送法に基づく公共放送として再出発したものです。

NHKの使命は、公共の福祉のために全国にあまねく放送を普及させ、豊かで良い番組による放送サービスを行うことにあります。

NHKの行う公共放送は、政府の業務を代行しているわけではありませんので、放送法ではNHKがその使命を他者、特に政府から干渉を受けることなく自主的に達成できるよう、基本事項を定めています。

基本事項の大きな特徴としては、仕事と仕組みについてNHKの自主性が極めて入念に保障されていることです。

NHKが自主性を保っていくためには、財政の自立を必要としますが、それを実現しているのが受信料制度です。

NHKの運営財源は、受信設備を設置された全ての視聴者のみなさまに公平に負担していただくよう放送法で定められています。

政府のほか、財界などいかなる団体の出資も受けていません(政見放送の実費や国際放送の一部の実施経費に限り、政府からの支出を受けています)。

NHKが視聴者のみなさまの要望に応えることを最大の指針として放送を行えるのも、受信料制度によって財政面での自主性が保障されているからです。

それだけに、NHKには重い責任が生じますから、NHKの業務運営については、予算の承認や経営委員の任命等に関して、国民の代表としての国会を中心とする公共的規制があります。

NHKが「半官半民」、あるいは「国営放送」などと誤解されるのは、このためではないかと思われます。

ただ、国会との関係は、むしろNHKの事業運営に視聴者のみなさまの意向が的確に反映されるようにとの考え方から定められているものであると考えています。

NHKは政府から独立した公共放送事業体ですが、他に例を見ないだけに、NHKの性格についての理解が広まるよう、さらに努力していきたいと考えています。

会社概要

会社名日本放送協会(NHK)
所在地〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
設立昭和25(1950)年6月1日
事業内容国内放送、放送と受信の進歩発達に必要な調査研究、国際放送、その他
従業員数1万273人(平成28年度)

NHKの採用職種・仕事内容

NHKは「世の中のため、人のため君のだけの仕事をある」というスローガンの元、職員採用を行っています。

どんな採用方法があるのか見ていきましょう。

NHKの職員募集方法として、定期採用とキャリア採用募集があります。

しかし、定期採用募集は、新卒の方の募集で、転職される方には採用が難しい募集となります。

そこで、転職する方におススメな募集方法が、キャリア採用です。キャリア採用は社会人としての勤務経験がある方が対象の採用方法となっているので、おススメです。

ディレクター

キャリア採用では、番組製作の企画・取材を行うディレクターを募集しています。※秋採用のみ

ディレクターは番組の企画提案から、出演者との交渉、台本づくり、演出、ロケ、編集を行います。

さらに、放送に至るまで、番組作りのすべての過程に携わります。

情報・報道、教育・教養、ドラマ・芸能など、さまざまなジャンルの番組を経験して自分の専門を決めていくことができます。

給与

初任給

  • 大学院(修士)卒:226,360円以上
  • 大学卒:213,360円以上

※社会人としての勤務経験がある方は、実務経験・専門的知識等の程度を評価し、NHKの規定により決定する。

  • 昇給・賞与昇給年1回(平成30年度実績)
  • 賞与年2回(平成29年度実績)

報道カメラ

キャリア採用では、報道カメラマンの募集を行っています。※秋採用

報道カメラマンは、事件・事故、政治・経済、文化・スポーツなどの現場を取材し、映像を通して視聴者に社会のさまざまな実態を伝えます。

ときには企画取材などで街の人々の生活や四季折々の自然・動植物に触れることも。

経験を積んだのちは、海外の現場へ行き世界のメディアと肩を並べ、災害や事件・事故の報道に携わることもあります。

給与初任給

  • 大学院(修士)卒:226,360円以上
  • 大学卒:213,360円以上

※社会人としての勤務経験がある方は、実務経験・専門的知識等の程度を評価し、NHKの規定により決定する。

  • 昇給・賞与昇給年1回(平成30年度実績)
  • 賞与年2回(平成29年度実績)

ニュース映像制作

ニュース映像製作の募集を行っています。※秋採用

ニュース映像の編集の仕事です。

ニュース映像は、編集者の意図次第で伝えられる内容が変わってきます。

日々集まる膨大な映像の中から必要なものを選び取り、何が本質なのか、何を伝えるべきなのかを把握して番組を作っていきます。

毎日のニュースだけではなく、「NHKスペシャル」などの番組の映像編集も行います。

ときには自ら企画を立てて取材し、リポートもすることもあります。

給与初任給

  • 大学院(修士)卒:226,360円以上
  • 大学卒:213,360円以上

※社会人としての勤務経験がある方は、実務経験・専門的知識等の程度を評価し、NHKの規定により決定する。

  • 昇給・賞与昇給年1回(平成30年度実績)
  • 賞与年2回(平成29年度実績)

記者

記者は通年で募集を行っています。

災害、事件・事故、政治・経済、文化・スポーツといったテーマを追い、取材を元にニュース原稿を起こします。

誰よりも先に現場に向かうバイタリティと、現場で落ち着いて取材できる冷静さが求められます。

毎日のニュースだけでなく、「クローズアップ現代」や「NHKスペシャル」などの番組に結実させるため、テーマを深く掘り下げることもあります。

給与初任給

  • 大学院(修士)卒:226,360円以上
  • 大学卒:213,360円以上

※社会人としての勤務経験がある方は、実務経験・専門的知識等の程度を評価し、NHKの規定により決定する。

  • 昇給・賞与昇給年1回(平成30年度実績)
  • 賞与年2回(平成29年度実績)

契約社員

現在は募集を行っていませんが、契約社員の採用も可能です。

1つ目の業務は、放送事業マネジメントです。放送事業マネジメントでは、放送管理での広報やイベント企画・財務・総務・著作権・経営スタッフなどを行います。

営業企画は、チームで支えながら目標にチャレンジしたり、時代に合わせて合理的な受信料体系の改革・設計をしていきます。

契約社員(記者)

こちらも現在募集を行っていませんが、契約社員の記者として働くことができます。

記者は世の中で起きる森羅万象を昼夜を問わず追いかけ、真実に迫ります。

取材内容を原稿にしてニュースで伝え、自らリポートもすることが求められます。

テーマは、災害・原発、政治、経済、事件、文化、スポーツなど多岐にわたり、日々のニュースだけでなく、関心のあるテーマをじっくりと掘り下げ「クローズアップ現代」や「NHKスペシャル」などの番組に結実させることもあります。

NHKの給与・年収

NHKの平均年収について高いと考えている方も少なくはありません。

しかし、実際はどうなのでしょうか。ここではNHK職員の平均年収について詳しくご紹介していきます。

全体の平均年収

NHK職員の年収はボーナスなどを入れると全体的に、1,200万円以上と言われています。

1,000万円越え!確かに高い年収です。

では年代別に見ていったら、どうでしょうか。

年代別の年収

年代平均年収
20~24歳330万円
25~29歳510万円
30~34歳600万円
35~39歳655万円
40~44歳680万円
45~49歳730万円
50~54歳750万円
55~59歳700万円
60~64歳500万円

これはあくまでも予想ですが、ここにボーナス料金を足すと、1,000万円以上になることも予想されます。

NHKの競合企業と平均年収比較

会社名平均年収
NHK1200万円
朝日放送1500万円
TBS1490万円
フジテレビ1430万円
日本テレビ1430万円
テレビ朝日1335万円

※平成27年~28年度

NHKと民放も平均年収はあまり大差がないのが現状です。

しかし、各キー局も給与に対して、巨額の費用が掛かっていることがわかります。

給与に関する口コミ・評判

転勤地域によって年収の変動がある

非雇用としているスタッフは時給制の給与なので、給与が少ない

仕事内容以上のお給料を頂いていて驚いている

若いうちはあまり貰えないが、年齢が上がっていくことに給与も上がっていくので凄くいい

給与に対して満足している人が多いようです。

NHKの福利厚生制度

ここではNHKの福利厚生制度について見ていきましょう。

NHKではどのような取り組みを行っているのか紹介していきます。

医療補助制度

NHKの福利厚生制度では、人間ドッグ受診料が補助されます。

また、スポーツクラブや療養施設の利用もできます。

さらに、婦人科検診の受診料は無料なので女性職員の方も安心して利用することが可能です。

社内の福利

NHKでは掃除業者に依頼してオフィス内の掃除やゴミを毎日しています。

トイレ掃除も徹底されているので、汚れていることがありません。

住宅補助制度

NHKは全国区に放送局があり、転勤になることもあります。

転勤になった際、どこに住もうかと考えている方も多いはずです。NHKでは、転勤者用住宅等に入居していない人を対象に、住宅補助を実施しています。

社泊の保証

番組製作によると、NHKに寝泊まりして作業を行う場合もあります。

そんな時も、職員の睡眠施設も確保されています。

福利厚生に関する口コミ・評判

婦人科が無料で診断できるのは有り難い

スポーツクラブを利用した時、NHK職員という理由で割引してもらった

トイレがいつも綺麗で嬉しい

社泊しなければいけない時に、睡眠施設が確保されていて安心して眠ることができてよかった

このようにとても高い評価をされる方が多いようです。

勤務時間・休日休暇

勤務時間は、1週平均37.5時間です。

※フレックスタイム制度あり

1日の平均勤務時間は約7.5時間となっています。

また、専門業務型裁量労働制適用者(記者)は、みなし労働時間(8.5時間/日)を適用しています。

職員の休日は完全週休2日制で、祝日、年末年始をあわせた年間休日数は約120日です。

有給休暇

NHKでは様々な休暇を設けてもいます。

1つ目は、年次有給休暇は、初年度12日、以降5年目20日まで漸増することができます。

クリエイティブ休暇とリフレッシュ休暇

NHKではクリエイティブ休暇という休暇を設けています。

この制度は、各年度連続5日の休暇を認めるものです。

少しだけ旅行に行きたい、地元に帰ってゆっくりしたいという方はおススメな制度ではないでしょうか。

さらに、リフレッシュ休暇は10年、20年、30年勤続者を対象とした休暇制度です。

10年、20年、30年以上の勤続な職員の方には各連続で10日の休暇を認めています。

家族で旅行に行きたいという方はこの休暇を使って行くことも可能でしょう。

その他の休暇

  • 結婚休暇
  • 産前産後休暇
  • 母性保護休暇
  • 妻出産休暇
  • 看護休暇
  • 介護休暇
  • 積立休暇

などがあります。
結婚式を海外で挙げたい、といった職員がいれば、結婚休暇という制度を利用することができます。

育児休暇・介護休暇・配偶者同行休暇

育児休暇では、子が満2歳に達する日まで、男性も女性も取得することができます。

イクメンという男性が育児をすることを積極的に優遇し始めています。

介護休暇は、通算して1年以内の休暇を認めています。

また、配偶者同行休職では配偶者の外国勤務に同行した際の休暇で、期間は3年以内となっています。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

何時から何時まで働いているかは問題にされないので凄くいい

休みたいときに休めるので、嬉しい

土日の休暇が取りづらい

子供がいるので土日は休みたいと思っているが、中々上手くいかない

良い面も悪い面もどちらともあるようです。

社内の教育・研修制度

  • 新採用者研修(NHKに関しての基礎知識を中心に指導)
  • 配属局研修(営業現場研修、地域事情の理解を中心に指導)
  • 職場指導(専門能力の育成や放送人として活躍する為の指導)
  • 新人層研修(公共放送の業務に必要な能力をさらに指導)
  • 専門研修(専門業務を中心に高度な知識・技能を指導)

教育・研修制度に関する口コミ・評判

不安なこともあったけれど、次第にそれが無くなってきたと思う

厳しい要求をされることもあったけれど、それが今、凄い生かされているって後になって思うことが多い

思っていたことよりも違って、ちょっと対応できなくなっている

覚えることが多くて、辞めたいと思ってしまう

後になって、この研修が大切だと思った方もいれば、ギャップの違いに戸惑ってしまう方も多いようです。

職場の雰囲気や社風

NHKの職場の雰囲気はどうなのでしょう。

テレビ業界なので、上下関係が厳しそうとイメージしがちですが、実際にはそうではないようです。

雰囲気

これはNHKのみならず民放も同じですが、1つの番組を製作するのに100人以上のスタッフが関わります。

ここで深められるのは人間関係です。

もちろん真面目に議論する時もあり、時には意見の食い違いで激論になることもあるかもしれません。

しかし、普段はディレクターを中心に和気あいあいとした雰囲気で活動しています。

番組製作には1人が全部番組を作るのではなく、たくさんの意見を取り入れて1つの番組を作ることが求められます。

お互いの意見を尊重し合い、協力してこそで人間関係が深まると言われています。

社風

NHKで働く職員の年齢層は幅広いです。

社会人になったばかりの新入社員から育児をされている現役のお母さんといった方も働いています。

年齢が幅広いからこそ、不安を抱えていることに対して相談しやすい仲間がたくさんいます。

先輩から学ぶことも大切な一方で、同期や同世代の方から学ぶこともあるのではないでしょうか。

もちろんそれは仕事の話だけではなく、プライベートな話まで相談することが可能です。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

先輩も同期の人も仲良くなりやすい

相談に乗ってくれる先輩が多い

テレビの話題で盛り上がるのが楽しい

人によって優しい人と厳しい人がいる

職場の雰囲気や社風に関して、高く評価する方が多いようです。

しかし中には厳しい事まで要求していく先輩もいるようです。

NHKへの転職で役立つ転職サイトorエージェント

NHKへ転職を希望される方に転職サイトをご紹介します。

インディード

indeed

インディードは、求人情報専門の検索エンジンです。

俳優の斎藤工さんと女優の泉里香が出演中のCMが話題となり、日本でも人気急上昇中の求人サイトとなっています。

インディードではNHKの募集情報を掲載しています。

業務内容や給与などの募集要項の他にも、仕事のアピールポイントや勤務時間の一例などが詳しく記載されています。

Indeed(インディード)の口コミ・評判サービス内容
indeedはテレビCMでもおなじみの求人サイト。豊富な求人料と、提携サイトを同時に使うことができるという利便性も魅力のサイトです。他サイトを併用して職探しを円滑に進めてください。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクルート社が運営する転職求人サイトリクナビNEXTです。

こちらでもNHKの採用情報が掲載されている場合があります。(募集時期による)

業務内容・勤務時間などの他にも会社概要や、募集内容も詳しく記載されています。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容
リクナビNEXTは国内最大級の転職サイト。国内最大級がゆえ抱える求人数も膨大です。リクナビNEXTの、他にはないメリットとデメリットを調べてみることにしましょう。

エン転職

エン転職

エン転職は、エン・ジャパンが運営する転職サイトです。

エン転職では、業務内容が部署ごとに分かれて募集されているのでわかりやすくなっています。

また、NHK(日本放送協会)と検索すると募集要項の一覧が表示されます。

給与情報や勤務場所なども詳しく記載されていますのでおススメです。

エン転職の口コミ・評判 サービス内容
大手転職サイト、エン転職のメリット・デメリット、サービスまで説明したページです。業界最大手のリクルートにはかなわないものの、エン転職もかなり大きく、使いやすいサイトとなっています。

まとめ

いかかでしたでしょうか。イメージしたこと以上にいいと思うこともあったのではないでしょうか。

テレビ業界なんてやったことないから自分にはできないって思ってしまうこともあるかと思います。

しかし、研修・福利制度が充実したNHKだからこそ挑戦できることはたくさんあるはずです。

たくさんの人と協力していきたい、そんな気持ちが少しでもどこかであるのならば、ぜひNHKで挑戦してみてください!

コメント