登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

年収500万円の女性は勝ち組なのか?手取りや生活実態を把握しないと生活が回らない

転職コラム

「年収500万」というと、働く女性からすると稼いでいる人として一つの基準です。

しかし年収500万でも、税金や保険料が引かれたあとの金額はおよそ「390万円」です。

額面年収が500の大台に乗っていたのに、実際の手取りにすると300万円台と、かなりスケールダウンする印象を受けますね。

ということはつまり、今後働く女性は「自分の年収はいくらか」ということより「手取り年収はいくらか」でこれからの自分の人生を組み立てていくべきなのです。

「税金?」「保険?」「控除?」を「よくわかんない」でひとまとめしてしまうのは危険です。

これからも続く人生。

自分の毎月の月収から何がどれくらい引かれるのか。

そして最終的にどれくらい残るのか。

それらをしっかり把握することで、自分の金融リテラシーを上げて、日々の生活水準を上げることができるのです。

年収500万円の手取りはどれくらい?

まずは、「年収500万円」で話題を一緒くたにせず、「手取り額」で考えていきましょう。

日本で生きている限り、国に対して定められた税金を収めることになります。

税金をひいた上の金額「手取り」を調べないと、自分の生活が見えてきません。

基本給と手当から税金と社会保険料を差し引いた金額が「手取り」

手取り額とは、自分が会社からもらっている基本給プラス各種手当から、社会保険料と税金を差し引いた金額になります。

具体的に何がどれだけ引かれるか、一例を考えてだいたいの手取り額を調べてみましょう。

手取り例

基本給280000円
通勤手当10000円
住宅手当15000円
役職手当30000円
時間外手当30000円
総支給365,000円

この総支給から、様々な控除が入ります。

健康保険料16150円
厚生年金35000円
雇用保険910円
所得税9000円
住民税18000円
控除合計79050円

これにより、手取り額は「285,950円」であることがわかります。
※ボーナスは70万円で計算

総支給額を考えると、けっこう目減りする印象です。

生活費は「手取り」から捻出する

住宅費や食費など、実際の生活でかかるお金は、この「手取り額」基準で考える必要があるのです。

「総支給額ベース」「年収ベース」で生活を組み立てると、どこかでお金が足りなくなるはずです。

余裕をもって生活費を組み立てていきましょう。

年収500万円の生活

年収500万円の生活を、手取りから逆算して調べていきましょう。

そしてその生活水準について、私なりの考察も考えてみたいと思います。

手取りから逆算する生活費

具体的に手取り額をもとに生活費を考えていきましょう。

ここでは、30代の独身男性で考えていこうと思います。

家賃

上記した手取り額「285950円」をもとに家賃から考えてみましょう。

家賃は手取りの3分の1が基本と言われています。

ということは、妥当な家賃は、「9万5千円」程度です。

もちろん、家賃は比較的抑えやすい固定費ですから、少しでも家賃の安い物件に住むことで家賃の出費を抑えることができます。

水道光熱費

水道光熱費は、「結構使ったな」と思ったとしても12000円程度。

ここも「電力会社を変える」などの工夫で削減が可能です。

通信費

携帯電話料金、インターネットプロバイダの代金など、すべてを合計しても13000円程度でしょうか。

現代で生きている人にとって、インターネットもスマートフォンももはや必須。

通信費は「払わない」という選択肢がないのです。

食費

食費は、個人の生活スタイルで大きく変わりますが、外食と自炊を混ぜるスタイルで3万円ほどでしょうか。

もちろん、食費がかかる家庭もあるでしょうし、基本自炊で食費を抑えている家庭も多いです。

食費に費やすお金は、個人がどれだけ食に対する価値観に重きを置いているかで変わります。

雑費

どこにも当てはまらないお金「雑費」も考えなくてはなりません。

例えば急に必要になった「医療費」。

または、急に必要になった日用品の補充でかかるお金など。

予期せずかかってしまったお金が、ここに当たります。

ここでは、20000円程度見ておけば良いでしょう。

貯金

できれば手取りの中から一定額、貯金など「将来のお金」に回したいものです。

ここまでの合計費が170,000円なので、残りの余り金のなかで娯楽費や交際費を考えたとしても、余裕で5万円程度貯蓄に回せるでしょうか。

独身かどうかで生活レベルが変わる

ここで説明した生活水準、どれだけ余裕のある生活だと感じたでしょうか。

支払いや買い物に余裕があると感じた人もいるのではないでしょうか。

20代など、若い人ならなおさら年収500万円への憧れがあるかもしれません。

しかしここで説明したお金はあくまで「独身」の生活レベルでの話です。

これが「既婚者」「子供あり」など、条件が変わってくるとまた話は変わってきます。

出費の中で比較的高額になる「養育費」が入ってくること、単純に食費などの生活費が増えることがその理由です。

貯金を投資に変えると生活が変わる

年収500万円ともなると、ある程度余り金が出るということで、一定額を貯金に回している人もおられるでしょうか。

ですが生活を楽にしたいと考えているなら、その貯金を投資など資産運用に回すことで、中長期で生活を楽にできます。

投資などは元本割れのリスクがあると感じるなら、個別株投資ではなく低リスクな投資信託でリターンを狙ってはいかがでしょうか。

積立NISAなら儲けから税金も引かれないので、低リスクな投資が可能です。

年収500万円の人は勝ち組なのか?

さて、年収ラインのひとつの基準である「年収500万円」ですが、果たして年収500万円まで到達すれば「勝ち組」となることができるのか。

年収500万円の生活水準を、一般的な生活と比べながらここで考えてみましょう。

年収500万円超えの人は上位30%

まず、年収500万円をこえると、その時点で働く日本人のなかでの割合は「上位30%」まで上がります。

この時点で、日本人の平均ラインを大きく超えるわけです。

ですが、考えるべきは「日本人の平均年収」ではなくて、「年収500万円の生活が勝ち組なのか否か」です。

はっきり言って、「年収500万円が勝ち組かどうか」は、個人の解釈次第なところが大きいです。

どれくらいの家に住んでいるか、どれくらい生活に余裕があるか、そういった部分でどれくらい満足できるかで答えも変わります。

他人と比べて、「他にもっと年収が高い人がいる」など自分と他人を比べていると、いつまで経っても生活に満足することはできず「勝ち組」からは遠い生活になります。

20代で年収500万円超えは珍しい

年収500万円ラインを超えてくるのは、多くの場合「30代から」です。

30代になると、仕事のコツもわかってきて、成果を出せるようになる。

役職もついて、給与に役職手当がつくなど、年収が上がりやすい年代になってきます。

これがもし、20代で年収500万円の人がいれば、珍しい部類に入ってくるでしょう。

よほど年収の高い業界、業種で働いているか、個人事業主として働いているなど、条件が限られてくるからです。

40代で年収500万円が珍しくなくなってくる

40代で年収500万円ともなると、あまり珍しくなくなります。

役職手当が付く人が多くなったり、キャリアアップの転職を行う人が多くなるなど、30代よりさらに年収帯が高くなるのが40代です。

しかし40代は出ていくお金も多いです。

家族がいる人が多くなりますし、体にボロが出始めるのもこの年代です。

医療費や養育費、その他数々の出費があることを考えると、年収500万円程度では生活が回らなくなります。

ちなみに40代の平均年収は、男女合わせて490万円程度。

ほとんど平均年収500万円なのです。

40代の平均年収はどれくらい?手取りの場合どれくらい残る?
40代はビジネスパーソンが最も脂が乗る年代といわれています。 50代前半の次に平均年収が増え、課長や部長などの管理職に就く人も少なくありません。 しかし、収入が増える一方で、子供の学費や親の介護などで支出が増える時期でもあります...

一人ならある程度自由が効く 家族がいれば全然足りないそれが年収500万円

年収500万円の生活ですが、独身で一人ならある程度生活に余裕があって自由が効く。

しかし結婚しており家族がいる人なら、年収500万円程度では全然足りない…という感じでしょうか。

どこまで「勝ち組」とするかでも変わりますが、家族ができたくらいで生活が多少逼迫する時点で、「勝ち組」とは言い難いなと感じます。

それに年収500万円でも手取り年収になおすと400万円を切ります。

500万円は一つの基準でしかないな、というのが私の印象です。

年収500万円を狙える仕事

一番簡単に年収500万円をもらう方法としては「高年収帯の仕事に就く」ということがあげられます。

年収が高い業界なら、20代など若者でも年収500万円もらっている人が多いからです。

ですから単純に、年収500万円をもらいたいなら、年収が高い業界への「年収アップ転職」が手っ取り早いのです。

不動産

不動産業界は、昔から盛り上がっている業界です。

中でも儲けられるのが「マンション営業」です。

一度の収益が賃貸より遥かに高く、利益還元率も高いです。

そのため、マンション営業で歩合制の給与をもらっている人が、不動産業界の平均年収を押し上げる形になっているのです。

IT

IT業界も盛り上がっています。

コロナウイルスなど、外的要因に強いのもIT業界の特徴です。

これからの生活には、ITなしでは考えられないので、ある意味インフラの役割をになっているのです。

エンジニアの年収って低い?どうすれば年収を上げられる?
IT業界は現在盛り上がっているとはいえ、低い年収で働いているエンジニアも珍しくありません。どうして年収が低いのか?そして高年収のエンジニアになるにはどうすればいいのか?説明します。

専門コンサルタント

経営コンサルタントやチーム構成のコンサルタントなど、専門コンサルタントは年収が高いです。

しかしその分、コンサルタントとして働くためには、高い知能や技術が求められるので、コンサルタントとして働くひとの割合も小さくなります。

必然的に、コンサルタントの年収がどんどん上がっていくわけです。

年収500万円は手取りで考えないと生活が見えてこない

今回は、年収500万円を手取りベースで考えてみました。

総支給額がどれだけ高額でも、手取りがそれに伴わないとなると、豊かな暮らしはできません。

「余裕をもった暮らしがしたい」なら、年収を上げるのではなく、手取りを上げる方向で考えたほうが良さそうです。

コメント