マイナビ薬剤師の職場カルテをみれば職場の雰囲気が詳しくわかります

マイナビ薬剤師

転職や就職に関わらない人でも、「マイナビ」の名を知らない人は少ないでしょう。

転職サイトや転職エージェントを、様々な業界で展開しています。

人材業界をトップでリードする企業といっても過言ではないマイナビ、そのマイナビが薬剤師向けに用意している転職エージェントが「マイナビ薬剤師」です。

転職する利用者に代わり、キャリアアドバイザーが求人探しから、応募先企業との連絡、提出書類作成、面接のサポートなど、かなり多岐にわたったサポートを行います。

マイナビ薬剤師は求人数の多さ、キャリアアドバイザーの対応、求人の質の高さまで、あらゆる点で利用者から高評価を得ています。

マイナビ薬剤師を利用する薬剤師の、年収や勤務地、その他あらゆる条件に沿った転職活動をサポーしてくれます。

その中でも、マイナビ薬剤師の情報量の多さを担保する存在が、「職場カルテ」というコンテンツです。

職場カルテには転職前に不安な「転職先の雰囲気」など、転職するか悩む人が欲しい情報がぐっと詰まっています。

職場カルテとはどんなコンテンツなのか?

少し調べてみましょう。

マイナビ薬剤師は特徴とは?利用者の口コミ・評判から強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

マイナビ薬剤師の職場カルテとは

マイナビ薬剤師の職場カルテとはどんなものか。

「便利」とは言いますが、どのように便利なのか。

まずはマイナビ薬剤師の職場カルテの掲載コンテンツについて、説明していきたいです。

薬剤師求人の奥の奥までわかるコンテンツ

マイナビ薬剤師の職場カルテ、どのようなコンテンツが入っているかというと、一言で言うと「かなり詳しく書かれた求人票」といったところでしょう。

通常求人票には、年収や休日、福利厚生など、勤務条件が表で並べてあるだけというものが一般的。

職場の雰囲気なども書いてあることもありますが、あくまでそれは文面で説明されているだけですから、詳しい内情まで知ることができません。

しかしマイナビ薬剤師の職場カルテには、働く薬剤師の生の声とともに、かなり詳細に勤務先の特徴が書かれています。

転職前の薬剤師は、「転職先の環境」「雰囲気」がかなり気になるものです。

職場カルテをみれば、職場の雰囲気をかなり正確に掴んだ上で、求人に応募、そして実際に転職できるのです。

働く人の名前の生の声がわかる「薬剤師インタビュー」

まず紹介したいのが、職場カルテの各ページ内にある「薬剤師インタビュー」です。

このページには、その職場で実際に働く薬剤師、つまりこれから同僚になるかもしれない人のインタビューを読むことができるのです。

このインタビュー内には、その職場を選んだ理由、職場の持つ雰囲気など、応募までに知っておきたい情報がすべて載っています。

このインタビュー内で語られる内容は人によってかなり異なるので、働く人の生の声を知る大きな助けになることでしょう。

上司の価値観がわかる「統括薬剤師インタビュー」

職場で働く上で、上司がどんな人か、上司がどんな人か知るのはとても大切です。

仕事がいくら楽しくても、同僚がどれだけ良い人でも、上司の人間性が終わっていたらそこまでです。

職場カルテをみれば、統括薬剤師のインタビューも読むことができるので、「転職したらどんな人の下で働くのか」がかなり詳しくわかります。

統括薬剤師インタビューには、職場の働きやすさ、どんな人が働くのに向いているかなどが書いてあり、「上の立場から見た職場の雰囲気」を知ることができます。

社長の価値観がわかる「代表取締役インタビュー」

職場の雰囲気に一番大きな影響力を持っているのが、「代表取締役」です。

職場カルテには、代表取締役のインタビューが読めることがあります。

ここには、薬局など職場を開設したきっかけや、どんな人に働いてほしいのかも知ることができます。

社長のインタビューを読むことで、自分の選考を進める上でも役立てることができそうですよね。

現場の声が聞こえてくる「薬剤師座談会」

一人の薬剤師のインタビューだけ読んでも、その個人の価値観にかなり引っ張られるので、参考情報にするのは少し弱いです。

本当に正しい職場の雰囲気を知るためには、「複数人から見た職場の雰囲気」を聞くのが一番です。

職場カルテを見れば、「複数人から見た職場の雰囲気」を知ることもできます。

そのコンテンツが、「薬剤師座談会」です。

薬局で働く薬剤師何人かで、「志望した理由」や「実際に働いてみてどうだったか」など、かなり具体的なところまで聞くことができます。

薬剤師座談会を読めば、かなり多方面から、薬局など職場の雰囲気を掴むことができるというわけです。

現場のインタビューを見た上で求人への応募が可能

職場カルテの良いところは、それら実際に働く薬剤師のインタビュー、代表取締役のインタビューなどを聞いた上で、求人に応募できるということです。

実際の職場の雰囲気を掴んでから応募できるので、転職後の「こうじゃなかった」というミスマッチも防げます。

普通の薬剤師転職サイトの求人情報と比べると、いかに職場カルテの情報が充実しているかわかるはずです。

このコンテンツを作るまでに、マイナビがどれだけ細かく取材したか、その苦労は想像に難くないです。

職場カルテで転職活動は間違いなく効率的になる

職場カルテについてまとめると、「かなり細かく情報が記載された求人情報」です。

マイナビ薬剤師の職場カルテを見れば、転職エージェントのキャリアアドバイザーに「職場の雰囲気」を聞くまでもなく、自力で職場の雰囲気を知ることができます。

これで、職場カルテを読む薬剤師の転職活動がかなり効率的に進められるはずです。

マイナビ薬剤師の強みは職場カルテだけじゃない!

ここまで、マイナビ薬剤師の職場カルテをかなり褒める内容を書いてきました。

しかしマイナビ薬剤師の良さは、この職場カルテだけかというとそんなことはありません。

他の薬剤師専用転職エージェントより頭一つ飛び抜けている理由でもある、「マイナビ薬剤師の強み」を今一度紹介したいと思います。

求人がとにかく豊富

マイナビ薬剤師には、調剤薬局やドラッグストアの求人を中心に、全業態で豊富な求人数が魅力です。

それにマイナビほどの大企業が扱う求人ともなると、公開求人、非公開求人ともに質が高いです。

転職サイト、転職エージェントを比較する大きな基準の一つがこの「求人の数と質」です。

その点では、マイナビ薬剤師は優秀な転職エージェントであること、わかってもらえると思います。

キャリアアドバイザーの質が高い

マイナビ薬剤師はキャリアアドバイザーの対応が良いと評判です。

電話対応なども、連絡を入れたらすぐに対応してくれるとして、利用者から多くの良い口コミも寄せられます。

しかしその分、求人の提案力は高くないとの声もあります。

キャリアアドバイザーに限って言えば、一長一短であるということです。

拠点が全国にあるので面談しやすい

マイナビ薬剤師の拠点は全国にあります。

利用者とキャリアアドバイザーとの面談は本社、または拠点で行われます。

全国に拠点があるということは、全国でキャリアアドバイザーと面談ができるということに他ならないのです。

マイナビ薬剤師の職場カルテ まとめ

今回は、マイナビ薬剤師における充実したコンテンツ、その中でも「職場カルテ」について説明しました。

職場カルテは通常の転職サイト、転職エージェントの求人情報のように、「条件と簡単に職場の雰囲気だけ」ということはありません。

かなり詳細に薬剤師のインタビューが載っているので、正しく職場の雰囲気を掴んだ後、求人への応募が可能なのです。

コメント