マイナビ転職エージェントサーチとマイナビエージェントとの違いは?他のサービスとも比較!

転職エージェント

最近は転職サイトやエージェントが多様化してきて、似たような転職サイト名も多いですよね。
マイナビ転職エージェントサーチもその一つ、マイナビと入っていますが、他のマイナビサービスとどのように違うのでしょうか?

今回はマイナビ転職エージェントサーチのサービス内容や、マイナビエージェントなどのサービスの違いなどをご紹介していきます!

マイナビ転職エージェントサーチとは

『マイナビ転職エージェントサーチ』は、人材大手のマイナビが運営している『転職エージェント』を探すためのサービスです。

転職エージェントとは?

転職エージェントは、転職希望者と、求人を出している企業の間に立ち、面接日程などの調整や転職後の待遇の交渉などを行ってくれるサービスです。

エージェントに登録を行うと、担当のアドバイザーがついて、求人紹介や面接対策、そのほか転職に関する悩みを聞いてくれたりもします。

転職サイトを運営しており、転職エージェントも展開している会社では、そこのサービスの利用者から新規の利用者を集めることもできますが、中々エージェント一本で利用者を募ることがむずかいいのです。

また最近は転職エージェントも増えてきて、様々な会社が乱立しているのも現状ですね。

その多くの転職エージェントの中から、利用者のニーズにあったエージェントを調べることが出来るのがマイナビ転職エージェントサーチの役目です。

転職エージェントとは?どのエージェントを使えばいいのか?
「最近転職エージェントって人気だけど、転職エージェントって何するところなの?」 なんて声をよく聞きます。最近は転職エージェントのテレビCMも増えて、以前より一般的になったとはいえ、まだまだ転職サイトとの違いを理解してない人も少なくあり...

マイナビ転職エージェントサーチの特徴は?

マイナビ転職エージェントサーチの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

さっそく確認をしていきましょう!

転職エージェントを検索できる

『マイナビ転職エージェントサーチ』という名前の通り、転職エージェントを検索することが出来ます。

また、エージェントを検索する際も得意業界・分野や所属する会社名、転職エージェントの名前などで検索することが出来るので、より自分に合ったエージェントを見つけることが出来ます!

転職エージェントが保有する求人を検索できる

マイナビ転職エージェントサーチはエージェントの検索だけでなく、登録しているエージェントが保有する求人も探すことができます。

後ほど求人数でもご紹介いたしますが、その取扱い求人数は業界トップクラスです!

ハイクラスの求人が多い

一般的に、転職エージェント経由で入社が決まった場合、求人を出した企業はエージェント側に採用した人材の年収の30%程度を支払います。

そういったコストを考慮すると、必然と転職エージェントに求人を出す企業は、経験者や専門性の高い業種などが多くなります。

職種も、よりレベルの高い求人が多いことが特徴の一つです。マネジメントやコンサルタント、財務会計などある程度レベルの高い求人ですよね。

そのため、マイナビ転職エージェントサーチはハイクラスの求人が多いのです。

ハイキャリア転職におすすめ!ハイクラス求人に強い転職エージェント
現在転職活動を行っている方の中には、管理職、高年収など条件の良い「ハイクラス求人」を探している方も多いのではないでしょうか。 それまで培ったスキル、それまでの経験を活かして、ハイキャリア転職を考える方は多いです。ハイキャリア転職を狙っ...

マイナビ転職エージェントサーチとマイナビエージェントとの違いは?

結局のところ、マイナビ転職エージェントサーチと、マイナビエージェントの違いはなんでしょう?

ご紹介していきます!

マイナビエージェントとは?

人材大手マイナビが運営するエージェントです。

担当コンサルタントが面談をし、求人紹介に加え、面接対策や書類添削などを行ってくれます。

マイナビエージェントの最大の特徴は20代向けのサービスであるということ。

そのためキャリアコンサルタントも若年層が多いのです。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

エージェントサーチはハイクラス向け、エージェントは若手向け

マイナビ転職エージェントサーチとマイナビエージェントの決定的な違いは、もちろん『エージェント検索サービス』と『エージェント』という根本的な違いもありますが、マイナビ転職エージェントサーチでも求人検索を行うことができる上に、エージェント的な機能も果たしています。

それでは似たようなエージェントがあり、二つに分ける必要がある?と思いますよね?

しかし二つのサービスには、対象となる求職者の違いにあると言えます。

マイナビ転職エージェントサーチはハイクラス向け、マイナビエージェントは20代の若年層が利用向けであると言えます。

マイナビ転職エージェントサーチとマイナビエージェントの求人数の違いは?

サービス名求人数
マイナビ転職エージェントサーチ92061件
マイナビエージェント13201件

※2019年4月現在
マイナビ転職エージェントサーチは9万件を超える求人数なのに対し、マイナビエージェントの公開求人数は13201件でした。

マイナビ転職エージェントサーチは、登録しているエージェントがそれぞれ保有している求人を掲載しているため、必然とマイナビ転職エージェントサーチ全体の求人数も膨大なものになります。

しかしマイナビエージェントは、マイナビエージェントの1社だけで13000件の求人を保持しているのです。

そのため、マイナビエージェントの取り扱う求人数がいかに多いかがわかるかと思います。

マイナビ転職エージェントサーチのメリット・デメリット

マイナビ転職エージェントサーチのメリット・デメリットはそれぞれなんでしょう?

調べてまいりました!

メリット

マイナビ転職エージェントサーチのメリットをご紹介いたします。

メリット

  • エージェントを検索することが出来る
  • 求人も検索することが出来る

マイナビ転職エージェントサーチの最大のメリットは、人材大手のマイナビだからこそできる圧倒的なエージェントの取り扱い数から自分にあった転職先を調べることが出来ることです。

デメリット

メリットが分かったところで、マイナビ転職エージェントサーチのデメリットはなんでしょうか?

デメリット

  • 登録エージェントごとに面談に行かなければならない
  • スカウトメールが多い

マイナビ転職エージェントサーチは、求人も探すことが出来ますが、あくまで「エージェントのサーチ」であるため、転職エージェントに登録をして転職活動を行う必要があります。

電話面談で済むところもあれば、紹介会社に行き面談をする必要があるところもあります。そうなるとひとつひとつの会社へのコストがかかり、デメリットに感じる人もいるかもしれまん。

また人によってはスカウトメールがしつこいと感じることもあるとのことです。

マイナビ転職エージェントサーチを使うのにおすすめのな人は?

マイナビ転職エージェントサーチを利用するのにおすすめの方はどういう人でしょうか?

ご紹介していきます!

どんなエージェントが合うか分からない人

エージェントを利用してみたいけれど、自分の希望する転職にはどんなエージェントがあるか分からないという方にはおすすめのサービスです。

例えばマイナビエージェントは若年層の求人に強いとご紹介した通り、エージェントにはそれぞれ得意分野があります。IT専門、理系専門、看護保育専門、ハイクラス志向専門など、エージェントはそれそれ専門性に特化したサービス展開をしています。

マイナビ転職エージェントサーチでは、エージェント検索でも業界・業種の他にも様々な検索方法があるため、自分に合った転職エージェントを見つけることが出来ます。

年収をアップしたい人

前述で転職エージェント経由で転職を行うと、求人を出した企業は、採用した人材の年収30%を支払わなければならないとご紹介いたしました。

つまり、転職エージェントは少しでも年収が高いところを紹介してくれるのです。

年収アップを考えて転職活動を行っている方は、転職エージェント経由で転職活動を行うためにも、マイナビ転職エージェントサーチで求人を探すことがおススメです。

マイナビ転職エージェントサーチと他のエージェントサーチとの違いは?

マイナビ転職エージェントサーチの他にもエージェントサーチを行っているサービスはあるのでしょうか?

マイナビ転職エージェントサーチとも比べてみたいと思います。

日経キャリアNETのエージェントサーチ

日経キャリアNETが運営する『日経キャリアNETエージェントサーチ』も、エージェントを検索することが出来るサービスです。

日経キャリアNETエージェントサーチでも、求人や人材紹介会社・コンサルタントなどを検索することが出来ます。

人気の人材紹介会社ランキングが見れる

日経キャリアNETエージェントサーチでは、コンテンツの一つに『人気の人材紹介会社ランキング』を見ることができます。

また人材紹介会社ランキングも以下のカテゴリーに分かれています。

コラムのカテゴリー

  • 経理・財務・会計職種の掲載率が高い紹介会社
  • 外資の案件掲載率が高い紹介会社
  • U・Iターンの案件数が多い紹介会社

人気紹介会社ランキングをみちぇ、参考にすることが出来ますよね!

スカウトサービスも有り、もちろんバレずに出来る!

日経キャリアNETエージェントサーチに登録し、プロフィールやレジュメを登録をすると、登録した情報を見た企業や人材紹介会社からスカウトが来ることもあります!

しかもそのスカウト機能では、企業や人材紹介会社側に公開されるのは、個人が特定されないスキルや経験のみなので、自分だとバレる心配が無く転職活動を行うことが出来ます。

現職で働きながら転職活動を行っている方は、日経キャリアNETエージェントサーチでなら安心して転職活動を行うことが出来ますね。

転職コラムを読むことが出来る

日経キャリアNETエージェントサーチには『転職ニュース&コラム』というコンテンツがあります。

日経キャリアNETエージェントサーチの大本の会社はあの日経なので、どの情報も信頼できますし、読みごたえもあります。

ビジネススキルや転職ノウハウにはじめ、調査・ランキングなどもあり、あらゆる情報を網羅しているため、こちらもチェックしながら転職活動を行うことで、他の転職活動中のライバルを突き放すことが出来るのです!!

エージェントに複数登録する手間が無い

マイナビ転職エージェントサーチでは、マイナビ転職エージェントサーチに登録した後、連絡を取り各エージェントや紹介会社に登録後、自分で連絡を取る必要があります。

しかし日経キャリアNETエージェントサーチでは、サイト内で完結するため、複数の会社に自分でアポを取る必要がありません。

マイナビ転職エージェントサーチの口コミ

マイナビ転職エージェントサーチを利用した人は、どのような口コミを寄せているのでしょうか?

実際の口コミをご紹介していきます!

東京都 29歳 女性

転職活動中にマイナビ転職を登録したつもりでいたのですが、間違えてこのマイナビ転職エージェントサーチの登録をしてしまっていました。

エージェントというのは未知の世界だったのですが、まあせっかく登録したしお試しで使うか…と思い活用してみました。

登録してみると結構スカウトが届いて驚きました。こんなにも届くもんなんですね…。

いくつかうさんくさそうなエージェントもありましたが、結果的によさげのエージェントにお願いして、希望通りの求人を紹介してもらい転職することが出来ました。

でも、間違えて登録して結果的に転職できたけど、もうちょっと名前を変えてわかりやすくしたほうがいいと思います…(笑)他のサービスも全部似てる名前でどれがなんのサイトなのか分かり辛い!

東京都 32歳 男性

前職で職場環境に悩み退職をしました。

最近は転職エージェントを利用しての転職活動が主流になってきてることもあり、年齢的にも最後の転職活動と意気込んでいるところでした。とりあえず多くのエージェントに登録したいと思っていたところ、このマイナビ転職エージェントサーチというのを知りました。

転職エージェントは沢山ありますが、中には怪しいサイトや評判の悪いエージェントもあったりすることから、自分で見つけるのも大変だな…と感じていたのでこういった検索できるサービスはありがたいです。

またお馴染みのマイナビさんが運営しているので、変な会社もないだろうと安心して利用することが出来ました。

ただ最初はスカウトのメールがたくさん来て困っていましたが、希望条件のところを編集すると厳選した感じで送ってくれるようになったので、最初に希望条件を設定することが大切かなと思います。

とにかくたくさん紹介してもらいたのであれば、デフォルトのままでもいいと思いますが。

神奈川県 27歳 男性

エージェントからスカウトが来るっていうのがよく分かんないです。だったら企業から直接スカウトが来るサービスの方がいいのでは?とも思いながら登録してみました。

実際登録してみても一斉送信のようなものが多く感じられて、あまり実りのあるものが無かったです。

これならビズリーチとかでよいのではと思います…。

エージェントが探せるって言っても、あんまり有名じゃないエージェントにわざわざと利用しようと思いません…。

マイナビ転職エージェントサーチの総評

今回はマイナビ転職エージェントサーチの以下についてご紹介いたしました。

  • マイナビ転職エージェントサーチの特徴とは
  • マイナビエージェントとの違いは
  • メリットデメリットは?
  • 他のエージェントサーチとの違い

転職エージェントが増えてきた現代、マイナビ転職エージェントサーチのように転職エージェントも色々選択できるようになってききたので、こういった検索サイトで調べていくのも大切です!

あなたの転職が上手くいくことを祈っています。
https://tenshoku-center.com/agent-ranking/

コメント