マイナビエージェントの面談内容とスムーズな面談のコツ

マイナビエージェントの面談 マイナビエージェント

マイナビエージェントは、求人数こそリクルートエージェントにかないませんが、キャリアアドバイザーに定評のある人気の転職エージェント。

マイナビエージェントにかかれば、求人の紹介はもちろんのこと、転職活動の準備から、転職活動が終わって働き出したあとの相談にも乗ってくれるという手厚さが売りです。

そんな手厚いキャリアアドバイザーと接する第一歩が、登録後行われる面談です。

しかし面談といっても、それまで転職エージェントに触れたことのない人は、その面談についてあまりイメージできない…なんて人が多いはず。

今回はそんな面談についてあまりわかってない方のために、マイナビエージェントの面談にあたってどんな準備をするべきか、実際の面談ではどんなことを話すのか、詳しく説明していきたいと思います。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

マイナビエージェントの面談の目的

マイナビエージェントが丁寧に一人ひとり利用者に対して面談する目的から考えていきましょう。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーが利用者と面談するのは、求職者の持っているスキルの確認、経歴の確認、今後の希望など、細かい内容を確認するためです。

他にも、求職者が気になる「現在の転職市場がどんな状況か」、「自分は市場においてどれくらいの価値がある人材なのか」など、面談にて求職者の質問にも答えてくれます。

面談にて、これから転職しようという人のために、転職の準備を整えていくのが目的になります。

面談するにあたって準備することは?

面談するにあたって、あらかじめ準備しておくべきこともあります。

マイナビエージェントとの面談をフル活用するためにも、あらかじめ面談するにあたって万全の準備をしておきましょう。

履歴書や職務経歴書を先に作って送っておく

面談は、キャリアアドバイザーからの質問と、履歴書、職務経歴書の内容に沿って面談が進められます。

ですから、前もって履歴書と職務経歴書をかきあげておかないと、面談内容がしっかり整ったものにならないかもしれません。

希望に沿った求人をスムーズに紹介してもらうために、履歴書と職務経歴書をしっかり入力しておきましょう。

事前に自分のキャリアプランについて考えておく

マイナビエージェントが紹介してくれるのは、求職者の希望に沿った求人です。

つまり事前に、自分はどんなキャリアプランを考えているのか。

どんな希望条件の元、仕事を探しているのかを考えておく必要があるのです。

現在の仕事、過去やってきたことを元に、今後どんな仕事がしたいのか、ぼんやりとでも良いので考えておくべきでしょう。

自分のスキルの棚卸しをしておく

マイナビエージェントとの面談では、「転職活動でのアピール材料」を探します。

そのため、マイナビエージェントの面談では、確認のスキルを確かめておく必要があるのです。

面談でどうせ聞かれるなら、前もって「自分にはどんなスキルがあるか」など、細かくスキルの棚卸しを行っておくことで、面談がスムーズに進みます。

今までやって成果を出したこと、今までやったことで褒められた内容などを元に、自分のスキル棚卸しを行っておきましょう。

マイナビエージェントの面談内容

それでは、実際にマイナビエージェントの面談でどんなことを聞かれるか、マイナビエージェントの面談内容について調べていくことにしましょう。

キャリアアドバイザーの自己紹介

まずは、マイナビエージェント在籍のキャリアアドバイザーから自己紹介があります。

そしてマイナビエージェントの強み、特徴やスタンス、マイナビエージェントを利用してどんなサポートが受けられるかなどの、基本的な説明が行われます。

過去の実績なども説明してくれるので、気になった部分があれば気兼ねなく質問しておきましょう。

これまでの経歴の確認

求職者がこれまでどんな仕事をしてきたか。

過去どんなチームでどんな仕事をしてきたか、これまでの経歴について聞かれることになります。

その経歴を確認して、これから転職活動を行うにあたってどのようにアピールすることができるか、キャリアアドバイザーと模索していく形になります。

続いて、転職理由を聞かれます。

ネガティブな転職理由は、通常企業との面談では正直に言うべきではないと言われますが、ここは転職エージェントとの面談なので正直に伝えましょう。

どんな仕事に興味があるのか

続いて、どんな仕事に興味があるのか、という内容に話が移ります。

これは紹介される求人の話と関わってくるので、これも正直に伝えてください。

転職する際、「こんな仕事だと思わなかった」というミスマッチが一番怖いです。

転職にあたりミスマッチを起こさないためにも、しっかり希望のすり合わせを行っておきましょう。

すでに申し込んだ企業はあるか

マイナビエージェントとの面談では、「すでに選考に進んでいる企業はあるか」という質問も出ます。

現在の選考状況は答えづらい人もいるかもしれませんが、これはすでに応募した企業と重複で応募するのを避ける目的があるのです。

マイナビエージェントとの面談を成功させるコツ

マイナビエージェントとの面談がスムーズに進むか、希望通りの内容が伝えられたかどうかで、その後の転職活動全体の流れが左右されます。

どうすればマイナビエージェントの面談を成功させられるのかも把握しておきましょう。

嘘をつかないこと

マイナビエージェントの面談では、人によっては多少答えにくい質問が出る場合もあるでしょう。

しかし面談で聞かれた質問には、正直に、嘘のない返答を心がけてください。

ウソを付くと、紹介される求人が多少変わるなど悪影響が出かねません。

聞かれたことには正直に、嘘のない返答をお願いします。

説明しにくい部分は書面で

説明するべき内容が多いなど、口頭では説明にくいこともあるでしょう。

そんな時は、職務経歴書にまとめておくなど、書類で説明内容をまとめておくのも一つの手です。

提出後、提出書類をどのようにまとめればいいのかのアドバイスも、面談で受けてください。

あらかじめ話したいことをメモにまとめておく

面談前に、何を話すかを頭のなかでイメージしておいて、メモでまとめておくのもおすすめです。

面談前はあれこれ考えてたのに、いざ面談が始まってしまうと頭がこんがらがって何も話せなくなる…。

こんなことを避けるために、台本ではないですが、事前に話したいことを書面でまとめておくことでマイナビエージェントとの面談がとてもスムーズに進むはずです。

対面面談が難しかったら電話面談を行いましょう

マイナビエージェントなど、転職エージェントとの面談を希望している方の中には、会社まで足を運び面談する時間や労力を避けない方も多いのではないでしょうか。

そんな方には、電話口でキャリアアドバイザーと面談を行う「電話面談」がおすすめです。

電話面談を行うときにも、対面面談と同じく事前に話したいことを考えておくなど、面談に備えた準備を行っておくことは同じです。

対面面談と内容が変わる?

電話面談を受けるにあたって気になるのが、「電話面談と対面面談では面談内容が変わるのでは」という疑問です。

しかし、少なくともマイナビエージェントの電話面談ではその心配は無用です。

電話面談でも、事前に提出した履歴書や職務経歴書など書類を元にヒアリングが行われます。

その面談内容は基本的に差異はなく、むしろ電話口のほうが本音を話せるところもあるのでおすすめなくらいです。

マイナビエージェントと面談まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、マイナビエージェントなど転職エージェントを使った転職活動の肝である「キャリアアドバイザーとの面談」について説明しました。

マイナビエージェントはキャリアアドバイザーのサポートにも定評があります。

しっかり準備を怠らず、スムーズで意味ある面談にしましょう。

コメント