マイナビエージェント(女性の転職)の使い勝手は?サポートの充実性は?

転職エージェント

20~30代向けの転職支援サービスに定評があるマイナビエージェントは、女性の転職をサポートする『マイナビエージェント(女性の転職)』を展開しています。

マイナビエージェントは男女問わずサポートしてくれますが、マイナビエージェント(女性の転職)は女性限定です。意外とマイナビエージェント(女性の転職)の特徴を知らない人が多いので、メリットやデメリットについて詳しく見ていきます。

マイナビエージェント(女性の転職)の詳細

マイナビエージェント(女性の転職)の求人数や対応地域を簡単にまとめると、

  • 求人数:約28000件
  • 非公開求人数:約21000件
  • 対応地域:全国
  • という結果になります。取り扱っている全求人数は約28000件で非公開求人数が約21000件なので、公開求人数は約7000件と判断できます。全体の約80%が非公開求人で、秘匿性にこだわっていることが特徴です。

    マイナビエージェント(女性の転職)のメリット

    具体的なメリットとして、以下の2点が挙げられます。

  • 女性の転職支援を得意としている
  • 女性向けの求人に絞って検索できる
  • マイナビエージェントとマイナビエージェント(女性の転職)の最大の違いは、利用者のターゲット層です。マイナビエージェント(女性の転職)はその名の通り女性限定のサービスを展開しているので、先述したようなメリットが高く評価されています。

    マイナビエージェント(女性の転職)のデメリット

    逆にデメリットと言えるのは、

  • 女性向けのこだわり条件が少ない
  • 求人数が少ない
  • という2点です。転職エージェントのメインサービスであるキャリアアドバイザーに関しては女性向けの要素を盛り込んでいますが、その他の部分にデメリットがあると感じている人が多く見られます。

    実際にマイナビエージェント(女性の転職)を利用する場合は、デメリットを把握することが大切です。

    マイナビエージェント(女性の転職)はこんな人におすすめ

    女性向けの転職支援サービスを展開しているので、一般的な転職エージェントとは違ったサポートをして貰える可能性があります。特に

  • キャリアアップしたい
  • 子育てしやすい職場で働きたい
  • 自分の新しい可能性を見出したい
  • 同性のキャリアアドバイザーに担当してほしい
  • と考えている女性に最適です。女性限定の転職エージェントは稀なので、とりあえず登録して使い心地を確かめる方法もあります。

    マイナビエージェント(女性の転職)のメリットを一つずつ紹介

    先述した向いている人の条件に当てはまった人は、マイナビエージェント(女性の転職)のメリットを再確認することが大切です。大まかなメリットだけではなく、詳細情報まで把握することで本当に質が高い転職エージェントを利用できます。では、具体的にマイナビエージェント(女性の転職)

    がどのような女性向けサービスを展開しているのか、メリットを1つずつ見ていきましょう。

    女性の転職支援を得意としている

    マイナビエージェント(女性の転職)の最大のメリットは、キャリアアドバイザーが女性の転職に慣れていることです。キャリアアドバイザーは全員女性で、同性の人に担当して貰えます。

    マイナビエージェントと同じように業界別の専任担当制を採用し、少数精鋭で転職をサポートしてくれます。少数精鋭なので社員同士の意思疎通が簡単で、チーム全員に転職希望者の考えを伝えて貰いやすいことがメリットです。

    業界出身者や長年キャリアアドバイザーとして勤めている人が多く、業界との太いパイプが形成されています。

    特に業界出身者は転職希望者と同じ目線になって企業を分析・評価してくれるため、利用者から評判が良いです。キャリアアドバイザーは内部事情に詳しく、

  • 管理職登用
  • 女性を積極的に採用している企業
  • 育休や産休制度
  • 在宅制度の有無
  • 残業時間
  • といった市場に出回らない情報を教えてくれます。最近はキャリアアップを理由に転職する女性が増えているので、女性の管理職登用を気にする人が多いです。

    既に女性管理職が存在する企業はキャリアアップできる体制が整っているため、事前に情報を把握できると転職活動に役立ちます。事務・美容・アパレルなどの業界・職種は、女性を積極的に採用している傾向にあります。

    採用されやすい企業を選べば速やかに転職できるので、女性から人気の高い仕事をキャリアアドバイザーに聞く方法もアリです。
    女性は結婚や子育てなど、ライフスタイルの変化が仕事に大きな影響を与えます。

    ライフスタイルに合わせた転職活動が可能

    そこで、育休・産休・在宅といった制度をチェックすることが大切です。在宅制度は妊娠や子育てを理由に出勤できない時でも、自宅でパソコンなどを使った雑務をこなす方法を指します。プライベートとビジネスを両立しやすく、近年は在宅制度を導入している企業が増加しているようです。

    事前にこれらの制度や残業時間を確認すれば子育てしながら、働きやすい職場を探せるので、キャリアアドバイザーが内部事情に詳しいことは強力な武器と成り得ます。

    女性の転職に成功しているキャリアアドバイザーは、転職希望者のライフスタイルまで考えて求人を紹介してくれます。例えば既に結婚している人と、未婚の人では転職活動で気にする部分が違うのは当然のことです。

    同性のキャリアアドバイザーならライフプランとキャリアプランを考えて転職をサポートしてくれるため、女性でも安心して利用できるメリットがあります。ちなみに、ホームページ上にキャリアアドバイザーの紹介ページがあり、担当分野や転職支援に関する思いをチェックすることが可能です。

    女性の転職に役立つコラムが掲載されている

    男性と女性では選考試験時に求められるスキルや質問内容が異なります。キャリアアドバイザーはこれらの注意点を理解した上で、書類作成や面接練習をトータルサポートしてくれます。テーマ別の転職相談会が実施されているので、何か悩みがある時は相談してみてください。また、キャリアアドバイザーが女性の転職を理解していることを活かして、ホームページ上に数々のコラムが掲載されています。具体的には

  • 女性から人気の高い職業
  • 女性だからこそ聞かれやすい質問
  • 女性の転職理由
  • といったテーマのコラムが存在します。

    女性は年代によって転職理由が違うため、自分と同じ立場のコラムをチェックすると自分の考えをまとめる時に便利です。キャリアアドバイザーを中心に、女性向けの便利なサービスが展開されていることがマイナビエージェント(女性の転職)のメリットと言えるでしょう。

    女性向けの求人に絞って検索できる

    マイナビエージェント(女性の転職)は女性向けの求人に絞って検索することが可能です。マイナビエージェントやマイナビエージェント(女性の転職)を運営するマイナビ株式会社は、人材紹介サービス事業に長年携わっているので、1万社以上の企業と繋がりがあります。

    大手企業・ベンチャー企業・優良企業など、企業の規模や種類はバリエーション豊富です。マイナビエージェント(女性の転職)は非公開求人や独占求人が数多く存在し、ここでしか見られない求人に出会えるメリットがあります。

    マイナビエージェント(女性の転職)のデメリットを一つずつ紹介

    マイナビエージェント(女性の転職)は利用者から「女性向けのサービスが少ない」といった意見があります。実は冒頭で述べたようなデメリットがあるので、どのような部分に注意して使った方が良いか確認することが大切です。

    メリットとデメリットを両方確認すれば、デメリットを解消するための工夫を考えることができます。後にデメリットを解消するテクニックを紹介しますが、その前にデメリットを1つずつチェックしていきましょう。

    女性向けのこだわり条件が少ない

    マイナビエージェント(女性の転職)のトップページに掲載されているリンクをクリックすれば、女性向けの求人に絞って検索することが可能です。しかし、リンク先で新たに条件を設定すると、「女性向け求人」という条件が自動的に解除されます。

    そして、男性向けの求人とまとめて検索・表示されるのです。詳細条件には「女性向け求人」「女性活躍中」といった条件が設定されていないので、女性向け+自分のこだわり条件を組み合わせて検索できない注意点があります。

    ただし、育休や産休は詳細条件が存在するため、こだわり条件を設定することが可能です。トップページには職種別にリンクがあり、職種を重視する人はデメリットを感じることなくマイナビエージェント(女性の転職)を利用できます。

    求人数が少ない

    冒頭ではマイナビエージェント(女性の転職)の求人は全部で約28000件あると述べました。

    しかし、女性向け求人に限定すると公開求人は約170件・非公開求人は約500件で、合計約670件という計算になります。女性向け求人を重視して検索すると職種や地域が限られるため、実際に利用する時は注意が必要です。

    所持している求人自体は豊富なので、「女性向け」という条件を解除すればデメリットなく検索できます。

    マイナビエージェント(女性の転職)と併用して利用するべき転職エージェント

    マイナビエージェント(女性の転職)のデメリットをいくつか述べましたが、別の転職エージェントを併用すれば簡単に問題は解決します。

    どのような転職エージェントでも得意・不得意があるのは当然のことです。そのためマイナビエージェント(女性の転職)のデメリットを補ってくれるような特徴を持つ転職エージェントを利用すれば、マイナス要素を感じることがなくなります。

    パソナキャリア

    具体的な転職エージェントを挙げると、女性に特化した本格的なサービスを展開する『パソナキャリア』が最適です。これまでに25万人の女性の転職を導いた実績があり、16000社以上の企業とパイプを形成しています。80%以上が非公開求人で、

  • 金融
  • 管理職
  • メーカー
  • 外資系
  • IT
  • などバリエーション豊富な求人を取り扱っています。女性が活躍中・ハイクラス・未経験可能といったさまざまな条件が設けられているので、自分のこだわりを重視して求人を探すことが可能です。

    特にIT・サービス・医療の求人が多く、自分のスキルを活かした転職と成り得ます。

    キャリアアドバイザーは全員女性で、求人検索から入社後の調整までトータルサポートしてくれます。その人に合った働き方を提案することを重視しているので、親身になって要望を聞いてくれることが魅力です。

    サービスに関しては「お悩み相談室」でキャリア・ワークライフバランス・転職活動に関するお悩みを掲載しています。女性向けの求人やサービスが豊富なので、マイナビエージェント(女性の転職)と併用すればデメリットを最小限に抑えられます。

    マイナビエージェント(女性の転職)総評

    マイナビエージェントはキャリアアドバイザーの丁寧なサポート力が評判です。マイナビエージェント(女性の転職)でもその良さが活かされているので、女性キャリアアドバイザーのきめ細やかなサポート体制が高く評価されています。

    しかし、検索機能や女性向けコンテンツが少ない傾向にあり、サービスの種類が豊富なパソナキャリアと併用するのが得策です。パソナキャリアで転職に関する知識を蓄え、マイナビエージェント(女性の転職)で書類作成や模擬面接といった具体的な対策を実施すれば転職が成功する確率がアップします。

    マイナビエージェント(女性の転職)利用者の口コミ

    ・25歳
    ・事務職
    ・東京都
    昔からIT業界に興味がありましたが、男性が多い業界だったので諦めて事務職に就いていました。しかし、やはり「システムエンジニアになりたい」という思いを断ち切れず、思い切って転職することを決意しました。最初は不安でしたが、マイナビエージェント(女性の転職)のキャリアアドバイザーは女性ならではの観点から適確なアドバイスをしてくれたことが嬉しかったです。書類作成や模擬面接で参考になるアドバイスを聞けたので、スムーズに転職が成功しました。

    コメント