転職失敗して無職へ…こんな時どうすればいい?

転職コラム

「よし!転職するぞ!」

と胸に決意を抱いて退職したはいいものの、次の職場が見つからず無職の期間が長引く…。

なんて人も珍しくありません。転職活動が行き詰まり、無職で悩むなんて転職活動の「あるある」です。

転職活動が想定通りいかず、無職になってしまう人の特徴と、転職に失敗して無職になってしまった場合の対処法もご紹介します。

そもそも転職について知っておくべきこと

無職になってしまい、きっとあなたは慌てたり落ち込んだりしていることでしょう。

しかし本当は、退職前にしっかり抑えておくべきことがあります。

「転職すればみんなハッピー」ではない

そもそもあなたは、転職に対して少し夢を見すぎているかもしれません。

もしかしたらあなたは、転職するだけで年収は上がり、仕事もやりがいあるものになり、いい事ずくめだ…なんて思ってませんか?

しかし本当は、転職したくらいでは幸せになれません。

本当に大切なのは、転職した後です。転職した後に、自分がどのように生きていくか。

その生き方如何で、自分が幸せになることができるのか、それが決まります。

退職は転職先が決まってから

すでに無職になってしまっているあなたに言うのもなんですが、本当は、退職のタイミングは「転職先が決まってから」とするべきでした。

なぜならまさに、転職活動がうまくいかず、無職になってしまうリスクがあるからです。

…なんて、すでに無職になってしまっている人に言っても意味がありません。

大切なのは「これから」です。

転職が失敗して無職になりがちな人の特徴

そもそも、どんな人が転職活動に躓いて、無職になってしまうのか?

無職になりがちな人の特徴を調べておきましょう。

転職市場での自分の勝ちを見誤った人

転職市場において、自分がどんな立ち位置なのか。

これを見誤って、転職活動を成功させる人はいません。

自分の力で、果たしてどんな業界のどんな会社で働けるのか、どんな企業のニーズに応えて仕事できるのか。

これをしっかり知っておかないと、転職活動は成功しません。

自分のスキル棚卸しから

具体的に、「自分は何ができるのか」を考えるのが、「スキルの棚卸し」です。

正確に、自分は何ができて、何ができないのか、それを見定める客観的な視点がないと、転職はうまくいかないでしょう。

転職を舐めてかかった人

「自分はそれなりにキャリアも積んできたし、転職は難しくないはず」

なんて甘い考えで転職する人がいますが、それはやめてください。

いくら現在転職市場はあらゆる年代が売り手市場といっても、正しく転職しないとうまくいくものもいきません。

そもそも、「転職するのは難しい」ことを覚悟しておきましょう。

転職活動が芳しく無く無職になってしまった場合の対応

では、転職活動がうまくいかず、無職になってしまったとしたらどうすればいいのか。

無職になった後からでもできる対応策を考えてみましょう。

まずは焦らない、落ち着く

無職になった!転職活動が終わらない!

なんて焦ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、「どこでもいいから転職する」なんて考えで転職したら最悪です。

転職は人生にとって、とても大きな決断。慎重に慎重を重ねて、考えに考えを重ねて転職しなければ、うまくいくものもうまくいきません。

自分の状態が普通じゃないことをまずはあまり考えすぎないように、焦らず転職してください。

成功している知人と自分を比べない

転職がうまくいってないときは、どうしても周りと自分を比べてしまうもの。

スーツで道行く人をみて、「それに比べて自分は…」なんて落ち込んではいけません。

仕事が好調な友人、昇進した先輩、フリーランスでがんばっているあいつ…。

そんな他人を考えてはいけません。自分の転職活動におけるノイズになるだけです。

しっかりと、自分主体の転職活動を心がけてください。

生活するためのお金を確保する

無職でも生活費はかかります。

そして転職活動にもお金がかかります。

つまり、今のあなたは「お金の確保」を行う必要があるということ。

目下しばらく暮らせるだけのお金をかき集めてください。無いならば、短期のアルバイトでもしてお金を稼いだりしないといけないかもしれません。

転職先に求める優先順位を明確にする

転職活動がうまくいかないのは、転職活動における優先順位がはっきりしてないからかもしれません。

転職に関する優先順位は、人によってまちまち。

どの条件を優先すればいいのか。いくつか例をご紹介します。

年収

やはり転職、働く目的の大部分を占めるのは「年収」…なんて人も多いはず。

「前の職場は年収が低かったから、次の職場ではなるべく多くの年収をもらいたい」

そんな思いを胸に転職する人は多いでしょう。

年収アップを狙うなら、今より大きな企業に転職するか、もっと金回りの良い業界へ転職するなどしてください。

労働環境

労働環境を改善するための転職を考える方も多いはず。

ブラック企業なんて言葉が一時期よく使われていましたが、ブラック企業というほどひどい環境でなくても、「もっと良い環境で働きたい」と考えてる人は多いもの。

なるべく良い待遇で働くために、労働環境がホワイトな企業へ転職しましょう。

キャリアアップ

自分のキャリアプランを考えて、よりキャリアアップするための転職を行うひとも少なくありません。

そういった人は、ハイクラス求人をみて、ハイキャリアな転職を行ってください。

自分のキャリアを本気で考えてくれるのは、他でもない自分だけなのです。

転職エージェントに登録する

様々なニーズの転職活動に対応できるのは、「転職エージェント」だけです。

転職エージェントに登録すれば、エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントと相談しながら転職市場が可能です。

キャリアコンサルタントに「年収アップ」「キャリアアップ」など、要望を伝えるだけで、最適な求人情報の提案と、転職活動のアドバイスももらうことができます。

転職エージェントとは?どのエージェントを使えばいいのか?
「最近転職エージェントって人気だけど、転職エージェントって何するところなの?」 なんて声をよく聞きます。最近は転職エージェントのテレビCMも増えて、以前より一般的になったとはいえ、まだまだ転職サイトとの違いを理解してない人も少なくあり...

誰かに相談する

自分音一人の判断で、自分ひとりの頭で転職活動を進めるのは「良い判断」とは言えません。

転職活動を成功させるには、第三者の目線が必須。

客観的な支店があれば良いですが、完全に第三者目線に立てる人など存在しません。

できれば、転職活動を経験している友人、知人に意見をもらってください。

それができなければ、転職エージェントにいるキャリアコンサルタントに頼るのもアリです。

前を向いてチャレンジ精神を胸にがんばる

「無職になってしまっている…」

と転職活動が芳しくないことを悔やんでいるあなた。

しかし、転職活動において「後ろ向きな気持ち」を抱いていることほど無駄なこともありません。

ポジティブな気持ちで、自分の明るい未来のために転職活動を行ってください。

コメント