MS-Japanは使いやすい転職エージェントなのか?メリット・デメリット、注意点も説明します

経理系転職サイト

MS-Japanは管理部門・士業に特化した転職エージェント。

経理や財務、人事や総務、法務などバックオフィス系職種、会計事務、監査法人、税理士、公認会計士、の求人を多く扱っており、管理部門のキャリアアップなど幅広い転職に対応しています。

登録者には担当のキャリアアドバイザーがつくので、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進められます。

管理部門に特化した転職エージェントは珍しいです。

バックオフィス系の転職を考えている方にとって、MS-Japanは絶対に無視できない存在でしょう。

今回は管理部門特化型転職エージェント「MS-Japan」について、詳しく説明していきたいと思います。

MS-Japanの基本情報

まずは、MS-Japanの基本情報から。

求人は管理部門に完全特化

やはりMS-Japan最大の特徴が「扱う求人が管理部門に特化している」ことでしょう.

他の転職エージェントのなかには、「IT業界特化」「看護師特化」など、業界で特化しているところは多いです。

しかしMS-Japanは、監査法人や会計事務所、ベンチャーキャピタルなど管理部門の求人にも対応しています。

関東や関西の主要都市の吸引を中心に、第二新卒から20代、30代の若手社員、40代以降の中堅社員の転職まで取り扱っています。

企業の規模は、上場企業や大手企業、外資系企業の求人取り扱いが中心です。

管理部門への転職を考えているあらゆる方におすすめできます。

拠点は東京・横浜・大阪・名古屋にある

MS-Japanの拠点は全国に4ヶ所。

東京だけでなく、横浜、大阪、名古屋と、各地方の主要都市をカバーしています。

MS-Japanの担当キャリアコンサルタントと面談する際は、実際に会社へとあしを運ぶことになるので、主要都市に拠点があるのは大きなメリットです。

MS-Japanのメリット

MS-Japan利用者にとって、利用時にどんなメリットがあるのか?他の転職エージェントと違う強いはあるのか?

そういった、MS-Japanの強み、メリットの部分は気になるところでしょう。

管理部門の転職に強い

くどいですが、ここは本当にオンリーワンの強みです。

あまねく転職エージェントの中で、管理部門の転職に強いのはここだけです。

それまでベンチャー企業の社員だったとしても、MS-Japanを上手に使って転職することで、年収アップ他キャリアアップが現実のものとなります。

楽天リサーチの調査でも、管理部門特化型でNo1の実績、有資格者利用実績No1など、輝かしい結果も出ています。

特化することで全体の求人数は目減りしますが、管理部門への転職なら担当キャリアコンサルタントの知識、求人の質で他に負けません。

キャリアアドバイザーがワンフェイス型

MS-Japanのキャリアアドバイザーは、基本的に「ワンフェイス型」で運用されています。

ワンフェイス型とは、登録者の対応と求人の企業を一人が両方行うという方式です。

一人で対応を両面からこなすことで、登録者の理解が深まり、求人のより詳しい内情をキャリアアドバイザーから聞くこともできます。

一人ですべてこなすので、対応に多少時間がかかってしまいますが、その分対応の質が上がると考えれば納得できるというものです。

MS-Japanのデメリット

MS-Japanにも、利用しているうちに見えてくるデメリットも存在します。

担当キャリアアドバイザーを変えにくい

最近は、登録者への対応と企業の対応を分けるツーフェイス型の対応も多くなってきたものの、まだまだMS-Japanの基本的な対応はワンフェイス型です。

ワンフェイス型のため、現在対応しているキャリアアドバイザーと別の担当者をつけてほしい、と要請してもその要望を通しにくいです。

地方の求人が少ない

MS-Japanの求人は、大企業、外資系企業の求人を多く扱っていることもあり、求人は大都市圏に集中しています。

管理部門での転職を考えている方のなかには、地方への転職を考える方も多いでしょうが、MS-Japanを使って転職する際にはそうした地方転職が難しいです。

地方への転職なら、もっと規模の大きな転職エージェントで求人を探してみてください。

MS-Japanはどんな人におすすめ?

MS-Japanを使うべきなのはどんな人なのか?

MS-Japanがおすすめな人も紹介します。

経理や公認会計士や士業の転職を考える方

MS-Japanは管理部門特価の転職エージェント。

そのため、経理や公認会計士、士業など、企業の管理部門での転職を考える方にピッタリです。

他の業界、職種への転職を考える方は、他のふさわしい転職エージェントへの登録をおすすめします。

キャリアアップを考える方

MS-Japanは大企業や外資系企業の管理部門求人が多い転職エージェント。

そのため、比較的全体的に高給与の求人が多いです。

そのため、転職でキャリアアップして今より生活を豊かにしたいなら、ぜひともおすすめの転職エージェントです。

じっくり転職したい方

MS-Japanは、ワンフェイス型のキャリアアドバイザーもまだ多いので、どうしても転職活動に時間がかかってしまう場合が多いです。

そのため、転職活動はじっくり時間をかけて、慎重に進めたいと思っている方におすすめです。

逆に転職活動はサクッと短時間で終わらせたい方にはおすすめできません。

MS-Japan利用の流れ

MS-Japanを使って転職活動を行うと、どのような展開でそれが進むのか。

利用の流れを調べてみましょう。

登録

まずは、MS-Japanに登録するところからです。

簡単に情報を入力するだけなので、登録自体には長くても1分程度でしょう。

登録後は、担当者から折返しの連絡が入り、面談日時のスケジューリングが行われます。

面談

打ち合わせの日時に面談を行います。

この面談では、登録時入力した情報を元に、今までの経験や志向を詳細に調べて、ベストのキャリアプランを登録者と一緒に考えます。

転職は人生においてとても大きな転機。

この転機を無駄にしないために、しっかり注意しながら進めていくべきなのです。

求人紹介

面談の内容を元に、MS-Japanが求人を紹介します。

基本的に利用者の基部に沿った求人を紹介してもらえるはずです。

そして、求人情報だけではわからない企業の内情など、細かい内容も教えてもらうことができるのです。

面接

気に入った求人があれば、実際に求人を応募します。

いよいよ選考がはじまります。

選考において大切な書類の作成から、担当者との面接まですべて手取り足取り担当のキャリアアドバイザーが対応してくれます。

内定

打ち合わせ通り面接に臨めば、きっと内定が出るはずです。

内定が出れば、いよいよ転職活動は終わりです。

内定後円満退職の相談、入社に向けてやっておくべきことの相談など、利用者が気になるポイントの相談も持込可能です。

MS-Japanと合わせて利用するべき転職エージェント

MS-Japanは優秀ですが、管理部門特化など少し癖のある転職エージェント。

他の転職エージェントと合わせて利用することで、癖をなくすことができるはずです。

レックスアドバイザーズ

レックスアドバイザーズは、MS-Japanと同じく、管理部門の求人のほか、税理士や公認会計士などの求人も取り扱う会計部門に強い転職エージェントです。

規模も大きい大手の転職エージェントなので、今後の転職活動を決めかねている方は積極的に利用するのをおすすめします。

レックスアドバイザーズの評判はいい?特徴やメリット・デメリットを調査
レックスアドバイザーズは、公認会計士、税理士、経理の転職に特化した、経理系の転職に特化したサービスです。 他にも経理系転職サービスはいくつかありますが、他の転職サービスとレックスアドバイザーズの違いはどこにあるのか。 どの分野で...

リクルートエージェント

リクルートエージェントは数ある転職エージェントの中で最も規模の大きな、「転職エージェント最大手」です。

最大手であるがゆえ、他の転職エージェントとは比べ物にならないくらい多くの求人を扱っています。

管理部門の求人も多く扱っているので、登録しておいて損はないです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

MS-Japan利用者の口コミ

MS-Japanで外資系企業の管理部門への転職を行いました。

担当者の対応もとても丁寧で、こちらの質問にも丁寧に応えてくれたのですが、ちょっとレスポンスが悪いかなと思いました。

キャリアアドバイザーにとっては、私は顧客の一人でしかないかもしれませんが、私にとってとても重要な転職活動なので、レスポンスの悪さはちょっと残念かなと思います。

MS-Japanは他の転職エージェントより高年収の求人が多いと思います。

私のように、以前の会社の給与体系に不満を持っていた方は、MS-Japanを使った転職がぴったりなんじゃないでしょうか。

MS-Japan 総評

いかがだったでしょうか。

今回は少し珍しい、管理部門特化型の転職エージェントMS-Japanを紹介しました。

担当のキャリアアドバイザーが、利用者の対応も企業への対応も行う「ワンフェイス型」が基本のMS-Japan。

対応の丁寧さ、情報の正確さなど、使い勝手の部分は他の転職エージェントより頭ひとつ抜きん出ています。

コメント