転職するべき人と現職に留まるべき人の違い

悩んでいるスーツ姿の若い男性 転職コラム

近年転職に関しての考えが変わってきたと言われており、ある程度勤続年数を積んでいる人だけではなく新卒社員でも転職を検討する人が増えてきています。
ただ安易な転職はキャリアを傷つけたり後悔するだけに終わってしまう可能性もあるため、転職するべきかどうかを見極める必要があるのです。

そこで今回は転職するべき人と現職に留まるべき人の違いを、特徴や傾向も含めてそれぞれ解説していきます。

転職するべき人の特徴

転職を検討している人の中には、実際に転職をするべきだと推奨されている人もいます。

このような人たちの特徴として、「自分のキャリアを具体的に説明できる」、「転職市場における自分の価値をしっかり理解している」などの自分のキャリアプランを持っている人たちが挙げられています。

ほかにも「今の仕事を続けていると身体を壊してしまう」など、現状において深刻な状況にある人も転職を推奨されているようです。

そのためこれらの特徴に当てはまっている人は、勇気を出して転職すると成功しやすいと考えられています。

自分のキャリアを具体的に説明できる

自分の経歴について説明できるかどうか問われた際、そのまま時系列に沿ってキャリアを説明する人が多いです。

ただその中で自分のキャリアの強みについて把握している人は意外と少なく、強みがないと思い込んでいたり強みを理解していたとしてもそれが正しく把握されていないケースも多いと言われています。

自分のキャリアを具体的に把握して説明できる人は、それを仕事の中で意識的かつ戦略的に利用して成果を上げています。

そのため自分のキャリアが活用できない仕事環境の中ではうまく成果を上げられないだけではなく、それ以上のキャリアアップを望めなくなってしまいます。

転職は自分のキャリアを活かすだけではなくよりキャリアを伸ばすための手段でもあるので、おすすめされているのです。

転職市場における自分の価値をしっかり理解している

転職を検討する際に重要だと言われているポイントのひとつに、転職しようと思っている業界での自分の価値が挙げられます。転職は同業種や異業種にかかわらず、今の会社で積み上げてきた信用や地位をすべて白紙に戻す行為です。

そうなると残るのは自分自身が培ってきたキャリアなどの経験や能力だけであり、それが転職する際の自分の価値となります。

この自分の価値が転職市場でどの程度のものなのか理解している人は、その価値に見合った市場内で転職を検討できますし企業側ともマッチングしやすいので失敗しにくい傾向があるようです。

特に転職するべきかどうかの見極めもしっかりできる傾向があるので、タイミングや企業とのマッチングによっては思い切って転職して自分の価値を発揮するのがよいと考えられています。

今の仕事を続けていると身体を壊してしまう

転職をするべきだと言われている人の特徴の中には、キャリアや価値以外にも身体面や精神面に問題を抱える人も多いです。

特に増えてきているのがブラック企業などによる過労死問題やうつ病問題であり、仕事を続けた結果体を壊してしまったり精神的に病んでしまって仕事以外の日常生活に支障をきたしてしまう人もいます。中には命を絶ってしまう人も多いため、体力的にも精神的にも限界が来てしまったのであれば環境を変える必要があると言えます。

そのため今の仕事に体や精神がついていけない人の場合は、まずは休職届や配属を変更してもらうなどの対応を求めることが大切です。

それでも体が壊れてしまいそうな状態が続くのであれば、もっと体や精神に負担が少ない職場に転職するのが自分を守るためにも重要な選択肢となります。

現職で働くべき人の特徴

転職をするべき人とは対照的に、転職を検討してはいるけれども今の職場に留まるべきだと指摘されている人も多いです。

このような人たちの特徴としては、「自己評価が高い」人や「今の仕事で何を得られたかを説明できない」人、さらに「努力しないでキャリアアップを望んでいる」人など転職をしても同じことを繰り返してしまうそうな傾向がみられます。

自己評価が高い

自己評価が高い人は自分をアピールする能力が高く、自分を売り込めるところがメリットです。そのためチャンスをうまく活かせる人は仕事でも成功しやすいですし、転職をしても比較的早めに次の職場を見つけやすいと言われています。

ただ実力やキャリアが伴っていない人の場合はアピールするポイントが不明瞭となってしまったり、転職市場での自分の価値を誤って判断してしまうため転職活動をしても失敗してしまうケースが多いようです。

そのためこのような特徴がある人はまず現職で自分をしっかり売り込んでチャンスを掴んでいくのが大切だとされていて、しっかり実力やキャリアを養っていく必要があると考えられています。

「今の仕事で何を得られたか」を説明できない

転職に失敗しやすい人の傾向として言われているのが、「今の仕事の中で何を得られたのか分からない人」です。

転職に成功する人や転職するべき人たちの多くは現職で得られたもの以上を求めるために転職するため、今の仕事で何を得られたのかきちんと説明する能力を持っています。

何を得られたのか説明できないということは何も得られていないか、得られているのに理解できていないかのどちらかであり、転職しても結局同じことを繰り返してしまう可能性が高いです。

そのためまずは今の仕事で何が得られるのか、自分が何を得たのか自己分析することが大切だとされているので、転職をするのではなく今の仕事を続けていくのがおすすめされています。

努力しないでキャリアアップを望んでいる

キャリアアップをするために転職を希望する人は多いのですが、その中には現職でそこまで努力をしていないのに転職すれば楽にキャリアアップできると考えている人もいるようです。

実際キャリアアップをするためにはそれなりの努力や経験が必要だとされており、転職をすれば自動的にキャリアアップできるわけではありません。

またキャリアアップできたとしても実力が伴っていなければ仕事を続けていくのも困難なので、転職を検討する前に今の職場でキャリアや経験を積んでいくことが先決だと言われています。

まとめ

転職するべき人と現職で続けていくべき人の違いとしては、明確な将来のキャリアプランがあるのかどうかがポイントとなっています。

そのため転職を検討している人たちはそれぞれの特徴に当てはまっていないかどうかを確認してから、改めて転職するべきかどうかを考えたり転職の手段を検討するのが大切です。

コメント