転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

未経験OKのwebデザイナー求人に応募する前に知っておきたいこと

未経験・異業種の転職

未経験でも応募できるwebデザイナーの求人はたくさんあります。

しかし未経験とはいえ、webデザイナーとしての知識が身に付いていなくても良いというわけではありません。

つまり現場での経験がゼロでも応募できるが、webデザインの知識がゼロであっても応募できるという意味ではないのです。

求人では未経験者OKという文言が記載されていることはよくありますが、これについて多くの人が現場未経験であることと、知識が全く無い状態であることを混同しがちです。

今回はwebデザイナー未経験の方に向けて、転職前に是非知っておいてほしい知識についてご紹介していきたいと思います。

未経験でもwebデザイナーの仕事をするなら知識は必要


確かに職業によっては、現場に出ながら仕事を覚えるというケースも少なくありません。

しかしwebデザイナーの場合は、基本的に予めwebデザインについての知識が必要となる職業であるということを留意しておきましょう。

とはいえ求人の中には未経験且つ、知識が無くても応募できるものも確かに存在します。

こういった求人である場合は、応募する前にきちんと業務内容を確認しておかなければ、転職を後悔する可能性があるので充分に注意が必要です。

未経験OKでも業務内容はwebデザイナーではない可能性もある

一般的なwebデザイナーと言えば、やはりwebサイトのデザインを担当する仕事という印象が強いのではないでしょうか。

しかし未経験且つ、webデザイナーの知識が無くても応募できる求人である場合、その会社が運営しているサイトの更新業務が主な仕事になる可能性が高いと言えます。

こういった求人の場合は研修期間が設けられており、まずはその間に画像ソフトやサイト編集の方法を学ぶことになるでしょう。

ただし先ほども述べたように、こういった求人の主な仕事は自社で運営するwebサイトの更新であったり、サイトで発生する売上を伸ばすための仕事であったりする可能性が高いと言えます。

こういった仕事はwebデザイナーよりもwebマーケティングに近い仕事であり、未経験・知識ゼロからできる仕事であっても、思っていた仕事とは違うと感じる可能性が高いと言えるでしょう。

未経験の業界に転職するなら、転職エージェントで情報を集めよう

このように未経験でも応募できる求人は存在しますが、webデザイナーと言える仕事とは限らない可能性も大いにあるのです。

だからといって全ての未経験OKな求人が、怪しいというわけではなく、ちゃんとwebデザイナーとして働ける求人は存在しますのでご安心を。

とはいえ求人を見ただけでは、未経験OKと書かれていても、どのような仕事内容となっているのかを判断するのは難しいもの。

しかしそんな悩みを解消するのにおすすめと言える方法があります。

それは転職エージェントを利用することです。

求人の内容が良くても、実際のところは誰にもわからない

いくら未経験OKや給与などの条件が良かったとしても、それはあくまで求人に記載されている情報に過ぎません。

本当にwebデザイナーの仕事ができるのか、会社の雰囲気などについては、実際にその会社で働いてみたいことにはわかりません。

だけど応募する側にとっては、面接などで会社の内部について質問するのは難しいことです。

しかし転職エージェントを介してであれば、気になる求人の会社について情報を得ることが可能となっています。

応募する前に会社内の情報を確認できるので安心!

転職エージェントは特に転職未経験の方におすすめのサービスであると言えます。

多数の求人を確保しているだけでなく、求人元となる会社の情報もリサーチしています。

たとえば仕事内容の詳細・スタッフの人間関係・会社の運営方針など、実際に職場に入ってみなければわからない情報も把握しています。

このように転職エージェントでは応募する前に会社の内部情報について、エージェントから教えてもらうことが可能です。

常にエージェントが会社との間に立ってくれるので、給与についての相談なども気軽にできます。

転職未経験の方には、まさにおすすめのサービスというわけですね。

知名度の低い転職エージェントを利用するのはNG!

こういったエージェントからの情報提供によって、転職後に後悔してしまうことを未然に防ぐことができます。

その会社の求人が本当にwebデザイナーの仕事をさせてくれるかどうかも、応募前に確認することができますね。

ただしより正確な情報をもたらしてくれるエージェントに出会うには、やはり人材が揃っている転職エージェントであることが必須条件となります。

利用するならなるべく知名度が高くて大手の転職エージェントを利用するようにしましょう。

名前も聞いたことがないような知名度の低い転職エージェントである場合、求人の質も低い傾向にあり、ブラックな職場を紹介されてしまう可能性もありますので要注意です。

とはいえ大手の転職エージェントであれば基本的に信頼性は高いので、転職未経験の方でも大手であれば安全に利用できるので大丈夫です。

webデザイナーの求人を探すならクリエイター特化のエージェントがおすすめ

また転職エージェントと言っても実は様々です。実のところ転職エージェントだからといって、どこでも利用すれば良いというわけではありません。

特にwebデザイナーのような一種の専門的なスキルが必要とされる職業の求人を探す場合は、IT業界に特化した、あるいはクリエイター求人に特化した転職エージェントに登録するようにしましょう。

業界に疎い転職エージェントを利用すると業界知識にも乏しいので、今現在どんな人材が求められているかといった最新の情報も得られない可能性があります。

また大手の転職エージェントならば求人の数も豊富ですので、選択肢もその分増やすことができます。大手クリエイター特化の転職エージェントには必ず登録しておきましょう。

未経験でも大丈夫!異業種への転職で伝えるべき志望動機のポイント
転職する場合、未経験の異業種への転職というのは、ちょっと勇気がいるものですね。 しかし未経験でも、その異業種の仕事をぜひやりたいという気持ちがあるのなら、思い切ってトライしましょう。 大切なのは、なぜその業種の仕事につきたいと思...

未経験者がwebデザイナーとして働くために知っておきたい知識


先に述べたようにたとえ未経験であっても、webデザイナーになるには知識やスキルが必要となります。

デザイナーという名称ではあるものの、必要となるのはデザインについてのセンスだけではありません。

それ以外にも様々なコード言語やツールを扱える知識が必要になってきます。

むしろこれらの知識が無いと未経験OKの求人に応募したとしても、非常に苦労する羽目になるでしょう。

ここでは、現場未経験でも最低限身に着けておきたいwebデザイナーの知識やスキルについてご紹介していきましょう。

webデザインに携わるには最低限でもコード知識は必要

webデザインの仕事は、主にwebサイトのデザインを行う仕事という認識で間違いありません。

しかし魅力的なwebサイトを作るためには、最低限でも以下のような言語やツールについての知識が必要となってきます。

webデザイン業務で必須となる言語

・html
・CSS
・JavaScript/jQuery

未経験OKの求人であっても、必ず習得しておきたいのがコード言語に関する知識です。

これらのコード言語はwebサイトを構成している言語であり、言わばwebサイトを作る上で欠かせない材料となります。

つまりコードを使いこなせないとwebサイトを作ることはできません。また、コードは新しく更新されていくので、常に最新のコードを扱えるよう継続的な学習が必要となります。

その他持っていると役に立つ知識・スキル

・レイアウトの知識
・Word、Excelの知識
・SEOの知識
・UIデザインの知識
・レスポンシブWebデザインの知識
・エディタの知識
・フォント、色の知識
・Photoshopなどの描画ツールの知識

これらのスキルもwebデザイン未経験の方に、是非おすすめしておきたいスキルであると言えます。

webデザイナーはwebページの構成・製作を担当します。

よってユーザーが使いやすい画面構成を意識してページ制作をすることが求められるため、レイアウト構成・UIデザインの知識はやはり必要と言えるでしょう。

またエディタ・Word・Excelの知識があると、作業効率が促進されます。

コード入力だけでなく資料作成にも使えるので是非覚えておくと良いでしょう。

そして制作するページの見栄えをより良くするためと、アクセス数の向上を図るためにはフォント・色の知識、SEOの知識が必要となります。

Photoshopなどの描画ツールに関してですが、かかる費用はソフトごとに異なります。

所持しているに越したことは無いものの、しかし凝ったイラストまで手掛ける必要が無いのであれば、比較的安価なツールであっても問題ないでしょう。

未経験者は転職前にweb業界に関する情報を集めてみよう


未経験であっても応募できるwebデザイナーの求人はたくさんあります。

しかし、webサイト制作に関する知識が必須となる職業ですので、たとえ未経験で応募できる求人であったとしても、何も準備せずに応募するのはおすすめできないと言えます。

本気でwebデザイナーを目指すのであれば、上記でご紹介したような知識は最低限必要であるということを留意しておきましょう。

会社によっては一から育ててくれる可能性もあります。

とはいえwebサイト制作に関する職業は常に知識の更新が必要になるので、未経験であるかないかに関わらず、継続的な努力ができる方が向いていると言えるでしょう。

このように聞くと途方もない道のりに聞こえるかもしれませんが、webの知識は決して、その全てが難解なものというわけではありません。

webデザイナーの道は未経験者であっても、努力を怠らなければ充分に開ける可能性があります。

現在ではIT業界への転職サポートを行っているサービスもたくさんあります。

それらのサービスを利用し、まずはIT業界についての知識、webデザイナーとして働くための知識を基礎から学んでみましょう。

コメント