「面接が苦手すぎる」のには理由があります!面接苦手を克服するための対処法

面接対策

「面接になると緊張してしまい、うまく話せない…」
「面接にはトラウマがある…苦手すぎる…」

そんな声は、日本中どこでも聞こえてきます。

いえ、もしかすると世界中から聞こえるかもしれません。

そうした「面接が苦手すぎる」思いには、確固たる原因があります。

面接をクリアしないと、就職、もしくは転職することはできないのですから、「苦手すぎる」思いを放っておいて良いわけがないのです。

面接が苦手すぎるなら、面接が「むしろ得意」というところまでいけば良いだけの話。

コツさえつかめば、それは難しいことではないのです。

あなたの「面接が苦手すぎる」最大の原因はメンタル

あなたが面接を受ける前から、「面接が苦手すぎる」と悩んでしまっているのには理由があります。

そしてその苦手すぎる最大の理由、原因はあなた自身が持つ「マインド」にあります。

あなたの心内の状態によって「苦手すぎる」気持ちが発源してしまっているのです。

まずはあなたのメンタルが苦手な理由、メンタルをどう扱えばいいか…あなの内面から考えていきましょう。

メンタルが不安定になることで面接がうまくいかない

面接で聞かれる内容は、実はそう難しいことを聞かれているわけではありません。

落ち着いた状態ならば、きちんと答えられる内容のはずですが、メンタルが不安定になってしまっていることで、正確な返答ができないでいるのです。

つまり面接で正しい答えを言うためには、「メンタルの平静さ」が重要だということです。

どれだけメンタルを平穏に保つことができ、正しく面接官の質問に適切な返答ができるか?

それが面接の成功を握っています。

「緊張」は面接の最大の敵

「面接がうまくいかないかも」

などの不安な気持ちは「緊張」という形であなたの心に現れます。

緊張さえしなければ、平常心で面接での受け答えができるわけですから、この「緊張」さえなければあなたは面接に苦手意識を持つこともないのです。

つまり、面接でのメンタルのコントロールとはすなわち「緊張」をコントロールするということです。

緊張とは、「失敗したらどうしよう」という将来への漠然とした不安な気持ち。

まだ見ぬ未来に不安を感じるくらいなら、正しく未来を見定められるように、しっかり面接の準備をしておきましょう。

メンタルは自分の認識で変えられる

自分の意志で変えられるものは少ないです。

人間の身体だって、自分の意志でなんとかなる分野が少ないくらいです。

心臓が動いているのは、本人の意志とは無関係ですよね。

しかし自分のメンタルは、本人の精神の置きどころ、心の持ちようで変えることができます。

あなたの心がけ一つ、気持ち一つだけで、あなたの精神状態は変えることができるのです。

「面接が苦手すぎる」人の特徴

面接が苦手すぎる、なんて言っている人には共通した特徴があります。

どんな人が、面接に対して強い苦手意識を持っているのか?

その共通した特徴について、少し考えていきましょう。

普段からコミュニケーションが苦手

面接が苦手な人は、普段からコミュニケーションが苦手な人も多いです。

コミュニケーションに対して不安がなければ、面接に対してそこまで苦手意識も芽生えないでしょう。

普段から人と話すときに軽く緊張してしまうような人なら、面接という場面ならなお一層緊張してしまうことでしょう。

コミュニケーションが苦手な人は、普段から「嫌われたらどうしよう」だとか「嫌な印象を持たれたらどうしよう」だとか、そういう気持ちで過ごしています。

いっそ「嫌われてもかまなわい」くらいの気持ちで堂々とするのが、コミュニケーション、面接でのコツです。

自分に自信がない

あなたが「面接が苦手すぎる」と感じているのは、自分に自信がないからです。

自分には実力がある、自分はどこへ行っても通用する――――そんな自信があれば、そもそもこんなに面接で緊張したりしないはずです。

面接で苦手意識を持たない方法とはすなわち、自分に対して自信を持つための方法でもあるのです。

過去に大きなミスの経験がある

過去に大きな失敗の経験があるとしたら、そのミスの記憶によって「またダメかもしれない」という思いが芽生えて、結果面接で緊張することになるかもしれません。

過去の失敗の記憶は、その時かかったストレスから逃れたい気持ちが強いので、結果緊張につながることが多いのです。

過去の失敗を気にするなとか、過去の失敗を忘れろと言われても、そう簡単にできるわけもありません。

しかし過去に囚われたままでは、現在の面接に集中することができません。

過去のことを忘れるのではなく、今この時に集中すること。

終わってしまった過去ではなく、「これから」を良いものにするために、目の前の面接を成功させましょう。

これさえやれば大丈夫!面接を得意にするための方法

ここからは、具体的にあなたが苦手すぎる面接を、成功させる、つまり採用されやすくするための方法を考えていきましょう。

失敗しても大丈夫の意識で面接に臨む

極論「失敗しても大丈夫だ」の気持ちで面接に臨むのが一番です。

繰り返しになりますが、面接であなたが緊張するのは「失敗したらどうしよう」の気持ちが強いからです。

そうでなく、「この面接で失敗したって、どうにかなる」と力を抜けばいいのです。

面接に落ちたら死んでしまうかというとそんなことはありません。

もっと力を抜いてください。

言葉に詰まっても大丈夫

「返答に詰まってしまったらどうしよう」とか、
「うまく喋れなかったらどうしよう」という気持ちが苦手意識に繋がる方も多いです。

しかし、言葉が詰まってしまっても問題ありません。

面接で大切なのは、「伝えるべきことをきちんと伝えること」です。

たとえ言葉に詰まってしまったとしても、ハキハキと淀みなく、伝えるべきことを伝えられる努力をしましょう。

ゆっくり、丁寧な話し方を心がける

面接での話し方で大事なのは、「ゆっくり、丁寧に話すこと」です。

ゆっくり動作して、ゆっくり話すことで、相手に自信が伝わって、喋っているあなた自身も気持ちを落ち着かせることができます。

面接では話しながら考える時間も必要ですが、ゆっくり話すことで「考える時間」も確保できるのです。

自信ない人は「早口でまくし立ててしまう」をやりがちですが、逆にゆっくり、はっきりと面接での質疑応答をするのが、採用されるコツなのです。

質問への回答は「結論から」話す

面接で質問されたことへの答え方ですが、「結論から」答えるのを心がけてみてください。

面接官の質問に対して、「結局何が言いたかったのか」という印象を持たれてしまうのは、「結論がわからないから」です。

そうならないように、あらかじめ何が言いたいのか前もってはっきり最初に言ってしまうことで、面接官に対して「何が言いたかったのか」と思われないようにすることができます。

なぜ?を聞かれたその理由を端的に説明する

答えた質問に対して、面接官が「なぜ?」と深堀するような質問をしてくる場合があります。

それは面接官が個人的に「もっと知りたい」と思っているからで、その場合は「なぜ?」に対して端的に答えることが大切になります。

理由を聞かれているのに、別の話に話題が変わってしまったり、最終的に理由の説明になって無い時はきちんとコミュニケーションが取れているとは言えないのです。

面接ではいつも「聞かれたことに対して端的に答える」ことを心がけてください。

あらかじめ前もって伝えたいことをメモしておく

面接中答えに詰まってしまうのは、「なんて答えたら良いかわからない」状態になってしまうからです。

その答えに詰まる状態を防止するために、前もって答えるべき内容をメモに書き出しておきましょう。

これなら、質問に対してメモした内容を思い出せば良いだけです。

たまにメモを見ながら面接で受け答えするのは、面接官にとってマイナスにはならないのです。

どうしても面接が苦手すぎるならプロに頼るのも一つの手

ここまで面接に対する苦手意識を取り除くためのアイデアを色々紹介してきましたが、それでもやはり「苦手」な考えが頭をよぎる人も少なくないだろうと思います。

それなら、一人であれこれ考えを巡らせても仕方ありません。

面接に対してまったく苦手意識のないプロから、正しい面接に関する意見を聞けばいいのです。

転職エージェントに申し込めば、キャリアコンサルタントのアドバイスを受けながら面接に備えることができます。

これなら、面接が苦手すぎるあなたでも、落ち着いた心持ちで、面接に臨むことができるはずです。

面接に強いエージェント:リクルートエージェント

転職エージェント最大手のリクルートエージェントなら、キャリアコンサルタントが的確に面接のアドバイスをくれるはず。

過去利用者の転職をアシストした実績は数しれず、そこで培ったノウハウを聞けば、きっとあなたも面接に対する不安、苦手意識なく臨むことができるはずです。

一人で面接に行くのが不安なら、リクルートエージェントのキャリアコンサルタントと協力しながら面接にいきましょう。

面接に関して、きっと良いアドバイスをくれるはずです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

面接に強いエージェント:マイナビエージェント

マイナビエージェントのキャリアコンサルタントも、利用者へのアドバイスに定評があります。

特に若者のアドバイスに強いマイナビエージェントは、面接が苦手すぎると思っている若者の強い味方になってくれるはずです。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

面接が苦手すぎる まとめ

若者でも、シニア層でも一定層「面接が苦手すぎる」と思っている人は多いです。

どうしても、面接になると緊張して適切な返答ができない。

「失敗したらどうしよう」の気持ちが強くて、面接官の質問に対して良い返答が思いつかない。

そんな人が多いですが、面接をクリアしないと転職活動は実を結びません。

しっかり前準備、対策を行ってから、面接に対する苦手意識をなくしてください。

コメント