面接で「これまでの失敗体験を教えて下さい」と言われたときの正しい回答

面接の質問

就職の面接時に「これまでの失敗体験を教えて下さい」と言われることが、よくあります。

いきなりこんなことを言われても、何をどう話して良いのかと、戸惑う人も多いのではないでしょうか?

しかし、不安に思う必要はありません。

この質問の意図と、回答するうえでのポイントを押さえておけば、高評価を得られる回答ができる可能性が高くなります。

今回の記事では「失敗体験を教えて下さい」と言われた時の回答例も紹介しますので、面接突破を目指す人は、是非チェックしてみて下さい。

面接の質問定番「最近感動したことは?」「最近印象に残ったことは?」にはなんて答えればいい?
面接でよくされる質問「最近感動したことは?」に対するベストな回答を探していきましょう。面接官はその質問で、面接を受けるあなたの人間性を探ろうとします。

「これまでの失敗体験を教えて下さい」と質問する意図とは?

「これまでの失敗体験を教えて下さい」と言われた時に「失敗はダメなことなのでは?完璧な自分をアピールしないと!」と思うかもしれません。

答えはNOです。

失敗しない人間なんていませんし、そもそも失敗はダメな側面だけを持つものではありません。

成長する為に、不可欠なものであるとも言えます。

また、面接官は完璧な人材を求めているワケでもありません。

しかし、失敗体験談で間違ったアピールをすると「採用して大丈夫な人間なのか?」と思われることにもなりかねません。

その為、面接官が質問する背景を考える必要があります。
それは下記2点です。

  1. 失敗した際の対応力をチェックしている
  2. 物事についての捉え方をチェックしている

1.失敗した際の対応力をチェックしている

「失敗は成功のもと」ということわざがある通り、失敗後の対応次第で、物事が良い方向に向かうことはよくあります。

会社生活を送るうえで、ミスをして失敗することは、誰だってあります。

そんな時の対応力をチェックする為に、面接で「これまでの失敗体験を教えて下さい」と質問してくるのです。

もし面接で「【これまでの社会人生活で】失敗した体験を教えて下さい」と質問された場合には、今までの仕事経験での話をしましょう。

特に【いつ】という指定がなければ、学生時代やプライベートの話でも良いでしょう。

2.物事についての捉え方をチェックしている

失敗体験を通して、物事自体をどう捉える人物であるかを予測することができます。

失敗に対して「ああ、なんて自分はダメなんだ」で終わる人もいれば「このミスをチャンスと捉え、信用回復につとめよう」と、前向きに取り組む人もいます。

前者の場合は、物事をネガティブに捉え、それ以上成長が無い印象を受けます。

しかし後者の場合は、物事をポジティブに捉え、成長しようという印象を受けます。

また面接官は、失敗に対して「逃げるか否か」についても、チェックしています。

「失敗したのは、上司の指示が不明瞭だったからです」などと回答をすれば、失敗に対して逃げる人だという印象を持たれます。

逆に「失敗したのは、自分の〇〇という点が原因です。その為にこうしました」と回答をすれば、失敗に対して逃げずに立ち向かう人だという印象を持たれます。

失敗体験を回答するうえでのポイント

面接で「これまでの失敗体験を教えて下さい」と言われた時に、失敗体験であれば何を話しても良いかというと、そうではありません。

質問に対して、相応しい回答をする必要があります。

失敗体験を回答するうえでのポイントは、下記4点です。

  1. 取返しがつかないレベルの失敗体験は語らない
  2. 失敗体験から何を学び、どうレベルアップできたかを伝える
  3.  同じ失敗をしない為の対策方法を伝える
  4. 「失敗した体験はありません」と言わない

1. 取返しがつかないレベルの失敗体験は語らない

取返しがつかないレベルの失敗体験を語ると、この人は大丈夫なのだろうか?と心配されてしまいます。

あなたが面接官だとして、例えば「機密情報が書かれた書類を持ち出し、電車の棚に置き忘れて紛失してしまった」などと言われたら、どう思うでしょうか?

前向きな話に持っていかれても「それよりも、なんで機密情報を持ち出して、紛失してしまうのか?」と、そちらの方が気になるハズです。

このことから、取返しがつかないレベルの失敗体験は、語らない方が無難と言えます。

2. 失敗体験から何を学び、どうレベルアップできたかを伝える

面接官も、失敗しない人間はいないことは分かっています。

そこから何を学び、失敗を通してどのようにレベルアップできたかを知りたいと思っています。

学んだことや、レベルアップできたことを話すことにより「失敗から逃げない人間」であることを伝えることにもなります。

3. 同じ失敗をしない為の対策方法を伝える

面接官は「人間は失敗することもある」ということは分かっていますが、同じ失敗を繰り返す人は避けたいとも思っています。

このことから、同じ失敗をしない為に、どのような対策方法を考えたかも伝えると良いでしょう。

これにより、物事を主体的に考えることができる人物であることも、アピールできます。

4.「失敗した体験はありません」と言わない

時々「失敗した体験はありません」と回答する人がいます。

本人としては、自分をよく見せようというつもりなのかもしれません。

もしくは、失敗体験に気づかずに過ごしているのかもしれません。

いずれにしても、面接官からの評価は悪くなります。

なぜなら、自分をよく見せようとしているのであれば、他の回答もうわべだけのものなのかもしれないと考えるからです。

また、失敗体験に気づかず過ごしているのであれば、何も考えずに過ごしていると思われたり、コミュニケーションにも難があるかもしれないと考えるからです。

失敗体験に対しての回答例3つ

それでは、面接で「これまでの失敗体験を教えて下さい」と言われた時の回答例を3つご照会します。

失敗体験3例

【ケース1】 対人関係の失敗から、客観視できることと勉強熱心さをアピール

「面接官質問例」
今まで生きてきた中で、人間関係で失敗した経験はありますか?ある場合は、その内容を教えて下さい。

「回答例」
学生時代のアルバイトでの話になります。

私はアルバイトリーダーというポジションを任されていました。

そんな時に、ある後輩を指導することになりました。

なかなかできない後輩に対し、苛立ちを隠しきれず「何でこんなことができないんだ!」と怒ることも多くなったある日、後輩が私についていけず、辞めたいと言っていることを知りました。

そこで私は、部下の指導に関する本を読み、自分がやっていたことは空回りだったことを知りました。

人の心を動かすには、怒りでは解決しないことを知り、心理学に関する本も読み漁りました。

有名な著書「北風と太陽」の太陽を目指し、指導方法を変えました。

そして自分の行いを後輩に謝り、褒めることでコミュニケーションを取ることを心掛けた結果、後輩は自分と同じアルバイトリーダーにまでなり、今ではその店の社員として働いています。

社会人となった今、この時の経験を活かしながら、後輩の指導を心掛けています。

◆解説◆

人間関係での失敗談について質問されることは、よくあります。

どんな仕事でも人間関係はつきものですし、自分を客観視し、うまくコミュニケーションを取れる人を採用したいと思うものです。

人間関係の失敗談について、周囲の人や物のせいにすることは論外です。
自分で物事を解決できずに、他者のせいにする人だと思われるからです。

今回の例では、自分の弱い部分を見つめ直し、改善の為に勉強・努力したことが含まれています。

その為「自分を客観視できること」と「勉強熱心であること」をアピールできます。

【ケース2】 失敗にめげずに、倍以上の成果を出したことをアピール

「面接官質問例」
仕事を行ってきたうえで、最大の失敗経験はありますか?

「回答例」
お客様から発注をうけた商品を、実際には少なく納品してしまいました。
私の発注ミスです。

そのお客様は、重要な緊急工事でその商品を使いたかったので、納期も待てないと激怒されました。

反省しましたが、ここで終わらせてはならないと思い、代用品で緊急入手できる商品は無いかと、インターネットや実店舗は勿論、様々な取引先にも駆け寄りました。

その結果、代用品が見つかり、すぐにお客様のもとに届けました。

後日お詫びとともに、今回のミスについて、次回からの対策方法をご説明し、もう2度と同じ間違いはしないと約束しました。

その後、地道にお客様と向き合った結果、大きなプロジェクトで使用する部品一式をまとめて発注してくださり「全部任したから、この予算内で全て揃えてほしい」と仰ってくださりました。

実はこのお客様は、以前はポツポツと仕事をくださる程度でしたが、このことをきっかけに継続して大量発注をいただけるようになりました。

◆解説◆

失敗した際に、落ち込んだままで終わったり、逆に開き直って終わる人もいます。

こういった人は、失敗からの進歩を見いだせないことが多いものです。

しかし失敗に対して、それ以上の成果をもたらす人は評価されます。

現段階で未完成な部分が多々ある人でも、失敗をバネにし成長できる人であれば、会社もその「伸びしろ」に期待し、採用となるケースも多々あります。

今回の例では、失敗だけで終わらず、次の1歩を踏み出す姿勢を見せているので「失敗にめげない人物」であることもアピールできています。

また失敗をきっかけに、倍以上の成果を出すことに成功しているので、会社に貢献できる人物であることもアピールできています。

【ケース3】 失敗経験から自己分析をし、短所を克服したことをアピール

「面接官質問例」
これまでの仕事経験で失敗したことを教えて下さい。また、それをどう乗り越えてきましたか?

「回答例」
上司から頼まれていた、大事な取引先への資料作成をすっかり忘れていたことです。

お客様との約束時間1時間前に上司から聞かれて気づき、大慌てで部署内の人間3人に手伝ってもらい仕上げました。

私は「後でやろう」と先回しにしてしまう傾向がありましたが、このことをきっかけに自己を見直すことにしました。

今までは、やらなければならないことは頭に入れているだけでしたので、全てノートに書きだし、終わったら消すということを徹底するようにしました。

また、この中でも優先順位をつけたり、いつまでにやらなければいけないかについても記載するようにしました。

これを行うようになってから、ミスの数はぐんと減り、やらなければいけないことを忘れるということは無くなりました。

◆解説◆

失敗体験と同時に、自分の短所についても示しています。

短所を自覚していることにより、失敗経験から自己分析したことをアピールできています。

また自己分析だけに終わらず「それを基に今後どうしたら良いか?」と自分で問題提起をし、解決に向けて努力し、克服したことを伝えることができています。

解決方法の具体的内容を説明することで、説得力も出てきます。

このことにより、指示待ち人間ではなく「自発的に行動できる人間」であることもアピールできています。

失敗例を思いつかない場合はどうする?

どんな人にも失敗体験はあるものですが、失敗例を思いつかないという人もいるでしょう。

その場合には、下記について考えてみると良いでしょう。

  • 頑張った出来事について
  • 悔しかった出来事について

頑張った出来事について

学生時代に部活動に打ち込んだり、受験勉強を頑張った経験はないでしょうか?

このような経験の裏では「体力作りの為に毎日10kmのマラソンを行った」とか「苦手な英語を克服する為に率先してネイティブと会話した」などの努力が隠れているものです。

そういった経験を洗い出していくと、失敗談が隠れていることがあります。

悔しかった出来事について

例えば、あなたが社会人になったばかりの頃を思い出してみて下さい。

うまく時間配分ができずに、残業続きで、上司からは叱られていたなんてことは無かったでしょうか?

そのような経験から悔しい思いをしたのであれば「次からはうまくいくようにしたい」と、自分なりに工夫した出来事はないでしょうか?

そのような経験が、失敗談を見つける糸口になることがあります。

まとめ

今回の記事では「これまでの失敗体験を教えて下さい」と言われた時の正しい回答について、回答例とともにポイントもご紹介しました。

失敗体験を成功に結び付けることを意識すれば、面接官に良い印象を持ってもらえるでしょう。

失敗体験を棚卸することにより、自分自身を見つめ直すきっかけにもなりますので、対策を練ることがムダになることはありません。

今回ご紹介したことを参考にしつつ、面接突破ができれば幸いです。

コメント