中途採用面接の持ち物…何が必要なのか?

時間を気にしているスーツを着た若い男性 面接対策

書類選考に通過をし、いよいよ面接。どんな質問がされるのかなど、準備をしたりすると思いますが、意外と困ってしまうのが面接当日の持ち物です。

そこで今回は、面接の持ち物チェックリストをご紹介します。「何を持っていけばいいのかわからない」という方は、ぜひご覧ください。

面接当日の持ち物

こちらでは、面接当日の持ち物をご紹介します。

面接当日は緊張もして慌てがちになりますので、忘れることのないように、持ち物は前日のうちにカバンに入れておきましょう。

筆記用具、スケジュール帳

基本的な筆記用具ですが、ボールペン、メモ帳、鉛筆(シャープペンシル)や消しゴムも入れておきましょう。

中途面接では面接の後半で、面接官への質問タイムがあることが多いので、メモをとると志望度の高さも伝わります。ぜひカバンに忍ばせておきましょう。

場合によって、事前に告知されていなくても、当日筆記試験を受けたり、アンケートに回答することがありますので、鉛筆(シャープペンシル)や消しゴムも持っていくとよいです。

また、次の面接についての話をされることもあるため、スケジュール帳も持っていくとよいでしょう。

持参するように指示されたもの

履歴書やポートフォリオなど、応募先企業から面接当日に持参するように指示されたものです。前日までに作成、印刷するなど忘れないようにしましょう。

提出した書類(履歴書や職務経歴書)のコピー

面接は、履歴書や職務経歴書の内容に進めることが一般的です。自分が書いたことを忘れないよう、提出した書類はコピーをとっておくようにしておくとよいです。特に複数社に応募している場合は、企業によって内容が異なりますので、他社の応募書類に書いたことと混同しないよう、管理をしましょう。

面接会場の地図、交通手段(路線、乗り継ぎ等)

面接会場に行く途中で迷ったり、電車に乗り間違えることのないように、地図や交通機関の乗り換えなどを前日に調べておき、コピーをしておくなどをしておくとよいです。

応募先企業の資料

面接では、ホームページなどで発信されている企業情報は知っているという前提でコミュニケーションが行なわれます。手元に資料を用意しておいて、時間が空いたときに目が通せるようにしておきます。

応募先企業の連絡先、担当者名がわかるもの

交通機関の乱れなど、万が一遅刻する場合や緊急事態にすぐに連絡できるように、事前に連絡先を印刷しておいたり、手帳にあらかじめ記入しておくとよいでしょう。

印鑑(認印可)

まれに、面接当日の交通費を支給される場合があり、印鑑が必要なことがあります。

メイク道具、予備のストッキング(女性の場合)

化粧崩れなどは意外と目立つものです。また、もしもの伝染を防ぐために、予備のストッキングはカバンに忍ばせておくとよいでしょう。

面接時間と場所の確認

面接に行く際には、余裕を持って家を出るようにしましょう。電車が遅延してまったり、道に迷ったりすると時間通りに着かず、焦って実力が発揮できなくなることがあります。そうならないように面接会場の地図や乗り継ぎなどの交通手段などをあらかじめ調べておき、コピーをとっておいたり、手帳やスマホに書いておくと慌てずに済みます。

面接時間、場所には次のことにも気を付けましょう。

  • 遅刻はしない。5分前に受付に到着できるように交通機関を調べましょう。
  • 面接場所の所在地をしっかり確認(勤務地と面接地が異なっていることもあります)。
  • 面接会場の最寄り駅から会場までの道順を確認(マップなどで調べておきましょう)。
  • 当日面接する担当者がどの部署かを確認しておく。

余裕をもって面接にのぞむために、準備をしておきましょう。

応募先企業に関しての持ち物

面接では、ホームページなどで発信されている企業情報は知っているという前提でコミュニケーションが行なわれますので、「知りません」「見ていませんでした」は通用しません。

ホームページや求人情報などをチェックして、事前に情報収集するようにしましょう。資料として、事前にコピーをしておいて、面接前に目を通せるようにしておくとよいです。

また、交通機関の乱れなど、万が一遅刻する場合や緊急事態にすぐに連絡できるように、応募先企業の連絡先や担当者の名前を、事前にコピーしておいたり、手帳にあらかじめ記入しておくとよいでしょう。

面接当日の服装準備

面接当日の持ち物だけでなく、服装も当日までに準備しておくとよいです。一般的なものですが、ご紹介します。

<男性>

服装スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、ベルト、靴下、靴、時計、カバン

    1. スーツはクリーニングされ、シワもなくきれいになっているか、サイズはあっているか
    2. ワイシャツはアイロンがけをしているか、ボタンはとれかけていないか
    3. 靴はきれいに磨かれているか
    4. アクセサリーは結婚指輪以外、身に着けていないか

<女性>

服装スーツ、シャツ、ストッキング、靴、時計、カバン

  1. スーツはクリーニングされ、シワもなくきれいになっているか、サイズはあっているか
  2. ワイシャツはアイロンがけをしているか、ボタンはとれかけていないか
  3. 靴はきれいに磨かれているか、かかとはすり減っていないか
  4. アクセサリーは結婚指輪以外、身に着けていないか
  5. かばんは華美なもの、くたびれたものでないか

服装以外にも、髪型を整えたり爪をきりそろえたりなどしておきましょう。男性はひげを剃る、女性は化粧を濃くしないなど気を付けましょう。

まとめ

中途採用面接の持ち物をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

面接は、だれでも当日は緊張してしまいがちになります。当日に必要な持ち物を知り、前日までに準備をしておくことが大切です。面接場所や交通機関の確認、応募先企業の情報確認をしたものも、持ち物としてコピーしておくことも慌てないように備えておきましょう。

しっかり準備をして、面接に臨んでくださいね。

コメント