転職面接で大切なのは最後の「逆質問」

面接対策

実務経験者を採用することが基本的な目的である転職採用において、採用可否を判断する重要な要素が面接です。

ここでは、転職面接を成功させるためにどのような対応を行えばよいかご紹介します。これから面接を控えている方は是非参考にして下さい。

転職採用の場においては面接が重要なポイントとなる

学歴や資格よりもどちらかというと実務経験を重要視する転職採用においては、応募書類に記載した内容よりもどちらかというと面接時における対応が採用可否を決める大きなポイントになる可能性が高いです。

何故なら、転職採用においては採用側企業はすぐに即戦力として活躍してもらいたいと願っており、応募者のスキルや経験が自社においてすぐに通用するものなのかどうかの判断が重要となるからです。

このような判断は、応募書類に書かれた職務経験や資格だけでは正確に判断することはできず、面接の場における具体的な受け答えが一番の決め手となるのです。

転職採用の面接を上手く対応するためには

転職面接を上手く対応するためには、とにかく面接官の記憶に残ってもらうような対応をすることが重要です。

何故なら、昨今の就職事情において、転職者の中途採用はそれ程沢山行われているわけではありません。

そのため、そのような状況下で採用枠を勝ち取るためには自分の強みを最大限にアピールすることがとても重要だからです。

ただ、勿論悪い対応で目立っても仕方ありませんが、可もなく不可もなくという対応では高い倍率の競争を勝ち抜くことは難しいと言えるでしょう。

面接官の記憶に残ってもらうための必要なこと

転職面接において、面接官の記憶にしっかりと残ってもらうためには志望動機や自己PRを完璧にこなすだけでは足りません。

面接というもののおおよそのストーリーは、履歴書や職務経歴書の内容について一般的な質問を受け、その後に応募者が志望動機や自己PRを述べるというケースが多いです。

しかし、実際においてはここまでの内容で他の応募者に大きな差を付けることはなかなか難しいのが現実です。

勿論、今までの職務経歴が新しい職場で即戦力として使える内容であったり、志望動機が新しい企業をしっかりと研究していることが伺える内容であった場合、面接官からのそれなりの評価を得ることはできるでしょう。

しかし、現実においては面接官はかなり多数の応募者を面接している場合が多く、何人かの面接を終えた後で個々の応募者のプラス面やマイナス面を具体的にどれだけ覚えていることができるかは人それぞれなのです。

面接官の記憶に残ってもらうためのコツ

会社の規模にもよりますが、面接官は1日に何十人という応募者に対して面接を行っている場合が多く、志望動機や自己PRというような誰でも似たような内容の話は結果としてあまり記憶されていないことも少なくありません。

よって、面接官の記憶にしっかりと残ってもらうためのコツは面接の最後に面接官から聞かれる逆質問で如何に自分の強みや経験、個性を上手くアピールすることなのです。

具体的には、面接の最後に何か質問はありませんか、と質問を求められるシーンがありますが、この時にどのような質問をするかで自分の存在感を大きくできるかそうでないかが変わります。

よく、このような投げかけがあったときに特に何も無いです、と答える方もいますが、それは大きなチャンスを無駄にしているのと同じです。

先程も述べたように、面接官は志望動機や自己PRを聞くのには少なからず飽きているところもあるため、この投げかけに対して具体的にどのような質問をしてくるかを興味深く待っている場合が少なくないのです。

逆質問で行った方が良い質問内容とそうでない質問内容

逆質問で行うべき質問内容にはいろいろありますが、あまりに当たり前の内容であったり、会社の事業内容に沿っていない質問は避けた方がよいでしょう。

具体的には、あまりに稚拙な質問は、せっかく期待して聞いているのに拍子抜け感を与えてしまいます。

また、会社の事業内容に沿っていない質問はしっかり企業研修しているのかと疑問に感じられてしまったり、面接官も答えるのに困ってしまい良いイメージにはつながらないのです。

それとは逆に、自分にとって自信があるスキルや職務経歴を具体的に説明し、このスキルが明日からでも発揮できる部署はありますか、という前向きかつやる気のある質問は、そのような部署が無くても好印象は与えますし、もし仮にあればとても強いアピールとなるでしょう。

まとめ

最後になりますが、転職面接を成功させるためには志望動機や自己PRを上手く述べるだけでは完璧な対応であると言えません。

志望動機や自己PRはそれ程他の応募者と差が付けれるような内容ではなく、毎日沢山の応募者の面接を行っている面接官の記憶には残らない場合もあるからです。

そのため、面接官の記憶に如何に残ってもらうようにするためには面接の最後に投げられる逆質問で面接官の心を打つような質問をすることがとても重要です。

その質問内容は例え面接官を一瞬は困らせてしまう内容であったとしても、その内容が今度の会社の今後の方向性に合っていて、かつ前向きな内容であれば面接官の興味を惹くことができるのです。

コメント