「当社があなたを採用するメリットはなんですか?」に対する正しい回答

面接の質問

面接においてごく稀に「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれる場合があります。

そもそも人材にメリットを見出すのは、その会社の人事部や経営陣の仕事で、メリットを就職希望者に直接問いただすのはあまりにも無責任です。

しかし、そういった上から目線の質問でもムッとなって態度を悪くしてはいけません。

面接官があえてストレスを与えて、どのような態度になるのかも見ているので、面接官の思惑にハマらず冷静に対応することが大切です。

そこで今回は、面接官が自社のメリットについて質問する意図から、回答する時のポイント、そして具体的な回答例まで紹介していきます。

「当社があなたを採用するメリットはなんですか?」の質問意図

面接官が自社のメリットについて質問するのには、応募者本人の自信を確認する意図があります。

自分に自信がなければ、その人自身新しいことにチャレンジすることが難しいと考えるためです。

特に、「最近自分に自信がない社員が増えている」と考える企業なら、応募者に対して挑戦的な質問をする場合があります。

そこで自信を持ってメリットを伝えられるような人材なら、採用される可能性は高いと考えられます。

とはいえ、基本的に採用担当者側が上から目線で「雇って代わりに何ができる?」と、挑戦的な質問をしていることには変わりありません。

そのため、挑戦的な質問をされても「わざと挑発しているな」と冷静に判断し、自信を持って回答することが大切です。

そこでムキになって面接官に言い返せば採用は難しくなるでしょう。

採用に際するメリットを聞かれた時の3つのポイント

面接官に「あなたを採用する我が社のメリットは何ですか?」と聞かれた時の回答として、以下3つのポイントがあります。

・前職との共通点を見つけ、自信を持ってアピール
・気を悪くせずに冷静に話す
・メリットが思いつかなければ貢献する意欲を示す

ここからは、それぞれのポイントについて簡単に解説していきます。

前職との共通点を見つけ、自信を持ってアピールする

応募先企業のメリットは、前職との共通点を見つけて自信を持ってアピールしましょう。

前職との共通点は自分が実際に経験している内容なので、明確で疑問を持つ余地のないメリットを明言できます。

たとえば、前職と応募先の企業で、どちらも同じ顧客層をターゲットとした営業を行なっているのであれば、「売上アップできます」とメリットを提示できます。

その売上アップの回答にも、前職の成績という根拠があれば疑う余地はありません。

このように、共通点を見つけるポイントには以下のものが他にあります。

  • 業界の規模
  • 業界の特性
  • 仕事内容
  • 顧客の年代や性別
  • 提供する商品やサービスの特性、単価
  • マネジメント手法

など

これらを意識し、挑戦的な質問には共通点を強みにアピールしましょう。

気を悪くせずに冷静に話す

挑戦的な質問にも気を悪くしないことが大切です。

相手からの上から目線な質問に、ムッとしてしまう人はきっと少なくないはずです。

しかし、面接官は本人の自信のほか、ストレスを与えても冷静に対応できる能力も同時に見ています。

つまり、そこでムッとして態度が悪くなったり、言い返したりすると、不採用にされる可能性が高まります。

そのため、挑戦的な質問にも気を悪くせずに冷静に対応しましょう。

メリットが思いつかなければ貢献する意欲を示す

メリットが思いつかない時は貢献する意欲を示す回答を意識しましょう。

無理に共通点を探せば、メリットにならないことを伝えてしまう可能性があります。

たとえば年齢層が高い企業に対して「私が入社して事業所の平均年齢を引き下げます」としても、面接官にとってはメリットに感じられません。

それよりも、「私は過去に高い営業成績を収めていたので、そのコミュニケーション術を武器に、御社の取引先との関係性を良好なものにします」などと、自分がその会社に貢献する意欲を示した方が、面接官から好印象を持たれます。

「当社があなたを採用するメリットはなんですか?」に対する正しい回答例

【回答例】

結論を言いますと、御社へ入社後に即戦力となる強みが思いつきません。ですが、私には前職の営業で培った高いコミュニケーション術があります。そのコミュニケーション術を武器に、営業成績は常にトップでした。御社での業務内容は営業ではありませんが、御社の取引先だけでなく、社内における人間関係を良好に保つ自信があります。社内の団結力は企業のスピード感や生産性にも影響するものだと考えているため、企業全体を支える人材を獲得できることが御社が私を採用するメリットです。

【解説】
挑戦的な質問に対しては基本的に強気で答えるのがベターです。

ただし、無理な回答をすれば、「具体的にどんなメリットが?」などと問われ、結果的に悪い印象を与えてしまう可能性があります。

また、メリットについて聞かれれているのに対し、「メリットがあると言っていただけるよう頑張ります」などと確実性のない弱気な回答も評価としては高くありません。

そのため、自分の強みや前職との共通点をネタにし、自信を持って回答することが大切です。

まとめ

面接で「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と質問されたら、応募者本人の自信とストレス耐性が試されています。

人材にメリットを見出すのは人事部・経営陣の仕事なので、応募者本人が「自分がここで働くメリットってないのかな?」と下向きに考える必要はありません。

そのため面接官からあえて挑発されていると捉え、冷静に対応しましょう。

コメント