転職面接で「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞かれた時の正しい回答例

面接の質問

転職面接で「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞枯れたらどうしますか?
良く面接で聞かれるこの質問。

現在、転職活動を行っている状況で急に5年後どんな仕事をしたいかと言われても、答え方が難しいと悩まれる人もいるのではないでしょうか。

面接の質問はそれぞれ意味があり、この質問にも面接官が聞く理由があります。

急に聞かれて、しどろもどろにならないように事前に回答の準備をしておきましょう。

そこで今回の記事では、転職面接で「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞かれた時の正しい回答例についての解説です。

具体的には、

  • 面接で「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞く理由
  • 「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞かれた時の回答例

これらの内容を紹介していきますので、これから転職面接を控えている人は、ぜひ参考にしてください。

面接で「今のあなたの課題はなんですか?」と聞かれた時の正しい答え方
面接で「今のあなたの課題はなんですか?」と聞かれた時、どう答えるのが正解か自信がありますか? 「一応、考えてはいるけど正解かどうかはわからない」 「どう答えたら良いのか全く検討もつかない」 こんなふうに悩んでいる人は、少なくな...

「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞かれる理由

まずは、転職面接において「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞かれる理由を解説します。

理由を把握しておくことで、面接官が応募者の「何を聞きたいのか?」がわかるので、自ずと答え方も見えてくるでしょう。

仕事と成長に対する意欲を知りたい

面接官は「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞くことで、「応募者の仕事と成長に対する意欲がどれだけ高いのかの確認をしたい」と思っている可能性があります。

高い成長意欲を持っている応募者は、それだけやる気があると見なされ、入社してからの活躍も期待できることでしょう。

日々漠然と与えられた仕事のみをこなすタイプの人や、ひとまず目先のお金や安定を求めている人は、質問に対して意欲的な答えをするのは難しいはず。

5年後の自分の目標やビジョンを明確に答えられる人は、それを達成するために日々自身の頭で考え、努力を怠らないでしょう。

より意欲が高い応募者の方が、今後の成長も早くなるといった期待が持てるのです。

この質問をすることで、高い成長性を持って、長期的に働いてくれる人材かどうかを、企業は知りたいのです。

長期的に働く意思があるのかを知りたい

「5年後どんな仕事をしたいですか?」と面接官が聞く理由の1つに、長期的に働く意思があるかを知りたいというものがあります。

人材を採用する際、企業が懸念している「短期退職」のリスクを減らすためにこの質問をするのです。

例えば、給料が良い求人の場合、応募者の中には「手っ取り早く稼いで起業資金に充ててやろう」などと考えている人もいるかも知れませんし、「1年後には留学に行きたいから早くお金が稼げる仕事をしたい」という人もいるかも知れません。

企業からしてみれば、経費と労力を割いて研修をし、やっと一人前になってきた頃に辞められるのが最も損失が大きいもの。

面接官がこの質問をするのは、5年後のビジョンを明確に答えられなかったり、しどろもどろになったりする人を見分けることで、長期的に働く意思の無い人材をふるいにかけて短期退職を防ぐという理由があると考えられるでしょう。

募集するキャリア志向がマッチングしているかを知りたい

企業は「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞くことで、募集しているキャリア志向とマッチングしているかの確認を行います。

転職面接における一般的なキャリア志向には「スペシャリスト」と「ゼネラリスト」の2つがあり、応募者がどちらを目指していて、それが欲しい人材とマッチングしているか確認をしたいと思っている可能性があります。

スペシャリストとは

「スペシャリスト」とは、特定の業務範囲に特化し、専門的な力を上げていくことで技術の向上や資格の取得をするなどのキャリア志向を言います。

つまりプレイヤーとして、現場での仕事をやり続けるといったイメージを持っていただければOKです。

ゼネラリストとは

「ゼネラリスト」は、広範囲の知識や技術を経験する人材です。

多くの経験を積むことから、先々にマネジメントを手掛ける「役職者」を目指す人が多いといえます。

企業はどっちの人材が欲しい?

企業側は今回の募集で、どちらを必要としているのでしょうか。

もしかすると、スペシャリストとゼネラリストの両方を必要としているのかもしれませんし、どちらかかもしれません。

大切なのは、企業の事業内容や、求人の募集要項から企業側の意図を読み取ることが大切です。

もしわからなければ、転職エージェントに聞くのも手でしょうし、ストレートに面接で聞いてみても良いでしょう。

自分としても、自分の進みたい将来と企業の求めているものが違ったら、入社した後やりにくさを感じるはず。

このように、キャリア志向が企業の求めている人材と大きく異なると、お互い良い結果にならないので注意をするようにしましょう。

「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞かれたときの回答例

それでは「5年後どんな仕事をしたいですか?」の、具体的な回答例を紹介していきます。

この例を参考にして、自分の状況に置き換えて回答を考えてみてください。

スペシャリストが求められているときの回答例

スペシャリストは、高い専門性を持って、現場の仕事を推進していくことが求められる人たちです。

技術職や営業職など、専門性の高い職種を応募する場合は、以下を参考にして答えを考えてみてください。

5年後には、営業成績が常にトップでいられるような存在でいたいと考えています。

そのためには、お客様から感謝を受け、リピーターを獲得し常に選んでもらえるような営業マンになることが必要だと考えます。

お客様の立場になって、その時の最高と考えるサービスを提供することで、お家族やご友人などを紹介していただけるような関係を築きたいと思っています。

そのためには、前職とは業種が違うこともあり、まずは先輩方の営業方法を真似していくことが大切だと思っています。

その中で、今までの自分なりの経験を活かし、常に顧客目線を大切にしてトップ営業マンでいられる仕事がしたいと思っています。

ゼネラリストが求められているときの回答例

以下の回答例は、将来的な役職候補者を募集している際に有効なものです。

募集要項に店長職や管理職がうたわれている場合は、こちらを参考に回答を考えてみてください。

5年後は、役職者としてチームを引っ張っていけるような仕事をしていたいです。

5年後は、私の年齢は30歳を超えており、社会人経験も10年を超えることから、自分だけの仕事をこなしていればいいという立場ではいけないと思っています。

そのため、後輩や部下の育成をしながら、チームをマネジメントして、成果を出せるような仕事をしたいと思います。

もしご採用いただいた際は、一つ一つの仕事に手を抜かず、必要な努力を怠らずに、部下が『こんな人になりたいと』思ってもらえるような役職者になりたいと思っています。

転職面接で「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞かれた時の正しい回答例・まとめ

転職面接で「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞かれた時の正しい回答について解説してきました。

最後にポイントをまとめてみましょう。

  • 「5年後どんな仕事をしたいですか?」と聞く理由には、仕事と成長に対する意欲と、キャリア志向がマッチングしているか確認をしたい
  • キャリア志向には一般的に「スペシャリスト」と「ゼネラリスト」がある
  • 企業の求めているものを察知して答えを導き出そう

「5年後どんな仕事をしたいですか?」という質問の答えを考える際のポイントは、企業が求めている5年後のあなたと、あなたが求めている5年後のビジョンがマッチしているか?という点です。

企業の求めているものに合わせるのも良いですが、それだと入社してからギャップに悩まされる可能性も。

そのため、「5年後どんな仕事をしたいですか?」という問いに対しての答えは、面接で答えるためだけに考えるのではなく、自分の目標やビジョンを明確にするためにも真剣に考えることをおすすめします。

そうすれば、より良い回答ができるだけでなく、今後の転職活動の成功の糧にもなるはずでしょう。

 

コメント