リクルートエージェントの面談で失敗を防ぐ方法!

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは求職者に対して求人情報を紹介しています。

求人情報を紹介してもらうためにはリクルートエージェントの面談を受けて、自分の思いを伝える必要があります。

リクルートエージェントで面談を受けることに不安があるという方もいるのではないでしょうか。

そこでリクルートエージェントの面談で失敗を防ぐ方法を解説していきます。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

リクルートエージェントの面談で話すこと

まずはリクルートエージェントの面談で話すことについて説明します。

話す内容はある程度予め決めておくことが重要となります。

転職理由や過去の実績を伝える際のポイントも詳しく解説していきます。

転職理由

転職するからには何らかの理由があるはずなので、それを伝えることは非常に重要となります。

生半可な気持ちで転職を考えているわけではないことが、どこまで伝わるかによってその後の求人紹介に影響を及ぼすことがあります。

一般的な転職理由として挙げられることとしてはスキルアップ、待遇アップ、新しい業種へのチャレンジ、ライフスタイルの変化などがあります。

リクルートエージェント側が妥当であると判断できる理由であれば、利点の多い求人情報を紹介してくれる可能性が高まります。

転職理由と前職の退職理由には表裏一体の関係がありますが、それぞれ説得力の高い内容を話せるようにしておくことが重要となります。

今後のキャリアプラン

リクルートエージェントには今後のキャリアプランを伝えることが大切です。

ただ転職するだけという姿勢では、これから仕事をしていく心構えとしては弱いと判断される可能性があります。

それゆえに自分が今後どのように進んでいきたいのか、キャリアプランを立てておくことが大切です。

キャリアプランを立てる際には自分の将来の姿を想像することが重要となっています。

実際にその通りに進むかどうかは別として、志をはっきりと持っていることを示すことが有効といえるでしょう。

キャリアプランは人生設計とのリンクが重要となります。

例えば10年後にはどのくらいの年収を目指すのか、何故その年収を目指す必要があるのかなど、リアリティのあるプランを示すことが出来れば有利となる可能性が高いです。

過去の実績

転職においては過去の実績がカギとなります。

リクルートエージェントに自分の過去の実績を話しておくことにより、実績を生かせる会社を紹介してもらえる可能性が高まります。

ただ、人によっては自分には実績がないと感じている方もいるかもしれません。

しかし、何らかの仕事をしていたという経験は十分に実績といえる要素です。

何か特別な結果を残していなかったとしても、どのような経験を積んできたのかを話すことでリクルートエージェント側がそれを実績と見なす可能性もあります。

もちろん、明白な結果を残している場合はそのことを伝えることが大切です。

それが転職に有利となるケースも珍しくありません。

前会社の退職理由

リクルートエージェントの面談では前の会社を退職した理由を伝えることも重要となります。

退職理由として多いものとしては人間関係の問題、給与面、休日の少なさなどが挙げられます。

真っ当な理由があって退職した場合は何の問題もありません。

しかし、理由があいまいな場合は印象が悪くなる恐れもあります。

特に入社してから退職するまでの期間が極端に短い場合は注意が必要です。

転職理由ばかりを優先しすぎてしまい、退職理由が明白でないという方もいますが、誠実な求職者であることを示すためにはどちらもはっきりとさせることが重要となります。

リクルートエージェントの面談準備

ここからはリクルートエージェントの面談準備について紹介していきます。

面談を受ける前に準備しておかなければいけないことがいくつかあります。

面談準備をしっかりと行っておくことは当日安心して面談を受けることにも繋がります。

履歴書と職務経歴書を先に送っておく

リクルートエージェントの面談前には履歴書と職務経歴書を送っておく必要があります。

求人情報を紹介する基準ともなるため、非常に重要といえるでしょう。

面談で話す内容と履歴書、職務経歴書の内容はかみ合っている必要があります。

もしも、履歴書や職務経歴書と食い違う内容を面談で話してしまった場合、どちらかが間違っているということになるので信用性が失われます。

それゆえに履歴書と職務経歴書を書くときには、面談で話すことまで全てを踏まえておくことが大切です。

担当コンサルタントに転職の希望を出しておく

面談前には担当コンサルタントに転職の希望も出しておきます。

どのような業種の企業に転職したいかを明らかにすることが大切です。

希望が細かければ細かいほど、転職先の候補が減っていくことになります。

転職先の候補を多くしたいからと言って、転職希望をあまりに大雑把にしてしまうと、こだわりがないと思われてしまうこともあります。

明白に自分の希望をはっきりとさせておくことで、転職への思いの強さを表すことも大切です。

自分の中で転職活動についてだいたいのあらましを決めておく

転職活動は業界研究や企業研究に始まり、面接の申し込み、面接と続いていくことになります。

どのタイミングで前の職場を退職するかも重要な問題です。

自分の中で転職活動についてのあらましを決めておくことが有効となります。

転職へのビジョンが見えていないと、それがリクルートエージェントの面接においても露見することになりかねません。

誰に聞いても応えられるほど、転職のビジョンを明白に持っておくことが大切です。

時には自分が考えていたプランが間違っていたというケースもあります。

その場合は転職活動の中で修正していくことが大切です。

たとえ後に修正することになったとしても、あらましを予め決めておくことには大きな意味があります。

面談時の服装は?

ここからはリクルートエージェントの面談の際の服装について紹介していきます。

服装が与える影響は決して少なくないので注意しておく必要があります。

問題のない服装を準備することで安心して面談に臨むことが出来ます。

オフィスカジュアルでOK

リクルートエージェントの面談においては、企業への面接時のような格好をしていく必要がありません。

昨今、よく見かけるオフィスカジュアルで行くのが無難といえるでしょう。

オフィスカジュアルはいくつかのパターンがありますが、スラックスとブロード生地のシャツさえあればすぐにオフィスカジュアルの雰囲気を出すことが出来ます。

靴はビジネスシューズが無難ですが、革のスニーカーなどでも違和感がないケースもあります。

面接時の服装アドバイスが欲しい方はスーツで

企業への面接時にどのような服装で行けば良いのか分からない場合は、リクルートエージェント面談の際にスーツで行くのが有効となります。

スーツで行くことによって服装に関するアドバイスをしてもらいやすくなるからです。

一口にスーツと言ってもカラーやデザインなどに違いがあります。

どのスーツが良いか悩んでいる場合はリクルートエージェントに相談することが大切です。

面接を意識して清潔感のある服装を

面談や面接の際の服装において重要となるのは清潔感です。

例えば、アイロンをかけたシャツとくしゃくしゃのシャツでは前者の方が清潔感が出やすくなります。

特にビジネスで使用されることの多いブロードの生地はシワが目立ちやすいので注意しておきましょう。

また、毛玉などが付いている場合は可能な限り、取り除くことが重要となります。

面談のために新しいスーツを下ろす必要は基本的にありませんが、必要に応じてクリーニングに出しておくことも選択肢の1つといえるでしょう。

カラーも印象に大きな影響を与えます。

白や黒、グレー、ダークブランなど派手さのない色を選ぶことが有効です。

オフィスカジュアルは多くの職場で許容されている服装の1つなので、この機会に一式そろえておくことも決して無駄ではありません。

面談時間は60分から90分ほど

リクルートエージェントとの面談時間は60分から90分となっています。

面談時間としてはやや長めといえるかもしれません。

それほど様々なことを話すということでもあります。

リクルートエージェントとの面談は転職活動の起点にもなりえる要素なので、じっくりと面談してもらえることは大きなメリットといえるでしょう。

面談は求職者が自分の思いをエージェントに伝えることも大切ですが、同時にエージェントが求職者に対してアドバイスをする機会でもあります。

1分1秒を重要と考えて臨む必要があるといえるでしょう。

内容によっては90分を超えることもあるので、時間に余裕をもって計画を立てておくことが大切です。

リクルートエージェントの面談の流れ

ここからはリクルートエージェントの面談の流れについて紹介していきます。

実際の流れを知っておくことで、いざ面談を受ける際に困る可能性を減らすことが出来ます。

これからリクルートエージェントの面談を受けようと考えている方に役立つ内容となっています。

リクルートエージェント本社、支社に到着

リクルートエージェントの面談を受けるためにはリクルートエージェントの本社、あるいは支社に行く必要があります。

予定の時間よりも5分前から10分前くらいに到着することが大切です。

遅刻してしまうと、企業との面接の際にも遅刻するのではと思われてしまいます。

それゆえに遅刻は何としても避けなくてはなりません。

しかし、早ければ早いほど良いというわけではなく、少し早い位の時間帯がベターです。

それゆえに5分前や10分前に到着することが重要となります。

ただ、あまり訪れたことのない場所の場合は迷ってしまうこともあるので、余裕をもって出発することが大切です。

転職活動において気になっていること

リクルートエージェントとの面談は相談の機会でもあります。

それゆえに転職活動において気になっていることは聞くようにしましょう。

気になっていることを積極的に聞くことにより、転職活動への意欲を示すことも出来ます。

面談の中でエージェント側が質問がないか尋ねてくることがあるので、その時に何も思いつかないということがないようにしておきましょう。

ただし、少し調べればわかることを聞くと勉強不足と見なされてしまう恐れがあるので、ある程度は自分で調べておき、本当に分からない部分を聞くことが重要となっています。

スキルの棚卸し

リクルートエージェントとの面談において、自らのスキルを説明することは大切ですが、その際にはスキルの棚卸しをすることも重要となります。

スキルの棚卸しとは、自分の持っているスキルのうち、今回の転職において要になると考えるものを吟味することを言います。

いくらスキルをたくさん持っていても、その時の転職に生かせそうもないものばかりをアピールしてしまうと、あまり有効性が見えてきません。

しっかりと的確なスキルの棚卸しをすることが重要となっています。

希望条件の確認

リクルートエージェントの面談では、事前に出した希望条件の確認もなされます。

希望条件に問題がないか、具体的にはどういうことかといったことをチェックされます。

希望条件に基づいた質問がなされるケースもあるので、しっかりと準備をしておくことが大切です。

厳しい条件を挙げている場合は、条件のすり合わせを行うケースもあります。

希望条件の中で譲れない部分とそうでない部分をはっきりさせておくことが有効です。

希望条件が大まかだった場合は、面談の中で具体性を高めていくケースもあります。

求人の紹介

リクルートエージェントとの面談がある程度進んでいくと、求人情報を紹介してもらうことが出来ます。

求人情報を紹介してもらうことはリクルートエージェントを利用する上での大きな目標といえるでしょう。

そのために紹介された求人情報を詳しく確認することが大切です。

求人情報を確認する際には良いところだけを見るのではなく、悪いところも見ておかなければなりません。

求人情報に対して気になったところはリクルートエージェントに質問しましょう。

リクルートエージェントは転職情報に関するスペシャリストなので、様々な質問に詳しく答えることが出来ます。

どんな求人情報を紹介された場合でも、正直に自分の意見を伝えることが大切です。

遠慮してしまうと理想的な転職が出来ない可能性が高まってしまいます。

転職活動のアドバイス

リクルートエージェントとの面談では転職活動のアドバイスを受けることが出来ます。

転職が初めてという方にとっては、転職について分からないことが多いケースも珍しくありません。

転職を円滑に成功させるためのアドバイスをしてもらうことが重要となります。

リクルートエージェントと求職者の最大の違いは、実際の転職をたくさん見てきたかどうかです。

リクルートエージェントは多種多様な転職をその目で見ていて、成功例も失敗例もたくさん知っています。

そういった人物からアドバイスを受けられることは大きなメリットといえるでしょう。

教えてほしいことに関しては予めまとめていき、聞き漏らしのないようにすることが大切です。

リクルートエージェントの面談を受けた方の口コミ

男性 30代

私は製造業の営業マンとして働いていました。しかし、ノルマがあまりにも厳しかったので転職することを決意しました。その際に利用したのがリクルートエージェントです。
リクルートエージェントとの面談の際には、退職理由を伝えなければなりませんでした。私は正直にノルマが厳しかったことを伝えました。
このような退職理由ではダメなのではという思いもありましたが、担当の方は理解を示してくれたので良かったです。
リクルートエージェントとの方との面談の中で最終的な希望の条件を固めていき、3つの求人情報を紹介してもらうことが出来ました。私はその3つの中では最も緩やかな環境を確保している企業を選ぶことにしました。
今では転職も完了し、新しい環境で働くことが出来ています。年収は以前とほとんど変わりませんが、負担は大幅に少なくなりました。リクルートエージェントのおかげで転職を成功させることが出来たと感じています。

男性 20代

私は新卒で働いていた職場を5年で辞めました。スキルアップのことをあまり考えてくれない会社だったからです。しかし、5年で辞めたということは転職に不利な要素となってしまうのではという不安もありました。リクルートエージェントの方に相談すると、5年前後で仕事を辞めてしまう方はそれほど少なくないことを知り、ほっとすると同時に新しい職場への意欲がわいてきたのを覚えています。転職活動のノウハウなど、細かいことを教えてもらった上で求人情報を紹介してもらいました。今は既に新しい職場で働いていますが、その職場は私のスキルアップも含めて考えてくれています。リクルートエージェントのようなサービスがなければ、転職を円滑に進められたかどうかわかりません。そういったことからリクルートエージェントに相談して良かったなと感じています。

まとめ

リクルートエージェントとの面談では自らの転職への意欲が伝わるように心掛けることが大切です。

ただし、企業への面接とは違い、面談には相談という側面があります。

リクルートエージェントの方は積極的に転職支援を行ってくれます。

気になったことは何でも聞くことが重要といえるでしょう。

リクルートエージェントとの面談が終わってから言い忘れたことに気づくといったことがないように、事前に話す内容をまとめておくことが大切です。

コメント