明治へ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

明治大企業への転職

株式会社 明治は食品メーカーとして古くから有名で、毎年多くの転職希望者が集まる企業です。

ライバルとなる転職希望者が多いだけに、何をどのように進めていけば転職活動が上手くいくのかわからない方や、そもそも何から手をつけていいかわからない方などもいるのではないでしょうか?

そこで今回は、明治への転職を検討している方に向けた情報を項目ごとに紹介します。

自身の能力・知識で転職が可能かどうかを判断できるよう、募集されている職種や実際に働いていた方々の口コミ情報なども含まれています。

明治の企業概要

株式会社 明治は1917年に設立された、乳製品やお菓子などの製造・販売を行っている企業です。

製造・販売されている食品の種類は豊富で、中には、古くから多くの購入者に愛されているものもあります。

本社は東京都内にあり、従業員数は10,000人を超えています。

事業内容

明治が展開している事業は食品関連がメインとなっており、日本人の食を支える事業となっています。

各事業では豊富な種類の食品が製造・販売され、どれも世代を超えて愛される製品です。

では、具体的にどのような事業が展開されているのか、代表的な事業を3つ紹介します。

発酵デイリー事業

この事業では主に乳製品に関わる食品の製造・販売が行われています。

具体的には、牛乳やヨーグルトなどの品質の維持や製造・販売です。

さらに、牛乳や乳製品を毎日自宅へ届ける宅配サービスまで展開され、より多くの方が明治の食品を楽しむことができます。

加工食品事業

この事業は乳食品やフローズンデザート、調理食品などの製造・販売がメインです。

これまで長い間、明治が培ってきた食品製造に関する技術を駆使して、購入者のあらゆる生活シーンに合わせた食品が研究されています。

販売されている食品には、チーズやマーガリン、レトルト食品などがあります。

栄養事業

栄養事業では、世の中の健康志向が高まっていることを背景に、長い経験で得た食品に関するノウハウを利用して、あらゆる世代の人の健康を守る食品を製造・販売しています。

具体的には、体作りや健康維持のためのスポーツ栄養食や粉ミルク、美容と健康を維持する美容食品などがあります。

トップのメッセージ、企業理念

平素は当社の商品にご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

当社は明治グループの食品事業を担う企業として、牛乳、ヨーグルト、チーズ、アイスクリーム、チョコレート、栄養食品など、おいしさと栄養価値にこだわった商品・サービスを、赤ちゃんからお年寄りまであらゆる世代のお客さまに提供しております。

おかげさまで多くのお客さまに支えていただき、2016年10月に創業100周年を迎えた明治グループは、次の時代に向けて新たな歩みを進めております。

社員一同お客さまへの感謝の気持ちを常に抱き、新たな100年も研究開発をはじめさまざまな面でイノベーションの実現と挑戦を続けて常に一歩先を行く価値をご提案することで、お客さまの「健康な食生活」に貢献してまいります。

会社概要

会社名株式会社 明治
所在地〒104-8306東京都中央区京橋二丁目2番1号
資本金336億4千万円
事業内容牛乳・乳製品、菓子、食品などの製造販売等
従業員数10,673人(2018年3月31日現在)

明治採用職種・仕事内容

明治では、取り扱っている食品の研究や製造に関わる専門的な知識が必要な職種や、販売に関わる職種などがあります。

転職時はどこに応募するのかを決めるためにも、募集職種をチェックしておくことが重要です。

具体的にどのような職種があるのかを、一つずつ見ていきましょう。

生産技術

生産技術の仕事は、工場内の生産工程を設計したり、生産ラインが問題なく稼働するかを管理したりすることです。

生産工程の設計は工場で製品を量産化するための仕組みを検討し、実際に工場へ導入します。

そして、生産ラインの管理では高品質の製品を安定的に製造できるよう管理し、問題があれば見直しを行います。

給与

  • 修士了235,000円 (2017年度実績)
  • 学部卒217,000円 (2017年度実績)

エンジニアリング

エンジニアリングは、明治が生み出す製品を製造している工場の設計から立ち上げ、管理までを全て行います。

例えば、生産を安定的に行うため、生産設備を定期的にメンテナンスし、異常があれば改善します。

さらに、より効率的な生産を実現するため、改良も行います。

他にも、工場内へ必要なエネルギーの安定供給や、ユーティリティ設備のメンテナンスなども仕事です。

給与

  • 修士了235,000円 (2017年度実績)
  • 学部卒217,000円 (2017年度実績)

研究開発

研究開発は安心や安全、健康などをベースに、食の基礎研究や商品開発研究などを行っています。

基礎研究では購入者の年齢や食べるシーンに合わせて食品の栄養設計に関する研究を行い、商品開発研究ではニーズに合わせた製品の開発が行われます。

給与

  • 修士了235,000円 (2017年度実績)
  • 学部卒217,000円 (2017年度実績)

事務

事務の仕事は、経営効率を高めるため今後の事業戦略や既にある仕組みを改革し、経営資源を有効活用することです。

具体的には、経理や人事、総務などの仕事を行います。

それぞれの分野においては専門知識が求められ、積極的な行動力が必要です。

給与

  • 修士了235,000円 (2017年度実績)
  • 学部卒217,000円 (2017年度実績)

営業

営業では、購入者の声に基づいた製品の売り方を、各取引先に提案することです。

製品によってコンビニやスーパーなど様々な場所で販売されるので、各売り場の特徴を活かしたスタイルで提案します。

また、営業が収集してきた購入者からのデータを他の部署と共有し、連携を取りながら新しい商品開発を行うこともあります。

給与

  • 修士了235,000円 (2017年度実績)
  • 学部卒217,000円 (2017年度実績)

酪農(原料調達)

酪農の仕事は製品に使用する良質な原料乳を安定的に調達することです。

明治グループは全国各地の酪農家とパイプを持っているため、この職種の社員が交渉取引を行ったり、品質向上の相談などをしたりします。

給与

  • 修士了235,000円 (2017年度実績)
  • 学部卒217,000円 (2017年度実績)

明治の給与・年収

食品業界の中でも、従業員数や売上、市場規模などから見て規模の大きな企業となっている明治。

この規模の企業への転職で気になるポイントとして給与や年収があります。

ここからは、明治の平均給与や、給与に関する競合他社との比較などを紹介します。

全体の平均年収

明治で働く従業員全体の平均給与は、有価証券報告書によると959万円でした。

過去5年の平均給与を見てみるとほとんど横ばいとなっています。

また、過去5年間における平均給与の最低価格と最高価格の差は30万円程度です。

年代別の年収

年代年収
20~24歳635.2万円
25~29歳800.7万円
30~34歳912.5万円
35~39歳995.9万円
40~44歳1075.6万円
45~49歳1129.5万円
50~54歳1170.2万円
55~59歳1159.5万円
60~64歳883.3万円

明治の競合企業と平均年収比較

会社名年収
明治959万円
森永乳業700万円
雪印メグミルク627万円
山崎製パン559万円
ヤクルト本社744万円

明治と他の競合企業の平均年収を比較すると、明治が最も高いということがわかります。

2番目のヤクルト本社と比較しても約200万円以上の差がありました。

古くから多くの人たちに根付いた製品を販売し、安定した利益を得ていることが影響しているようです。

さらに、専門的な知識が必要な職種が多く、従業員に求められる能力が高いため、その分給料が高い傾向にあります。

給与に関する口コミ・評判

基本給は毎年アップしてもらえるので、長期的に勤めていきたいと思っています。さらに、日頃の成果もボーナスに反映されるので、モチベーションにすることができます。

昇給試験を受けるにはいくつかの段階が必要ですが、自分が成長できていると実感できます。

給与水準は高いので、社内で嫌なことがあっても頑張ろうと思えました。

職分は細分化され、その職種の勤続年数により給与が上がって行きます。給与に関しては年功序列となっています。

残業は推奨されていないため、しっかり稼ぎたいと考えている方には向いていないかもしれません。

明治の福利厚生制度

明治には従業員がリフレッシュできるための福利厚生制度の他に、子供が生まれた従業員が働きやすい環境を整えるための制度も充実しています。

ここの段落からは従業員にも人気の高い、代表的な福利厚生制度を4つ紹介していきます。

育児勤務制度

この制度では、子供が生まれた家庭を対象に、希望者には出産から2年間は部署の異動を制限することができます。

会社都合で転勤が発生したり、別の事業所へ出向したりするといったことで子育てを阻害しないように、従業員をサポートする制度となっています。

この制度は男女共に利用することが可能です。

育児粉ミルク支援

育児粉ミルク支援とは、子供が生まれたばかりの従業員に対し、明治が製造・販売している粉ミルクを支給する制度です。

子供にかかる金銭的な負担を軽減してもらうことができるため、人気の高い福利厚生制度となっています。

カムバック制度

何らかの理由(育児や介護)で会社を退職しなければならない場合であってもカムバック制度を利用すれば、会社に戻ってくるという意思を伝えておくことで復職が可能になっています。

復職したい気持ちを尊重してくれる制度となっているため、従業員は安心して働くことができます。

契約保養施設

明治は全国各地に保養所を持っており、従業員であれば利用できる権利があります。

具体的には、 ラフォーレ倶楽部や東急ハーヴェストクラブなどを利用できます。

それぞれ、事前に予約しておくことでいつでも利用可能です。

福利厚生に関する口コミ・評判

有給休暇が取りやすく、仕事に影響がなければ自由に取れます。

これまで他の会社に所属したことがないので比較することはできませんが、仕事環境は清潔に保たれていた好感が持てます。社内環境が清潔なので社員も意識が高くなっています。

提携しているアミューズメントパークのチケットを割引価格で購入することができます。さらに、株主優待券も用意されているので、金銭的な負担が楽になります。

医療費の手当が充実している他、住宅手当も出してもらえるため、家族を持つ私としてはありがたいです。

就業時間外でも自分のデスク以外(会議室や打ち合わせ室など)も常にきれいに保たれ、ゴミの分別もしっかり行われていたため、働きやすい環境となっています。

 

勤務時間・休日休暇

明治では社員がライフスタイルに合わせて働けるように、適切な勤務時間を設定し、休日・休暇を取得しやすいようになっています。

これらのポイントは入社した後にどのような働き方をするか想定しておくためにも、事前に把握しておかなければならない内容です。

実際に、どのような環境になっているのか見ていきましょう。

リフレッシュ休暇

明治の社員であれば、35歳、45歳、55歳になった年にリフレッシュ休暇を取得することができます。

具体的には、5日間以内の休暇と、休暇中にリフレッシュするための支援金を受け取れます。

長期的な旅行や家族サービスに利用する方が多くいます。

短時間勤務

子供がいる家庭を対象に、短時間勤務の申請を会社が認めた場合、子供が小学校を卒業するまで残業や休日出勤などが免除されます。

勤務時間を少しでも短縮することにより、子供に何かあってもすぐに対応することができるため、社員は安心して働くことが可能です。

産前産後休暇

妊娠がわかった女性社員は体調不良や出産・育児を理由に、産前産後休暇を取得することができます。

さらに、法律で定められた期間よりも長く取得できる他、休暇中は給料も全額支給されるため、金銭的な負担が少なく済みます。

勤務時間と休日

明治の基本的な勤務時間は9:00~17:40と定められ(事業所により異なる)、残業が発生した場合は申請した残業時間分の給料が支払われます。

休日は土・日・祝日である他、年末年始や夏期なども休暇があります。

また、明治では社員のワークライフバランスに配慮しているので、長時間労働や休日出勤などを削減するよう取り組んでいます。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

OJTを担当してくれた先輩社員が育児時短制度を積極的に利用していました。また、業務によりますが、週休2日制は守られています。

残業時間が月20時間を超えないように、上司に調整してもらえます。さらに、社内でノー残業デーが導入されているなど、提示内に帰りやすい環境が整えられています。

当時、仕事を教えてくれていた先輩社員が育児時短制度を利用して早く帰っていましたが、引き継ぎが必要だったので困りました。女性社員にとっては勤務時間が調整しやすいのは嬉しいと思います。

社内には女性が安心して働けるように、産前産後休暇が導入されています。私がこの制度を利用するようになって、初めて必要な制度だと実感できました。

社内の教育・研修制度

  • 階層別研修プログラム
  • リーダー育成研修プログラム
  • キャリア研修プログラム
  • 酪農実習
  • MR研修

明治では、社員の年代や個人のキャリアアップを尊重した研修・教育制度が用意されており、必要に応じて自身のスキルを向上させることができます。

また、職種に応じた研修プログラムも用意されているので、未経験で入社したとしても働く上で必要な能力を身につけられます。

教育・研修制度に関する口コミ・評判

私が所属していた部署では入社3年目になるまで研修がありました。しっかりと研修を受けることができるため、仕事への不安はありませんでした。さらに、今後のキャリアを考えるための研修もあります。

この会社には新人から中堅クラスの社員までがしっかり成長できる制度が充実しており、入社年数に応じて教育してもらえます。

私の部署は電話で購入者からの問い合わせに対応することが仕事だったので、商品知識や言葉遣いに関する研修を3ヶ月しっかり行ってもらえました。

研修施設の中には宿泊可能なところまであり、ホテルのようでした。どのクラスの社員でも利用できるので、私は積極的に利用してスキルアップを図っています。

職場の雰囲気や社風

職場の雰囲気・社風は自身が働きやすい環境かどうか、将来的に成長していきやすいか、といったことを知るためにも確認しておかなければならないポイントです。

ここから紹介する雰囲気や社風は一通りチェックして、後悔のない転職活動を行いましょう。

ワークライフバランスを重視した働き方

従業員が健康的に仕事に取り組めるよう、明治ではワークライフバランスを重視した働き方が取り入れられています。

例えば、長時間労働を削減するために、一定の労働時間を超えた社員がいれば、上司と面談する時間を設けて今後の働き方を相談することができます。

さらに、年次有給休暇の取得を促進させるよう、各事業所で施策が進められ、誰でも気軽に取得できる雰囲気が仕上がりつつあります。

お互いに助け合いながら仕事ができる

社員同士の繋がりが強く、個人というよりもチームで仕事を進めていく雰囲気となっています。

また、若手の社員が困っていれば、先輩社員がフォローにまわるような協力体制が敷かれているので、転職後でも安心して働くことができます。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

育児に力を入れたいと思っていた時期、育児勤務制度が用意されていることは凄い安心感がありました。

どの部署に配属されたとしても優しい先輩・社員がいてくれるので、頼りやすい環境です。

入社するまでは仕事優先な方が多い印象でしたが、入社してからはワークライフバランスを意識している方が多いと思いました。プライベートも充実させることができる会社です。

社内では個人の力だけではなく、チームで切磋琢磨して精査を出す環境です。チームメンバーがいればお互いに高め合うことができるため、積極的に成長できます。

チームを大切にしつつ、自分が困っていれば先輩・上司へ気軽に相談可能です。チーム全体で仕事に取り組んでいると感じられ、やりがいを感じられました。

明治への転職で役立つ転職サイトorエージェント

明治の選考には、書類選考やWebテスト、面接など突破しなければならない関門がいくつかあります。

これらの選考を勝ち抜いて転職を成功させるには、転職サイト・エージェントに登録することが効果的です。

ここからは、明治の求人や転職に役立つ情報も掲載されている転職サイト・エージェントについて解説します。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは中途採用や第二新卒の転職に関する求人情報に力を入れており、豊富な求人が掲載されている他、転職に有効活用できるコラムなども掲載されています。

また、自分を客観的に見つめ直し、アピールポイントを探すことができるグッドポイント診断というサービスも展開され、転職活動に役立てられます。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容
リクナビNEXTは国内最大級の転職サイト。国内最大級がゆえ抱える求人数も膨大です。リクナビNEXTの、他にはないメリットとデメリットを調べてみることにしましょう。

エン転職

エン転職

エン転職では毎日新しい求人が更新され、食品業界である明治の求人も含まれています。

また、転職活動の基礎知識や面接時の心得、履歴書の作成方法などをQ&A方式で紹介してくれているため、転職活動に関してわからないことがあれば解決に導くことができます。

エン転職の口コミ・評判 サービス内容
大手転職サイト、エン転職のメリット・デメリット、サービスまで説明したページです。業界最大手のリクルートにはかなわないものの、エン転職もかなり大きく、使いやすいサイトとなっています。

食品業界CAREER

食品業界CAREER

この転職エージェントは食品業界に特化した転職サービスを展開しています。

食品業界への太いパイプがあり、扱っている求人の7割以上は非公開求人です。

さらに、キャリアアドバイザーは食品業界の専門知識を持っています。

食品業界に属している明治への転職を検討している場合は、有効的なアドバイスをもらうことができます。

まとめ

明治で募集されている職種には専門的な知識・スキルが求められることが多い他、選考方法の種類もいくつかあるため、個人で転職活動を進めることは難しくなっています。

しかし、転職サイト・エージェントを利用すると転職活動に有利な情報を集められるだけでなく、食品業界に特化した転職サイト・エージェントであればより有効的なアドバイスをもらうことができます。

転職活動を効果的に進めるため、これらのサービスを利用することを検討しましょう。

コメント