マツダへ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

大企業への転職

日本を代表する自動車会社であるマツダ。

特に、自動車会社に転職を希塑している場合、ほとんどの人が候補として考える会社でないかと思います。

ただ、大企業ですので転職は簡単にはいかないでしょうし、転職活動をどのように進めていくべきか不安ですよね。

そこで、少しでも転職の手助けとなるように、ホンダの事業内容や採用職種、給料などの情報を載せました。

転職を検討する上で必要な情報がこのページに集約されていますので、参考にしてください。

目次

マツダの企業概要

一番初めに、マツダの企業概要から見ていきましょう。

事業内容

マツダといえば自動車の販売・製造が主な事業になりますが、その他にもさまざまな事業を展開しています。

全て挙げると多くなってしまうので代表的な事業を挙げています。

自動車の販売・製造

マツダは、お客様と強い絆で結ばれた「マツダプレミアム」を目指すとうたっています。

「走る歓び」の実現のために常に挑戦をし続け、マツダ独自のブランドを確立しています。

2017年の総生産台数では昨年比1.4%増の160万7千台強を記録し、6年連続で前年比を上回りました。

今後ますますマツダの自動車は注目を集めそうです。

中古車の販売

マツダは、新車だけでなく中古車の販売にも力を入れています。

中古車の中でも、専門スタッフによる厳しい品質チェックにより選び抜かれた車両には状態、年式、距離に応じて「マツダ認定U-carプレミアム」と「マツダ認定U-car」の2つのグレードを設定し、確かな品質の中古車を提供しています。

オートリース

オートリースとは、希望の車両を一定期間、月々一定の価格で継続的に貸し出すことです。

主に法人向けが主流で、利用割合は年々伸び続けています。

マツダは、お客様のニーズに合わせて充実した内容のオートリースを提供しています。

トップのメッセージ、企業理念

2018年3月期は、中期経営計画「構造改革ステージ2」の下、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立する魅力ある商品をお届けするとともに、全領域でビジネスの質的成長を目指し、ブランド価値のさらなる向上に向けて取り組んでまいりました。

グローバル販売台数は、前期比4.6%増の163万1千台と過去最高の販売台数となりました。

売上高は台数増加や為替相場の円安影響により、前期比2,597億円増の3兆4,740億円となりました。営業利益は前期比207億円増の1,464億円となりました。

当期純利益は前期比183億円増の1,121億円となりました。

2019年3月期は、販売強化および収益改善の施策として、商品改良モデルや次世代商品の投入、新型「CX-8」をオーストラリア、中国など海外市場へ導入するほか、生産面においても、防府第2工場の2直(昼・夜勤)化により、クロスオーバー系車種の生産体制の柔軟性強化を推進していきます。

「構造改革ステージ2」の最終年度となる2019年3月期の経営指標につきましては、グローバル販売台数は目標の165万台を超える計画で、自己資本比率は目標を若干下回るものの着実な改善が進む見通しです。

一方、売上高営業利益率は、主に米国での台数・収益の未達に加え、環境対応コストや米国の販売ネットワーク改革に伴う費用などにより、5%以上の目標に対して3.0%にとどまる見通しです。

現在、「構造改革ステージ2」を踏まえ、次期中期経営計画を策定しています。

このたび、次期中期経営計画の公表に先立ち、持続的な成長に向けた基本的な取組みの方向性として、「今後の取組み方向性」を公表しました。

マツダは、今後3年間を、2022年3月期以降の本格的成長に向けた「足場固め」の期間として位置付け、年間5万台の台数成長を実現しながら、次世代商品、新技術の開発・導入による商品競合力の向上や、米国を中心とした販売ネットワーク改革の加速に取り組みます。

加えて、トヨタ自動車株式会社などとの相互協力を推進し、米国新工場の稼働を契機に2024年3月期には200万台生産体制の構築を目指していきます。

今後も、環境・安全性能に優れた商品の導入等を通じ、地球環境保全や安心・安全な社会の実現といった社会的課題の解決と中長期的な企業価値向上の両立を目指していきます。

また、株主・投資家の皆様への適時・適切な情報開示と建設的な対話の充実を図るとともに、持続的成長と中長期的な企業価値の向上に向けてコーポレートガバナンスの充実に継続的に取り組んでまいります。

会社概要

会社名マツダ株式会社
所在地〒730-8670広島県安芸郡府中町新地3番1号
資本金2,589億5,709万6,762円
事業内容自動車の販売や修理、中古車の販売・特装車の販売、自動車部品・用品・レジャー用品の販売、損害保険・生命保険の代理店業務、 車両リース、不動産の 運用、管理レンタカー事業
従業員数単体合計:22,121名(男性:20,129名女性:1,992名)(出向者含む)
連結合計:48,849名

マツダ採用職種・仕事内容

では、マツダではどのような職種を募集しているのでしょうか。

さまざまな職種がありますので、その一部を紹介します。

自動・運転技術/Mazda Co-Pilot Concept実現のための研究開発

マツダは、人間を中心に考える独自の自動運転技術開発コンセプト「Mazda Co-Pilot Concept(マツダ・コ・パイロット・コンセプト)」に基づいて研究開発を進め、2025年までに標準装備化を目指しています。

現在、自動運転技術は各自動車メーカーで開発が進んでいるので、今後注目が集まる分野といえるでしょう。

仕事内容は、ドライバ状態推定業務、経路自動生成業務、地図自動生成業務(高精度自己位置推定含む)、車両制御システムモデル、シミュレーション、車両レベルでの性能評価業務などです。

制御工学、ロボット工学、数理統計学、機械学習、強化学習、深層学習、ディープラーニング、人工知能などに関する知識や業務経験が必須となります。

給与

  • 月給:20万円以上(経験・能力を考慮し優遇)
  • 想定年収:400万円~800万円(経験・能力を考慮し優遇)
  • 昇給年1回、賞与年2回、通勤費支給、各社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)完、退職金、独身寮(家賃月2万円)など

自動車製造の生産管理・物流業務

自動車製造において、生産管理部門と物流部門の2つの部門でそれぞれ募集を行っています。

生産管理部門は、販売計画に沿って必要なときに必要な分だけ製品を生産するよう管理する仕事です。

納品先と打ち合わせをし、納期や納品する数量を決め、製造スケジュールを組みます。

また、国内外の工場の生産性を高め、かつ柔軟性を保つよう計画を立案し、管理します。

部品の調達のための物流構築やデータベースの設定・管理といった業務もあります。

一方、物流部門は、生産拠点からお客様へ完成車をお届けするための物流網の検討・運用を行います。

マツダでは多くの車メーカーと異なり、工程ごとに専任化せず、SCM全体にかかわれることが特徴。

生産拠点からお客様に届くまでの「全体の最適化」を追求する業務です。

必須となるスキルは生産管理、物流何れかの経験や英語力(目安:TOEIC500点以上)です。

給与

  • 月給:20万円以上(経験・能力を考慮し優遇)
  • 想定年収:400万円~800万円(経験・能力を考慮し優遇)
  • 昇給年1回、賞与年2回、通勤費支給、各社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)完、退職金、独身寮(家賃月2万円)など

自動車の品質(安全や環境)に関わる法規対応業務

品質部門のミッションは、お客様にお届けする1台1台の品質にこだわり、安心・安全に「走る歓び」を体感頂く為にグローバル全体で開発製造における品質を磨くことです。

仕事内容は、現地当局への市場措置対応や環境対応などの届出業務、社内関係部門を巻き込んで、海外市場からの情報収集と対応を推進することがあります。

また、現地当局に出向き、結果を報告すること、市場品質問題の改善業務に対し、法規解釈をもとにした適切な対応を示すことなどです。

必須となるスキルは、品質関連の経験者で車に関わる何らかの機能の検査業務経験があることや国内外の自動車関連の法規の知識があることになります。

さらに、英語力(読み書き・メールやりとり程度の能力)が必要です。

給与

  • 月給:20万円以上(経験・能力を考慮し優遇)
  • 想定年収:400万円~800万円(経験・能力を考慮し優遇)
  • 昇給年1回、賞与年2回、通勤費支給、各社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)完、退職金、独身寮(家賃月2万円)など

デジタルマーケティング企画・戦略推進(グローバル市場対象)

マツダ車ユーザーとのつながりを強化していくためには、グローバル規模でデジタルマーケティング戦略を推進していく必要があります。

デジタルマーケティングのプラットフォームを構築し、それらをグローバル市場に展開、運用していける人材が求められています。

仕事内容は、UX/CX戦略の立案やデジタルコンテンツ/アプリケーションの企画開発 及び海外リージョンへの展開、効果検証/分析等です。

デジタルマーケティング領域に関する何らかの知識経験が必須となります。

また、グローバル市場を対象としているので英語力もあればさらに活躍が見込めるでしょう。

給与

  • 月給:20万円以上(経験・能力を考慮し優遇)
  • 想定年収:400万円~800万円(経験・能力を考慮し優遇)
  • 昇給年1回、賞与年2回、通勤費支給、各社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)完、退職金、独身寮(家賃月2万円)など

EV/PHEV用インバータ制御開発

マツダは、2019年以降順次、マツダオリジナルのEV、プラグインハイブリッド車を市場投入する計画を立てています。

その計画の実現に向けて、更なる開発の加速とより良い車作りを進めるために、車づくりを担う人材を募集しています。

仕事内容は、電気駆動システムの最適機能配分によるシステム構築、および高密度高効率インバータの開発や電気駆動システムの総合制御、およびインバータ制御開発、電気駆動システムのプラントモデル、およびインバータ特性、変換損失、熱伝達、NVなどのモデルベース技術開発です。

パワーエレクトロニクスに関する何らかの開発経験が必須となります。

給与

  • 月給:20万円以上(経験・能力を考慮し優遇)
  • 想定年収:400万円~800万円(経験・能力を考慮し優遇)
  • 昇給年1回、賞与年2回、通勤費支給、各社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)完、退職金、独身寮(家賃月2万円)など

サプライチェーンをはじめとする業務アプリケーションの企画開発・アプリケーションアーキテクト

マツダは、数年前より、システム開発の生産性を10倍にすることを標榜し、データモデリング、アーキテクチャー設計を取り入れて、超高速開発、標準化/共通化/モデル化が実現でき始めています。

その各システムの開発や基盤構築・整備の加速に向けて募集を行っています。

仕事内容は、各種システムの企画・設計・構築・運用・保守(領域例:需要予測・生産計画・調達・購買・物流・倉庫管理・原価計算・会計)やアプリケーションアーキテクチャーの設計です。

何らかの情報システムの企画・開発・保守等の実務経験(3年以上)が必須となります。

給与

  • 月給:20万円以上(経験・能力を考慮し優遇)
  • 想定年収:400万円~800万円(経験・能力を考慮し優遇)
  • 昇給年1回、賞与年2回、通勤費支給、各社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)完、退職金、独身寮(家賃月2万円)など

マツダの給与・年収

転職を考えるときに外せない条件が年収ですね。

マツダの年収を見ていきます。

全体の平均年収

マツダの全体の平均年収は680万円でした。

5年前よりも100万円近く上がっており、増加傾向にあります。

年代別の年収

年代年収
20~24歳382万円
25~29歳566万円
30~34歳661万円
35~39歳714万円
40~44歳760万円
45~49歳835万円
50~54歳885万円
55~59歳829万円
60~64歳531万円

マツダの競合企業と平均年収比較

企業名平均年収
トヨタ自動車831万円
日産自動車818万円
マツダ680万円
三菱自動車工業667万円
スズキ657万円

マツダと、他の自動車業界で平均年収を比較します。

マツダは、トヨタ自動車、日産自動車よりは低く、三菱自動車工業やスズキよりは高いです。

トヨタ自動車は自動車業界の中でトップで、従業員数が多く規模も大きいため年収も高いのでしょうね。

マツダの平均年収は、競合企業の中ではおおよそ真ん中に位置していると言えます。

給与に関する口コミ・評判

トップの評価によって給料にも差が出ます。自分の頑張りが給料アップにつながってやる気が出ます。

残業することもありますが、残業代は1分単位で細かく計算されるので、何の不満もありません。

マツダは大手の自動車会社だけあって、給料も毎年安定していますし、ボーナスも多いです。

マツダの福利厚生制度

仕事をする上で福利厚生の制度も気になるところです。

代表的な制度を見ていきます。

「マツダフレックスベネフィット」というユニークな制度

毎年、フレックスベネフィットという数万円分のポイントが支給され、自己啓発費用や家賃、書籍やパソコンの購入、旅行などに利用できます。

しかも、1年で使い切れなかったポイントは次年度に繰り越せるので非常に使い勝手が良いですね。

社内託児施設

本社敷地内に「わくわくキッズ園」という社内託児施設があります。

子育てしながら安心して仕事に取り組むことができます。

独身寮

公共交通機関を利用し、会社から通勤に1時間以上かかる場合、入寮することができます。

寮には卓球台やトレーニング器具などのレクリエーション施設があり、食堂やランドリも備えてあります。

一人暮らしの方はとても助かりますね。

クラブ・サークル活動

社外活動が盛んで34の部が活動を行っています。

また、部活動以外にも職場でフットサルチームを作るなど、職場以外で同僚と交流することができます。

仕事以外でコミュニケーションをとることは大事なことなので、積極的に活動に参加するのが良いですね。

福利厚生に関する口コミ・評判

たくさんの福利厚生の制度が設けられていて、社員が働きやすい環境が作られています。

託児所が併設されているのがとてもありがたいです。そのおかげで育児と仕事の両立が図れています。

住宅手当はありませんが、フレックスベネフィットと呼ばれる数万円のポイントが毎年手に入ります。家賃にも使えますし、自己研鑽の費用にも充てられるので使い道が多いです。

勤務時間・休日休暇

ここでは、マツダの勤務時間や休暇制度について見ていきます。

勤務時間

  • フレックスタイム制(コアタイムなし)
  • 標準労働時間:1日8時間
  • 平均的勤務開始時間:8:15~9:00

休日・休暇

  • 週休2日制(当社カレンダーによる)
  • 年次有給休暇(半日有給制度有)

※年数回土曜・祝日出社あり、年間休日121日(GW・夏季・年末年始等)

時間外労働はあるか

部箸にもよりますが、時間外労働がある部署が多いです。

もちろん時間外労働手当はつきます。

ワークライフバランスの促進

マツダは、かねてより社員のワークライフバランスの実現に向けて積極的に取り組んでおり、育児休職や介護休職、在宅勤務制度などさまざまな制度を利用することができます。

2007年度には子育て支援などへ積極的に取り組む企業として認定され、「くるみんマーク」を取得しています。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

定時で帰りやすいです。定時退社日が設けられているので、周りの人に気を遣う必要がないのも良いです。

休日を取らずにいると、上司から取るように促されます。だから、毎月定期的に休みを取ってリフレッシュしています。

うちの部署では遅くまで残業をすることが禁止されています。職場全体で効率よく仕事ができるように工夫をしています。

社内の教育・研修制度

  • マツダ・ビジネスリーダー開発(MBLD)
  • グローバルビジネスリーダープログラム.
  • グローバル生産拠点人材育成プログラム
  • 階層別研修
  • 役割研修

社員一人ひとりが成長・活動目標を持ち、それを実現できるようにさまざまな教育・制度が設けられています。

教育・研修制度に関する口コミ・評判

教育や研修への理解が高く、会社が費用をサポートしてくれるのでスキルアップを目指したい人にとっては最高です。

研修に参加している人と仕事についてさまざまなコミュニケーションをとることで、自分の仕事の仕方を見直す良い機会となっています。

研修に参加してさまざまな知識を得たことによって、今までよりも広い視野で仕事に向き合えるようになりました。

職場の雰囲気や社風

これまでマツダの年収や勤務時間、教育制度について見てきましたが、実際にマツダで働くにあたって、職場の雰囲気がどのようなものかも気になりますよね。

マツダの職場の雰囲気や社風について見ていきます。

最適な仕事や環境を提供する人事制度

社員が職場で最大限の力を発揮できるように、マツダでは「とびうお亅という人事制度があります。

「とびうお」は「選択と自己実現亅「ワークライフバランスの促進」「人・仕事・処遇の最適なマッチング」の3つを柱としています。

従業員一人ひとりを大切にしている姿勢がこの制度から伝わりますね。

キャリアミーティングの実施

年に4回、全社員を対象に上司と部下の話し合いの場を設ける「キャリアミーティング」を実施しています。

上司と部下が対立したり、別の方向に進んだりしてしまうと仕事は円滑に進みません。

この「キャリアミーティング」はお互いの理解と納得に基づいて目標設定を行うので、職場全体で協力しあいながら仕事を進めることができます。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

自分を迫い込み、成長できる職場だと実感しています。若いうちから色々とチャレンジができ、やりがいを感じます。

部署間の隔たりがなく、他部門の人ともコミュニケーションをよくとっています。

社員同士の距離感が近いです。みなさん本当に車が好きで、情熱を持って仕事に取り組んでいます。

マツダへの転職で役立つ転職サイトorエージェント

マツダについての情報はこれで終わりですが、転職する上で気になることや不安なことがまだまだあると思います。

冒頭でも少し述べましたが、マツダほどの大企業への転職は簡単にはいきません。

そこで頼りになるのが転職工一ジェントです。

転職工一ジェントは、登録をすると無料で転職相談に乗ってくれたり、企業の求人紹介や面接の対策など転職に必要なサポートをしてくれたりします。

また、表には出ていない非公開の求人情報を見つけてくれるので、より自分に合った転職先を見つけることができます。

これらのサポートを無料で行ってくれるのですから使わない手はないです。

ただ、一口に転職エージェントと言ってもさまざまなものがあるので、その中のいくつかを紹介します。

doda

転職者満足度NO.1のdodaはおすすめです。

業界最大級の求人数を誇り、doda限定の求人惰報があるのも魅力的です。

転職するのに何から始めればいいのかわからない人にとって、とても頼りになるエージェントです。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

BIZREACH

「年収600万円以上の方に支持される転職サービス」とうたっており、各業界トップクラスの求人情報が集まっています。

年収が高い求人が多いので、キャリアアップを図りたい’人にとっては最適の転職工一ジェントです。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介
『即戦力!』というCMでも話題のビズリーチ、高年収や役員向けの求人に特化した転職サービスですが、本当にハイクラスな求人が見つかるのだろうか?と、評判が気になりますよね。 そこで今回は、ハイクラス向けの転職求人サービスのビズリーチの評判...

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職者の約8割が使っており、転職決定数はNO.1です。

匿名での利用が可能で、まだ転職をするかどうかわからないが、情報収集はしたいという場合でも気軽に活用できるところが良いです。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容
リクナビNEXTは国内最大級の転職サイト。国内最大級がゆえ抱える求人数も膨大です。リクナビNEXTの、他にはないメリットとデメリットを調べてみることにしましょう。

まとめ

以上、マツダへ転職する時に役立つ情報を見てきましたが、いかがだったでしょうか。

大企業への転職はハードルが高いですが、大企業で働くことは自分をさらに成長させてくれますし、とてもやりがいを感じられると思います。

採用職種は多岐に渡るので、今までの自分の経験やスキルを見つめ直してどの職種が自分の力を発揮できるか考えてみてください。

さらに、転職工一ジェントも活用しましょう。

転職が成功することを祈ってます。

コメント