メディカル一光への転職は難しいのか?メディカル一光へ転職したいなら知っておくべき情報

大手調剤薬局への転職

メディカル一光はフラワー薬局を経営している株式会社であり、ハピコムの関連会社としても有名になっています。

調剤薬局で働きたい薬剤師が転職を検討するときにはしばしば候補になるのがメディカル一光ですが、どんな魅力のある企業なのでしょうか。

転職を考えている薬剤師が知っておくと良い情報を一通り手に入れておきましょう。

メディカル一光ってどんな会社?

メディカル一光は医療や介護に関わる様々なサービスを提供している会社であり、本社の住所地は「三重県津市西丸之内36番25号」です。

東京支店と大阪本部も持っていて、三重県を中心として徐々に全国へと事業を展開している段階にあります。

事業内容

メディカル一光が中核に置いているのが調剤薬局事業です。

メディカル一光では三重県津市に第一店舗としてフラワー薬局を開設し、その後に着実に店舗展開を行って中部地方を中心として店舗を増やしてきました。

グループ全体として良質の医療と介護のサービスをより多くの人に提供することを掲げていて、フラワー薬局のコンセプトとしても患者様のことを第一に考えた行動を心がけるように取り組むと明示しています。

安心して利用してもらえるようにするために調剤過誤をなくすための仕組みを作るのに注力していて、薬剤注意プレートの設置やダブルチェクシステムの導入、調剤監査システムの運用などを積極的に行っているのが特徴です。

そして、ホスピタリティを重視してさりげないおもてなしのできる人材を育て上げ、患者様に満足してもらえるサービスを提供するように努めています。

その他事業

メディカル一光では医薬品に関わる事業として医薬品卸事業も行っています。

ジェネリック医薬品を医療機関に向けて販売する方針を取り、数多くのジェネリックメーカーとの提携をしているのが特色です。また、メディカル一光ではヘルスケア事業として介護施設や医療施設についても運営を行っています。

介護施設は介護療養型医療施設などの入居型施設、在宅型の訪問介護や訪問看護などを広く経営し、医療施設では島根県松江市にある病院に不動産を賃貸することで援助しているというのが事業内容です。

この他にもヘルスケア系の企業に投資活動を行うなど、医療や健康に関わる事業を広く展開しています。

店舗数

メディカル一光の経営しているフラワー薬局は全国シェアがあるというわけではありませんが、三重県を中心としてかなりの店舗数を持ってます。

1道2府10県に渡って94店舗があり、そのうちの41店舗が三重県にあるのが特徴です。

メディカル一光の平均年収

年収がどの程度になると期待できるかは転職する上で重要な点です。

メディカル一光の平均年収は2017年では499万円でした。薬剤師の全国的な平均年収が500万円を通常は超えていることを考慮すると、薬剤師としてはやや低めの年収になっています。

年代別の平均年収

年齢年収
25歳336万円
30歳420万円
35歳485万円
40歳553万円
45歳624万円
50歳659万円

年収は年齢に応じて増えていくのが一般的であり、メディカル一光で働いてもその点に違いはありません。年代別に見てみると40歳近くまで働いていれば年収が薬剤師全体の平均並みになるとわかります。

他大手調剤薬局との平均年収比較

“社名 平均年収
メディカル一光499.0万円
日本調剤 557.0万円
メディカルシステムネットワーク 607.0万円
ウエルシア薬局株式会社 451.0万円
総合メディカル株式会社 450.0万円
スギホールディングス 694.0万円

他の調剤薬局と比較してみるとメディカル一光の年収は決して高いとは言えないものの、それほど低くもないでしょう。

業界大手のスギホールディングスや日本調剤、メディカルシステムネットワークなどと比較してしまうと劣ることは否めません。

しかし、総合メディカル株式会社やウエルシア調剤株式会社のような有名な薬局よりも平均年収は高くなっています。

メディカル一光への転職する方法

メディカル一光への転職を検討する上で重要なのがどんな手段を使って転職するかです。

待遇が満足できるものになっていなければ転職を繰り返すことになってしまうリスクがあります。そのような失敗をしないようにするためには何が必要なのでしょうか。

今の満足と不満をリストアップして転職先を決める

転職する上では求人に記載されている条件を見て良し悪しを判断することになります。

その取捨選択の方法として重要なのが、不満点を解消するだけではなく、満足していた点も満たすように選ぶことです。

今まではワークライフバランスを取りやすい職場だったのに、年収が高いのを期待したために残業が多くなったり、日曜出勤が必要になったりしてしまうこともあります。

満足していた条件は失われてみるまで気づかないことも多いので、よく考えて満足していることも不満に思っていることもリストアップした上で求人を吟味しましょう。

薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談する

転職を有利に進めるためには薬剤師転職サイトを最大限に活用するのが大切です。

薬剤師転職サイトでは無料でのコンサルティングサービスを行っているのが一般的であり、会員として登録すると自由に利用できるようになります。

コンサルタントに相談しながら転職活動を進められるようになるのが魅力です。転職する上では不安が多くなりがちであり、本当に今考えている転職方針で良いのか、転職によって不満を解決できるのか、新しい職場に不安要素はないのかといった悩みを持つことは珍しくありません。

そのほとんどはノウハウや情報の不足によるものなので、薬剤師の業界に強いプロのコンサルタントに相談すれば払拭することが可能です。どんな悩みでも無料で相談できるのがメリットなので、重要な後ろ盾として活用しましょう。

メディカル一光の採用方針

メディカル一光に転職するときに大切なのが採用方針を理解しておくことです。

どんな薬剤師が求められているかがはっきりとわかると、メディカル一光に採用してもらえるようになるにはどうしたら良いかがわかってきます。

メディカル一光の求める人材

メディカル一光で求めている中途採用の人材はホスピタリティを持っている薬剤師です。

医療は高度な接遇業という考え方を持っているのがメディカル一光の特徴であり、経営しているフラワー薬局ではホスピタリティを重視しています。

設備面やシステム面では独自性の高い安全対策が行われているので調剤ミスなどのリスクをあまり心配になる必要はありません。

むしろ重要なのが患者様がこの薬局を選んで良かったと思ってくれることであり、そのための細やかでありながらもさりげないおもてなしの精神を持つことが求められています。それを自然に行える素養を持っている人こそメディカル一光で必要とされている薬剤師です。

メディカル一光の研修方針

メディカル一光では新入社員研修の徹底に加えて、薬剤師教育セミナーを年に一回、集合研修として実施しているのが特徴です。

研修認定薬剤師研修、外部講師による講演会、各店舗や事業部ごとに行われる研究発表会という三部構成でスキルアップと情報交流を徹底して行い、全体として最新の医薬品情報や技術情報を共有することを目指しています。

この他にも職務レベルや年次に応じて選べるスキルアップの研修を受けられる他、既卒者には習熟フォローとして最初の二ヶ月間は専属の指導員により指導を受けられるシステムがあるのが特徴です。

メディカル一光で働く社員達について

メディカル一光で働く社員にはどんな感じの人が多いのでしょうか。

年齢層や転職してメディカル一光で働いている人の様子について見ておきましょう。

メディカル一光の社員平均年齢

メディカル一光の2017年における平均年齢は36.1歳でした。

一般的な調剤薬局とはそれほど大きな違いはありません。

メディカル一光へ転職・入社した社員からの評判・口コミ

メディカル一光に転職して働いている人には様々な状況の人がいます。

働いているとどのような印象を受けるのでしょうか。口コミの様子を確認してみましょう。

勤務薬剤師38歳女性非常勤辰川美里

私は調剤併設型のドラッグストアの大手で働いていましたが、少し仕事の時間を減らしてプライベートを楽しみたいと思い、非常勤で働ける調剤薬局を探しました。非常勤での募集があって近くにある薬局だったというのがフラワー薬局を選んだ理由です。時給が高くないのは仕方がないという気持ちで転職しましたが、現場に出てみると出勤の要請が多くてあまりプライベートを充実させることができていません。ただ、落ち着いた環境がある職場なので居心地が良く、新しい働き方として悪くはないと思うようにしています。

勤務薬剤師28歳女性正社員橋本みどり

私は三重県の出身で実家から通えるところで働きたいと考えて転職することにしました。もともとは東京の調剤薬局で働いていたのですが、形ばかりの営業スマイルで患者さんに接するのに疲れてしまって故郷に戻ろうと考えたのです。メディカル一光のフラワー薬局を選んだのはホスピタリティを重視している点で共感できたからでした。実際に現場でそれが100%実現できているかというとそうではないものの、最大限の配慮をしてサービスをしようという雰囲気がある現場で満足しています。欲を言えばもっと福利厚生が充実していれば良いとは思いますが、当初の不満は解決できたので後悔はしていません。

メディカル一光への転職で役立つ転職サイト

メディカル一光に転職するときには転職サイトの使い方と選び方が重要です。

何のために転職サイトを使うのかを考えつつ、自分にとって有用なサイトを選び出しましょう。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は安定した利用者満足度をキープしている点でまず選んでおくとよい薬剤師転職サイトです。

人気の理由として大きいのはキャリアコンサルタントによるサポートが細かやなことであり、親切な人が多いことからちょっとした疑問であっても簡単に相談することができます。

転職業界の大手であるマイナビグループが培ってきたノウハウを持っているので履歴書や職務経歴書の作成のサポートもしっかりとしていて安心です。取りこぼしのないサポートを受けたいという人にとってうってつけの転職サイトでしょう。

ファーマキャリア

ファーマキャリアは自分に合っている求人がないときの最後の手段として役に立つ転職サイトです。

コンサルティング力よりもむしろ長けているのが交渉力であり、基本的には個々の希望に限りなく近い形で雇用契約ができるように配慮してもらえます。

この薬局にこだわりたいという希望だけでなく、年収や勤務時間に対する要望も可能な限り交渉してくれるのが魅力です。さらにはどの店舗に勤務したいかなどの細かな希望も通してもらいやすいので、理想的な形で転職するための重要なサポーターになります。

薬剤師転職.com

薬剤師転職.comは薬剤師の転職サイトとしては老舗で実績を十分に持っているのが魅力です。コンサルタントによるサポートが過去の事例に基づいているので信頼性が高く、安心して利用できます。

また、交渉力にも長けているのが薬剤師転職.comのコンサルタントの特徴です。歴史のあるサイトだからこそ薬局とのつながりがしっかりとしていて、優秀な人材をいかに魅力があるかという視点から訴えかけてくれます。

特にキャリアがあるの薬剤師にとっては高い給与で雇ってもらったり、勤務時間や勤務開始日などを都合に合わせたりするのに役に立つでしょう。

まとめ

三重県を本拠地としているメディカル一光は近隣エリアでのシェアは大きいものの、まだ全国的には店舗数があまり多くはありません。転職先として考えるときには自分に合っているかどうかをよく考えた上で応募しましょう。

少しでも有利にしつつ、より良い待遇で採用してもらえるようにしたいと考えたら転職サイトが役に立ちます。どのような形で転職を遂げたいかを考えて、適切な転職サイトのコンサルタントに相談しましょう。

コメント