レバテックフリーランスのサポート内容・口コミ評判

IT転職サイト

レバテック株式会社が運営しているのが、フリーランス向けの案件情報を提供するレバテックフリーランスです。

このサービスが提供しているサポート内容からメリット・デメリット、口コミや判などを徹底解析していきます。

レバテックフリーランスのメリット

フリーランスのエンジニア・デザイナー向けに開発案件を紹介するサービスを展開しているレバテックフリーランスは業界内での知名度も高く、数多くのメリットに溢れる優れたサービスです。

その中でも厳選した3つのメリットをご紹介します。

高単価の仕事が受けられる

レバテックフリーランスを利用する最大のメリットの一つに、高単価の案件が多いことが挙げられます。

レバテックフリーランスでは間に他社を挟むことなく。参画先企業と直接取引をすることで中間マージンが低く抑えられています。さらに企業からの豊富な実績で信頼関係が築かれているため、高単価での発注金額で案件を獲得しています。

このことにより、業界内でも最高レベルの単価を実現しています。そのため、フリーランスへの発注する仕事も高単価になっているのです。

レバテックフリーランスを経由で転職活動をした方は、会社員時代よりも年収が上がった方が多いようです。

サポート体制が充実している

サポート体制が整っていて、優秀な担当者がつきます。レバテックフリーランスのコーディネーターは、毎日のように開発現場に足を運んでいます。

そのため、現場で求められている求人情報が詳細まで分かるので、登録者に対して書面だけでは分からないリアルな情報提供ができています。

また、レバテックフリーランスのコーディネーターは参画前の顔合わせ当日まで手厚くフォローします。他にも契約書類の作成など、事務的な細かい手続きまでバックアップしています。

フリーエンジニアやフリーデザイナーが開発案件に参画したら終わりではなく、その後もコーディネーターのバックアップ体制は続きます。

案件が多くてマッチングしやすい

レバテックフリーランスは関東・関西・福岡を中心に、有名企業からベンチャー企業までさまざまな案件を抱えています。

その数は業界内でもトップクラスで、常時1100件以上の案件を保有しており、年間案件提案数は約81000件、月間新規案件数は400件以上と膨大な件数の仕事を抱えているのも特徴です。

フリーランスが気になる案件数という面で安心感があり、レバテックフリーランスには常に仕事が溢れています。

そして、コーディネーターは年間3000回の企業訪問により、どんな企業がどんな人材を求めているのかを熟知しているので、フリーランスと企業のマッチング精度が極めて高いです。

レバテックフリーランスのデメリット

優秀な担当者による充実したサポート体制で、多数の高単価な月間新規案件を抱えているレバテックフリーランス。

まるでメリットしかないサービスのように感じますが、デメリットといえる側面もあります。次は、レバテックフリーランスのデメリットを2つ紹介します。

担当によっては案件を把握しきれていない人もいる

レバテックフリーランスの担当コーディネーターは熱心で優秀と評判ですが、コーディネーターによっては案件情報を正確に把握しきれていない人もいるようです。

相性が悪かったり、知識などに疑問を感じた場合は、担当の変更を申し出ましょう。

案件数がまだ少ない

常時1100件以上の案件を抱え、年間提案数が8万件を超えているレバテックフリーランスですが、人によってはまだ案件数が少ないと感じる方もいるようです。

急速に成長している会社ですがまだまだ若いので、今後さらに加速度的に案件が増えていくことでしょう。

レバテックフリーランス実際の利用者からの評判

このように、レバテックフリーランスは優秀なコーディネーターが在籍し、高単価の案件を豊富に取り揃えている優れたサービスです。

一方で、コーディネーターによっては知識不足なところがあったり、案件の絶対数がまだ足りていないという側面もあるようです。では次に、実際にこのサービスを利用した人からの口コミと評判を2つご紹介します。

評判1

私は以前、サラリーマンとして企業に勤めていました。企業勤めをしている中でキャリアとスキルは付きましが、自分にとっては働き方が合わず、フリーランスという道を選びました。フリーランスという働き方になってからは仕事を探すことから始めなければいけないので、業界で評判の良かったレバテックフリーランスに登録しました。初めての経験だったので色々と質問があり、残業代はちゃんと出るのか、正社員になって働きたくなった場合はサポートしてくれるのかなど質問攻めにしました。担当のコーディネーターはすべて丁寧に答えてくれたので、安心して案件に参画することができました。案件に参画するまでの流れもすべてサポートしてくれるので、初めて利用する人にも安心して紹介できるサービスだと思います。(20代・男性・エンジニア)

評判2

レバテックフリーランスのコーディネーターは丁寧ですが、対応もスピーディーです。登録してから案件に参画するまで驚くほどの速度で進んでいきました。正直言って他のエージェントも利用していましたが、レバテックフリーランスが一番連絡が早かったです。もう他社を利用しようとは思いません。レバテックフリーランス1本でいきます。(30代・男性・プログラマー)

レバテックフリーランス利用の流れ

それでは、実際にレバテックフリーランスを利用する際の流れをご説明します。

まずWebサイトでの登録からスタートします。登録後、カウンセリングが行われます。カウンセリングでは、担当コーディネーターとの間で案件選びや履歴書の作成など調整と準備が行われます。

そして案件が決まれば参画します。そして参画後も、コーディネーターのサポートがあります。このように、登録をスタートしてから現場に入った後の全ての期間で、手厚いトータルサポートが受けられます。

レバテックフリーランスはどんな人に向いているのか

ここまで、レバテックフリーランスのメリット・デメリット、登録者の口コミと評判、そして利用する際の流れまでをご説明してきました。

次は、レバテックフリーランスを利用した方がいい人、そして向いていない人をご紹介します。

コーディネーターのサポートを受けながら、高単価の仕事を獲得したい方にピッタリ

フリーランスとして働いている人で、高単価の案件を継続的に受けたい方には大変利用価値の高いサービスです。

また優秀なコーディネーターが丁寧にフォローとバックアップをしてくれるので、優秀なサポーターが欲しい人にも向いています。

顔合わせの同席から参画後のフォローまでというのは他のサービスと比較しても相当手厚いサポートなので、フリーランスになりたての人にも向いているでしょう。

コーディネーターのサポートがいらない方には向いていない

レバテックフリーランスのサービスは、担当コーディネーターのサポートが関わってきます。

フリーランスの方に高単価の仕事を紹介するため、豊富な経験と実績のあるコーディネーターがフルサポートします。

彼らはカウンセリングを通して、スキルや実績に人柄などを汲み取り、最適な案件を紹介するために動きます。そんなサポートが逆に面倒で自分で全てをこなしたい方、またサポートが必要ないという方には向いていないと言えるでしょう。

レバテックフリーランス総評

レバテックフリーランスは登録者数3万6700万人を超え、フリーランスのエンジニアの間で業界NO.1の認知度を誇っています。

常時1100件以上の案件があり、高単価の月間新規案件数は400件、年間掲載数8万人を超えるこのサービス。業界でトップクラスの高単価なので、サラリーマン時代と比較して2倍の年収になるフリーランスの方も多く、その登録者は急速に伸び続けています。

コーディネーターのサービスは登録後のカウンセリングから、案件に参画した後までフォローするという万全のバックアップ体制です。フリーランスのエンジニアやデザイナーにとって、全てにおいてバランスの取れた高水準のサービスが受けられる素晴らしいサービスです。

コメント