京都府で転職したい薬剤師必見【高年収求人の探し方】

地域別の薬剤師転職

古都京都としてよく知られる京都府には職人が大勢いて第二次産業が活発に行われています。

古くから住んでいる人が多いエリアも広く、医療の必要性も高いことから薬剤師が働ける職場も多いので転職活動をするには適しているでしょう。

京都府の薬剤師求人にはどんな特徴があるか

薬剤師が京都府で求人を探すときには地域独特の特徴を知っておくことが大切です。

京都府では年収を代表とする待遇や薬局などの分布にどのような特色があるのでしょうか。働きやすくて稼げる転職先を探し出すための基本を学んでおきましょう。

やや低めの年収で足並みが揃っている

京都における薬剤師求人の特徴として、年収の最低ラインの足並みが揃っている点が挙げられます。

ほぼ400万円を最低ラインとしていて、高いところで500万円、少なくても350万円程度を提示しているのが特徴です。京都府で働いている薬剤師の平均年収は506.3万円というのが2017年における統計データであり、全国平均に比べるとやや低い水準になっています。

しかし、ボーナスが高めになっているのでこれから成長していく調剤薬局やドラッグストアなどが目立つと解釈可能です。このタイミングで転職しておくと将来的には大幅に年収が上がる可能性があると期待できます。

調剤薬局は駅前に多い

京都府における求人の状況として調剤薬局が圧倒的多数を占めます。

その地域的な分布は特別に限局しているわけではありませんが、病院前だけでなく駅前にも多い傾向があるのが特色です。

通勤をしている人が通院もしているケースがしばしばあり、便宜を図って主要な駅前にいくつもの調剤薬局が店舗を用意しています。

京都府の優良薬剤師求人

京都府では求人広告に記載されている年収に大きな差はありません。

しかし、中には最低水準が高めだったり、上限がとても高く設定されていたりして高年収を目指せる求人も豊富にあります。どのような魅力のある求人があるのかを具体的に見ておきましょう。

株式会社メディカル一光西陣店

京都市上京区の今出川駅と二条駅の近くにある調剤薬局からの求人です。

調剤業務を中心として平日と土曜日の午前中の勤務で働くことができる職場になっています。

年収は370万円~600万円程度(24歳モデル)となっていて、やや低めのスタートになったとしても、将来的には高い年収で働けるように上限が高めになっているのが特徴です。

年間賞与が4〜4.5ヶ月分も出ているのが魅力であり、今後の成長も期待できる調剤薬局です。教育研修制度が充実していてブランクのある人でもすぐに現場に慣れて働くことができます。

また、薬剤師手当の支給や社宅制度の充実など、様々な福利厚生があるので働きやすくて稼ぎやすいという理想的な職場からの求人です。

株式会社ユタカファーマシー

京都市役所前にあるドラッグストアからの求人です。

調剤併設型なので調剤スキルも求められ、総合科目で対応しているので広い能力があると活躍できます。年収の最低ラインが高いのが特徴であり、年収で500万円~550万円程度となっているのが特徴です。

これが25歳〜30歳モデルなので、じっくりと働いていけばさらに稼げるようになる可能性も十分にあります。週休二日制で日曜日と祝日は休みなのがドラッグストアとしては特色のある点でしょう。

手当も充実していて通勤手当や住宅手当、残業手当だけでなく、資格手当や地域手当、家族手当もあるので収入を増やしやすくなっています。また、社宅・借上制度があるので賃貸生活をしている人にとっては魅力が大きい求人です。

京都府内の優良薬剤師求人の見つけ方

京都府内で優良求人を見つけ出すためにはただ漫然と求人情報を収集しているだけでは不十分です。

積極的に薬剤師転職支援サイトを利用しましょう。薬剤師転職支援サイトの数も増えてきているのでどれを使ったら良いかわからないという人もいます。

そのときにまず考えておきたいのが一つに絞り込もうとしないことです。

薬剤師転職支援サイトを併用する

薬剤師転職支援サイトを利用するときには二つ以上を併用するのが効果的です。

一つしか使ってはならないというルールはなく、自分にとってメリットがあると考えられるサイトには全て登録してしまっても構いません。

そして、それぞれでコンサルティングを受けてみて魅力的な対応をしてくれるところを厳選して利用していけば良いのです。

得意とする部分が異なるから併用が大切

薬剤師転職支援サイトを併用すると良いのは、サイトによって得意とする部分に違いがあるからです。

コンサルティングに強いサイトもあれば、求人の獲得力が優れているサイトもあります。また、コンサルティングの内容も個々に得手不得手があり、ヒアリング力があるサイトもある一方で、調剤薬局などとの交渉力が長けているサイトもあるのです。

その良いところだけをうまくピックアップして利用すると転職を有利に進められます。そのための基本が複数サイトの併用なのです。

コンサルティングを受けると転職後も役に立つ

コンサルティングを受けるのは薬剤師がこれからどのようにして仕事をしていくかを考える上で重要な機会になります。

キャリアアップをしていくのか、安定して働ける職場を探すのか、いざというときに待遇を変更しやすいようにしておくべきなのかといった形で、様々な視点から次のキャリアを考えることができるからです。

そして、それによって選んだ転職先でもし想定していたキャリアアップができないという場合には、キャリアコンサルタントが交渉を行ってくれます。

キャリアコンサルタントによる交渉は転職後にも行ってもらえるので、想定していた通りの待遇で働けるようになるのです。

京都府内での薬剤師転職で役立つ転職サイト

京都府内で転職したい薬剤師にとって役立つ転職サイトはいくつもあります。

その中でも評判が良くて併用するのに適しているサイトを確認しておきましょう。薬剤師から安定した人気のある三つのサイトを紹介しておきます。

マイナビ薬剤師

コンサルティングで受けられるサポートのバランスが良いことで定評があるのがマイナビ薬剤師です。

満足度も業界でトップクラスになっています。非公開求人を多く抱えているため、キャリアコンサルティングを受ける意味が大きいことでもよく知られている転職支援サイトです。

薬キャリ

業界最大手とも呼ばれることがある薬キャリもまた利用者からの満足の声が多い転職支援サイトです。

公開求人数は業界のトップを走り続けていて、京都府でも大手から個人薬局まで幅広く求人を見つけることができます。網羅性の高さでは他のサイトよりも秀でているのでぜひ併用しておきたいサイトでしょう。

ファーマキャリア

コンサルティングを通してオーダーメイドの転職活動を手がけてくれるのがファーマキャリアです。

業界の中では珍しく求人サイトとしては機能していません。必ずスタッフがコンサルティングを行い、徹底したマッチングを行ってくれます。

京都は主要都市としてファーマキャリアの力も強いので転職のときには大きなサポートになります。

まとめ

京都府では求人を比較してもそれほど大きな年収の差が見受けられない傾向があります。

その中からより良い待遇の求人を見つけ出すことが重要なので、非公開求人も持っている薬剤師転職支援サイトを活用するのが重要です。成功を目指すためには積極的に複数のサイトに登録して求人を紹介してもらえるようにすることが欠かせません。

コメント