【転職成功者に聞いた】口コミで評判のいい転職サイト・エージェントランキング

希望別転職サイトランキング

誰しも、利用する転職サイト・エージェントは、利用者からの口コミで評判の良いサイトとエージェントを希望するはず。

確かにその狙いは正しいです。転職サイト・エージェントの真の使い勝手を調べるには、ネット上の特徴や、公式サイトの情報を見ても意味がありません。

ネット上の情報は、サイトがアピールしたい特徴ばかり。多少デメリットが載っていたとしても、それはサイト運営者の想像だったり、他人からの伝聞だったりすることが多いです。

本当に正確な、転職サイトの特色、メリット・デメリットを知りたい方は、「口コミ」で語られている内容を調べるべきです。

そして「口コミ」の評判が良いサイト・エージェントこそ、本当に使いやすい、優良な転職サイトです。

今回はそんな、「口コミ」に焦点をあてて、利用者が残した口コミの評判が良い順にランキング形式でご紹介します。

口コミで評判が良い転職サイトランキング

まずは、利用者が能動的に求人を検索する、「転職サイト」の口コミランキングをみていきましょう

転職サイトの良い口コミを集める要因は、また後ほど説明するとして、さっそく口コミで人気を集める転職サイトのランキングをチェックしてください。

1位 リクナビNEXT

リクナビNEXT

あらゆる転職サイトの中で、もっとも口コミで評判が良いのは「リクナビNEXT」です。

やはりリクルートは強く、リクナビNEXTはその「求人数」が何よりの強み。毎週1000件以上の新着求人のなかから、利用者は自分にぴったりの求人を探すことができます。

その求人の種類の幅も広く、多種多様な業種、多種多様な職業の求人が掲載されています。

サイト上の転職に役立つコンテンツも充実しており、あらゆる面から利用者の転職活動を成功に導きます。

とにかく求人の量・質ともに一級。他のサイトも同時に登録してましたが、結局転職を決めたのはリクナビNEXTからでした。サイトとしてみても、インターフェースがすっきりしていて見やすい。自分で求人を探すタイプのサイトでは、リクナビNEXTを超えるサイトなんてないのでは?

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容
リクナビNEXTは国内最大級の転職サイト。国内最大級がゆえ抱える求人数も膨大です。リクナビNEXTの、他にはないメリットとデメリットを調べてみることにしましょう。

2位 キャリアトレック

キャリアトレックは、求人のマッチングにAIを導入している転職サイト。

サイト内のキャリア診断を受けることで、AIがぴったりの求人を探してきてマッチングしてくれます。

同時に、利用者にスカウトが届くスカウトサービスも対応。

AIによって「求人を探す手間」が減り、スカウトサービスによって求人応募の手間も減る、めんどくさがりのための転職サイトです。

求人の対応地域は全国ですが、比較的若者向けな転職サイトでしょう。

自分がどの会社に転職できるのか、どんな会社に転職したいのか、まだぼんやりだった私にはキャリアトレックはピッタリでした。
キャリア診断で出された情報をもとに転職活動を進めたら、おかげで転職活動が成功しました。自分の転職ニーズを確かめたい方は、ぜひキャリアトレックを利用して見てほしいです

キャリアトレックの口コミ・評判サービス内容
AIのレコメンドなど、独自のサービスを展開しているのが、この「キャリアトレック」です。利用し続ければ続けるほど精度の上がるレコメンド機能、上手に活用してください。

3位 マイナビ転職

マイナビ転職

人材サービス大手「マイナビ」が運営する転職サイトが、「マイナビ転職」です。

他の転職サイトには無い、マイナビ転職独占の求人が80%以上という、求人の質を裏付ける情報もあります。常時求人8000件を掲載しているため、求人の質だけでなく求人の量も多めです。

マイナビ転職利用者は、独自のサービスにより応募書類の添削から面接指導まで、コンサルタントのようなサービスを受けることができます。

マイナビは若者の求人の扱いに強いので、20代に特に使ってほしい転職サイトです。

地方への転職を考えていたのですが、マイナビ転職は都市部から離れた地域の求人にも対応しており、さすが大手って感じでした。はじめて転職する方は、ぜひマイナビ転職利用を検討してもらいたいです。

マイナビ転職の口コミ・評判サービス内容
豊富な求人情報だけでなく、履歴書作成指導など様々なサポート体制であなたの転職をアシストするのが「マイナビ転職」です。

4位 エン転職

エン転職

様々な転職サービスを展開しているエン・ジャパンの転職サイト。

大規模なプロモーション活動により、企業歳の実績も高まり、求人数も多くなっているようです。

しかし求人の質、量ともに他のサイトに劣っている部分もあるため、エン転職だけで転職活動を進めるのはリスキーです。

他のサイトと併用するのをおすすめします。

他の転職サイトも登録してましたが、結局エン転職の求人に応募して転職が決まりました。確かにこれ!という強みはないかもしれませんが、求人は幅広く使いやすいサイトです。

エン転職の口コミ・評判 サービス内容
大手転職サイト、エン転職のメリット・デメリット、サービスまで説明したページです。業界最大手のリクルートにはかなわないものの、エン転職もかなり大きく、使いやすいサイトとなっています。

5位 @type

@type

@typeの自己分析ツールを使えば、自分の転職市場での価値を知ることができます。自己分析ツールが多岐に渡っており、適職タイプ診断から転職理由診断など、全部んで10種類の自己分析ツールがあります。

「自己分析ツール目当て」の登録も悪くないでしょう。

最初は@typeの自己分析ツール目当てでしたが、結局その後も@typeのアドバイスに従って転職活動を進めました。求人の幅も広かったのがうれしいところですね。

@typeの口コミ・評判サービス内容
@typeは知名度の高い、サービスも手厚い転職サイト。東京都の求人の扱いが強いので、関東、とくに東京での転職を考えている方におすすめの転職サイトです。

口コミの評判が良い転職エージェントランキング

ここからは、登録者は在籍しているキャリアコンサルタントと相談できる「転職エージェント」の口コミランキングをみていきましょう。

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

やはり強い、リクールとの転職エージェントが第1位です。

求人の量、質、キャリアコンサルタントのノウハウ、過去の実績、すべてにおいて優れています。

リクルートエージェントに登録すれば、中小ベンチャー企業から、皆が知っている一部上場企業の求人まで、あらゆる求人を知ることができます。

スカウトサービスにも対応しているので、自分の実績に自信がある方はぜひスカウト待ちしてみてください。

以前から、転職エージェントを使った転職活動の方が効率が良いと思っていたので、リクルートエージェントを使った転職活動を進めました。さすがリクルート、膨大な求人の中から自分の未来を選ぶことができました。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

2位 DODAエージェントサービス

DODA

DODAを運営するパーソルキャリアは、リクルートにつぐ人材大手企業。

テレビCMも放送するなど、その知名度の高さも強みで、企業知名度の高さもあり約8万件の非公開求人を掲載しています。

DODAは「転職サイト」と「転職エージェント」のサービスをどちらも展開しており、サイト登録者が希望すれば、キャリアコンサルタントとの相談ができるというスタイルです。

DODAはスカウトサービスが特に優秀で、他サイトのスカウトメールと比べると、利用者に届くスカウトの数はかなり多いです。

みんなリクルートエージェントばっかり使ってるけど、DODAのエージェントもかなり良いですよ。キャリアコンサルタントの対応は良かったし、幅広いジャンルの求人に対応しています。

DODAエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職エージェント大手「DODAエージェント」の説明をしています。DODAは求人数も多く、非公開求人の質も良いです。

3位 パソナキャリア

パソナキャリア

パソナが運営するパーソルキャリアは、過去の実績が強い転職エージェント。

パソナの社風が「利益より社会貢献」ということを考えれば、そのサービスが利益重視でないという信頼感が持てます。

そういった社風であることもあり、「他エージェントよりサポート体制が整っている」と評価されることも多いです。

求人の量こそ他の大手には負けるけど、キャリアコンサルタントの質でいったらパーソルキャリアに勝るところはないでしょう。転職の事前サポートから、転職事後のアフターフォローまで、手厚いサポートを受けることができます。

パソナキャリアの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職サイトや転職エージェントへの関心が一段と高まる中、パソナキャリアもその一角として人気があります。業界内でも、その歴史の長さには定評があり、これまでにも多くの転職希望者の求めに応えてきた実績があります。 パソナキャリアの詳細 求人...

4位 JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス求人を多く扱う「ハイキャリア転職」専門の転職エージェント。

「年収アップ」や「キャリアアップ」など、ハイキャリア転職を考えている方はぜひ、JACリクルートメントに登録してみてください。

エージェントとして特化していることもあり、求人の数は他エージェントに劣るものの、求人の質という意味ではピカイチです。

ちょっと変わった転職エージェントのため、使う人は限られてしまうかもしれませんが、キャリアアップを考えている方ならJACリクルートメントがおすすめです。私は外資系企業への転職希望だったのですが、JACリクルートメントはそのニーズを応えてくれましたよ。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
転職エージェント大手「JACリクルートメント」。 利用者数はそれなりに多く、過去の実績もありますが、実際の使い勝手はいかほどのものなのか。それを知るには、過去の利用者が残した口コミ・評判です。 結論からいうと、JACリクルートメ...

5位 Spring転職エージェント

世界中に拠点を持つアデコの転職エージェントです。

企業規模が大きいため、転職サポート体制がしっかりと定型化されています。そのため、効率よく転職活動を進めることができます。

Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは、悪くいうと塩対応です。しかし私はキャリアコンサルタントに対して、別に友達みたいな対応を求めてなかったので、Spring転職エージェントくらいの温度感がちょうどよかったです。

Spring転職エージェント(アデコ)の使い勝手は?サポートの充実性は?
業界最大手のリクルートエージェントと並んで高く評価されている転職エージェントは、『Spring転職エージェント』です。Spring転職エージェントは社員数約32000人、拠点数約5100箇所を記録しているAdeccoグループが運営しています...

利用者のいい口コミを集める要因

どの要素が、転職サイト・エージェントが良い口コミを集める要因となり得るのか。

それも調べていきましょう。どこで転職サイトが評価されているか知れば、自分にあった転職サイトをみつける助けとなるはずです。

求人数の多さ

やはり掲載している求人数が多いのは大きな魅力です。

求人が少なければ、どれだけキャリアコンサルタントが優秀でも、コンサルタントが良い求人を提案できません。

求人が多いということは、それだけ利用者の可能性が広いということ。利用者の未来が広く開けているということにほかなりません。

転職サイトでも、転職エージェントでも、求人数の多いリクルートが強いのは求人数が大きな要因です。

キャリアコンサルタントの対応

転職エージェントの人気を裏付けるのはやはり、「キャリアコンサルタントの対応」です。

キャリアコンサルタントがぴったりの求人を提案する提案力、面接に対策するサポート力、応募書類の添削をしてくれる能力など、キャリアコンサルタントがどれだけ手厚いサポートをしてくれるかで、転職エージェントの使い勝手が変わります。

レスポンスの早さ

利用者へのレスポンスの早さも、転職エージェントの人気を決める要素です。

利用者がキャリアコンサルタントに相談したいことや、なんらかのお願いをした場合、その対応が何日か後…なんてことになったら転職活動の成功に関わる問題です。

利用者へのレスポンスが悪いということは、それだけ転職エージェントが使いにくい…ということになってしまうのです。

良い転職エージェントは、どれだけ多くの利用者を抱えていたとしても、利用者を待たせません。

転職への満足感

実際にその転職エージェントを使って転職活動を行って、結果的に良い企業で働くことができたか、転職活動の成功の可否も、人気を二分するポイントです。

キャリアコンサルタントの言われるがまま求人を選んで、企業に転職してみたはいいものの、希望する条件とまったく違った…。これでは、その転職エージェントが優秀とは言えません。

良い転職エージェントは、転職前から、転職後まで徹底的に利用者をサポートしてくれます。

転職サイトの上手な活用法

最後に、転職サイト・エージェントを上手に活用して、転職活動を効率的に進めるコツを紹介します。

スカウトサービスを活用する

スカウトサービスに対応した転職サイトを使っているなら、スカウトサービスを活用するのをおすすめします。

自分のレジュメに自信がなく、スカウトなんて来ない…と卑下せず、自分の転職の可能性を広く保っておく意味でも、スカウトサービスを利用して、「スカウト待ち」をしておくのは有効です。

もしかしたら、思いがけない優良企業からスカウトが届くなんてこともあり得る話しです。

転職サイトを併用する場合は「同時応募」を避ける

転職サイト・エージェントは、いくつかのサイトを同時並行して利用するのが基本。

そのため、一つの求人案件に、複数のサイトから応募、なんてこともよくある話しです。

しかし複数のサイトから一つの案件に応募すると、その時点でその企業の選考は落ちてしまいます。

一つの案件に応募するのは、一つの転職サイト・エージェントから…というのを心がけてください。

転職エージェント活用法

続いて、転職エージェントを上手に使いこなす「転職エージェント活用法」もご紹介します。

転職時期は早めにする

キャリアコンサルタントに伝える「希望転職時期」は、「できるだけ早く」と伝えてください。

できるだけ早く転職したい意思を伝えることによって、転職エージェントから「すぐに成果に結びつく案件」と評価されます。

転職エージェントも商売ですから、「すぐにお金になりそうなところ」から手をつけるのです。

レジュメは空欄を作らない

登録するレジュメ、自己紹介文など、スキル表に空欄を作らないでください。

空欄が多いと、スカウトメールが届かないだけでなく、転職エージェントから「転職の意思が弱い」と判断される材料になりかねません。

あなたは転職エージェントに、「強い転職の意思」を表明し続ける必要があるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職サイトと転職エージェントを、「口コミ評価の高い順」に並べてみました。

口コミの評価が良いということは、そのままその転職サイト・エージェントの使い勝手が良いということにほかなりません。

少しでも使いやすい転職サイトを使って、あなたの転職活動を成功させましょう。

コメント