転職が怖い!この恐怖の根元はどこにあるの?

悩むサラリーマン 転職の悩み

転職活動を現在行っている方は、誰しも胸に「怖い」という気持ちを抱いているはず。

現在の職に不満をいだいており、もっといい職場で働くために行うのが転職活動。

そんな明るい未来のための転職活動が、どうして怖いと思ってしまうのか。

転職活動に潜む恐怖の根元、そしてその恐怖を克服する方法も一緒に探していきましょう。

転職活動恐怖の根元

まずは、転職活動に恐怖を感じてしまうその理由。

その根元から考えていきましょう。

そもそも恐怖の原動力を見つけないと、その恐怖心に対する対応もできなくなってしまいます。

途切れない緊張感

転職活動が終わらない限り、転職活動特有の緊張感は消えません。

常に、緊張の糸が張り詰めているような、そんな状態になります。

私も経験がありますが、次の職が決まるまでの間は、ずっと苦しかったです。

一分一秒でも早くこれが終わってくれと、そんな気持ちでした。

自分を否定される感覚

転職活動で、次の仕事の内定が出ないのは、採用試験に落ちてしまっているからです。

採用試験に落ちてしまうと、なんだか自分が否定されてしまったような感覚に陥ります。

自分が否定されるストレスたるやすさまじいです。

転職活動が続く限りそれが終わらないわけですから、「転職活動を怖い」と思ってしまうのも無理ありません。

不安な先行き

次の仕事が決まらない限り、「自分は将来どうなるんだろう」なんて不安が常に頭をよぎります。

日本は景気が良くなったと言われているとはいえ、世界情勢といい、未来の不安はこれからも尽きません。

転職活動が終わらない限り考えてしまう将来の不安も、転職活動の大きな恐怖の根元の一つです。

同年代 同級生との格差

人間はどうしても自分と他人を比べてしまうもの。

「同級生はあんなに活躍してるのに、自分は職も無く、転職活動も終わらない…」

こんな気持ちになってしまうので、同級生との食事、また同窓会にも足が伸びなくなります。

お金の心配

実家に住んでいる人ならいいですが、一人暮らしで、生活費を削りながら転職活動をしている人は「お金の心配」もしなくてはなりません。

自分のお金と時間がすり減っていく感覚。

これと戦いながら行う転職活動は、とにかくストレスを感じてしまうはずです。

転職活動の恐怖を克服するための方法は?

ではそんな、転職活動の行動力を指すほどの「怖い」という気持ち。

この気持を克服して、転職活動を円滑に進めるための対策方法は何か無いでしょうか。

自分の転職活動の先を考え直す

もう一度、あなたが転職活動を行うきっかけ、転職活動の先にあるものを思い出してみましょう。

あなたはどんなきっかけで、転職したいと思ったんでしょうか?

転職活動の先にあるのは、どんな幸せな未来を思い描いていますか?

その将来像がたとえ理想にまみれたものだったとしても、少しでも自分の将来をその理想像に近づける努力をしましょう。

自分の短所を洗い出す

くよくよした時は、自分のだめなところばかり考えてしまいがち。

転職活動中恐怖で頭がいっぱいになったら、その根元である「短所」を具体的に書き出してみましょう。

「行動力がない」「誰でも仲良くしようとする八方美人」なんて書いたでしょうか。

あとはその自分で考える短所を、長所に変換するだけです。

行動力がないのは「慎重」と言い換えることができますし、八方美人も、「誰とでも仲良くできる人」と言い換えることができます。

あなたの思っている自分の短所なんてそんなものです。

そんな事にくよくよしてる暇があったら、転職活動を一歩でも前に進めましょう。

転職しない未来を想像する

確かに転職活動は怖いし、苦しい。

しかし考えてみてください。いっさい転職活動を行わないとしたら。

そんな、現在にとどまった状態の方が、転職活動の恐怖よりもずっと怖いのではないでしょうか。

苦しい人間関係の中でずっと働き続けるのか、安い年収でずっとこき使われるのか、長い残業で自由な時間を減らすのか。

そんな苦しい現実よりも、転職活動の恐怖の方がずっとマシではないでしょうか。

転職活動に妥協はNG!

転職活動はストレスの連続ですし、不確定な自分の将来は怖いです。

しかし、その恐怖から逃げたいという気持ちで、自分の転職先に妥協してしまうのが一番ダメな判断です。

仕事は人生において大きな比重を持つもの。

そしてその仕事を決める転職活動は重要です。

くれぐれも、慎重に慎重をきした転職活動を行ってください。

まとめ

多くの天職希望者が、転職活動中に「怖い」と考えがちです。

確かに、不確定な自分の将来、自分を否定される感覚は、恐怖の連続です。

ですが、だからといって自分の転職先について妥協してはいけません。

転職中に怖いと思ったなら、「転職していない自分」を想像してください。

その悪い未来の方が、転職よりもずっと怖いはず。