「転職」だけが、幸福な未来を追求するための手立てである

転職コラム

ハッキリ言って、人生はなるようにしかなりません。

自分の望む望まざること関係なく、時間は進み、自分の未来は決まっていくのです。

自分の「やりたいこと」「理想の将来」をいくら強く思い描いていても、理想通りの未来が自分に訪れる保障はないのです。

ですから、最初に選んだ選択肢であなたの将来が決定づけられるなんてことはありません。

最初の「就職」。または1度や2度の「転職」なんかでは、将来に大きな影響は与えないのです。むしろ、自分の理想に近づく可能性の方が高いと言っても良いでしょう。

最初の職場が楽しくなくても大丈夫

はじめての転職を思い出してみましょう。はじめて就職した職場で、自分にとって良いと思える仕事ができなかったとしたら。

日本は古来より「我慢」が美しいとされていました。耐えて耐えて、その先に幸福があると。

しかし、まだ若い頃、何も知らない状態で行った判断で行った就職、それがうまくいく可能性の方が低いです。

最近見た映画でも、「人生は失敗の積み重ね」という言葉がありました。人生は、その失敗を繰り返さないための「改善」を続ける作業の繰り返しだと思っています。

失敗は何度繰り返してもいいです。何度後悔してもいい。ただ、その失敗した経験を改善するための努力が必要なのです。

一社で勤め上げる時代は終わった

新卒で入った会社に、定年まで勤め上げる。

以前はそんな働き方が良いとされていました。転職するほうが少数派だったことでしょう。

しかし今は定年まで勤める人の割合は減り、自分の将来を考えて、柔軟な判断をするのが当たり前になっています。

「とりあえず3年」すら古い

時代は進み、新卒で入った会社は「とりあえず3年働いてからその後を考えろ」と言われるようになりました。

しかしそれすら「古い」です。

現在は、働き始めて1年、2年程度で「合わない」と思ったら転職してもいい。そんな自由な選択ができるようになりました。

現在は、新卒から時間をあけず転職した人たち「第二新卒」専用の転職エージェントがあるほどです。

厚生労働省のデータにも表れている離職率

公的なデータをみても、「転職という選択肢が一般化した」という事実を読み取ることができます。

厚生労働省の「労働経済白書」には、こんな記述があります。

男性では、30歳台から50歳台半ばまでの年齢層で、約半数が初職から離職することなく就業し続けている者で占められている

女性では、初職から離職せずに就業し続けている者は少数派であり、40歳代後半では、約4割の者が初職から2回以上転職している

半数の人が、最初の職業を離職し、別の職についているということ。これは興味深いですね。

仕事をしていれば、どんな職業の人であっても一度くらい「もう辞めたい」と思うもの。

その辞めたい理由が改善できないなら、早めに転職するべき…なんて時代が来ているということですね。

広がったキャリアの選択幅

人生の大きな割合を占める「仕事」。

その仕事のやり方を考えていく「キャリア」について選択するということは、そのまま自分の幸福を考えることに他なりません。

先人の知恵を活かして、最適な未来を考えていきましょう。今の人は、以前より幸福追求に関して意欲的になったということですね。

ゆとり世代がすぐ転職するのは「我慢できないから」なのか?
現在ゆとり世代の転職がとても盛んです。どうしてゆとり世代は今この時転職しようとしているのか。ゆとり世代の転職を後押しする要因は何なのか。

誰にも未来は予想できない

「就職」「転職」がうまくいったと思っていても、その幸福がこれからもずっと続くとは限りません。

今の会社がどうなるのか。自分が今後どうなっていくのか。誰にも将来を読むことはできないのです。

「この会社で自分は将来幸せになれるか」を考える

適切に自分の将来を乱さだめるには「自分はこの会社にずっといて、ここで幸せになれるか」を考えていくべきなのです。

ここにずっといたとして、何をすればもっと幸せを深めることができるか。それを考えてください。

そこで自分の幸せな未来が見えないようなら、早め早めの転職を。

「嫌だ」と思った時自分の行動

仕事していて「もう嫌だ」と思った時、その時自分が起こす行動に、個人の価値観が現れます。

「もう嫌だから転職しよう」だけではいけません。「逃げの転職」も悪くありませんが、あまりにも考えなしの転職はいただけないです。

「逃げの転職理由」でもかまわない!幸せな転職のコツ
転職する理由が「逃げ」だったとしてもかまいません。逃げた先の、転職先の企業で幸せになることができれば、あなたの人生はうまくいっているのです。逃げの転職だったとしても。適切な手順を踏んで、転職活動を進めていきましょう。

できれば、次の未来、転職先を見つけるなどしてから、転職という判断に踏み切るべきでしょう。

「転職」について考えることが自信の幸せ追求になる

自分の幸福を追求するのは難しいです。

以前よりマシになったとはいえ、まだまだ日本の経済は不安定。国際情勢もどうなるかわかったものではありません。

ですが、自分にとって働きやすい職場を見つけることができれば、それが一番「幸せな未来」に近づくための確実な行動です。

転職活動はそのまま、「自分の幸福追求」のための行動ということですね。

コメント