転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!と言われがちな特徴とは?ほんとうにおすすめのサービスとは

薬剤師の将来性薬剤師の転職

薬剤師が転職を考えた時、利用するべきなのが「薬剤師専用の転職エージェント」です。

薬剤師業界に特化した転職エージェントを利用することで、専門性の高いキャリアアドバイザーの支援を受けながら、効率的な転職活動を行うことができます。

しかし、とはいえ薬剤師転職サイトの数はとても多いです。

その中で、あなたが選ぶべき転職サイトはどれか?

そのサイトを選ぶ基準、または「こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!」という、使うべきではない転職サイトの特徴まで、しっかり説明します。

どうせ使うなら、優秀で使いやすい、何より転職で役立つ薬剤師転職サイトを使いたいと思いますよね。

  1. 薬剤師の転職活動で大切なのは「転職サイト選び」
    1. 転職サイト選びでミスすると大きなロス
  2. 「こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!」というサイトの特徴
    1. 求人数が少なくて質も悪い
    2. キャリアアドバイザーの対応が悪い
    3. 非公開求人が少ない
    4. 利用者の口コミで評判が悪い
    5. 正社員の薬剤師求人しか扱ってない
    6. 特殊案件がない
    7. コンサルタントの業界知識が乏しい
    8. レスポンスが遅い
  3. 薬剤師転職エージェントと求人サイト、どちらが優れている?
    1. キャリアアドバイザーにサポートしてもらいたいなら転職エージェント
    2. 自分のペースで転職したいなら求人サイト
    3. 在職中に転職したいなら転職エージェント
  4. 間違いなく優秀な薬剤師転職サイトの特徴
    1. 大手人材会社が運営している
    2. 担当アドバイザーの対応がとにかく良い
  5. 薬剤師転職にオススメのエージェント
    1. 1位:薬キャリエージェント
    2. 2位:マイナビ薬剤師
    3. 3位:ファーマキャリア
    4. 4位:リクナビ薬剤師
    5. 5位:ファル・メイト
    6. 6位:薬剤師転職ドットコム
    7. 7位:ファルマスタッフ
    8. 8位:ココメディカル
    9. 9位:CME登録販売者
    10. 10位:登販AGENT
  6. 薬剤師転職でサイト・エージェントを100%活用するコツ
    1. 複数の薬剤師転職エージェントを利用する
    2. 自分の希望はしっかりと伝える
    3. これまでの経歴は正直に申告
    4. 担当コンサルタントと合わないときはチェンジも伝える
    5. 転職希望時期は早めと回答しておく
    6. コンサルタントからの連絡は小まめに返信をしておく
  7. 「こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!」まとめ

薬剤師の転職活動で大切なのは「転職サイト選び」

薬剤師の転職で大切なものは?と聞かれたら、なんだと思いますか?

やはり「条件の良い職場選び」「自分のキャリアに合わせた転職」など、転職における基本的な条件を思いつく方が多いのでしょうか。

しかし実は、薬剤師転職サイトで大切なのは、まず転職で使う「薬剤師転職サイト選び」です。

自分が転職で利用するサイトをしっかり自分にあったものを選ばないと、転職活動を進める上で障害が発生してしまいます。

少しでも使いやすく、自分にあったサイトを選んで、自分の転職活動を円滑に進めることにしてください。

転職活動が旅だとしたら、薬剤師転職サイトは自分が乗る乗り物です。

乗り物選びで、その後の旅の快適さの度合いは変わってきますよね。

転職サイト選びでミスすると大きなロス

それでは逆に、薬剤師転職サイト選びをミスしてしまうとどんなことが起こるのか?

まで考えて行きましょう。

薬剤師転職サイトによって、違った特色、特徴を持っていますから、それぞれのサイトごとに「使うべき人」「使わないほうがいい人」が存在します。

サポートと利用者の相性があえば転職活動は順調ですし、全然あってないものを使うと転職活動にブレーキがかかってしまう…というわけです。

「こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!」というサイトの特徴

それでは具体的に、「こんな薬剤師転職サイトは選ぶな」と言われがちな、選ぶべきではない薬剤師転職サイトの特徴をみていきましょう。

求人数が少なくて質も悪い

転職サイトの良し悪しを決める一番のポイントはやはり「求人数」です。

せっかく登録しても、そのサイトの扱う求人数が少ないとそれだけで転職活動は頭打ちです。

あらかじめ自分が扱う薬剤師転職サイトの求人数、しっかり把握しておきましょう。

もし求人が少ないサイトだったなら、そのサイトは求人数以外の要素でどんな強みがあるのか?前もって調べておきましょう。

まだ薬剤師の転職活動、薬剤師の転職サイトについての知識が乏しい段階では、なるべく求人数が多くて知名度の高い、例えば「マイナビ薬剤師」などの転職サイトを使って転職活動を行いましょう。

キャリアアドバイザーの対応が悪い

転職エージェントが、求人サイトやハローワークなどその他サービスと比べて何が優れているかというとやはり、登録者には担当のアドバイザーがつくことでしょう。

キャリアアドバイザーが、登録者の求人探しから面接のアドバイス、その他退職と入職のサポートまですべて行うので、転職エージェントを使った転職活動のほうがかなり効率がよくなります。

もし転職活動がはじめてなど、転職活動に対して不安があるならなおさら、キャリアアドバイザーの対応が良い転職エージェントを使って転職するようにしてください。

たとえ転職活動に不満がある方でも、キャリアアドバイザーの支援を受けることで、自分の進むべき道がきっと見えてくるはずです。

非公開求人が少ない

転職エージェントというのは、得てして良い条件の求人を非公開求人として扱っているものです。

良い条件の求人は、公開すると応募が殺到するなど、採用側に扱うコストがかかってくるものなのです。

そのため、転職エージェントは良い条件の求人を「非公開求人」として扱っています。

ということは逆説的に、「非公開求人が少ない」転職エージェントは、好条件の求人をあまり多く扱ってないということになります。

利用者の口コミで評判が悪い

当然ですが、利用した人の口コミで悪い評判が出ている時点で、その薬剤師転職サイトは良いサイトとは言えません。

事前に口コミを調べてみて、悪い意見ばかり出ているようでは、つまりその転職サイト、転職エージェントは使うべき優秀なサイトとは言えないのかもしれません。

正社員の薬剤師求人しか扱ってない

今後転職を考えている薬剤師の中には、正社員だけでなく派遣など非正規雇用での勤務を希望している方も多いはず。

そんな方にとって、正社員求人が豊富な薬剤師転職サイトというのは、まったくもって役に立ちません。

派遣で働く薬剤師にとっていい転職サイトとは、「派遣求人も豊富に揃った薬剤師転職サイト」にほかなりません。

事前に目星をつけたサイトが、「派遣求人を取り揃えているか」をしっかり調べておくのは大切かもしれません。

働き方の自由度が高い薬剤師ならではの問題ですね。

特殊案件がない

薬剤師の勤務先は、「ドラッグストア」や「病院」「クリニック」などばかりではありません。

薬剤師転職サイトによっては「臨床開発モニター」「臨床開発」など、薬剤師の求人における「特殊案件」と呼ばれるものもあります。

そうした特殊な求人案件を揃えいてればいるほど、薬剤師転職サイトとしては優秀なのは言うまでもありません。

「特殊案件がたくさんあるか?」は薬剤師転職サイトの格を決める大きな要因なのです。

コンサルタントの業界知識が乏しい

転職エージェントを利用する上で、転職活動の格となるのはやはり「キャリアアドバイザーの知識」です。

キャリアアドバイザーが利用者の転職活動の舵取りを行うわけですから、薬剤師の転職業界における知識が乏しかったら意味がないのです。

コンサルタントが薬剤師の転職になんの興味関心もない素人だったとしたら、その転職活動は成功するとは思えません。

少なくとも、自分の希望通りの就職先に転職することは難しいでしょう。

レスポンスが遅い

キャリアアドバイザーの対応力が、転職エージェントの使い勝手を決める大きなポイントです。

転職エージェント利用者が、キャリアアドバイザーに質問など連絡を入れた時、その連絡に対してどれくらい早くレスポンスを返すかも重要です。

すぐレスポンスを返してくれる転職エージェントなら良いですが、いつまで経ってもレスポンスが返ってこないような転職エージェントは、思わず「使うな!」と言いたくなってしまいます。

とは言え、キャリアアドバイザーからの連絡のレスポンスが早いか遅いかは、実際に利用してみないとわからないポイントでもあります。

薬剤師転職エージェントと求人サイト、どちらが優れている?

よく混同されがちなものに、「自分で求人を検索するタイプの求人サイト」と、「キャリアアドバイザーと一緒に転職活動を行う転職エージェント」があります。

これらは似ているようでまったく違います。

何が違うのか、それは登録者にキャリアアドバイザーが担当するか、というのが大きな違いです。

自分で求人を検索して、自分価値観で応募して、自分で転職活動における細かいスケジューリングなどをすべて行うのが求人サイトなのに対し、転職エージェントはキャリアアドバイザーが登録者の転職活動の大部分面倒をみてくれます。

よほどの事情があり、どうしても自分で考えたペースで転職活動を進めたい方でも無い限り、転職エージェントを使って転職するのがやはりおすすめですね。

具体的に、「こういう方は転職サイト」「こういう方は転職エージェント」という特徴を書いていきます。

キャリアアドバイザーにサポートしてもらいたいなら転職エージェント

孤独で辛く苦しい転職活動も、キャリアアドバイザーに助けてもらえばかなりその負担は和らぎます。

ということでまず、転職活動においてキャリアアドバイザーからの支援を期待するなら絶対に転職エージェントです。

一人で行う転職活動は孤独で辛いもの。

そうでなくても、一人で下す判断というのは間違った対応をしてしまいがちです。

あなたには、「転職活動を成功させたい」というニーズがあるのですから、そのニーズを叶えるために一番の選択肢を選ぶべきなのです。

自分のペースで転職したいなら求人サイト

転職エージェントはキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めるわけですが、どうしてもその活動がキャリアアドバイザー主体になりがちです。

キャリアアドバイザーの組んだスケジュール通りに転職活動が進みますから、転職活動を自分のペースで進めたいと思っている方には不向きです。

どうしても他人に自分の転職活動にあれこれ口出してもらいたくない!

そんな方はぜひ、転職エージェントを活用した転職活動をおすすめします。

在職中に転職したいなら転職エージェント

多くの薬剤師が、収入を途切れさせたくないなどの理由で、「在職中に転職活動を行いたい」と思っているものです。

そうした「在職中の転職活動」にはぜひ、転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら、在職中の転職活動に転職エージェントを使えば、あなたが日中の勤務中にキャリアアドバイザーが代わりに転職活動を進めてくれるからです。

在職中に、効率よく転職活動を進めたいと考えている方はぜひ、転職エージェントで効率のいい転職活動を行ってください。

間違いなく優秀な薬剤師転職サイトの特徴

「こんな薬剤師転職サイトは使うな!」という条件とは逆に、優秀な薬剤師転職サイトの条件も知っておいて、より良い薬剤師転職サイトを見つけるための助けとしましょう。

大手人材会社が運営している

やはり大手企業のブランドは大したものです。

マイナビなどの大手企業が運営しているサイトを使えば、一定の使い勝手は約束されたようなものです。

どの薬剤師転職サイトを使えば良いものかわからず、迷っているようならテレビCMを打っているなど会社規模の大きな企業が運営している薬剤師転職サイトを使うのをおすすめします。

大手企業が運営しているサイトならまず、大企業ゆえの太いパイプのつながりで求人数の多さと、大手企業の求人が揃っているという大きなメリットがいくつか約束されます。

担当アドバイザーの対応がとにかく良い

キャリアアドバイザーの対応が良いサイトは、やはり使いやすくて優秀なサイトです。

求人がそれほど多くないとしても、面談が電話でのみだったとしても、キャリアアドバイザーの対応が丁寧である一点で一気に優秀なサイト認定をおろしていいと思います。

難しいですが、前もって調べて「キャリアアドバイザーの対応は丁寧か?」をしっかり押さえておきましょう。

薬剤師転職にオススメのエージェント

選んではいけない薬剤師転職エージェントの特徴がわかったところで、ここでは本当におススメしたい転職エージェントを、ランキング形式でご紹介していきます。

薬剤師転職にオススメの転職サイト・エージェント

  1. 薬キャリエージェント
  2. マイナビ薬剤師
  3. ファーマキャリア
  4. リクナビ薬剤師
  5. ファル・メイト
  6. 薬剤師転職ドットコム
  7. ファルマスタッフ
  8. ココメディカル
  9. CME登録販売者
  10. 登販AGENT

1位:薬キャリエージェント

総合評価
対応エリア全国
公開求人数61,743件
雇用形態正社員、契約社員、派遣、パート
対応施設調剤薬局、病院、調剤薬局・OTC販売、OTC販売のみ、企業、その他
登録・利用料無料
運営会社エムスリーキャリア株式会社

薬剤師転職におすすめしたい転職エージェント、第1位は薬キャリエージェントです。

POINT

  • 薬剤師の総合満足度ナンバーワン!
  • 転職までスピーディーで進めやすい
  • 病院・調剤薬局の転職に強い

    薬キャリは求人数や質・コンサルタントのサポート力や利用者の満足など総合満足度がナンバーワンの転職エージェントです。

    コンサルタントの対応もスピーディーかつ丁寧と評判で、現職で働きながらでも満足のいく転職活動を行うことが可能です。

    また運営会社のエムスリーキャリアは、薬剤師や医師転職に強い会社のため、病院や調剤薬局だけでなく製薬会社などの企業系求人も強い傾向にあります。

    薬剤師の転職活動時には必ず利用しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

    薬キャリエージェントの口コミ・評判から強みを解説!本当におススメなのか
    数ある薬剤師転職サイトの中でも、薬キャリエージェントに目をつけて、これから利用しようかと検討中の方も多いのではないでしょうか。 薬キャリエージェントは実際転職を考えている薬剤師にとって使いやすいのか。 他の薬剤師転職サイトと何が...

    2位:マイナビ薬剤師

    総合評価
    対応エリア全国
    公開求人数49,931件(※非公開求人を除く)
    雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
    業種調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTCのみ)、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)、臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)、学術・企業・管理薬剤師、薬事、営業(MR・MS・その他)
    登録・利用料無料
    運営会社株式会社マイナビ
    • POINT人材大手のマイナビグループのため安心感は抜群
    • コンサルタントのサポート体制が丁寧
    • 求人情報が詳細に記載されている

    マイナビ薬剤師は、人材大手のマイナビグループが運営している転職エージェントです。

    マイナビは薬剤師の他にも総合転職サイトや新卒向けのサービスをはじめ、マイナビDOCTOR・マイナビ看護師・マイナビ介護職などメディカル領域のサービスも充実しています。

    各業界とのつながりも深いため、納得のいく求人を見つけることができるでしょう。

    またマイナビ薬剤師では「話そう」をテーマとしており、キャリアアドバイザーとの面談を特に大切にしています。

    利用者の希望などをしっかりとヒアリングした上で、納得のいく転職となるようサポート力が充実しています。

    他にもサイトで確認できる求人票には、キャリアアドバイザーによる求人のレポート・インタビューなども充実しているため、応募企業について深く知ることができます。

    転職エージェントとはいえ信頼できる企業に任せたい、という人には、マイナビ薬剤師をオススメしたいです。

    マイナビ薬剤師は特徴とは?利用者の口コミ・評判から強みを解説
    マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

    3位:ファーマキャリア

    総合評価
    対応エリア全国
    公開求人数38495件(※非公開求人を除く)
    雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
    業種調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTCのみ)、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)、臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)、学術・企業・管理薬剤師、薬事、営業(MR・MS・その他)
    登録・利用料無料
    運営会社エニーキャリア株式会社
    • POINTオーダーメイド求人で自分にあった求人を作って貰える
    • 内定後のサポート体制も整っている
    • コンサルタント一人当たりの担当数を絞っているため対応がきめ細かい

    薬剤師におすすめの転職エージェント、第3位はファーマキャリアです。

    ファーマキャリアの一番の特徴は、自分に合った求人を作って貰える『オーダーメイド求人』と言えるでしょう。

    すでに保有している求人だけでなく、利用者の要望にあった求人を1から探すことや、要望にあった条件の企業求人を交渉してくるなど、利用者の満足のいく転職となるように求人を作って貰えるのです。

    またファーマキャリアではコンサルタントのサポート体制が整っている点でも、おすすめできるサービスと言えます。

    コンサルタントの一人あたりの担当数に制限をかけることで、一人当たりの利用者に対するサポートをきめ細かくなるようにしています。

    また内定後の内定先への条件交渉や、現職の大綱のための手続きなどもサポートをして貰えるため、新たな環境に自信をもって臨めるように手厚い支援を受けられるのです。

    転職先の環境は妥協したくない・きめ細かいサポートを受けたいという人には、ファーマキャリアがおすすめです。

    ファーマキャリアは使うべき?利用者の評判・口コミから強みを解説
    ファーマキャリアは、株式会社アデブティマが運営する薬剤師専門の転職エージェントです。 独自の「オーダメイド式」というシステムを採用している、独自の転職エージェントとして、多くの薬剤師から高い人気をほこっています。 薬剤師のみなさ...

    4位:リクナビ薬剤師

    総合評価
    対応エリア全国
    公開求人数41,119件
    雇用形態正社員、アルバイト・パート
    対応施設調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、病院、企業、漢方薬局、ドラッグストア(OTCのみ)、クリニック、その他
    登録・利用料無料
    運営会社株式会社 リクルートメディカルキャリア

    POINT

    • 調剤薬局やドラッグストア求人に強い
    • 最短3日で転職可能
    • 人材大手のリクルートが運営
    • 求人の75%が非公開求人

      薬剤師におすすめしたい転職エージェント、第4位はリクルートグループが提供している転職エージェント『リクナビ薬剤師』です。

      人材大手のリクルートが提供しており、各業界との繋がりも期待できます。

      故に、リクルートグループが提供している転職関連サービスはどれも業界トップの求人数を誇っていることが多いです。

      リクナビ薬剤師では、取り扱う求人に調剤薬局やドラッグストアの求人が多いです。薬局などの求人を探している人にはおすすめのエージェントでしょう。

      またリクナビ薬剤師では転職活動を開始してから最短で3日で転職可能と公表しており、とにかくすぐにでも転職をしたい…!という人にはもってこいのサービスと言えるでしょう。

      とにかくすぐにでも転職したい・だけど安心感も捨てがたい…!という方は、リクナビ薬剤師がおススメです。

      リクナビ薬剤師は使うべき?利用者の評判・口コミから強みを解説
      転職業界でも最大手の一つとしてよく知られるリクナビが運営している薬剤師専門の転職サイトがリクナビ薬剤師です。 就職や転職をする上で多くの人が利用している企業だからこそ、薬剤師専門のサイトにも安心できるサポート体制が整っていると期待でき...

      5位:ファル・メイト

      ファル・メイト

      ファル・メイト用に変更

      総合評価
      対応エリア全国
      公開求人数15614
      雇用形態派遣薬剤師
      対応施設調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、病院、企業、漢方薬局、ドラッグストア(OTCのみ)、クリニック、その他
      登録・利用料無料
      運営会社株式会社ファル・メイト

      POINT

      • 派遣薬剤師の求人サイト
      • 関東や関西圏の求人が多い
      • 最低時給は2800円~
      • エキスパート薬剤師

        ファルメイトは、派遣薬剤師のための転職サイトです。

        関東圏・関西圏の求人に強いため、大都市での派遣薬剤師の求人を探している人にはおススメしたいサービスです。

        また最低時給は2800円~となっているのも安心して利用できるポイントと言えるでしょう。

        他にもファルメイトにはエキスパート薬剤師という制度があります。

        一定以上のスキルがある薬剤師にはファルメイトの正社員・契約社員として登用を行い、ファルメイトのスタッフとして取引先企業に従事する制度となっています。

        実際の職場は3か月契約で派遣される形にはなりますが、より好待遇を期待することができます。

        ファル・メイトは使うべき?利用者の口コミ・評判から強みを解説
        ファル・メイトは株式会社ファル・メイトによって運営されてきた薬剤師専門の転職サイトでした。 ホームページが一新されてファル・メイトとして薬剤師求人を扱っている転職サイトに切り替わっています。 ファル・メイトとなってどのような強み...

        6位:薬剤師転職ドットコム

        薬剤師転職ドットコム

        総合評価
        対応エリア全国
        公開求人数9000件
        雇用形態正社員、バイト・パート、派遣社員
        業種調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業、その他
        登録・利用料無料
        運営会社株式会社メディウェル

        POINT

        • 大手調剤薬局アインのグループ会社が運営
        • 医療機関とのネットワークが強い
        • 面接対策なども手厚いと評判

        薬剤師の転職におすすめの転職エージェント第6位は薬剤師転職ドットコムです。

        大手調剤薬局のアインのグループ会社が運営しているため、薬局や医療機関とのネットワークが強い傾向にあります。

        またコンサルタントによる面接や書類作成のサポート体制も手厚いと評判のため、転職に不安がある人にはおすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

        薬剤師転職ドットコム(メディウェル)は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
        東京都と大阪府に拠点を持っているメディウェルの薬剤師専門の転職サイトが薬剤師転職ドットコムです。 高い人気がある定番の転職サイトの一つですが、どのような強みを持っているのでしょうか。 基本的なメリットやデメリットを確認すると共に...

        7位:ファルマスタッフ

        総合評価
        対応エリア全国
        公開求人数61,747件
        雇用形態正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣
        対応施設調剤薬局、病院・クリニック、企業、ドラッグストア、ドラッグストア(調剤あり)、その他
        登録・利用料無料
        運営会社株式会社メディカルリソース

        POINT

        • 日本調剤グループが提供する薬剤師転職サービス
        • 年収600万円以上などキャリアアップにおすすめ
        • 薬剤師転職支援は20年以上の老舗

        薬剤師転職にオススメの転職エージェント、第7位はファルマスタッフです。

        薬剤師転職支援の実績は20年を誇る老舗の転職エージェントです。

        ファルマスタッフも日本調剤グループが提供しているため、調剤薬局やドラッグストア求人に強い傾向があります。

        また高時給・高年収での求人も多く取り扱っており、薬剤師としてキャリアアップを狙いたい人にオススメの転職エージェントと言えるでしょう。

        ファルマスタッフは使うべき?利用者の口コミから強みを解説
        ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する転職サイトです。 日本調剤グループがもともと運営していたことから医療業界では高い信頼を獲得してきたサイトとしてよく知られています。 その歴史的背景からどのような特徴を持ってい...

        8位:ココメディカル

        総合評価
        対応エリア全国
        公開求人数50,362件
        雇用形態正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣
        対応施設調剤薬局、病院・クリニック、企業、ドラッグストア、ドラッグストア(調剤あり)、その他
        登録・利用料無料
        運営会社株式会社メディカルリソース
        ココメディカルは使うべき?利用者の評判から強みを解説
        ココメディカル医療系の求人を扱う求人サイトは数あれど、ココメディカルのように登録販売者の求人を中心に扱う求人・転職サイトは珍しいです。 転職活動は転職サイトを用いて、そこに属しているコンサルタントと相談しながら転職するのが転職への近道...

        9位:CME登録販売者

        CME@薬剤師転職

        総合評価
        対応エリア全国
        公開求人数19000件
        雇用形態正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣
        対応施設調剤薬局、病院・クリニック、企業、ドラッグストア、ドラッグストア(調剤あり)、その他
        登録・利用料無料
        運営会社株式会社 CMEコンサルティング
        CME@薬剤師転職は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
        CME@薬剤師転職は医師紹介を代表として活躍しているCMEが運営している薬剤師専門の転職サイトです。 医療全般で勢力を拡大しつつある企業が運営しているので着目する薬剤師も増えてきました。 転職サイトとしての特徴も運営会社の影響が...

        10位:登販AGENT

        総合評価
        対応エリア全国
        公開求人数8000件
        雇用形態正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣
        対応施設調剤薬局、病院・クリニック、企業、ドラッグストア、ドラッグストア(調剤あり)、その他
        登録・利用料無料
        運営会社株式会社エムスリーキャリア

        薬剤師転職でサイト・エージェントを100%活用するコツ

        ここまでは薬剤師の転職におすすめしたい転職エージェントをランキング形式でご紹介してまいりました。

        しかし薬剤師転職において、ただ転職エージェントを利用しているだけでは、転職成功に近づけることができません。

        エージェント活用をしてさらに転職成功を目指すために、薬剤師の転職エージェントを100%活用するコツを解説していきます。

        POINT

        • 複数の薬剤師転職エージェントを利用する
        • 自分の希望はしっかりと伝える
        • これまでの経歴は正直に申告
        • 担当コンサルタントと合わないときはチェンジも伝える
        • 転職希望時期は早めと回答しておく
        • コンサルタントからの連絡は小まめに返信をしておく

          複数の薬剤師転職エージェントを利用する

          転職成功のためには、複数の転職エージェントに登録をすることが大切です。

          確かに1社の転職エージェントでも、十分に求人紹介は行って貰えます。

          しかし最近は転職エージェントごとに独占求人を保有しているケースが多いため、登録数を1社増やすだけでチェックできる求人数の母数を増やすことができるのです。

          おすすめは、転職エージェントの2社使いです!

          4社を超えてくると逆に管理が難しくなってしまい、連絡を取りこぼしてしまうことも。

          迷った場合はおすすめランキング上位のエージェント2社登録がおススメです!

          自分の希望はしっかりと伝える

          家の近くで働けるように、地元にある薬局で働きたい…

          キャリアアップを目指して、企業の薬剤師の求人に挑戦したい!

          このように、自分が転職時に求める希望はしっかりと伝えるようにしましょう。

          きちんとすり合わせができていないと、なかなか希望の求人が紹介されず、スムーズに転職活動が進まない…なんてことになってしまいます。

          納得がいかないまま内定が出たとしても、実際に働きだしてイメージとギャップが生まれてしまい、再転職活動に…なんてことになりかねません。

          自分が今回の薬剤師転職で優先したいポイントは何かを明確にしておき、担当のコンサルタントにしっかりと伝えるようにしましょう。

          これまでの経歴は正直に申告

          エージェントの利用時には、これまでの経歴なども申告を行う必要があります。

          職務経歴は、取りこぼしが無いように正直に伝えましょう。

          中には経歴にあまり自信がなく、事実とは異なる情報を申告してしまう…なんて人もいます。

          実際に転職活動が進んでいくとなると、確実にどこかでそのウソがばれます。内定後にそのことが発覚してしまうと、トラブルに発展してしまうことも。

          後々面倒なことになった方が大変です。

          これまでの経歴は正直に申告をするようにしましょう。

          担当コンサルタントと合わないときはチェンジも伝える

          担当コンサルタントと馬が合わないと感じる時は、担当者の変更を依頼しましょう。

          薬剤師転職において、担当コンサルタントとの相性が成功のカギを握ると言っても過言ではありません。

          担当のコンサルタントは利用者のこれまでの経歴やヒアリング情報を元に紹介する求人をピックアップしていきます。

          中には、自分と馬が合わず、なんとなくこちらの要望が伝わらない…というようなことも、少なくありません。

          良い案件を保有している評判のいいエージェントを利用していても、コンサルタントとの相性一つでその求人が自分に回ってこない…なんてことになりかねません。

          なんとなく担当のコンサルタントと馬が合わない…と感じる時は、担当者の変更を依頼しましょう。

          基本的には変更を依頼は受け付けてもらえるため、より良い薬剤師転職を目指すためにも変更も検討しましょう。

          転職希望時期は早めと回答しておく

          転職希望時期は、早めと回答をするようにしましょう。

          転職エージェントの利用開始時には、転職希望時期についてのヒアリングがあります。

          その際には、「すぐにでも転職を希望」と伝えるようにしましょう。

          エージェントでは、コンサルタント一人に対して複数の利用者を抱えています。

          そのためコンサルタントしても、すぐにでも転職を希望している人を優先的に案件を回す傾向にあります。

          求人を出す企業しても、すぐにでもいい人材を確保したいのは、想像がつきますよね。

          とくにいい案件は急に回ってくるケースが多く、サイトの求人検索に出す前に利用者に回ってしまうことも。

          良い求人を回してもらうためにも、転職希望時期は早めと伝えておくようにしましょう。

          コンサルタントからの連絡は小まめに返信をしておく

          転職活動が本格化してくると、1日に何回もコンサルタントから連絡が来るようになります。

          コンサルタントからの連絡は、できるだけ小まめに返信を行うようにしましょう。

          返信が無いと、「この人はあまり転職を急いでいないのかな」「もうすでに他社で内定が出たのかな」と判断してしまい、コンサルタントのなかで優先順位が下がってしまいます。

          良い求人が来た時に優先的に回ってこない…なんてことになりかねません。

          良い求人を回してもらうためにも、最低1日に1回はレスポンスを送るようにしましょう。

          「こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!」まとめ

          今回は、「こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!」をテーマに、選んではいけない薬剤師転職サイトの特徴をご紹介してまいました。

          選んではいけないポイントを改めて振り返っていきましょう。

          こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!

          • 求人数が少なくて質も悪い
          • キャリアアドバイザーの対応が悪い
          • 非公開求人が少ない
          • 利用者の口コミで評判が悪い
          • 正社員の薬剤師求人しか扱ってない
          • 特殊案件がない
          • コンサルタントの業界知識が乏しい
          • レスポンスが遅い

          薬剤師転職を成功させるためにも、しっかりと利用する転職サイト・エージェントを選んでいきましょう。

          また上記のポイントを元に、薬剤師転職におすすめのエージェントをランキング形式でご紹介いたしました。

          転職エージェントを100%活用するコツを活用しながら、薬剤師転職活動を成功させましょう。

          貴方の転職活動が上手くいくことを願っています。

          30代で薬剤師に転職は難しい?転職にオススメの薬剤師とは?
          新卒で働き始めた薬剤師の仕事も慣れてきた30代は、ふと立ち止まって新たにキャリアを見直す人も多いと思います。 今回は、30代で薬剤師に転職をすることはできるのか? また未経験でも薬剤師に転職はできる? などを調べてまいりま...
          薬剤師の離職率はどれくらい?職種ごとにデータ比較
          薬剤師はすぐに転職してしまう。 そんな話を誰もが1度は聞いたことがあるはず。 労働環境、年収アップ、スキルアップなどと転職理由はさまざまです。 ところで薬剤師の離職率ってどれくらいなのでしょうか。 周囲の薬剤師の転職...
          独学で薬剤師資格は取れるのか?薬剤師になるため必要な条件とは?
          薬剤師は魅力的な資格です。 持っていれば普遍的につぶしが利く、働く場所を選ばないなど、薬剤師の魅力は多いです。 人によっては、ある程度大人になってから「薬剤師になりたい」と思う人もいるのでは。 そんな人が、果たして自分の力...
          薬剤師転職サイトの公式信頼ベスト!あなたが使うべき転職サイトはここ!
          薬剤師の転職市場は大きく、薬剤師の転職サイトの数は多いです。 2か3つ程度なら、薬剤師の転職サイト併用はたしかに便利なのですが、併用しすぎるのも、「同一求人に応募してしまう」リスクがあります。 管理が難しくなり、転職活動が無駄に...
          病院薬剤師がつらいと思う瞬間!つらいなら無理せず転職を
          新卒採用で人気があり、難関な病院薬剤師の職場。 しかし、病院薬剤師の新卒3年目までの離職率は一般的に50%と言われています。 辞めていく人のほとんどが、思い描いていた働き方と違う!と不満を感じているのが現実。 この記事では...

          コメント