子持ちの30代女性はもう転職できないのか?成功例からみる転職のコツ

転職コラム

子持ちの女性が転職で不利なのは、言うまでもなく常識です。

理由は考えるまでもありません。「子育てしながら仕事する」のはかなり難しいからに他なりません。

それまで普通に働いていた女性に子供ができた時点で、「会社の求める仕事ができなくなる」と判断されて、それまでの業務から外されるなど、社内で不利な立場に追い込まれるパターンも多いです。

そしてこれから転職を考える子持ちのワーキングママは、企業から「子持ちを雇うリスク」を警戒されて、採用を敬遠されるのも確かです。

しかし、現代日本は色んな業界で、働く人材の人手が足りてない状況です。

たとえ子持ちでも、適切に転職活動を行うことで、子持ちの女性でも転職を成功させることは可能なはずです。

今回は、実際に転職を成功させた成功例をお手本に、「子持ち女性が転職を成功させるコツ」を探っていきましょう。

子持ち女性の転職は事前準備が必須

子持ち女性の転職は、通常の転職と比べてもかなり難易度が上がります。

子持ちの女性が転職活動を成功させるためには、転職活動を本格的に始める前に、しっかりと準備を怠らないことが必要となります。

具体的に、子持ち女性がやっておくべき転職の準備を調べてみましょうl

転職先のキャリアを明確にする

転職活動をはじめるにあたって、転職後の自分のキャリアを明確に決めておくことが大切です。

自分はどういった業界で、どういった仕事をやりたいのか。

その「キャリアプラン」が明確に定まってさえいれば、子持ちであっても企業側に「採用する価値がある」と感じさせることができるはずです。

書類の作り込みを完璧にする

転職活動を進めるにあたって、企業に提出する書類の準備はもはや必須です。

提出する履歴書、職務経歴書の準備はしっかり行っておきましょう。

自分がそれまでどんな仕事をしてきて、どんなスキルを身に着けてきたのか、それを表明するためのポートフォリオの準備も行っておくと、転職活動を成功させやすくなります。

スキルの棚卸しをしっかりしておく

子持ち女性でなくとも、転職活動において「スキルの棚卸し」は必須です。

スキルの棚卸しとは、現在自分の持っているスキルを見直すということです。

「自分は何が得意で、何が不得意なのか」

それがわかっているいのと、わかっていないのでは、転職活動における成功率がまったく変わってきます。

なぜなら、転職活動において、自分がアピールする部分が明確になるからです。

子持ち女性の転職活動進め方

準備が出来たなら、転職活動を本格的に進めることとなります。

ですが、「どのように転職活動を進めれば転職活動がうまくいくか」は、転職活動の進め方についての知識がないとわからない内容です。

子持ち女性の効率的な転職活動の進め方、しっかり学んでおきましょう。

転職エージェントを活用する

子持ち女性は、「転職エージェント」を使った転職活動を行いましょう。

転職エージェントを使った転職ならば、キャリアコンサルタントに希望を伝えながら転職活動を進められるので、効率的に転職活動が進められます。

子持ち女性が転職活動に不安を感じるのは、「転職活動が孤独だから」という点が大きいです。

転職エージェントを使いながらの転職活動なら、その孤独を感じない転職活動が可能なのです。

転職を考えた女性におすすめ!人気の転職サイト/ランキング
現在転職を検討している女性のみなさん。 どういった手順を踏んで次職を見つけようと考えているでしょうか?ハローワーク?知り合いの紹介?それとも、転職サイトですか? やはり今どきの転職活動は、転職サイトを使って進めるのが一般的。しか...

在職中に転職を進める

子持ち女性の転職は難しいです。

退職後に転職活動を進めると、その転職活動が失敗に終わった時、かなりの痛手を被ります。

ですから、転職活動を本格的に進めるタイミングは、在職中がおすすめです。

面接の対策をしっかりしておく

転職活動においても、やはり「面接」はかなり重要です。

面接では、「自分の持っているスキル」などを表明するだけでなく、受け答えなどで、しっかりと「社会人経験」をアピールする必要があります。

基本的に中途採用面接で聞かれる質問は形式化していることが多いので、事前にしっかりと質問を想定しておきましょう。

前職の愚痴や文句は言わない

面接でやりがちな失敗が、「前職の悪口を言う」ことでしょう。

面接で「前職の悪口」を言ってしまうと、採用担当から「この人は自分のいる企業に不満をためやすい」と判断されます。

つまり、企業から採用を敬遠されてしまうのです。

「子持ち」をカバーできる条件をしっかりアピールする

子持ちという条件は、採用担当にとって「悪条件」です。

そんな悪い条件を加味してもまだ、採用したいと思わせるほどに高いスキル、資格など、その条件をしっかりアピールしてください。

というより、その「好条件のアピール」ができないと、子持ち女性が転職活動を成功させるのはかなり難しくなります。

経験を活かして転職する

子持ち女性が「未経験業界」への転職を行うのは、かなり難しいです。

現実的に転職活動を成功させるには、過去の経験を活かして、自分の慣れ親しんだ業界への転職を行ってください。

「現職にとどまる」のも大切な決断

「子持ち女性の転職」について説明してきましたが、子持ち女性にとって「転職しない」という決断も、とても大切なものです。

もし転職の動機が、なんとか在職中に改善できるものなら、なんとか周囲に話をもちかけて状況の改善を行ってください。

子持ち女性にとって仕事を辞めるリスクが大きい

子持ち女性にとって「転職」は、普通の人が転職するよりも大きなリスクを伴います。

現在、それなりに福利厚生の整った企業で、正社員として働いているならなおさらです。

転職した先の企業で、今と同じくらい良い待遇を受けられる保証はどこにもないのです。

正社員としての働き方にこだわらない

子持ち女性は、「これからの働き方」を考えた時、「正社員」という働き方にこだわらないようにするべきです。

正社員という働き方を諦めることで、もっと時間などに自由な働き方ができるはずです。

時間、働き方に融通が効くのは非正規雇用

派遣社員、契約社員、アルバイトなど、非正規雇用としての働き方を選べば、時間や働き方がかなり自由になります。

子持ち女性は子育てに、ある程度生活のリソースを割く必要があります。

ある程度融通の効く働き方を希望するなら、「正社員以外」の働き方を前向きに考えてみましょう。

キャリアアップは諦めることになる

しかし、「正社員以外」の働き方を選んだ時点で、「キャリアアップ」の道から逸れてしまいます。

子持ち、子育て、という状況を受け入れた時点で「キャリア」からある程度外れることになりますが、これを受け入れられる女性とそうでない方も多いかもしれません。

そういった女性は、「子育て」と「キャリア」を両立できる企業を辛抱強く探すのも一つの手です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

子持ちの女性が転職する時、何に気をつけて、何を考えながら転職すればいいのか。

子持ちの女性の転職について、詳しく説明してきました。

子持ちの転職という時点で、かなり転職の条件が厳しくなってしまいますが、適切な流れを組めば転職することも可能です。

コメント