高校生でも派遣で働ける?オススメの働き方をご紹介します

派遣社員の豆知識

いま高校生でそろそろアルバイトをしようと思っているけど、何をしたらよいか決め切らず迷っていませんか?
仕事を探し始めたばかりで、まだあまりアルバイト以外の選択肢は知らないかもしれません。

実は、高校生でも派遣社員という働き方ができるんです。

そして、高校生だからこその派遣社員で働くメリットもあります。

私も高校時代に派遣で働いておけばよかったなあと、35歳のいまになって思います。

この記事では、派遣会社で営業を10年間している私が、高校生ができる派遣の仕事と、派遣で働くメリット、オススメの働き方などをお伝えします。

高校生でもできる派遣の仕事はあるのか

派遣社員というと、もしかすると専門的な知識やスキルをもっていないとできない、というイメージがあるかもしれません。

しかしそんなことはなく、高校生であろうとフリーターであろうと正社員の副業であろうと、派遣社員として働くことは誰でもできます。

高校生でもできる派遣の仕事

派遣の仕事は大きく分けて、長期派遣、期間限定(数か月)派遣、単発・日雇い系派遣の3つに分かれます。

長期派遣

長期派遣のフルタイムで働くような求人は、拘束時間も長く難易度も高いことが多いので、高校生には不向きです。

長期であっても、週3~や1日5時間~などであれば、土日を活用すれば高校生でも可能ですが、それほどアルバイトと違いはありません。

期間限定派遣

期間限定派遣は、数週間~数か月の期間があらかじめ決まっている働き方で、難易度は長期派遣よりも高くはありませんが、期間限定な分シフトはしっかりと守らないといけません。

テスト期間や友達と遊ぶ予定など、休み希望の調整が必要なので、高校生でもできるかもしれませんが、採用する側も働く側も少し覚悟が必要です。

オススメは単発・日雇い派遣

単発・日雇い派遣であれば、働く日も働く仕事内容も自分で自由に決められます。

また、その日その日で働く場所や人も違うので、出会いの多さが圧倒的に多いです。

勉強に遊びに忙しい高校生には、単発・日雇い派遣はうってつけなのです。

派遣の仕組みとは?

派遣で働いたことがないという高校生も多いと思いますので、ここで派遣の仕組みを簡単に解説しておきます。

はじめに言っておくと、派遣の仕組みは全く難しくありませんのでご安心ください。

ほぼ普通のアルバイトと変わりません。

派遣社員とアルバイトとの違いは、これだけです。

  • アルバイト:働く会社と給料をもらう会社が同じ
  • 派遣社員:働く会社と給料をもらう会社が違う

派遣社員は、派遣先の社員の指示で働いて、派遣会社からお給料をもらいます。

難しい言葉でいうと、雇用されているのは派遣会社ですが、実際の仕事の指示は派遣先に従う、というものです。

これだけです。

非常に簡単ですね。

※厳密にいうと派遣法の絡みもありアルバイトと違う点も多いですが、高校生が派遣で働く場合はあまり関係ないので説明は割愛します。

高校生が派遣で働くメリット

高校生でも派遣で働くことはできますが、アルバイトと違った派遣ならではのメリットはあるのでしょうか?

出会いが多い

単発・日雇い派遣は、出会いの数が圧倒的に多いです。

単発という特性上、毎回働く人や働く場所違うことが多いので、単純に出会える人数が増えます。

ライブなどのイベントスタッフの場合は、たくさんの人と一緒に働くので同じく出会いが多くなります。

友人も増えるでしょうし、彼氏・彼女になる人との出会いもあるかもしれません。

出会いはとても大切なものなので、たくさんの人と出会える単発・日雇い派遣は、とてもメリットが大きいと思います。

出会いを求めるなら派遣?意外と多い派遣からの出会いについて
実は「派遣社員」という働き方は、出会いに溢れています。 派遣社員と一流企業の社員が付き合う、結婚なんていうのは、実はよくある話なのです。 そのため、働く世の派遣社員のなかには「出会い」を求めて働く社員も多いのではないでしょうか。...

テスト期間は働かなくていい

単発・日雇い派遣の場合は、働く日がほぼ自由に選べます。

「テスト期間の1か月くらいは勉強に集中したい」という人は、その間仕事を入れなければOKなのです。

シフトを誰かに代わってもらったり、店長に休み希望言って調整する必要もありません。

更に「明日急に暇になったから働くか」みたいなことも可能です。

求人の多い少ないは時期によってありますが、この働く日が自由に決められるということは、単発派遣で働く最大のメリットといえるでしょう。

友達と一緒に働ける

単発・日雇い派遣は、たくさんの人数を一気に採用することが多いので、友達と一緒に応募しても採用され安いです。

知らない人のなかで働くよりも、友達と一緒に働けるのは安心ですし、何より楽しいですよね。

日払いができる

多くの派遣会社は、日払いができます。

日払いはなくても、週払いで対応しているところもあります。

基本的に、お給料は早くもらえるに越したことはありません。

振込手数料は、その都度かかる可能性もありますが、それが嫌なら急にお金が必要になった場合でなければ日払い・週払いを利用せずに、通常通り月払いにすれば良いだけなので、メリットはあってもデメリットはありません。

高校生にオススメの派遣求人3つ

高校生にオススメの派遣求人を3つご紹介します。

イベントスタッフ

私が最もオススメするのは、イベントスタッフの単発派遣です。

アーティストのライブや、プロ野球やJリーグの試合、展示会などで臨時のスタッフとして仕事をします。

オススメ理由は2つあります。

1つ目は、働く人数が圧倒的に多いので、出会いが多いこと。

2つ目は、好きなアーティストのライブやプロ野球を近くで感じられること。

ただし、配置場所によっては雰囲気だけ味わうことになってしまうかもしれませんし、あくまで仕事をしに来ているため公に観戦することはできませんので、そこははき違えないようにしましょう。

デメリットとしては、イベントはいつもあるものではないので、エリアや時期によっては仕事に入れるチャンスが少ないことです。

もしイベントスタッフの求人を見つけたら、すぐにエントリーすることをオススメします。

軽作業スタッフ

次にオススメなのは軽作業です。

倉庫でのピッキング(商品をピックアップして箱詰めすること)や、仕分け、検品などの仕事です。

軽作業の単発派遣のメリットは、ほぼ毎日求人が出ていること。

働きたいときに働けるのは、とても使い勝手が良いですよね。

また仕事内容も一度覚えてしまえば簡単にできるものが多いので、ストレスなく働けるのもメリットの一つですが、逆に「簡単すぎてつまらない」と感じることもあるかもしれませんね。

販売スタッフ

百観点などの年末年始や、大規模の店舗オープン時に、臨時で販売スタッフとして働くのも良いと思います。

イベントスタッフと同じく大人数で働くので出会いも多くあります。

また接客や販売をする中で、敬語やコミュニケーション能力が身に付けられるので、社会人へのステップとしてもメリットのある仕事です。

デメリットとしては、イベントと同じく頻繁に求人がでるものではないことと、単発というより1週間~1か月程度の短期派遣になるのでシフトの自由度が少しなくなるところですが、それ以上に得られるものも多いのが販売スタッフの仕事です。

複数の派遣会社に登録しておこう

働きたいときに働くためには、派遣会社は複数登録しておくことをオススメします。

A社には仕事が無くても、B社にはあるということもあります。

イベントスタッフや、販売スタッフは特に、求人が常にあるわけではないので、複数の派遣会社に登録しておくことで入れるチャンスが増えます。

また、派遣会社によって求人の種類に違いがあるので、自分の働きたい仕事を見つけるためにも多くの派遣会社に登録しておくのが賢いやり方です。

だいたい3社くらい登録しておけば、ほぼ自由に好きな仕事で働ける環境が作れます。

まとめ・高校生は単発・日雇い派遣をするべし

結論、高校生でも派遣で働くことは可能ですし、その中でも最もオススメなのは、単発・日雇い派遣です。

複数の派遣会社に登録しておいて、気に入った仕事があれば好きなタイミングで働いて、自由とお金と出会いを手に入れましょう。

これだけは守ろう

最後に、単発・日雇いといっても簡単に休んでいいわけではありません。

働くことを約束した日は、遅刻欠勤などが無いように責任をもって出勤しましょう。

万が一、無断欠勤をしてしまうと、次回から仕事をもらえなくなる可能性が高いです。

派遣会社も派遣先との契約や、信頼関係を守らなければいけないので、しっかりと責任を全うしてくれるスタッフを求めています。

メリットの多い単発・日雇い派遣ですので、その分しっかりと責任をもって働いて、良い高校生活を送ってくださいね。

コメント