工場派遣で疲れた人におすすめの対処法をご紹介!辞める前にチェックするべきポイントとは

工場派遣

やっと見つかった仕事が工場派遣で、毎日の立ち仕事や体力仕事、人間関係に疲れた・・・
という人も少なくないはず。

工場の仕事は、オフィスの仕事と違って、それぞれ工場独自のルールや仕事内容があるので、慣れるまでは、体力的にも精神的にも結構疲れてしまいます。

慣れない工場派遣に疲れた人、もう辞めたいと思っている人、辞める前にできることがないか、改善策を一緒に見ていきましょう!

工場派遣を辞めたい?辞める前にもう一度考えるべきこと
工場派遣はそのきつい仕事内容、底辺とも言われる社会的地位の低さもあり、「辞めたい」と思う人がたくさんいるのも事実です。 確かに工場派遣の仕事は、仕事内容も単純作業が多く、重労働に辛い勤務環境など、辞めたくなる要因には事欠きません。 ...

工場派遣はしんどい?辞めたい理由

まずは、なぜ工場派遣の仕事に疲れてしまうのか、その理由を探っていきます。

作業が淡々として飽きる

工場の仕事で一番多いのが、決まった作業を繰り返し行うルーティンワークです。

箱詰め・梱包・ピッキング・検品など、中には軽作業と言われる仕事もありますが、基本的には同じ作業を延々に繰り返すことを求められる工場の仕事。

淡々と、黙々と、同じ作業を繰り返すのが得意な人には向いていますが、飽きやすい人・変化を求める人にとっては、簡単すぎるがゆえ、単純作業にやりがいを感じにくいかもしれません。

人間は飽きるものですから、頭を使わなくても無意識で作業ができる、というレベルに達するとどうしても飽きてしまうもの。

飽きるということは、それだけ仕事に慣れてきている証拠とも言えます。

なかなか仕事に慣れない

一つ目の理由とは反対に、作業に慣れることができず、疲れてしまうというケースもあります。

軽作業も多いとは言え、現場で1日立ち仕事をしたり、細かいものを見続ける必要があるなど、工場の仕事は独特の作業内容が多いです。

慣れるまでに時間がかかり、1日が終わる頃には、体力的に疲弊しているのはもちろん、精神面でもどっと気疲れすることもしばしば。

筆者も工場勤務の経験がありますが、最初の1ヶ月は、作業を覚えるだけでも大変で、毎晩9時には寝落ちしてしまう、そんな生活でした。

特に工場勤務が初めての人は、慣れるのに最低でも1〜2ヶ月はかかります。

職場での会話が少ない

工場勤務は、それぞれが持ち場に分かれて作業をするので、あまり勤務中にコミュニケーションを取る機会が多くありません。

また、機械音がうるさかったりすると、長時間会話をするという場面も少なくなります。

そのため、ひとりぼっちで作業している感覚に陥りやすくなり、時間が経つのが長く感じたり、終わった後にすごく気疲れすることがあるのです。

人と接することでリフレッシュできたり、気分転換になったりするので、一人の世界でも淡々と作業を続けるというのには、なかなか慣れないかもしれません。

ただ、工場によっては、チームを組んでそれぞれのチームごとに業務進めることも多く、みんなで一緒に休憩をとったりするような体制だと、間の休み時間にコミュニケーションを取れる場面もあります。

工場派遣に疲れた時の対処法

せっかく見つかった派遣の仕事、簡単に手放すのはもったいないですよね。

「工場派遣の仕事に疲れたな」と思うことがあったら、ぜひ実践してほしい対処法をいくつかご紹介します!

辞めるのは最終手段と思っておきましょう!

仕事をゲーム化する

※こっそりできる対処法の一つとして、サラッと目を通してみてください!

これは、筆者が工場勤務時代に、少しでも仕事を楽しくしたいという思いから考えた対処法です。

すっかり慣れてしまった単純作業を、ゲーム化するという、公ではあまり言えない方法です。笑

どういうことかというと、「いつもより早く作業をしてみる」「いつもより多い数をやってみる」というように、その時々でルールを決めて、作業を行ってみるのです。

具体例を挙げると、いつも一箱分の商品を箱詰めするのに、5分かかっていたとします。

その場合、「今日は4分でできるようになるまで、時間短縮に挑戦してみる!」というゲーム感覚の新ルールを一つ追加してみるのです。

他の例で行くと、「いつも50個ずつしかやっていない作業を、60個分やってみる」などもゲーム化になります。

ただ作業をするだけだとどうしても飽きてしまいますが、昨日より早く作業ができた、前回よりも多い数をさばけるようになった、というような小さな変化に気がつけると、それだけで少し気分が変わります。

人間は飽き性ですが、実は単純だから、少しの変化をつけるだけで、同じことを続けられるようになるのです。

ただし!

これは、自分が作業を楽しむための小さな工夫に過ぎないということをお忘れなく!

ゲーム化しすぎて、本来の目的を飛び越えてしまうのはNGです。

「作業スピードを追求しすぎた末、完成品のクオリティが下がっている」などは本末転倒なので、大前提として必要な品質・作業性が担保されている状態を保つことは絶対に守りましょう。

ゲーム化はあくまでも、ちょっとした彩りだと思ってください!

新しい作業を覚える

これは、工場の方針もあるのでみんなが実行できる提案ではないかもしれませんが、同じ作業を繰り返すから飽きてしまうのであれば、いつもと違う作業に取り組んでみるのも方法の一つです。

具体的には、「他の作業もやってみたい」「いつも自分が担当している作業の次の工程が知りたい」など、些細なことでいいので、作業の幅を広げてみたいという意思を、工場側に伝えてみることから始まります。

すると、人手不足の職場や柔軟に対応してくれる工場などは、新しい作業を分担してくれることがあります。

一つのことだけをコツコツ繰り返すのが好きな人ならいいですが、そうではない人は、自分が担当する作業の幅を広げるというのも、仕事を楽しむ工夫のひとつです。

できることが増えると、少しずつやりがいや楽しさを感じれるかもしれません!

それでもダメなら派遣会社に相談

「自分でできる工夫をしてみたけど、やっぱり今の仕事に疲れた・・・」
「作業内容以外のことで、仕事に疲れた・・・」

という人は、自分一人で現状を改善していくのは難しいので、その場合は、素直に派遣会社に相談してみましょう。

実務的な相談や問題は、派遣先企業=工場の現場の上司に聞く必要がありますが、働き方全般のことを管理してくれているのは、雇用主である派遣会社です。

そのため、仕事が疲れた・つらいという根本の問題は、一番に派遣会社に相談するのがベターです。

派遣会社は、派遣社員が快適に仕事に従事できるようにサポートするのが仕事なので、しっかり相談に乗ってくれます。

逆に、それで「あなたに問題があるのでは?もう少し頑張ってみましょう」なんて、無責任なことを言ってくるような派遣会社なら、派遣会社を切り替えた方がいいくらいです!

派遣会社は親身に相談に乗ってくれるので、困った時は、すぐに派遣会社の担当窓口に相談してみましょう。

働く工場を変える

派遣会社に相談したけど、なかなか職場環境が改善されなかったり、自分の気持ちをコントロールできなくなったら、その時は、他の工場で働くことや別の仕事を探すことを検討してみましょう。

最初から、疲れたから辞める!というのは唐突すぎますがいろいろ工夫した上で、「ここで働くのがツライ」となるのであれば、思い切って働く場所(会社)を変えてしまうのも方法です。

派遣社員のメリットとも言えますが、派遣の場合は、仕事を失ったとしても次の仕事を派遣会社に紹介してもらえます。

これが、サラリーマンだったら、辞めた後に一から自分で仕事を探さないといけません。

派遣会社に登録している限り、仕事が見つかるまでは、求人案件を紹介してもらえるので、最終手段として、働く場所を変えてみるのもアリです!

ただし、辞めたいと思ったときには急いで答えを出さずに、派遣会社にもよく相談してから決断しましょうね。

求人案件はいくらでもある!とは言っても、派遣先企業との契約を打ち切るというのは、派遣会社にとっても大きな打撃になることは確かです。

中途半端なイメージがついてしまうと、次の仕事をすぐに紹介してもらえなかったり、公に公表されていない優良案件を紹介してもらえないなんてことにもなりかねません。

キャリアのことで困ったことは包み隠さず、派遣会社に相談してみましょうね!

工場派遣に疲れたら…まとめ

いかがでしたか。

今回は、工場派遣が疲れたという人に、少しでも毎日の業務を楽しめるような対処法をご紹介してきました。

筆者も2年半年の工場勤務経験があるので、その時に工夫したことを交えながら実践できる対処法をご紹介しました。

楽な仕事はありませんが、少しでも仕事に疲れた・・・という気持ちが改善されるお手伝いができると幸です!

コメント