工場勤務は底辺の仕事なのか?どんな人が工場勤務に向いている?

工場派遣

日本で働く工場勤務従事者は1000万人を超えていると言われています。

しかし、それだけ多い工場勤務の人たちに対するイメージは、決していいものではありません。

人によっては「底辺の仕事」なんて言われることもある工場勤務。

実は多い工場勤務ですが、負のイメージ通り底辺の仕事なのか。

人間は確かに、イメージに振り回されがちなもの。

ですが、間違ったイメージに考え、行動を左右されないように、工場勤務に対するイメージを正していきましょう。

工場ではたらく人は底辺?どうして底辺と言われがちなのか

工場で働く仕事は時に「底辺」とまで言われます。

どうしてそこまでネガティブな言葉で表現されるのか。

工場で働く人たちは本当に底辺なのか。

底辺と揶揄される要因を調べてみましょう。

誰でもできる単純作業である

誰でもできる仕事…ということで、派遣などで工場で働く人達は軽く見られがちです。

やはり尊敬される、すごいと言われる仕事というのは、限られた特殊技能の持ち主しかできない仕事です。

その点、工場勤務は誰でもできる単純作業がメインで、仕事が軽んじられても仕方ないですよね。

刑務所上がりで働くイメージも

誰でもできる仕事であるがゆえ、刑務所から出所したような、なんおスキルのない人が働く仕事というイメージもあります。

「社会復帰の場」として利用されるなんて、これでは底辺の仕事と言われても仕方ないでしょう。

通常、難しい仕事ほど、位の高い仕事として扱われる傾向にあります。

きつい・汚い・臭いの3K

大変な仕事を表す言葉として3Kというものがあります。

工場にもよりますが、作業場の匂いがきつい、そして汚い、重労働で作業がきつい、という3Kに当てはまった仕事が工場には多いです。

3Kの仕事は底辺の仕事…なんて言われることも多いです。

実はいい仕事?工場勤務の真実

工場のデメリットを多めに伝えてきましたが、工場勤務には良い面もあります。

底辺の仕事だと敬遠する前に、工場派遣の良いところを学んでから、自分が働くか考えても遅くないのではないでしょうか?

年収相場は決して低くない

工場派遣は稼げる、なんて言われるくらいに、工場勤務の年収相場は悪くありません。

基本的に時給相場でみれば1200円を下回る求人はめったにありません。

正社員ともなれば、寮完備でボーナスありな仕事で働くことができるので給与的には悪くない条件で働くことができます。

寮完備で働きやすい

工場は地方にあるため、工場勤務の人は寮で暮らすことになります。

そのため、住むところに困っている方でも、何も心配せず働き出すことができます。

また、工場勤務では仕事に必要な道具を工場が用意してくれるので、手ぶらでいけば住むとこもあって、すぐに働き出すことができるというわけです。

住む場所に困っているなら、寮完備である工場勤務の仕事を探して、そこで働いてみてはいかがでしょうか。

人間関係が気楽

工場勤務は基本的に一人作業の集合体です。

そのため、誰かと協力して行う仕事が少ないので、必要以上に他人と絡む仕事が少ないです。

他人と必要以上に接する必要がないので、コミュニケーションに自信が無い方、コミュニケーションに苦手意識がある方でも、コミュニケーションにプレッシャーを感じる必要なく、気楽に働くことができるのです。

工場派遣今後の危険性

工場派遣はメリット、デメリットある仕事です。

自分に「向いている」と思ったら、工場で働くのも悪くないでしょう。

しかし問題は、工場派遣で働くのはどうしても直視しなくてはならない問題があるのです。

あらかじめ工場で働くことの、将来的なリストも把握しておきましょう。

AI技術の進歩で取って代わられるかも

工場勤務はどうしても「単純作業」の割合が大きくなります。

昨今ずっと、単純作業はAIにとって変わられると言われています。

工場勤務の仕事なんて、考えるまでもなく真っ先にAIがその仕事を奪いかねません。

他の仕事も同じですが、工場で働く方は「明日この仕事がなくなるかもしれない」という危惧をいつも胸に抱いておきましょう。

大したスキルは身につかないので将来性がない

工場勤務は、先程も言ったとおり「誰でもできる」仕事です。

そのため、いくら長年工場勤務を続けていたところで、仕事でスキルは身につきません。

工場勤務を続けたところで、「過去のキャリアを活かしてキャリアアップ転職」が難しいのです。

確かに簡単で長年働くことができる仕事ではあるものの、工場勤務に将来性は薄いです。

交替勤務などで身体の負担が大きい

12時間ずつ作業員を分けて、交代で働くのが二交代制勤務です。

24時間稼働が求められる、工場勤務ならではの働き方ですよね。

ただでさえ夜勤は身体にきついのに、頻繁に交替制の仕事を続けていると、身体にガタがきてしまうことも。

交替制で働くなら、前もって身体を労って無理させない働き方を考えておきましょう。

健康な若者は工場で働くべきではない!別の仕事をもう一度検討して

未来がある健康な若者は、工場で働くべきではありません。

現代、ずっと日本企業の多くが若手人材不足に悩んでいます。

「若い」というだけで、就職市場ではかなり有利なのです。

それなのに、若い時代を工場勤務という、良くも悪くも誰でもできる仕事で潰してしまうのはかなりもったいないです。

どうしても働かざるを得ないという事情がない限り、ハタラクティブなど若者向けの求人が集まるサイトで就職の道を探すのが一番です。

紹介型派遣専門のマイナビキャレレーション

派遣という仕事からも、正社員の道を模索することができます。

それが「紹介型派遣」という働き方。

いずれは、正社員へと働き方が切り替わる前提の仕事で働くことで、派遣という仕事のなかで将来を見据えながら働くことができます。

紹介予定派遣に興味がある方は、紹介予定派遣専門のサイト「マイナビキャリレーション」で仕事を探してみてください。

マイナビキャリレーションのサービスはどう?メリット・デメリット・口コミ評判
マイナビキャリレーションは、マイナビワークスが運営する無期雇用派遣。 マイナビといえば言うまでもなく、日本の大手人材企業。 過去の実績、ノウハウを活かして利用者の職探しを斡旋します。 有期雇用という働き方に不安を抱いている...

若手向け就職サイトハタラクティブ

工場派遣ではなく、正社員で安定した仕事を考えている方には、「ハタラクティブ」をおすすめしたいです。

ハタラクティブには、20代など若者向けの求人が多く集まるサイト。

未経験など、職務経歴として弱い人でも、若さという武器を頼りに利用者を就職に導いてくれる転職エージェントです。

ハタラクティブの使い勝手は?サポートの充実性は?
ハタラクティブは20代の転職に特化した転職エージェント。正社員経験がなくとも、別のスキル、ポテンシャルがあれば、フリーターでもハタラクティブがサポートしてくれます。

まとめ

いかがでしょうか。

よく言われる「工場は底辺の仕事」という言葉の真意、わかったでしょうか。

工場派遣は、取り立ててスキルやキャリアがなくとも、年齢にかかわらず誰でも簡単にできる仕事です。

誰でもできる仕事というのは軽んじられがちなので、時に工場勤務が底辺と揶揄されるのです。

特に若い方で、未来を考えた、安定した働き方がしたいなら、工場ではなくもっと将来性のあるところで正社員勤務を行いましょう。

コメント