登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

嫌いな上司を無視するのは絶対NG!嫌いな上司ともうまく付き合う方法とは?

在職中の転職活動転職コラム

「上司のことが嫌いで嫌いでしかたがない」
「嫌いな上司は無視してもいい?」

このように、職場に嫌いな上司がいてその付き合い方について困っていませんか?

しかし、上司が嫌いだからという理由で無視しては絶対いけないですし、上司を無視してもメリットはほとんどありません。

それは上司の付き合い方で困っているあなたもきっとわかっているはずです。

嫌いな上司ともうまく付き合っていくことが働いていく上で非常に大切です。

では具体的にどうやって嫌いな上司と接すればいいのか?

そこで今回は上司が嫌われる特徴から、上司を無視してはいけない理由、そして嫌いな上司ともうまく付き合っていく方法まで紹介していきます。

嫌いな上司がいることがほとんど

職場には嫌いな上司がいることがほとんどです。

大手転職サイトのマイナビ転職が独自調査によれば、職場に嫌いな上司がいるかどうか20代男性に質問したところ「いる」と回答した人は全体の82.1%という結果になりました。

さらに20代女性でも75.0%が「いる」と回答していることから、5〜4人に1人が職場に嫌いな上司がいることがわかります。
参考:転職ノウハウ|マイナビ転職

つまり嫌いな上司がいるというのはどこの会社でも同じことで、働いていく上では嫌いな上司とどう付き合っていくのかが大切といえます。

嫌われる上司の特徴

マイナビが行なった同調査によれば、嫌われる上司には以下のような特徴があります。

  • 理不尽(66.3%)
  • 自己中心的(42.2%)
  • 自分のやり方を押し付けてくる(33.7%)
  • 人によっては対応が変わる(33.7%)
  • 厳しい(31.3%)
  • 感情的になる(25.3%)
  • 仕事ができない(22.9%)

おそらく、嫌いな上司がいるという人ならこれらの特徴に共感できるかと思います。

しかしながら、上司が嫌いだからという理由で上司を無視してはいけません。

嫌いな上司を無視してはいけない3つの理由

嫌いな上司を無視してはいけない理由は主に以下の3つです。

  • 会社からの評価が下がる
  • 無視することによるメリットがない
  • 仕事ができない人として見られる

基本的に上司を無視してもメリットはほとんどありません。

ここからは、それぞれの理由を深掘りしていきます。

会社からの評価が下がる

上司を無視すると会社からの評価が下がるので注意しましょう。

あなたの評価を決めるのは上司なので、つまり上司から低く評価されると会社からの評価も下げてしまうことになります。

会社から低く評価されれば昇給や待遇の改善などが見込まれません。

さらに、自分の実績に結びつかないという点から考えれば、転職をしようにも実績がないのでスムーズな転職はできないでしょう。

このように、上司を無視すると自分の首を自分で締めているようなものです。

そのため、上司を無視するのはやめましょう。

無視することによるメリットがない

上司を無視することによるメリットはほとんどありません。

強いていえば自分の気持ちが少し晴れる程度でしょう。

無視された上司はあなたを相手にしなければいいだけですし、上司側からすれば無視されたところであなたではないほかの部下と接するだけです。

また最悪の場合仕返しをされることもあります。

たとえば過剰な量の仕事を任されたり、逆に仕事を振ってもらえなくなると働きづらくなります。

さらに職場の雰囲気は悪くなり、自分が働くその居心地も悪くなることがほとんどなので、基本的に上司を無視するとデメリットしかありません。

そのため、上司を絶対に無視してはいけないです。

仕事ができない人として見られる

上司を無視すると上司からだけでなく同僚からも仕事ができない人として見られる可能性が高いです。

仕事をする上で自分が嫌いな人とも付き合うというのが社会の常識と考えている人は少なくありません。

上司を無視することで「仕事を仕事として割り切れない人」と思われてしまう可能性もあります。

また「上司との付き合いさえうまくできないんだから他の仕事もうまくできるはずがない」などと思われれば周囲からの信頼を失われ、結局は自分の評価を下げることになるのです。

そのため、上司を無視するのはやめましょう。

では嫌いな上司とどうやって付き合っていけばいいのか?

以下では嫌いな上司とうまく付き合う方法について紹介していきます。

嫌いな上司を対処する5つの方法

嫌いな上司を対処する方法には主に以下の5つがあります。

  • 自分からは関わらない
  • 結果を出す
  • 上司との関係を改善する
  • ほかの上司に相談する
  • 転職する

このうち自分のできることからはじめていきましょう。

自分からは関わらない

自分からは関わらないというのがひとつの対処法です。

上司を頼らずにできるだけ距離を取ることで上司と接する機会を減らすやり方です。

たとえばわからないことがあっても質問するのではなく、自分の力で問題解決できるよう努めれば上司と関わらずに済みます。

このように、あまり自分から接触しないようにすることで上司と距離が生まれ、結果的に上司からのパワハラや理不尽な要求などを受ける回数を減らせるのです。

とはいえ、少人数の企業だったり現場がどうしても上司とつきっきりの場合はこの方法は厳しいでしょう。

この方法が難しい場合でも、上司が嫌いならできる限り上司から距離を取ることをオススメします。

結果を出す

結果を出すというのも上司とうまく付き合う方法のひとつです。

おそらく上司から理不尽なことをいわれれば、仕事のやる気が滅入ってしまっている人がほとんどだと思います。

しかし、それを逆に仕事のモチベーションにして結果を出すことで、上司もその実績を認めざるを得なくなります。

結果を出すのが難しい職場環境の場合であれば、仕事に関して勉強や努力を重ね、自分で考えて動けるようになるというのも手段のひとつです。

また仮に結果を出せなくても仕事を頑張ることで自分に自信がついたり、自分を肯定できるようになるので、上司からの嫌味も気にならなくなることがあります。

結果を出すというのはそう簡単なものではありませんし、結果を出したからといって上司からの態度が変わるとは限りませんが、結果を出すために頑張ることに意味があるとも捉えられるでしょう。

上司との関係を改善する

上司との関係が悪いならそれを改善できるように努めてみましょう。

仲良くなってしまうことで向こうから嫌味をいわれることが少なくなる可能性がありますし、自分も上司のことを許せるようになる可能性があります。

たとえば報告・連絡・相談のホウレンソウを徹底したり、礼儀正しく振舞ったり、上司をおだてたりすることで関係は改善することも考えられます。

ほかにも上司の考えや意見を受け入れ、なぜこの上司がそんな発言をするのか上司の立場になって考えてみると分かり合える部分があるかもしれません。

とはいえ、人間誰しもタイプの合わない人がいるものなので、どうしても仲良くなれない場合は無理せずにほかの方法を試しましょう。

ほかの上司に相談する

どうしても今の上司が気に入らないのであれば、他の上司に相談するまたは上司の上司に不満をもらすという手段があります。

場合によっては直属の上司の問題が明確になって、上司という立場を危うくさせることも可能です。

しかしこれはあまりメリットがないのでオススメはできません。

たとえばほかの上司に相談したところで関係が改善される可能性は極めて低いです。

また、上司同士の仲がよければ不満をもらしたことが原因で両方の上司から嫌われてしまう可能性もあります。

そのため、ほかの上司に相談するのはひとつの対処法であって、確実な手段ではないことは理解しておかなければいけません。

転職する

上司が嫌いなら転職してしまうというのも選択肢のひとつです。

転職すれば今の上司の下で働く必要がないので問題解決につながります。

転職が成功する保証はありませんし、転職先で素敵な上司に当たるとも限りませんが、今の上司を無視するよりもよっぽど正しい選択肢です。

現在では転職サイトや転職エージェントなど、転職を支援するサービスが普及しているので昔ほど転職は難しくありません。

特に若い人であれば未経験でも歓迎している求人は少なくないので、転職のチャンスはいくらでもあります。

今の職場のまま働き続けるのが辛いと感じるのであれば、転職も検討してみましょう。

上司が嫌いで転職する人は少なくない!転職するときの注意点と上手な転職方法
「上司が嫌いだから転職を考えている」 「実際に上司が嫌いという理由で転職するのはアリ?」 このように、現在働いている職場の上司が気に入らずに転職を感がている人は多いのではないでしょうか? 実際に上司が嫌いだから転職するという選...

まとめ

上司を嫌っているからといって無視するのはよくありません。

無視することによって得られるものはほとんどありませんし、無視が原因で嫌がらせを受けることも考えられます。

上司とうまく付き合っていくために以下の対処法を試してみましょう。

  • 自分からは関わらない
  • 結果を出す
  • 上司との関係を改善する
  • ほかの上司に相談する
  • 転職する

中でも、どうしても上司とうまく付き合うのが難しいと感じるなら転職をオススメします。

無視するよりもはるかにリスクが低いので、現状を変えるための大切な選択肢です。

コメント