大手メーカーの企画職に転職する方法とは?就活でアピールするポイントを解説

転職コラム

「大手メーカーの企画職で働きたい」
「そもそも企画職に転職するためにはどのようなスキルや資格が必要なの?」

このように思っている方も多いです。

新しい商品やサービスを企画する企画職に華やかなイメージを持っている方も多いため、転職したいと考える方も多く居ますよね。

企画職の中でも、できれば大手メーカーの企画職に就きたい方も多いです。

そこで今回の記事では、大手メーカーの企画職に転職する方法について解説します。

これから大手メーカーに転職を検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

企画職になるためのキャリアプランとは?必要なスキルを徹底解説!

そもそも大手メーカーの企画職ではどのような仕事をするのか

そもそも、大手メーカーの企画職ではどのような仕事をするのか知っているでしょうか。

具体的な仕事内容まで知っている方は少ないので、まずは仕事内容について解説します。

具体的には以下のとおりです。

大手メーカーの企画職の仕事内容

  • 市場調査・リサーチャー
  • 商品企画・開発企画
  • 宣伝・PR・広報企画
  • 販売促進企画
  • 営業企画

これらについてそれぞれ解説します。

本当にオススメの稼げる資格ランキング!給料が多い仕事に就きたいなら資格取得だけが選択肢ではない!

市場調査・リサーチャー

新しい商品やサービスを企画するためにも、競合調査や市場調査は欠かせません。

もちろん、市場の傾向についてもリサーチする必要があるため分析力が重要です。

商品企画・開発企画

市場調査・リサーチをもとに、商品や開発の企画をします。

新規の商品を開発することもあれば、既存の商品やサービスを改良することもあります。

1つのアイデアだけでなく、複数のアイデアを企画書にまとめて提案し、その企画が通れば関係部署と連携して開発に進みます。

宣伝・PR・広報企画

認知度をあげるためには宣伝やPRを打つ必要がありますよね。

そのような企画も必要です。

具体的には、商品コンセプトや商品を販売する年齢層を決め、そのターゲットに刺さる広告を出したりPR会社にPRを委託したりします。

最近ではメディアで取り上げてもらえるような企画を立てることが重要視されているとおぼえておきましょう。

販売促進企画

商品企画をして、実際に販売されるとなれば次は販売戦力を考えることになります。

商品の認知度・知名度をあげる方法から消費者の購買意欲を高める方法など、様々なことを考えなければなりません。

店頭キャンペーンやポスター制作など、販売促進のための企画をします。

営業企画

続いては実際に売り出された商品を売るための企画をしなければなりません。

営業や代理店がその商品を売りやすくするための戦力を立てます。

もちろん営業資料の制作やキャンペーンを実施するための企画を提案することもあります。

大手メーカー企画職のやりがい

大手メーカー企画職のやりがい

大手メーカーの企画職で働くやりがいについて解説します。

もちろん、仕事のやりがいは人それぞれですが企画職では「多くの人と作り出した商品やサービスを世の中に送り出す」ことがやりがいだと感じる方が多いです。

実際に自分が手掛けた商品やサービスが世間で認められ、好まれるようになったらとても嬉しいですよね。

もちろん簡単にうまくいかないことも多いです。

分析や調査には細かい積み重ねが必要なので、その過程があるからこそのやりがいとも言えますね。

面接で「キャリアプランはありますか?」と聞かれたときの正しい答え方

大手メーカーの企画職に転職・就職するために必要なスキル

続いては、大手メーカーの企画職に転職・就職するために必要なスキルについて解説します。

具体的には以下のスキルや資格が必要とされています。

大手メーカーの企画職に転職・就職するために必要なスキル

  • コミュニケーション能力
  • 企画提案力
  • 調査・リサーチ力
  • マネジメント能力

これらについてそれぞれ解説します。

コミュニケーション能力

企画職というと、黙々と分析や調査をおこなう業務だと思われるかもしれません。

しかし実際には、会社内のいろいろな人と連携して業務を進めていきます。

そのため、コミュニケーション能力は必須です。

営業職よりもコミュニケーションが必要とされる職種だと覚えておきましょう。

企画提案力

続いて必要なのは企画提案力です。

企画職という名の通り、企画や提案の能力は必須ですね。

想像力や発想力豊かな考え方が求められています。

常にいろいろな情報を追っている方は重宝されるでしょう。

調査・リサーチ力

分析するためにも、調査やリサーチは欠かせません。

競合他社がどのような戦略を立ててサービスや施策をおこなっているのか調査することもあります。

また数字的な根拠を提案しなければ企画は通りません。

調査やリサーチ結果をうまく伝えるプレゼン能力も求められていると覚えておきましょう。

マネジメント能力

プロジェクトを進行するにあたって、いろいろな人とコミュニケーションを取っていかなければなりません。

具体的には以下のような部署・会社とやり取りをすすめることになります。

関係のある部署・会社

  • 製造
  • 販売
  • 営業
  • コンサル会社
  • PR会社
  • 広告代理店

これらの関係者と仕事をしなければならないので、それぞれに期限を設けて管理しなければなりません。

プロジェクトをしっかりと進行させるためにも、マネジメント能力が求められます。

大手メーカーの企画職に向いている人とは?

大手メーカーの企画職に向いている人とは?

最後に、大手メーカーの企画職に向いている人について解説します。

大手メーカーの企画職に向いている人は、新しい商品やサービスを考えたい人です。

企画した商品のすべてが通るわけではありませんが、それが通った時には何物にも代えがたい喜びを得られますね。

長時間のリサーチや提案に疲れることもありますが、それ以上にやりがいを感じられる仕事です。

またいろいろな人とコミュニケーションを取りながら進めていく仕事なので、チームで1つの仕事を進めたい方にもおすすめです!

やりがいを感じて仕事をしたいという方にとってはとてもおすすめの仕事なので、ぜひ転職をするために行動してみてくださいね。

【まとめ】大手メーカーの企画職に転職・就職するためには様々なスキルや資格が必要

この記事では、大手メーカーの企画職に転職・就職するための方法について解説しました。

具体的には以下のようなスキルが必要だと覚えておきましょう。

大手メーカーの企画職に転職・就職するために必要なスキル

  • コミュニケーション能力
  • 企画提案力
  • 調査・リサーチ力
  • マネジメント能力

どれも簡単に身につけられるスキルではありませんが、いろいろな仕事を経験することで身につけられるのでキャリアプランを立てて行動しましょう。

また転職サイトや転職エージェントを利用することで、大手メーカーの企画職に転職しやすくなるのでぜひ利用してみてくださいね。

転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?

コメント