企画職になるためのキャリアプランとは?必要なスキルを徹底解説!

企画職になるためのキャリアプランとは?必要なスキルを徹底解説!転職コラム

「企画職に転職したいのですが、どのようなキャリアプランであればスムーズに転職できるでしょうか」
「企画職に転職するための方法が知りたい」

このように思っている方は多いです。

企画職はクリエイティブな仕事で、新しい商品の提案をしたり売上目標達成のためにアイデアを考えたりする仕事です。

やりがいのある仕事だと思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、企画職の仕事内容や企画職になるためのキャリアプランについて解説します。

キャリアプランや転職するのに必要なキャリアプラン・スキルを知って転職に役立ててくださいね。

そもそも企画職とはどのような仕事?

そもそも企画職がどのような仕事内容なのか、しっかりと知っている方は少ないのではないでしょうか。

まずは企画職の仕事内容について解説します。

企画職には、主に商品企画と営業企画の2種類の職種があります。

それぞれ分けて解説しますね。

商品企画の仕事内容

世間一般の「企画職」に対するイメージに近いのが、商品企画です。

商品企画職の仕事内容は、会社の新しい商品やサービスを開発する仕事です。

ただ単純に商品を考えるだけではありません。

しっかりと売れる理由を考えて、それを作るメリットや売上までを考えてから企画する必要があります。

そのため市場調査やリサーチが必要な仕事だと覚えておきましょう。

具体的に新しい商品を作成すると決まれば、1つの商品を用意するのではなく何個も商品の企画書を作ることになります。

実際に提案した企画書が商品になるかどうかは、経営陣が考えるので提案までが仕事です。

企画職はアイデアを通すために経営陣にプレゼンをすることも多々あります。

営業企画の仕事内容

営業企画の仕事内容は、新しい商品のアイデアを出したり企画をしたりする仕事ではありません。

すでにある商品を売るための企画をするのが、営業企画の仕事内容です。

どうすれば今よりも売上を伸ばせるのか、どうすれば売れやすくできるのかを考えるのが仕事ですね。

商品を売るための広告やキャンペーンなども考える必要があるので、やりがいを感じられる方も多いです。

また商品企画職と同様に、プレゼンをする相手は経営陣です。

企画職になるためのキャリアプランとは?

企画職になるためのキャリアプランとは?

そもそもキャリアプランとは、仕事や働き方を実現させるために作成する行動プランのことを指します。

例えば、「3年後に商品企画職に転職したい」と決めて必要になるスキルや資格を洗い出す」ことですね。

そこで必要なスキルや資格がわかるようになれば、「半年後に簿記2級、1年後に簿記1級を取得しよう」というキャリアプランが立てられるようになります。

まずは目標を決めて、それまでのプランを考えてみましょう。

そして企画職になるためには、そもそもどちらの企画職になりたいのかを決定する必要があります。

曖昧になっていると、キャリアプランを立てることも難しくなってしまいます。

そのため、まずはどちらの企画職に就職・転職をしたいのか考えましょう。

ただどちらの企画職にしても、必要とされているスキルや資格には同じ部分があります。

必要とされているスキルや資格について解説します。

企画職に必要とされているスキル

企画職に必要とされているスキルは、以下のとおりです。

企画職に必要とされているスキル

  • 情報分析力
  • リサーチ力
  • 企画提案力
  • 企業の商品に対する知識・愛情

上記のスキルが求められています。

そのためそれぞれが身につけられるキャリアプランを考える必要がありますね。

それぞれ解説します。

情報分析力

企画職に欠かせないスキルの一つに、情報分析力があります。

情報分析力を鍛えるためには、以下のようなフレームワークを理解するのがおすすめです。

情報分析力を鍛えられるフレームワーク

  • 原因の分析
  • 因果関係の分析
  • 相関分析
  • SWOT分析
  • プロセス分析
  • 構造分析
  • 時系列分析
  • 定量分析
  • 定性分析

これらが情報分析力の主なフレームワークです。

どれも企画職の仕事に役立つフレームワークなので、勉強しておきましょう。

リサーチ力

リサーチ力は分析をする上でもっとも重要です。

なぜなら、リサーチした結果が間違っていれば分析も意味がなくなってしまうからですね。

そのため潜在的なニーズを理解するための情報収集や顧客といい関係を築いて、ニーズを収集しなければなりません。

このようなリサーチ力も必須だと覚えておきましょう。

企画提案力

リサーチや分析を活かすためには、企画提案力が必要です。

どれだけいい結果を出せたとしても、経営陣に認められなければ企画倒れになってしまいます。

そのため、リサーチした結果や分析結果をしっかりと提案できる提案力も必要だと覚えておきましょう。

企業の商品に対する知識・愛情

最後に必要なスキルは、その企業の商品に対する知識や愛情です。

会社から新商品やサービスを生み出せるのは、本当にその会社を良くしようと考えている人だけです。

その会社の企業理念や商品のことをよく理解できていなければ、ニーズにマッチした提案はできませんからね。

そのため就職や転職をする企業に愛情を持てていないと、キャリアアップは厳しい可能性があります。

企業研究もしておきましょう。

企画職に必要とされている資格

続いては、企画職に必要とされている資格について解説します。

具体的には以下のとおりです。

企画職に必要とされている資格

  • 商品プランナー資格
  • 販路コーディネーター資格
  • ビジネスキャリア検定

必須の資格ではありませんが、持っているだけでも企画職として就職・転職しやすくなると覚えておきましょう。

企画職に関するよくある質問

企画職に関するよくある質問

最後に企画職に就職・転職を検討されている方によくある質問について解説します。

具体的には以下のような質問が多くあります。

企画職に関するよくある質問

  • 企画職は新卒・未経験でもOK?
  • 企画職のやりがいとは?
  • 企画職に向いている人とは?
  • 企画職の求人数は少ない?

これらについてそれぞれ解説します。

企画職は新卒・未経験でもOK?

新卒で募集していることもありますが、社会人生活を経験していないと難しい部分もあるためかなり少ないです。

全くの未経験で企画職になるのは難しいですね。

なぜなら仮に企画が通ったとしても、失敗してしまうと最悪倒産してしまうので責任重大の部署です。

そんな部署に新卒や未経験が入るのは難しいことだとわかりますよね。

そのため全くの未経験で企画職になるのは難しいと覚えておきましょう。

企画職になるのであれば、他の職種でキャリアを積んで経験しておくことが必要です。

企画職のやりがいとは?

企画職のやりがいは、企画を考えるのが面白いと思える点です。

リサーチした結果を元に、挑戦できるので好奇心旺盛な方にとっては天職の可能性もあります。

また自分自身の企画が通ったときにもやりがいを感じるでしょう。

企画職に向いている人とは?

企画職ではアイデアや企画を経営陣にアピールする必要があります。

また自分でリサーチして企画を立てる必要があるので、いろいろなスキルが必要になりますね。

いろいろな人とコミュニケーションを取る必要があるため、人と仕事をしてやり遂げることにやりがいを感じる人におすすめの仕事です。

企画職の求人数は少ない?

転職市場における企画職の求人数について気になる方も多いです。

結論から言うと、企画職の求人数は多いです。

企画職に転職するためには、この記事で紹介しているスキルや資格が必要だと覚えておいてくださいね!

【まとめ】企画職になるためにはキャリアプランを考えて行動しよう

この記事では、企画職になるためのキャリアプランについて解説しました。

企画職になるためには、キャリアプランを考えて行動することが重要です。

企画職には求められているスキルや資格が多くあるので、いろいろな経験をしてから転職するのをおすすめします。

また転職サイト・転職エージェントを利用すれば、おすすめの企画職を紹介してもらえるのでぜひ利用してみてくださいね。

転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?

コメント