管理薬剤師とは?仕事内容や年収も変わってくる?

管理薬剤師 薬剤師のお仕事

管理薬剤師とは、薬事法に基づいて薬品や薬を扱う薬局や店舗などに配置することが決まっている、現場責任者のことです。既に、薬剤師であるなら管理薬剤師になるためには特別な資格は必要ありませんが、多くの現場では3年以上の薬剤師としての経験が求められています。キャリアアップとして管理薬剤師を目指すには、3年以上勤務を続けて内部昇進、もしくは転職するかの2つの道があります。

管理薬剤師に必要な能力とは?

管理薬剤師に必要な能力

薬剤師がキャリアアップを目指す道として、管理薬剤師は注目を集めているポストです。薬事法において設置を義務付けられていることもあり、求人サイトなどでも広く募集されている仕事です。多くの場合は、通常の薬剤師よりも仕事の範囲が広く、年収も高くなっています。

管理薬剤師となるには

管理薬剤師となるためには、社内規定による内部昇進による、もしくは管理薬剤師を求める先に転職する2つの方法があります。

内部昇進によって管理薬剤師になるためには、務めている企業などの規定に従い職場経験を積み、その業務に適する人材であると認められなければなりません。職場内でキャリアを積むことによって管理薬剤師の仕事をしっかりと覚える余裕があり、就任した際には安心して業務に取り組めます。ですが、同じ現場に管理薬剤師は何人も必要とされることはあまりないため、前任者がいる場合にはポストに空きがでないこともあるのが問題です。

そのため、長く薬剤師として経験を積んでも内部昇進では管理薬剤師となれない場合があります。ポストに空きが出そうにない場合には、転職によって管理薬剤師になるのもよいでしょう。

転職をすることによって薬剤師は早くキャリアアップを図れます。しかし、仕事の進め方やルールは店舗や企業によって違いがあるため、新しい職場で能力を十分に発揮するためにはしっかりとしたスキルを培っておく事が大切です。では、管理薬剤師として働くためには、どのようなスキルが求められているのでしょうか。

管理薬剤師に求められる知識やスキル

管理薬剤師は薬品や薬を扱う薬局や店舗などでの薬事法上の責任者です。その業務の幅は広く、一般の薬剤師が行う仕事に加えて、「医薬品の管理」「従業員や薬剤師の管理」「監督及び指導」などを行います。「医薬品の管理」を行うため、管理薬剤師には医薬品についてしっかりとした知識を持っていることが何よりも求められます。

薬品だけではなく、薬事法や保険請求などの知識も必要です。また、正しい医薬品の情報を周知させるためには、情報を管理し、効果や副作用などの報告を広く共有しておかなければなりません。それゆえ「情報を収集し発信するためのスキル」も求められています。

従業員や薬剤師が適正な仕事をしているか、法令は順守されているかなどをチェックすることも管理薬剤師が行う業務です。そのため、現場監督者として従業員や薬剤師を教育し、業務評価を行い、1つにまとめあげる管理薬剤師には、「マネジメントのスキル」が重要視されています。

さらに、多方面に渡って人間関係をまとめ上げる業務を円滑にこなすためには「コミュニケーション能力」は欠かすことのできないスキルです。薬剤師の業務において、薬を求める人の様子を探り正しく指導するための「コミュニケーション能力」が大切なことは知られています。同じく管理薬剤師においても、従業員や薬剤師の様子を推し量り正しくリードするためには「コミュニケーション能力」は大切なスキルと言えます。

管理薬剤師は責任者としての覚悟が大切

管理薬剤師にとってスキルよりも大切なことは、自分が管理者として誇りと責任を持って仕事を行う覚悟を持つことです。現在、管理薬剤師はあらゆる業界において広く求められている職業です。キャリアアップを目指す人にとって、より多くのチャンスを得られる職業と言えます。管理薬剤師を目指すことで、自分自身を磨き上げ、広範な仕事に挑み、大きなやりがいを得られるのではないでしょうか。

管理薬剤師の仕事内容を教えて!

管理薬剤師の仕事内容とは

管理薬剤師は医薬品などを取り扱う現場を監督し管理する責任者です。勤務先は調剤薬局やドラッグストアを始め、医薬品を扱う企業などが多く、その仕事は「従業員や薬剤師などの管理」と「医薬品などの管理」に分けられます。

従業員や薬剤師などの管理

現場マネジメント

管理薬剤師は従業員や薬剤師などの管理を行わなければなりません。それは人の管理だけではなく、職場での権限が及ぶ範囲全体を管理するということです。そのため、人事だけでなく、金銭的な面での管理も行う必要があります。このような業務を行うためには店舗や職場全体を把握していることが重要です。

クレーム対応

管理薬剤師は会計ミスや薬の入れ間違いなどによる様々なクレームの対応に当たらなければなりません。時には現場責任者としてクレームを引き受け、お客様や取引先に出向き、頭を下げることも求められます。

医薬品などの管理

調剤業務

現場の責任者であっても、管理薬剤師も薬剤師である以上は調剤業務を行います。薬剤師が十分に足りている調剤薬局などでは、管理薬剤師は正しい医薬品が調剤されているかを調べる「監査」を行うことが多いです。さらに、投薬指導や薬歴作成などを行うとともに、それらの業務を従業員や薬剤師に指導教育することも大切な業務と言えます。

在庫管理

医薬品の在庫管理はとても重要な仕事です。特に調剤薬局やドラッグストアでは、在庫管理をすることによって、失われている薬品や状態が安全なものかを調べ、粗悪な薬品が流通することや、不当なルートによる薬品供給を防止することができるからです。

また、デッドストックを減らすことによって、業績改善に向けての対策を練ることもできます。職業権限にもよりますが、管理薬剤師が薬剤の発注を取り仕切る現場も少なくありません。薬剤の発注は時期やメディアの影響を考慮し、将来を予測した上で行う必要のある難しい業務です。

職場ごとで異なる仕事内容

管理薬剤師の業務は、ドラッグストアや薬局など、勤務先によっても多少異なります。

調剤薬局

調剤薬局で行われる「医薬品の管理」は、医薬品を安定的に供給するために在庫を切らさないようにすることが求められています。そのため、医薬品の在庫が足りなくなった場合には、足りない分を融通できるように、近隣の薬局で連携をとることが大切です。

また、直接にお客様と対峙するため、丁寧な服薬指導を行えるように、薬品知識の拡充や「コミュニケーション能力」を磨き上げるように指導しなければなりません。

なによりも現場監督者として、店舗が1つにまとまるように、従業員や薬剤師への配慮を行うなどのマネジメント業務を行わなければなりません。

ドラッグストア

ドラッグストアでは調剤薬局よりも扱う品数が豊富なため、薬品管理や知識の拡充が大切な要素となります。また、販売業としての接客技術を身につけ、それらを従業員に指導することも重要な仕事です。

ドラッグストアでは医薬品以外にも健康食品や日用品、サプリメントなども販売されています。それらの販売促進や店舗運営、従業員のシフト管理といった業務が大事な仕事になります。

このように、業務がとても広く及ぶことがあるため、ドラッグストアの管理薬剤師は他の求人より年収が高くなっていることが多いです。

 企業

製薬メーカーや医薬品卸などの企業で、管理薬剤師が活躍する場合もあります。企業で働く場合には管理職として力を発揮することが求められています。医薬品の品質や在庫といった薬剤師業務だけでなく、取引先や社内営業職に医薬品知識を説明し指導するDI(Drag Information)業務も、管理薬剤師の仕事です。

さらに、新薬の申請や報告、効能や副作用報告などの情報収集など、ドラッグストアや調剤薬局とは異なるデスクワーク的な仕事が中心となります。そのため、企業での管理薬剤師は、調剤などの薬剤師業務が身に付き難い職場であると言われています。

病院

薬事法などの法律では、病院に管理薬剤師を配置することは義務付けられていません。しかし病院が現場責任者としての業務を任すことのできる人材として、管理薬剤師を募集している場合があります。管理業務に求められている範囲は病院によって異なりますが、薬剤管理に関する部署を任せられることが多いようです。

また、医薬品の管理業務では、一般の調剤薬局では扱わないものも病院では扱うため、相応の薬品知識を持っていることが求められます。

その他の管理薬剤師の仕事

管理薬剤師の仕事は、医薬品と従業員の管理だけではありません。公益性のための活動や、研究・講演といった業務依頼などを受ける場合もあります。次にはそのような仕事について紹介します。

学校薬剤師

学校薬剤師は、大学を除く全ての学校において施設や設備の環境衛生について検査と助言を行い、生徒の健康が守られるように配慮することが業務になります。学校保健安全法の定めるところにより、学校薬剤師はそれぞれの学校から委任委嘱されており、薬剤師会を通して大手や地元の調剤薬局に、就任を依頼されることが多いです。

また、検査や助言の他にも薬物乱用や公衆衛生の知識について講演が依頼されることもあります。

講演会や学会への出席

市民講演や企業・薬剤師会などからの依頼で講演を行うことも管理薬剤師の業務の1つです。他にも医療従事者や医療薬品を取り扱う企業などで、新人教育などに参加する場合もあります。さらに、管理薬剤師はそれぞれの研究や臨床的疑問を学会の場で発表する場合が少なくありません。大手薬局や企業の場合には、学会での発表を専門とする部署を設けて、管理薬剤師が薬剤の貢献度などのデータを記録し分析を行っている場合があるため、転職先に選ぶ場合には注意が必要です。

管理薬剤師の仕事は非常に広い

管理薬剤師の業務は、医薬品の管理と従業員や薬剤師の管理だけにとどまらない、非常に広範なものです。そのため仕事に対して管理薬剤師は、現場責任者としてだけではない大きな責任を担わなければなりません。ですが、大変ではあるものの管理薬剤師はやりがいの大きな仕事です。やりがいを持てる仕事は、薬剤師としてのスキルをアップさせるだけでなく、自分自身の人間性も大きく成長させるかもしれません。

今よりも責任ある仕事を任されたいと考えるならば、管理薬剤師を目指してキャリアアップに挑戦してみてはいかがでしょうか。

管理薬剤師として働くメリット

管理薬剤師のメリット

薬剤師からキャリアアップして管理薬剤師を目指すことは多くのメリットがあります。ですがその反面、今までよりも大きな責任を持って仕事にあたる事が求められます。管理薬剤師へとキャリアアップした後に後悔をしないためには、管理薬剤師として働くメリットがどのようなものかを知っておくことは重要です。

管理薬剤師にキャリアアップすることのメリット

薬剤師の仕事は大きく企業利益に貢献する機会が少なく、仕事量も安定しているため、給与はあまり伸びず一定になりやすい特徴があります。しかし、管理薬剤師となることで給与アップが望めます。管理薬剤師には薬剤師と比べて多くの手当が基本給の他に付くからです。

諸手当は普通のサラリーマンであれば肩書や役職が付くことでも増えていきますが、薬剤師は専門職なため、役職が付くことが期待できない職場が少なくありません。そのため、ある程度の就業年数を過ぎると薬剤師は給与が伸びづらくなります。年収アップを考えているのなら、多くの手当が期待できる管理薬剤師への転職は魅力的な要素です。

また、職場での肩書が薬剤師には少ないため、管理職としての肩書が付く管理薬剤師は、職に箔が付きます。加えて、管理職は重責を担う仕事なので、管理薬剤師の肩書が付くことによって転職の幅が広がるメリットもあります。

管理薬剤師になると、従業員や薬剤師の管理やクレームへの対処など、今までよりも業務量が多くなることは避けられません

ですが、自分の裁量で行える幅が広がるので仕事が面白くなります。例えば、店舗を実際に率いて運営をするようなことは、一般の薬剤師では体験できません。現場責任者として一歩開けた視点から仕事を行うことで、マネジメントやコミュニケーションなどのスキルに磨きがかけられるだけでなく、新しいアイデアが生まれるかもしれません。

管理薬剤師になるデメリットはあるの?

管理薬剤師のデメリット

管理薬剤師になることで、給与や肩書、やりがいのある仕事といったメリットが得られます。しかし、メリットがあるからといって、それが自分のやりたい仕事であるとは限りません。それゆえに管理薬剤師になるべきかを迷っている人は少なくありません。将来のキャリアを考える上で、管理薬剤師になるデメリットを知っておくことは大切です。

中間管理職としての悩み

管理薬剤師になることで、仕事が負担に感じる場合があります。医薬品の管理だけでなく、従業員や薬剤師の管理をすることも、管理薬剤師の業務に含まれています。そのため、中間管理職として、経営者と従業員との板挟みによって、ストレスを溜めてしまうケースが少なくありません。

人間関係のトラブルは薬剤師の法律的な縛りからも発生します。管理薬剤師は薬事法の規定によって、管理薬剤師として1ヶ所の勤務地で、フルタイムで業務をこなさなければなりません。固定された職場環境で働くため、管理薬剤師は職場内のトラブルに巻き込まれやすく、気苦労が絶えません。薬剤師の職場環境は、人間関係のトラブルが発生しやすいと言われています。

さらに、管理薬剤師は、従業員を監視監督する立場にある中間管理職です。仕事柄、他の従業員に嫌われてしまったり警戒されてしまうこともあります。どのようにして人間関係を良好に保つかが、ストレスなく管理薬剤師の業務を行うポイントです。

売上の向上を求められ、残業が増える

管理薬剤師は店舗のマネジメントを任されている場合が少なくありません。そのため、売上が伸びていない店舗では、管理薬剤師を交代させられてしまうことや、給与が少なくなってしまうことがあります。売上に貢献する業務を普段から意識づけることが重要です。

管理薬剤師の仕事は、業務時間内に終わらないことが少なくありません。薬剤師としての業務にくわえて発注や書類作成などの、多岐に渡る仕事をする必要があるからです。そのため、管理薬剤師は残業が多くなる傾向があります。

副業が禁止されている

薬剤師は他の職業とは異なり、アルバイトでの時給が非常に高く、副業を行っている人は少なくありません。ですが、管理薬剤師は副業を法律で禁止されています。副業によって収入を得ていた人にとっては大きなデメリットと言えます。

管理薬剤師になるべきか

中間管理職の役割を担う管理薬剤師は、決まった店舗での業務に縛られてしまうため、新しい刺激を受け難く、仕事へのモチベーションを維持することが難しいです。仕事へのモチベーションを失ってしまうと、スキルなどの成長が止まってしまうことがあります。モチベーションを維持し続けるためには、管理薬剤師となる前に自分の望むべきキャリア像をしっかりと描き出すことが大切です。

このように管理薬剤師になることでのデメリットは色々あります。しかし、それはどの職業にも見られる一般的な出世のデメリットでしかありません。責任感や、やりがいは、仕事への興味を生み出す大切な要素です。自分の望むキャリアアップはどのようなものであるかを具体的に思い描いたならば、管理薬剤師に挑戦することに大きなデメリットはないと言えるでしょう。

管理薬剤師の求人で注意すべきこと

管理薬剤師の求人で注意すべきこと
管理薬剤師の求人のほとんどが調剤薬局とドラッグストアが占めています。企業や病院への転職は求人が少なく、希望してもかなり高い倍率を突破するしなければなりません。また、管理薬剤師に転職したとしても業務条件や希望条件と現実の間にギャップを感じ、降格を求める人も少なからずいます。

管理薬剤師を目指して後悔しないためにも、求人は細心の注意を払って確認しなければなりません。特に転職によって管理薬剤師となる場合には、次のような点に注意して求人をチェックするようにしましょう。

求人は管理職を求めている

管理薬剤師の募集のほとんどは調剤薬局とドラッグストアです。そこでは薬剤師としての能力だけでなく、中間管理職としての能力が求められています。そのため、薬剤師としてのスキルだけでなく、売上を強く意識した業務が必要とされる可能性が高いです。事前に業務内容についてよく相談しておく必要があるでしょう。挑戦する場合には、マネジメント能力やコミュニケーション能力を磨いておくとよいでしょう。

また、新しい職場には今までの職場と異なったルールなど、沢山のわからないことがあるはずです。管理職として雇われるとはいえ、あくまで新人ですから、わからないことは教えを求めるなど、謙虚に接することで職場に馴染むように心がけましょう。

特に、転職によって初めて管理薬剤師となった場合には、広範な業務内容に戸惑ってしまい、能力を出しきれない場合があります。求人に書かれていることを鵜呑みにするのではなく、職務権限や業務範囲について詳細に尋ねることが大切です。希望の転職先がドラッグストアの場合には、実際に職場の様子を見学しておくのもよいでしょう。

残業代の支給は要確認

薬剤師の業界では、管理者として職務に従事すると、残業代が支払われない場合があります。労働基準法41条2項に定められている「所定の管理監督者」に含まれると、雇い主は管理者に残業代を支払う必要がないためです。管理薬剤師は「所定の管理監督者」ではありません。

しかし、業界内で「所定の管理監督者」として取り扱っていた時期があったため、今でも残業代を支払わない調剤薬局やドラッグストアなどは少なからずあります。トラブルを避けるためにも、事前に契約内容を調べて残業代が支払われる旨の確認をとりましょう。

1人薬剤師の職場か確認する

管理薬剤師の募集をかけているが、他に薬剤師がいない職場は注意が必要です。1人薬剤師の職場では、事務仕事から調剤業務まで、1人で行わなければならないために業務が非常に多くなってしまうことがあります。転職によっ、初めて管理薬剤師になる方は、1人薬剤師の職場では業務が溜まってしまう場合があるので、転職先として選ばないことをお勧めします

応募する際に条件をしっかり確認しておく必要がある

管理薬剤師として転職する際には、勤務時間や平均的な残業時間、休日などの労働条件をしっかりと確認して置くことが重要です。

また、管理薬剤師の経験がない場合には、研修や教育システムを取り入れている職場を選ぶと良いでしょう。好待遇な職場には、それなりの理由がある場合が少なくありません。勤務を始めてからでは遅いので、当たり前と思えることでも、事前にしっかりとチェックしておくようにしましょう。

ポイントを押さえた転職を!やりがいのある管理薬剤師を目指そう

管理薬剤師の業務は非常に広範です。十分に実力を発揮するには自分の目指すキャリアに合致した勤務先で働くことが大切です。そのため、管理薬剤師としてキャリアアップを成功させるには、職場によって変化する仕事内容を把握しておかなければなりません。

また、管理薬剤師として成功するためには、労働条件がどのようなものかをチェックしておくことが重要です。初めて管理薬剤師として勤めようと考えている方は、業務や職務権限が及ぶ範囲も忘れずにチェックしておきましょう。

管理薬剤師は職場の管理者として誇りと責任を持った仕事ができる魅力的な仕事です。管理薬剤師へのキャリアアップを成功させ、より活躍の場を広げ、大きなやりがいを手にしてみませんか。

コメント