看護師を辞めたいあなたへ…看護師をやめるデメリットは?辞める以外の選択肢はない?

悩む女性看護師 看護師の転職コラム

看護師として働いていると様々な理由で辞めようかと考えてしまうことがあります。

しかし、辞めてしまう前に他の選択肢はないかよく探してみることも大切です。働き方には色々あるため、辞めずに済む方向性を一度は考えてみましょう。

どうして多くの看護師が「辞めたい」と思うのか

多くの看護師が辞めたいと感じる経験をすることは業界でもよく知られています。

看護師が現場で働いているときに辛い経験をしてしまうことが多いからですが、具体的にはどのような理由で本格的に看護師として働くのを諦めるようになるのでしょうか。

女性同士の人間関係がつらい

看護師が辞めたいと考えてしまうケースとしてよくあるのが、職場の人間関係によって生じた辛さです。

ナースステーションに女性しかいない現場は多く、女性同士独特のコミュニティーができあがっている傾向があります。特定の人の間でのネットワークが強くグループ化が進行していて、どのグループに属してうまく立ち回っていけるようにするかなど、仕事以外に気にかけなければならない場合も多いです。

力の強い人との関係が悪くなると居場所を失ってしまうこともあるため、このまま女性同士の人間関係に悩まされたくないと辞めようと考えるケースがあります。

仕事の責任が重くストレス

仕事内容に関連して、看護師が辞めたいと考えることが多いのが責任の重さによるものです。

医療現場では少しのミスも許されないのが原則であり、自分が些細なミスをしたために患者がかなり危険な状態になってしまったという経験をする人もいます。

常に気を張り詰めた状態で仕事をしなければならないことがストレスになり、いつまでもこのような現場で働くのは精神衛生上厳しいと判断して辞めると決断する人も多くなっているのです。

人手が足りてない 仕事がきつい

仕事が忙しすぎて体力的にも精神的にもきついというのは、看護師が辞めたいと考える理由の中でも多いです。

全国的に看護師は需要に対して供給が追いついていない状況があります。人手が足りないと必然的に仕事の量が増えてしまい、息をつく間もなく働かなければならない現場が多いのが実情です。

ただミスが許されないプレッシャーがあるだけでなく、患者の介助を行うなどの体力仕事も伴うことが多いため、心身共に辛くなってしまうことは否めません。

24時間体制で看護師を配備しなければならない職場も多く、夜勤などで生活リズムが乱れるのも負担になりやすく、きついから辞めたいという考え方が生まれてきてしまうのです。

看護師を辞めるデメリットは?

看護師として働くのはもう辞めようと思う前に確認しておきたいのが辞めるデメリットです。

不満を解消するために辞めたとしても、それ以上の悩みが生じてしまっては後悔してしまいます。看護師を辞めるとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

看護師は年収が高い…転職で年収が下がるケースも

看護師を辞めるデメリットとして代表的なのが、通常は他の職種に転職すると年収が下がってしまうことです。

国家資格を持って、医療や介護という重要な仕事に従事する看護師には高い待遇が与えられています。職種別の平均年収ランキングでも上位に入ることが多く、特にまだ勤続年数が少ないうちは他の職種に比べてかなり高い給料になっているのが一般的です。

正社員としての転職は難しい

看護師を辞めて、他の仕事をしたいと考えたときに問題になるのが正社員になるのが難しいという点です。

これからも常勤雇用で働きたいと考えている場合、転職活動に苦労することは否めません。中途採用が活発に行われるようになってきたとはいえ、正社員の雇用には慎重になる会社がほとんどです。

特に女性の場合にはなかなか採用されずに辛い経験をする人も多いため、気をつけなければなりません。

働き方を変えることも考えて

やはり看護師として働いた方が良いと考えたときでも、そのまま同じ働き方を続ける必要はありません。

医療や介護業界を代表として看護師の需要は高いため、転職して働き方を変えることもできるからです。自分に合った職場を探して働くという方針を持つのも賢明と言えます。

看護師には種類がある

転職の際には正社員になることを考えがちですが、看護師は正社員以外の働き方を選ぶことも容易です。

非常勤になって勤務時間を減らしたり、派遣社員になってやりたい仕事を選びながら働く道もあります。契約社員になって自分で職場を探しながら働くこともできるので、他の働き方も合わせて検討してみるのが大切です。

夜勤のない看護師へ転職もおすすめ

夜勤が辛かったという人は夜勤のない看護師へ転職するのも一つの方法です。

病床のないクリニックなら夜勤の必要はありません。病院でも日勤のみの雇用条件で採用してくれる求人は豊富にあります。パートや派遣だけでなく、正社員でもこのような待遇を受けられる求人はありますので検討してみましょう。

まとめ:「転職」を選ぶなら慎重に

看護師を辞めたいと考えるケースはしばしばありますが、辞めてしまうことにはデメリットもあるので、まずは働き続けられる方法を考えてみるのが大切です。

同じ働き方を続ける必要はなく、転職をすれば自分に適した形で働けるようになる可能性はあります。ただし、転職をしてまた同じ悩みを抱えるようになってしまっては元も子もありません。

慎重に自分の望む待遇や環境を与えてくれる職場を選んで転職するようにしましょう。

コメント