転職する看護師が書くべき志望動機とは?【例文あり】

履歴書を書く人 看護師の転職コラム

転職する看護師が書く履歴書における「志望動機」は、どうして応募先で働きたいと思ったのか。

どこに魅力を感じたのかを自由に書ける、絶好のアピールポイントです。

志望動機に書くのは、「今までの経験」「スキル」「これからの展望」などを、短い文章の中に盛り込まなくてはいけません。

今回は、どんなことを考えながら志望動機を書くべきなのか、

志望動機で見られるのはどんな要素か、

志望動機を書くにあたって知っておくべきことを紹介します。

志望動機を書く前に気をつけておくこと

これから転職する看護師は、当然まず履歴書を作成することになります。

しかしちょっと待った。

転職したい看護師も、まず志望動機を考える前に、いくつか考えておくべきことがあります。

具体的に志望動機を書く前に何を考えておくべきか、いくつか紹介します。

自分の看護師としての市場価値

まず、転職する看護師は「自分の転職市場での価値」をよく考えておくべきです。

自分に、病院にとって高い価値がない人材だったとしたら、どれだけ転職活動をがんばったとしてもその活動はうまくいきません。

まずは正しく、自分は求人を出す病院や医療機関にとってどんな人材か、転職市場の理解からはじめてください。

応募先の病院が何に力を入れているか調べる

これから応募する病院の調査も大切です。

病院の理念、概要をよく読み、それらを理解してないと転職は難しいです。

どの科に力を入れているのか、看護部はどんな体制か、どんな方針で働いているのか。

福利厚生の制度はどんなものか。

最新技術を扱っているか。

これから自分が働くかもしれない病院に関する情報は、逐一抑えておくべきでしょう。

自分が看護師としてどうステップアップしたいか決める

これから看護師として働いていくあなたが、仕事のなかでどうなっていきたいか。

看護師としてのキャリアプランを考えておくのも大切です。

この時考えるキャリアプランの内容が、これから書く志望動機に影響してきます。

どういった病院で、患者とどのようにかかわっていきたいのか。

今一度、自分の看護師としての未来について、よく考えてみてください。

志望動機を書く看護師が気をつけておくこと

志望動機を考える時、看護師が気をつけておくこともあります。

志望動機にはフォーマットこそないものの、「書いておくといいこと」「書くと不利になること」があります。

いい志望動機を作るために、志望動機の注意点を考えておきましょう。

後ろ向きなことは書かない

志望動機にネガティブなことを書くと、かなりマイナスになります。

例えば「前の病院を辞めた理由」を言及したいときは、「もっと自分の力を活かせるとことで働きたい」など、ポジティブな内容に言い換えて書くのがおすすめです。

典型的な志望動機は書かない

「理念に共感して、ぜひ働かせていただきと思ったので、今回志望しました」など、よくある定型文で字数を使うのはもったいないです。

他の人には書けない志望動機で、自分なりの個性をアピールできるのが「良い志望動機」です。

長く働けることをアピールする

採用する病院としては、「なるべく長く働ける人材」を求めています。

どれだけ優秀な看護師も「長く働けない」時点で、採用の見込みが薄くなってしまいます。

良い志望動機には、こういった理由で長く働けます、という内容が盛り込まれているものです。

即戦力で働けるアピール

同じ科目、同じ分野での転職ならなおさら、自分は即戦力で働けることを志望動機でアピールしましょう。

中途採用での採用は、採用側は即戦力を求めます。

いかに自分にはスキルがあるか、志望動機の中でもアピールできるようにしてください。

なるべく手書きの履歴書を作る

まだまだ、パソコンで書いた履歴書は受け入れらにくいのが現実です。

特に歴史ある病院への転職の際には、手書きでないと履歴書を見た面接官から怪訝な顔をされるなんてことも…。

勉強させていただきたいはNG

「この病院での勤務でいろいろ勉強させていただきたい」はよくある決まり文句ですが、実は受け身だと思われるので志望動機に書くのはあまりおすすめできません。

たとえ未経験の分野で仕事することになるとしても、自主的に学習して仕事する姿勢を見せなければ、採用されないでしょう。

看護師が書くべき志望動機の例文

「良い志望動機」について少しわかったところで、具体的に看護師が書くべき志望動機を例文でみていきましょう。

あらたな分野へと転職する看護師向け志望動機

新しい分野で仕事することになる看護師が書くべき志望動機からみていきましょう。

新しい分野への転職では、「どうして新しい分野で仕事したいと思ったか」「以前の職場で身につけたスキルをどのように活かせるか」「病院の規模で異なる仕事のやりがい」について書くのが大切です。

例文 35歳 独身

看護学校卒業後は、内科の看護師として病院勤務をしてきました。内科の患者さん特有の悩み、病状に寄り添いながら話を聞いているうち、「もっと患者さんによりそっていたい」と思いました。リハビリテーション病院でも、以前身につけた「患者によりそう心」「患者の話を聞く」精神は活かせると思います。もちろん、内科の病棟勤務事態の知識、経験も活かせるはずです。もっと看護師としてステップアップしたいと思い、今回志望しました」

ブランクがある看護師の志望動機

ブランクがある看護師が転職するケースについても考えておきましょう。

ブランクがあっても転職したい看護師は、「復職への強い意思」「復職することで病院側のメリット」「ブランクがあっても活かせるスキル」について志望動機に書くことで、採用される確率をぐっとあげることができます。

例文 32歳 子供あり

出産を機に以前働いていた救急救命病棟での勤務から退きました。貴院は主に、小児科に力を入れている病院ですが、私が以前働いていた救急救命病棟でのスキルや経験、看護師としての精神は決して無駄にならないと思います。中には、医療に急を要する子供が来院することもあるかと思います。そこでも、私なら適切な処置を施す自信があります。また、貴院は保育施設を保有しており、私と同じ状況の看護師さんも多く在籍していると聞きました。ブランクがある私でも、復職支援制度で、現役の看護師に迷惑をかけない仕事をしたいと思っております。

国立病院への転職の志望動機

国立病院へ転職したい看護師は、「スキルアップへの意思」「長期勤務できることのアピール」が必要になります。

例文 30歳 独身

正看護師資格取得後は、外科の病棟で8年勤務していました。年齢が30代に差し掛かり、もっと広い分野で仕事したいという意思が強くなりました。今後は外科だけでなく、様々な分野で働けるジェネラリストとして長く勤務できればと思っています。貴院はスキルアップの制度が揃っており、サポート体制も充実しているので、長期間にわたって看護師としてのキャリアプラン形成ができると思い今回志望しました。

美容外科クリニックへの転職で書くべき志望動機

美容外科クリニックへの転職ともなると、やはり気にされるのが、「なぜ美容外科で働きたいのか」ということ。そして、「以前の職場で得た経験がどのように活かせるか」ということです。

例文 37歳 独身

前職は、患者の多い療養型病院で働いていました。しかし、業務内容がつらかったことと、患者さんともっと明るくふれあいたいという気持ちが強くなっていました。美容外科クリニックで働く友人から、「治療を終えた患者さんがとても明るい顔をしている」と聞いて、美容外科クリニックで働きたいという気持ちが出てきました。療養型病院で得た、「患者さんと話す」スキルは美容外科クリニックでも必ず活かせると思っています。

まとめ

いかがだったでしょうか

今回は「転職を考える看護師が書くべき志望動機」について詳しく説明しました。

志望動機は、面接ほどアピールできないと思っている方も多いですが、ここの内容如何で応募した看護師の印象は大きく変わってきます。

志望動機で、自分の希望やスキル、キャリアプランについてしっかり記述して、採用する病院、医療機関側に「採用したい」と思われる履歴書を書きましょう。

コメント