会社を辞めるのに最適なタイミングは?上司に退職を上手に伝えるためにやること

転職の悩み

「会社を辞める」

それを決意したとき、何も考えないでその時を迎えるべきではありません。

会社を辞すくらい大きな行動ですから、その前に準備するべきことも多いです。

徹底的に準備を重ねて、いざ辞めるとなったとき問題が起きないようにしたいです。

会社からすれば、辞める人間はもはやそれまでと同じ扱いをする義理はありません。

ですから、スマートに辞めるためには、自分にも相手もしっかりと共通の意思を持ってもらう必要があるのです。

【職場のストレス】もう苦しまない!ストレスとの付き合い方
「ストレスが溜まりすぎて、職場に行くのが辛い」 「ストレス解消したいけど、何をすればいいかわからない」 こんな風に悩んでいませんか? 職場でのストレスは、多かれ少なかれ誰でも感じるもの。 ただあまりに強いストレスだった場合、...

会社を辞める絶好のタイミングは?

会社を辞めたいと思ったとしても、「いつでも辞めていい」というわけでもありません。

確かに会社をいつでも辞める権利こそ持っていますが、基本的に会社を辞めるべきタイミングはあります。

そんな暗黙のルールに則って会社を辞めたほうが、実際に辞める本人にとってプラスです。

感情的に仕事を辞めてしまうと、後々で公開に繋がりかねません。

なにか問題を抱えていて、今すぐでも仕事を辞めたいと思っていたとしても、一度冷静になって仕事を辞めるタイミングを今一度検討し直してみてください。

繁忙期は避けるのが無難

よく言われることではありますが、会社を辞めるタイミングは繁忙期を避けるのが基本です。

繁忙期が落ち着いて、人事異動の前などに会社を辞める意思を会社に伝えることで、引き継ぎを社内にも社外にもスムーズに進めることが可能です。

猫の手も借りたい繁忙期に、上司に会社を辞めたい意思を伝えても、下手すると忙しくて取り合ってもらえないなんてことが起こり得るのです。

大きなプロジェクトの途中や繁忙期を避けて、落ち着いた頃退職の意思を伝えるようにしましょう。

ボーナスをもらってから

ボーナスをもらうタイミングで仕事を辞めるのも一般的です。

やはり仕事を辞めるのは、会社からもらうものもらってから…というのが一番すっきりします。

ボーナスをもらう直前で辞めてしまうのは、あまりにも悔しいです。

それもあって、夏のボーナス、冬のボーナスのあとは退職者がとても多くなります。

転職先を決めてから

今の会社を辞めたものの、次の職場が決まっていない…なんてことになったら生活がガタガタです。

収入が途切れてしまう恐怖を感じないためにも、転職先を決めたあとで、会社を辞める行動を本格的にしてください。

会社を辞めるスケジュールを立てる段階であらかじめ、転職活動の目安も立てておくことをおすすめします。

転職活動は慣れてないとダラダラと長引いてしまいがちです。

慣れてないならなおさら、転職エージェントに登録してキャリアコンサルタントのサポートを受けながら転職してください。

転職エージェントを利用すれば、在職中でも合間を縫って転職活動を効率的に進めることができるはずです。

転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?
転職サイト・転職エージェントを求人数、サポート内容などで比較して、優秀なサイトごとにランキング形式で紹介しています。記事内のランキングを参考にすれば、きっと転職活動の強い助けとなるはずです。

会社を辞めるまでの流れ

それでは具体的に、会社を実際に辞めてしまうまでにやるべき行動がどんなものか。

そこにかかる時間がどれくらいか、現実的に考えていきましょう。

仕事を辞めるタイミングをスケジューリングする

まずは、仕事を辞めるまでにかかる期間に見通しを立てます。

上で書いた通り繁忙期は避けて、転職活動するなら転職にかかる時間を考えて、上司に退職の意思を伝えるのはいつにするかを決めてください。

このときのスケジューリングは余裕を持たせすぎてもいけませんし、短すぎてもいけません。

丁度いい、適度なスケジュールを組むことで、いざ実際に行動を起こしたときの戸惑いやギャップを埋めることができるのです。

退職の意思を上司に伝える

転職活動が落ち着いて、繁忙期ではない頃に、退職の意思を上司に伝えてください。

このとき上司にははっきりと理由を添えて、確固たる態度で退職の意思を伝えてください。

このときの態度があやふやなものだったなら、上司に引き止めの余地を与えてしまいかねません。

あくまで退職理由は「自己都合退職」で

上司に退職の意思を伝えるときは、退職理由を「自己都合」にしなければなりません。

もしこのとき会社への不満を退職の理由とした場合、上司から「会社の方針を修正する」なんて言われかねないからです。

「自分のスキルを高めるため」
「家族の都合」

など、会社から引き止めにくい理由を伝えてください。

自分のスキル向上のためとするときは、あらかじめ転職先を決めておくと良いです。

退職日の設定

上司と具体的な退職日をきめてください。

退職日が決まったなら、そこまでに何をどこでするのか、しっかり話し合いましょう。

退職願は、退職日の2週間前までに、直属の上司にわたしてください。

引き継ぎ

現在の仕事を後任者に引き継ぐスケジューリングも必要です。

引き継ぎ内容はしっかりノートにまとめて、滞りなく後任者に仕事を引き継げるよう、流れを明確にしておきましょう。

作業内容、関係先のリストなどだけでなく、想定されるトラブルとトラブルの対処法まで、しっかりまとめておきましょう。

取引先によっては、後任者などと一緒に挨拶に伺う必要があります。

社会人が仕事を引き継ぐときには、手間と時間がかかるものなのです。

退職当日

庶務の手続きもあるので、退職当日の出勤は早めに。

身の回りの品を整理整頓して、私物は持ち帰り、重要書類はしっかり処理しましょう。

くれぐれも、情報を持ち出すことのないようにしてください。

会社を辞めるとき自分でやるべき準備

トラブルに悩む女性

会社を辞めるときに、まず自分の中でやるべき準備があります。

辞める意思を自分の中で再確認する

一度会社に「辞める」という意思を伝えたなら、もうその振り上げた拳を下ろすことはできません。

たとえ辞める意思を撤回したとしても、そこで失った信用は戻らないです。

今自分は一時の感情に身を任せているだけでないか、退職したとして自分のキャリアプランに大きな影響が出ないかどうか、前もってしっかり再確認することは大切です。

感情で動くのも時には大切ですが、大事な場面で感情的になると後で問題が起きかねません。

会社や得意先に迷惑をかけない意識を持つ

会社を辞めたとしても、会社や得意先に迷惑をかけてしまわないか、そこにしっかり注意するべきです。

給料が出ている段階ではまだその会社の社員。

社員である間は、会社の利益となるための行動を心がけるべきなのです。

スケジュールに沿って動く

最初に決めたスケジュールに沿って退職を進めるべきです。

途中いろいろな障害が発生するかもしれません。

しかし、様々な障害にめげることなく、自分の目的を果たすためにしっかり動くこと。

退職までには、様々な外部要因が発生しますが、外部要因に惑わされないように注意しましょう。

そもそも会社のことを考えて辞めるべきなのか?

しかしここで一つ頭をよぎる問題があります。

もう会社を辞めてしまうというのに、過度に会社のことを考えて仕事を辞めるべきなのか。

こんな意見もあります。

だけど、知っているでしょうか。組織のために自分の欲求を抑えこみ、やりたくもない仕事を大して気の合わない連中とやってる間に、あなたは世間にどんどん取り残されていくということを。引用:仕事辞めるタイミングで悩む時点で会社に生き方支配されてるよね

確かにこれも一理あります。

しかし私は人間と人間の縁を考えると、あまりにも傍若無人に辞めてしまうのもどうかと考えます。

「好きなタイミングで会社を辞める」のは無用なヘイトを貯める

少しオカルトな話にもなりますが、私は人からネガティブな意識を向けられると、それだけ良くないことが起こると思っています。

別の言い方をすれば、それだけ傍若無人に生きるような人は、気づかない間に人から恨まれていることになります。

ですから、「好きに会社を辞める」なんてことをしている人は、段々と行動指針がそうした他人を考えないものになっていくということ。

誰かの迷惑にならないように生きるというのは、実は人生の広い部分に影響を与える考え方なのです。

しかしたしかに引き止めには慎重に付き合うべき

上のブログでは「引き止めは無視しろ」といって論調で書いてありますが、たしかに私も引き止めには慎重に向き合うべきだと思っています。

せっかく覚悟を決めて上司に退職の意思まで伝えたのに、「引き止められたから」という理由で現職に残るのは危険です。

引き止められて残ったとして、その会社がそこから良い会社になるとも思えないからです。

よほど自分にとってメリットが大きい条件を出されでもしない限り、引き止められて本当に今の会社に残ってしまうことのないように。

あくまで退職は「スケジュール通り」に進めるべきなのです。

いつどんな縁なでつながるかわかりません

あなたが傍若無人に辞めた会社の人と、後でどんな形にて関わるかはわからないのです。

あなたはもう二度と合わないと思っていたかもしれませんが、何かの縁で会ってしまうかも…。

そんなとき以前の会社の人間は、好き勝手に仕事を辞めた人に対していい印象を受けるはずもありません。

会社を辞めるタイミング、伝え方…そんなことで悩んでいる方へ

「どのタイミングで会社を辞めれば良いのか」
「どんなふうに上司に伝えればいいのか」
「引き止められないだろうか」

など、会社を辞めるということについて、辞める前からあれこれ悩んでいる方も多いでしょう。

しかし、私は過度に悩むべきではないと思っています。

確かに仕事、会社は、人生においてとても大きな割合を占める事象です。

とはいえ、仕事を辞めたくらいで人は死にません。

過度に仕事を辞めることで悩みすぎないようにしてください。

仕事を辞めるタイミングで悩んでいるあなたのために、悩むことはないんだよ…という内容も載せておきます。

出社拒否もできる

極論ではありますが、会社に行きたくなければ行かなくてもいいのです。

上司の顔をみたくない、嫌いな仕事をしたくない、それならいっそ出社拒否するという選択肢もあるはずです。

もちろん、事前に勧告してから会社を辞めるのが一番なのは確かです。

会社としては、「仕事に来なくなった社員に損害賠償請求」なんてこともできません。

着々と転職活動でもはじめてください。

あなたに責任がないなら、出社拒否で会社に責められることはないのです。

転職先を決めてしまう

繰り返すようですが、転職を進めるのは会社を辞める上においてとても有益です。

「会社を辞めたい」と思っているだけでなく、「○月○日までに会社を辞めなくてはいけない」なら、行動がより固まるからです。

多少引き止められたとしても、次の会社に迷惑もかかるので、ダラダラしてることもできないのです。

悩んでいるくらいなら、転職活動に取り掛かってください。

退職代行サービスを利用するという手も

実は、「会社を辞めたいけど…」と悩んでいる人はあなただけではありません。

今では、そんな方のために、「退職代行サービス」なるものがあります。

退職代行サービスを利用すれば、本人に代わって業者が退職の手続きを行ってくれます。

業者に頼んだ本人は、もう会社の人間とコンタクトを取ることなく、勝手に退職の手続きが進んでいくのです。

自分だけの力でどうにもならないと思ったなら、退職代行サービスを頼ることも視野に入れて検討してください。

仕事を辞めるタイミング まとめ

いかがでしょうか。

仕事を辞めるタイミングで悩んでいる方は、今回の記事が助けになったでしょうか。

仕事を辞める、退職するというのは、多くの人を巻き込む、とても影響力の大きな問題です。

会社の人間だけでなく、外部の人間にも迷惑をかけないように、慎重な行動を求められます。

本当に悩んだときは、感情的に動くのも一つの手です。

しかしそれもあくまで冷静さを保ってください…。

コメント