介護士から異業種へ転職!おすすめの転職先や転職方法について解説!

介護士から異業種へ転職!おすすめの転職先や転職方法について解説! 介護士転職コラム

事情もあり介護士として働き出したものの、その介護職特有の仕事のハードさ、勤務時間の不規則さなどもあって「やっぱり辞めたい」と思う人も多いのでは。

実際介護職は他職種と比べてもかなり離職率が高いです。

介護士が転職することになれば、当然つぎは別の職種、すなわち異業種転職を行うことになります。

介護士というある意味専門職で働いていた人は、異業種へ転職できるのか。

転職できたとしても、その異業種転職はどれくらい難しいのか。

今回は、介護士から異業種への転職について、詳しく調べていきたいと思います。

  1. 介護職から異業種への転職は可能なのか?
  2. 介護職から異業種に転職するタイミング
    1. 職場の人間関係が悪くなったとき
    2. ライフステージが変化したとき
    3. 体調を崩してしまったとき
  3. 20代介護士の異業種転職
    1. 20代の強みは「将来性」
    2. 20代の介護士は転職先の選択肢が広い
  4. 30代介護士の異業種転職
    1. 20代より異業種転職は厳しくなるが可能
    2. 「最後の転職」を覚悟する
    3. 未経験30代転職可能な求人はブラック企業に気をつける
  5. 異業界へ脱出したい介護士は多い
    1. 介護士は年収が低い
    2. 介護士のままでは結婚もできない
    3. 介護業界はとにかくストレスフル
  6. 介護士から異業種への転職は可能か?
    1. 介護士のコミュニケーション能力を活かす
      1. 飲食業などのサービス業への転職
      2. 営業への転職
    2. 介護士経験を活かして転職
      1. 福祉用具関連企業へ転職
  7. 異業種転職でもっとも重要視されるのは「年齢」
    1. 30代異業種転職は独学でスキルを磨いておくのがおすすめ
  8. 介護職から異業種に転職を成功させるポイント
    1. 介護職をしながら転職先を探す
    2. 転職する理由を明確にする
    3. 異業種に求める条件を明確にする
  9. 介護士から異業種転職する時使うべき転職サイト・転職エージェント
    1. マイナビエージェント
    2. ハタラクティブ
    3. doda
    4. リクルートエージェント
    5. ほいく畑
  10. 介護士の異業種転職まとめ

介護職から異業種への転職は可能なのか?

まずは、そもそも介護士から異業種への転職は可能なのか、介護士と異業種転職の関係性について学んでいきましょう。

介護士が「異業種へ転職したい」と思ったとしても、そもそもその転職が不可能だったとしたら、その願いは果たされることがないまま終わります。

…が心配ありません。

転職先を正しく見定めて、正しい手順を踏めば、介護士からの異業種転職は必ず成功します。

介護職から異業種に転職するタイミング

では介護職から異業種に転職するタイミングはいつがいいのでしょうか。

具体的には以下のタイミングで転職するのがおすすめです。

POINT

  • 職場の人間関係が悪くなったとき
  • ライフステージが変化したとき
  • 体調を崩してしまったとき

これらのタイミングについてそれぞれ解説します。

職場の人間関係が悪くなったとき

介護職ではよくあることなのですが、職場の人間関係が悪くなってしまうことが多いです。

介護施設は小さな空間の中でいろいろな人が生きています。

介護職の同僚に限らず、人間同士が一緒にいればトラブルが起きてしまうこともありますよね。

大企業であれば人間関係が悪くなっても、関わらなければいいだけです。

しかし介護施設は小さな環境なので、絶対に関わらなければなりません。

そのため職場の人間関係が悪くなったときは転職を検討するタイミングにマッチしています。

ライフステージが変化したとき

介護職に就く方は女性が多いです。

そのためライフステージが変化したタイミングで転職を検討する方もいます。

とくに結婚や妊娠をするタイミングが多いですね。

将来的に貯金が必要だと感じると、介護職では難しいことがわかってきます。

このような理由で転職を検討するのですね。

体調を崩してしまったとき

介護職はかなりのハードワークです。

そのため耐えられずに体調を崩してしまう方も多いです。

腰を痛めてしまったり、精神的にまいってしまったりするため、そのタイミングで転職を検討されることがありますね。

20代介護士の異業種転職

もし「異業種転職」を考えた介護士が20代だったとしたら、その転職は難しくありません。

介護士にかかわらず、現在日本はどの企業も20代の人材に飢えいている状況。

転職にあまり贅沢な条件を出さなければ、広い業種で採用されるはずです。

20代の介護士はまだまだ若者。

今後どうなっていくか、その未来は広く開けているのです。

未経験の異業種だったとしても、ある程度の年収条件、その他勤務環境の条件で絞り込んで転職先を選ぶことができるはずです。

20代の強みは「将来性」

企業が採用したい人材は、もちろん高いスキルを持っている人です。

しかしそれと同時に、「長く働ける人」なのも確かです。

20代はその「長く働ける人」の条件を満たしているのです。

そして「高いスキル」に対する企業の期待も、「若さ」「将来性」という部分でクリアしています。

つまり、20代での転職は、たとえ介護士から異業種への転職であっても問題ないということ。

しっかりと研修制度が整っている企業への転職なら、若い介護士ならなおさら有利だということです。

20代の介護士は転職先の選択肢が広い

20代介護士が転職したいと思ったそのきっかけ、理由は何でしょうか。

「仕事がハード」なこと?
「夜勤や残業など勤務時間の問題」?
同じ職場で働く「人間関係」で悩む人も多いでしょうか?

それらの悩みから開放される転職先も、20代なら選ぶことができます。

ぜひ、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみてください。

30代介護士の異業種転職

続いて、30代介護士の異業種転職について考えてみましょう。

20代は介護士としてがんばったが、様々な事情で異業種転職を考える方など、様々な事情があるでしょう。

30代からの転職になると、20代の頃と同じく「若さ」で押し切って転職するのが難しいため別の条件をアピールして転職することになります。

できれば、それまで身につけた介護士としてのスキルを活かせる業種へ転職するのがおすすめです。

異業種であっても、介護士時代の経験を活かせる仕事は少なくありません。

20代より異業種転職は厳しくなるが可能

30代介護士の異業種転職は、20代より条件が難しくなるものの、可能です。

条件を見定めて、面接で自分を上手にアピールすれば、30代の介護士だろうと問題なく異業種転職が可能になります。

しかし当然、未経験の30代介護士転職は、20代と比べて難易度が上がります。

30代介護士が転職において知っておくべきことを、具体的に紹介します。

「最後の転職」を覚悟する

30代はまだまだ転職できる年代ではあるものの、年々転職が難しくなっていくのも確かです。

もし30代の介護士が転職を考えた時は、「次が最後の転職」であることを覚悟しなくてはいけません。

介護士から異業種転職を行うということは、ずっと同じ業種で働いている同年代と比べて、かなり不利なスタートを切ることになるということ。

不利な転職を、そう何度も続けることはできないのです。

未経験30代転職可能な求人はブラック企業に気をつける

未経験の30代介護士転職を受け入れる会社は、はっきり言って人手不足です。

人手不足の企業というのは、得てしてブラック企業が多いです。

すぐ社員が辞めてしまうので、抜けた社員を補充するために「誰でもいいから」と採用する企業が多いのです。

そのため、未経験で異業種転職を考えた介護士が考えるべきなのは、「転職先がブラック企業ではないか」ということです。

求人票では良い条件ばかり並んでいても、本当に働きやすい会社なのか。

端的に言ってブラック企業ではないのかどうか、実際に転職する前にしっかり確かめておきましょう。

異業界へ脱出したい介護士は多い

異業界へ脱出したい介護士は多い

一般的に転職する場合にはそれまでに培った知識や経験を生かすため、同じ業界内で転職を検討する人が多いです。

中には新しい知識や経験を求めて異業種に転職を検討する人も多いのですが、その中でも特に介護士は異業界に脱出したいと考えている人が多いと言われています。

その背景には様々な理由が挙げられており、特に年収などの収入面やストレスなどの精神面を理由に挙げている人が多いようです。

ここでは、それぞれの理由から見える介護士の事情を紹介していきます。

介護士は年収が低い

介護士の月収は施設の種類によって異なるものの、平均するとおよそ15万円から17万円前後だと言われています。

このため年収に換算するとおよそ250万円から400万円ほどであり、ほかの業種と比較すると決して高くはありません。

それほどの年収なのに対して仕事内容は高齢者の生活支援や介護など幅が広いですし、女性であっても身体的な負担は大きいです。

さらに慢性的な人手不足で過酷な労働条件を強いられている人も少なくないため、仕事や業務に対して年収が低すぎると不満を感じている人が多いと言われています。

介護士の年収はなぜ低い?年収を上げるには?

介護士のままでは結婚もできない

年収の低さは日常生活の金銭面でも厳しい部分がありますが、さらに厳しくなってくるのが結婚です。

女性の場合は共働きが増えているためそこまで深刻な問題ではないのですが、男性の場合は共働きであっても自身の収入が家計を支えるという責任感があります。

そのため低収入のままでは家庭を支えられないと考える人も多いですし、結婚相手の収入によっては介護士のままでは結婚することを躊躇してしまうという人もいるようです。

そのため男性の場合は結婚を理由に、安定した収入が得られる業種や職種への転職を検討するケースが多いと言われています。

介護業界はとにかくストレスフル

収入面以外でも介護士が不満を持っている部分として、身体的にも精神的にもストレスが大きいという点が指摘されています。

介護士は高齢者の世話や介護などを行っているので人から感謝される仕事ではあるのですが、その反面人間関係で抱えるストレスが強い傾向にあると考えられています。

その背景には認知症や精神疾患によってなかなかコミュニケーションを取ることが難しい高齢者と接する機会が多い点や、家族である高齢者を大切にしたいからこその家族のクレームや要望もあります。

これらは高齢者や家族との信頼関係を築いていくことである程度ストレスを緩和できる部分はあるので、コミュニケーション能力が求められる部分の一つです。

ほかにも人手不足による過酷な労働環境や夜勤がある点もストレスにつながっており、ストレスから解放されるために異業界に転職したいという声も少なくありません。

介護士の仕事はストレスだらけ!「辞めたい」なんて声も

介護士から異業種への転職は可能か?

このように、介護士は様々な理由で異業種への転職を希望しているケースが見受けられます。

ただ実際に転職するとなると、未経験の世界に転職できるのかどうか不安を感じている人も少なくないようです。

中には介護業界から異業界への転職は難しいとする声もありますが、介護士から異業界への転職は可能と言えます。

例えば20代であれば年齢の面でアドヴァンテージがありますし、30代から40代でも十分転職できる可能性はあります。

実際に介護士から別の業界に転職した成功事例もあるので、転職を検討する際は異業界を視野に入れるのもありです。

介護士のコミュニケーション能力を活かす

介護士が異業界に転職する際にうまく活用したいセールスポイントとなっているのが、コミュニケーション能力です。

介護士は仕事の中で職員だけではなく様々な状態の高齢者や家族と接しており、彼らとのやり取りを通じてコミュニケーションに関する知識や技術を身に着ける機会が多くあります。

また施設や事業所内での接遇やマナーに関する研修も増えてきているので、対人スキルが高い人が多い傾向にあると言われているのです。

このため異業界に転職する際にも、コミュニケーション能力をうまくアピールするのが成功のコツと言われています。

ほかにも体力の高さやコミュニケーションを円滑にするための対人スキル、チームワーク力や協調性などもうまく活かすのがおすすめです。

飲食業などのサービス業への転職

介護士におすすめの異業界のひとつが、飲食業などのサービス業です。

元々介護業界もサービス業の一つなので接遇やマナーの面ではそこまで大きな変わりはありませんし、これまでに培ったコミュニケーションに関する知識や経験は接客業で十分活かすことができます。

特に飲食業であれば正社員のほかにもパートやアルバイトなど雇用形態も自由に選べますし、求人情報の数や種類も豊富です。

このため介護士同様に転職しやすい業界と言われているので、初めて異業界に転職するという人にはおすすめと言われています。

営業への転職

同じくコミュニケーション能力や接客能力が活かせる異業界として、営業関係の仕事もおすすめです。

営業は特に資格は必要ありませんし、相手の話を聞くスキルが重要視されている傾向があります。

そのため介護士にとっては、そこまで違和感なく仕事を始められるというメリットがあります。

収入面に関しては自分の努力次第で年収アップを見込める部分もあるので、もっと年収を増やしたいと考えている人には魅力的な業界と言えます。

ただノルマが設定されている企業が多いので、その点は注意が必要です。

介護士経験を活かして転職

異業界に転職しても、介護士としての知識だけではなく経験もしっかり活かしたいと考える人は意外と多いです。

そんな人たちにおすすめの転職先が病院や保育関係の業界で、職種としては看護師や保育士が挙げられています。

これらの職種は資格を取得しなければいけない面はありますが、看護師は国家資格として比較的年収も安定しています。

保育士の場合はそこまで年収アップは見込めないものの、高齢者の介護とはまた違った知識や経験を積むことができるところがポイントです。

またどちらの業界や職種も、病気や体調面での変化に対する知識や対応力が必要とされています。

長年介護士として仕事をしてきた人であれば知識や体験として身についている人も多いので、転職しても即戦力となりやすいと言われています。

ほかにも介護タクシーなど、タクシー業界が提供しているサービスでも介護士の経験を活かせるものがあるようです。

福祉用具関連企業へ転職

福祉用具関連の企業は一見すると介護業界に分類されているのですが、現場で介護をするのではなく現場の人や高齢者をサポートするための福祉用具を営業販売しているところが特徴です。

そのため介護業界でありながら営業の側面を持っていて、福祉用品を販売している業者や卸している施設とのやり取りが基本となります。

中には高齢者やその家族とかかわる場合もありますが、直接介護をするわけではありません。

このように同じ介護業界でも身体面や精神面でストレスが少ないので、営業の仕事に興味があるけど介護の知識を活かしたい人におすすめです。

異業種転職でもっとも重要視されるのは「年齢」

異業種転職でもっとも重要視されるのは「年齢」

介護士の異業種転職の難易度を決めるのは、転職する介護士の「年齢」です。

未経験者が異業種転職を行うと、転職先企業は採用した人材を教育しなくてはなりません。

その人材が若手なら良いですが、30代で未経験ともなると、せっかく教育して一人前にしても長く働くのは難しいです。

そのため、異業種転職では「学歴」などの書面データより、「年齢」が大きな要因となるのです。

30代異業種転職は独学でスキルを磨いておくのがおすすめ

30代で異業種転職を行うなら、転職先に「年齢に関係なく採用したい」と思わせることが大切です。

そのためには、先んじて転職前に「ある程度知識とスキルがある」と思わせることが必要です。

時間があるなら、転職先業界の調査を行っておくこと。

そして転職先業界で働く上で役立つ資格を持っておくのもおすすめです。

年齢というハンデがあっても「採用したい」と思わせることができるか、それが転職成功するかどうかの決め手です。

転職には「資格」が有利!中途採用面接官がおすすめする8つの資格

介護職から異業種に転職を成功させるポイント

続いては、介護職から異業種に転職を成功させるポイントをまとめます。

具体的には以下のとおりです。

POINT

  • 介護職をしながら転職先を探す
  • 転職する理由を明確にする
  • 異業種に求める条件を明確にする

これらについてそれぞれ解説します。

介護職をしながら転職先を探す

異業種への転職となると、転職活動にかかる時間が想定できません。

未経験として転職活動をしなければいけないので、経験者と比較すると転職するのが難しいです。

また介護職を続けながら転職活動をすることによって、貯金や収入を確保しつつ転職できます。

収入が無くなってしまうと、焦って希望条件に合っていない転職先に転職してしまう可能性もあるので、気をつけましょう。

転職する理由を明確にする

転職する理由についても明確にする必要があります。

転職活動を何故しているのか明確でなければ、途中で方針がブレてしまいます。

現職の何が不満なのか、将来どのようなキャリアアップをしていきたいのかしっかりと考えていきましょう!

異業種に求める条件を明確にする

転職をするのであれば、異業種に求める条件も明確にしてください。

その中でも優先順位をつけることで、転職先に迷いがなくなります。

希望する年収や働き方などを一度紙に書き出してみてくださいね。

その後書き出したものの優先順位をつけることで、本当に希望している条件を明確にできます。

転職先のミスマッチを防ぐことにもつながるので、転職活動を始める前にかならずおこなってくださいね!

介護士から異業種転職する時使うべき転職サイト・転職エージェント

異業種転職を考えた介護士には、ぜひ転職エージェントを活用してもらいたいです。

転職エージェントを活用することで、一人ひとりに担当のキャリアコンサルタントがつくので、キャリアコンサルタントに相談しながら転職活動が可能になります。

キャリアコンサルタントに「未経験でも働ける職場」という希望を出せば、介護士の異業種転職に最適な求人を紹介してくれるはずです。

具体的におすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

POINT

  • doda
  • マイナビエージェント
  • ハタラクティブ
  • リクルートエージェント
  • ほいく畑

これらについてそれぞれ解説します。

マイナビエージェント

マイナビエージェント00_トップページ

マイナビエージェントの特徴

  • キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる
  • 非公開求人が多い
  • サービスが充実している
  • 20代など若者の転職に強い

マイナビエージェントは大手人材企業のマイナビが運営している転職エージェントです。

若年層向けの求人も多く掲載されており、未経験から異業種に転職したい方にもおすすめです!

dodaと同じく、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策をしてもらえるので安心してください。

無資格・未経験でも転職可能!

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴

  • 経歴に自信がなくても転職成功できる
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • LINEでのカウンセリングが可能

ハタラクティブは未経験OKやフリーターの方をメインターゲットにしている転職エージェントです。

異業種に転職するとなると、全くの未経験として扱われるためできるだけ未経験OKの求人が多い転職エージェントを利用したいところです。

そこでハタラクティブであれば、未経験OKの求人が多く掲載されているのでおすすめできます。

他の転職エージェントと同じくらいサポートが充実しているので、ぜひ利用してみてくださいね!

未経験・無資格OK!

ハタラクティブ評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底解説

doda

dodaの特徴

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

dodaには取り扱われている求人数がとても多いです。

エンジニア・技術職・営業の求人が多いため、介護職から異業種に転職することもできますね!

履歴書や職務経歴書の添削や面接対策もしてもらえるため、異業種への転職が初めての方でもしっかりとサポートしてもらえます。

最短60秒で登録完了!

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 圧倒的な求人数
  • 独占求人数も多い
  • アドバイザーの対応が丁寧
  • 面接までの対策も充実

転職エージェント最大手「リクルートエージェント」はおすすめです。

リクルートエージェント最大の強みはやはりその「豊富な求人数」です。

あらゆる業界、あらゆる業種の求人取扱があるリクルートエージェントなら、介護士業界から未経験で転職できる転職先をきっと見つけることができるはずです。

まずは「とりあえず」の意味でもリクルートエージェントに登録をおすすめします。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!

ほいく畑

ほいく畑

ほいく畑の特徴

  • キャリアコンサルタントに相談しやすい
  • 厚生労働大臣から認可を受けた就職支援センター
  • 就業形態を検討しやすい

    介護業界から保育士業界へ転職したい方におすすめなのが「ほいく畑」です。

    ほいく畑のキャリアアドバイザーとの面談は、電話面接と対面面談の両方で可能です。

    土日の面談も可能で、もちろん仕事しながらの面談も可能です。

    ほいく畑には、保育士資格を取りながら働ける求人も対応しています。

    現在介護業界と同じく深刻な人手不足に苦しんでいる保育業界への転職は、それほど難易度も高くないでしょう。

    ほいく畑の評判の真相は?口コミや求人からみたメリット・デメリットを分析

    介護士の異業種転職まとめ

    介護士は年収の低さやストレスの多い労働環境などから、転職をするとしても異業界に脱出したいと考えている人は少なくありません。

    そして実際に介護士から異業種や異業界に転職を成功させた人も多く、知識や経験として培ったコミュニケーション能力や体力面をうまく活かせる業種や職種を見つけることが成功のコツとなっています。

    おすすめの転職先の異業種もサービス業や営業をはじめとして色々な業界があるので、自分が経験してみたい仕事にチャレンジしてみるのが大切です。