介護士から異業種への転職は可能か?

介護士から異業種への転職は可能か? 介護士のお仕事

介護士は転職が多い職種の一つとして知られていて、一般的には同じ介護業界内で転職をしている人が多く見受けられます。中には、介護業界ではなく異業種への転職を検討している人もいるようです。

そこで今回は介護士が異業種に転職できるのかどうか、おすすめの業種について解説します。

異業界へ脱出したい介護士は多い

一般的に転職する場合にはそれまでに培った知識や経験を生かすため、同じ業界内で転職を検討する人が多いです。中には新しい知識や経験を求めて異業種に転職を検討する人も多いのですが、その中でも特に介護士は異業界に脱出したいと考えている人が多いと言われています。

その背景には様々な理由が挙げられており、特に年収などの収入面やストレスなどの精神面を理由に挙げている人が多いようです。

ここでは、それぞれの理由から見える介護士の事情を紹介していきます。

介護士は年収が低い

介護士の月収は施設の種類によって異なるものの、平均するとおよそ15万円から17万円前後だと言われています。このため年収に換算するとおよそ250万円から400万円ほどであり、ほかの業種と比較すると決して高くはありません。

それほどの年収なのに対して仕事内容は高齢者の生活支援や介護など幅が広いですし、女性であっても身体的な負担は大きいです。さらに慢性的な人手不足で過酷な労働条件を強いられている人も少なくないため、仕事や業務に対して年収が低すぎると不満を感じている人が多いと言われています。

介護士の年収はなぜ低い?年収を上げるには?
介護士の仕事はハードでありながらも、低い年収に不満を覚える方を多く見かけます。介護士の年収が全体的に低い理由が何かを紐解いていくとともに、年収を高めていくためにはどうすればよいかを詳しく説明していきます。 介護士の賃金は労働に見合ってない...

介護士のままでは結婚もできない

年収の低さは日常生活の金銭面でも厳しい部分がありますが、さらに厳しくなってくるのが結婚です。

女性の場合は共働きが増えているためそこまで深刻な問題ではないのですが、男性の場合は共働きであっても自身の収入が家計を支えるという責任感があります。そのため低収入のままでは家庭を支えられないと考える人も多いですし、結婚相手の収入によっては介護士のままでは結婚することを躊躇してしまうという人もいるようです。

そのため男性の場合は結婚を理由に、安定した収入が得られる業種や職種への転職を検討するケースが多いと言われています。

介護業界はとにかくストレスフル

収入面以外でも介護士が不満を持っている部分として、身体的にも精神的にもストレスが大きいという点が指摘されています。

介護士は高齢者の世話や介護などを行っているので人から感謝される仕事ではあるのですが、その反面人間関係で抱えるストレスが強い傾向にあると考えられています。その背景には認知症や精神疾患によってなかなかコミュニケーションを取ることが難しい高齢者と接する機会が多い点や、家族である高齢者を大切にしたいからこその家族のクレームや要望もあります。これらは高齢者や家族との信頼関係を築いていくことである程度ストレスを緩和できる部分はあるので、コミュニケーション能力が求められる部分の一つです。

ほかにも人手不足による過酷な労働環境や夜勤がある点もストレスにつながっており、ストレスから解放されるために異業界に転職したいという声も少なくありません。

介護士の仕事はストレスだらけ!「辞めたい」なんて声も
介護士として働いていると様々な角度からストレスを受けてしまい、最終的には辞めたいと言う人もいます。どのようなストレスが現場にあるのかを一通り確認しておきましょう。転職を検討する上でも一般的な状況を知っておくことが大切です。 他の職種より介...

介護士から異業種への転職は可能か?

このように、介護士は様々な理由で異業種への転職を希望しているケースが見受けられます。ただ実際に転職するとなると、未経験の世界に転職できるのかどうか不安を感じている人も少なくないようです。

中には介護業界から異業界への転職は難しいとする声もありますが、介護士から異業界への転職は可能と言えます。例えば20代であれば年齢の面でアドヴァンテージがありますし、30代から40代でも十分転職できる可能性はあります。実際に介護士から別の業界に転職した成功事例もあるので、転職を検討する際は異業界を視野に入れるのもありです。

介護士のコミュニケーション能力を活かす

介護士が異業界に転職する際にうまく活用したいセールスポイントとなっているのが、コミュニケーション能力です。

介護士は仕事の中で職員だけではなく様々な状態の高齢者や家族と接しており、彼らとのやり取りを通じてコミュニケーションに関する知識や技術を身に着ける機会が多くあります。また施設や事業所内での接遇やマナーに関する研修も増えてきているので、対人スキルが高い人が多い傾向にあると言われているのです。

このため異業界に転職する際にも、コミュニケーション能力をうまくアピールするのが成功のコツと言われています。ほかにも体力の高さやコミュニケーションを円滑にするための対人スキル、チームワーク力や協調性などもうまく活かすのがおすすめです。

飲食業などのサービス業への転職

介護士におすすめの異業界のひとつが、飲食業などのサービス業です。

元々介護業界もサービス業の一つなので接遇やマナーの面ではそこまで大きな変わりはありませんし、これまでに培ったコミュニケーションに関する知識や経験は接客業で十分活かすことができます。特に飲食業であれば正社員のほかにもパートやアルバイトなど雇用形態も自由に選べますし、求人情報の数や種類も豊富です。

このため介護士同様に転職しやすい業界と言われているので、初めて異業界に転職するという人にはおすすめと言われています。

営業への転職

同じくコミュニケーション能力や接客能力が活かせる異業界として、営業関係の仕事もおすすめです。

営業は特に資格は必要ありませんし、相手の話を聞くスキルが重要視されている傾向があります。そのため介護士にとっては、そこまで違和感なく仕事を始められるというメリットがあります。収入面に関しては自分の努力次第で年収アップを見込める部分もあるので、もっと年収を増やしたいと考えている人には魅力的な業界と言えます。

ただノルマが設定されている企業が多いので、その点は注意が必要です。

介護士経験を活かして転職

異業界に転職しても、介護士としての知識だけではなく経験もしっかり活かしたいと考える人は意外と多いです。

そんな人たちにおすすめの転職先が病院や保育関係の業界で、職種としては看護師や保育士が挙げられています。これらの職種は資格を取得しなければいけない面はありますが、看護師は国家資格として比較的年収も安定しています。保育士の場合はそこまで年収アップは見込めないものの、高齢者の介護とはまた違った知識や経験を積むことができるところがポイントです。

またどちらの業界や職種も、病気や体調面での変化に対する知識や対応力が必要とされています。長年介護士として仕事をしてきた人であれば知識や体験として身についている人も多いので、転職しても即戦力となりやすいと言われています。

ほかにも介護タクシーなど、タクシー業界が提供しているサービスでも介護士の経験を活かせるものがあるようです。

福祉用具関連企業へ転職

福祉用具関連の企業は一見すると介護業界に分類されているのですが、現場で介護をするのではなく現場の人や高齢者をサポートするための福祉用具を営業販売しているところが特徴です。

そのため介護業界でありながら営業の側面を持っていて、福祉用品を販売している業者や卸している施設とのやり取りが基本となります。中には高齢者やその家族とかかわる場合もありますが、直接介護をするわけではありません。このように同じ介護業界でも身体面や精神面でストレスが少ないので、営業の仕事に興味があるけど介護の知識を活かしたい人におすすめです。

まとめ

介護士は年収の低さやストレスの多い労働環境などから、転職をするとしても異業界に脱出したいと考えている人は少なくありません。そして実際に介護士から異業種や異業界に転職を成功させた人も多く、知識や経験として培ったコミュニケーション能力や体力面をうまく活かせる業種や職種を見つけることが成功のコツとなっています。

おすすめの転職先の異業種もサービス業や営業をはじめとして色々な業界があるので、自分が経験してみたい仕事にチャレンジしてみるのが大切です。

コメント